「お願い、泣きやんで…!」夜泣きはいつまで続く?原因・対策は?

ママにとって、赤ちゃんの夜泣きの時期は、ツラい時間だと思います。

「赤ちゃんが夜泣きするのは当たり前」と頭では分かっていても、夜泣きが続くとママは肉体的にも精神的にも大変ですよね。

ただでさえ育児で疲れているのに、一晩中赤ちゃんが泣き止んでくれないと、ママは安心して眠ることさえできません。

「夜泣きで家族を起こさないか」「泣き声が近所に響いていないか」など、周囲の人々に気をもむケースも多いです。

この記事では、ママが抱え込んでいる不安を、少しでも解消できるように、夜泣きの原因と対策をまとめました

とくにはじめての育児では、ママは夜泣きに苦労しがちです。
でも二人目になると、うまく対応する方法を見つけて、夜泣きに悩まずに済むケースも多いので、気をもまなくとも大丈夫。

少しでも気楽な心構えで、赤ちゃんの夜泣きと向き合っていきましょうね。

夜泣きってなに?いつからいつまで?


夜泣きとは、「明らかな理由なく、赤ちゃんが夜中に泣く現象」を指します。

体調不良やお腹が空いてたり、オムツが汚れていたり…など、赤ちゃんが泣く理由はたくさん考えられます。
でも夜中に何を試しても、赤ちゃんが泣きやまないこともありますよね。

夜泣いている赤ちゃんになにをしても、泣きやんでくれない…と戸惑うことがあれば、赤ちゃんは明確な理由なく、「夜泣き」をしているのではないか、と考えてみましょう。

夜泣きの時期は6ヶ月~1歳半が一般的

赤ちゃんが夜泣きをする時期は、生後6ヶ月から1歳半前後までのケースが多いです。

夜泣きのピークは、およそ10ヶ月前後のケースが多く、その後は徐々に落ち着き、1歳から1歳半までに夜泣きを卒業するのが一般的です。

ただし赤ちゃんによっては、生後3ヶ月から始まる子もいれば、遅い子は2歳を過ぎても夜泣きする赤ちゃんもいます。

参照:日本看護研究学会雑誌

夜泣きは、赤ちゃんの個人差が大きい!

夜泣きは、赤ちゃんのからだの成長に合わせ、起こる現象です。

赤ちゃんによって、成長のスピードはバラバラ。
赤ちゃんの性格や、育つ環境も夜泣きに影響します。
夜泣きの時期や期間に、個人差が出るのは、当たり前なんです。

周りのママ友と話していると、自分の子どもだけ夜泣きの期間や程度が違う、と不安になるかもしれません。

「赤ちゃんの成長に異常があるのでは?」と不安になってしまうのは、はじめての子育てでは普通のコト。

「夜泣きも子どもの個性のひとつ」と捉えると、少し楽になるかもしれません。

夜泣きの時期が普通よりも早い…なぜ?

夜泣きは、早い子で生後3ヶ月から始まります。
周りよりも早い時期に夜泣きを始めることは、まったく問題がありません。

ただし生後3ヶ月になっていない赤ちゃんが夜中に泣く場合、理由が別にあるケースが多いです。

生後すぐの赤ちゃんの中では、まだ体内時計がうまく機能していません。
昼と夜の区別がつかないので、昼夜逆転現象が起き、短いサイクルで寝たり泣いたりを繰り返します。

また新生児は、お腹が空くスピードも速いです。
生後間もない赤ちゃんが夜に泣いたとしても、慌てずに授乳すれば、多くの場合すぐに寝付きます。

2歳、3歳でも夜泣きをやめない…大丈夫なの?

多くの赤ちゃんは1歳半ごろには夜泣きを卒業しますが、なかには2歳をすぎても、夜泣きをする子もいます。
子どもが2歳をすぎたのに夜泣きをやめないと、「子どもの発達が遅れているのではないか」とママは心配しがちです。

実は2歳をすぎると、日中に起こったことを記憶できるようになるため、昼の記憶で興奮して夜に泣いてしまうこともあります。
またママから満足に構ってもらえないと、不安から夜泣きすることもあります。

2歳をすぎた子どもの夜泣きも、れっきとした成長の証なのですね。

ただし3歳、4歳の子どもが夜中に突然目を覚まし、激しい恐怖やパニックにおちいって泣き叫ぶときは、「夜驚症(やきょうしょう)」という、夜泣きとは別の症状があらわれているのかもしれません。

あまり頻繁に夜泣きして不安なときは、小児科に相談するのもよいでしょう。

赤ちゃんが夜泣きしない…大丈夫なの?

夜泣きがひどすぎると、ママはろくに寝付けずに、疲れてしまいます。

だからといって赤ちゃんがまったく夜泣きをしないと、今度は「子どもの発達に、トラブルをきたしているのではないか」
と新たな不安で悩まされることも、あるかもしれません。

正確に調べることはできませんが、なんと3割以上の子どもが、夜泣きをしない、といわれています。

夜泣きをしなくとも、すくすくと成長している赤ちゃんはたくさんいるので、安心してくださいね。

夜泣きの原因とは?


赤ちゃんの夜泣きは、原因が分からないため、ママを悩ませがちです。

なぜ赤ちゃんが泣いているのか、考えられる可能性には何があるのでしょうか。

 

思いもよらない理由から泣いているケースも

あまりに長時間泣かれると、ママも冷静さを失いがちですが、泣いている理由を一度落ち着いて考えてみると、意外な理由が見えることもあります

赤ちゃんが夜に泣く理由としてまずは考えられるものを、下にまとめました。
あてはまるものがないか、チェックしてみましょう。

  • 暑すぎる、寒すぎる
  • 布団や衣服の肌触りが気になる
  • 歯が生え始めており、かゆい
  • 腹痛など、体調が悪いことをうったえている
  • ママやパパが、そばにいない
  • 赤ちゃんの成長に、夜泣きは不可欠!

    夜泣きの原因ははっきりとは分かりませんが、どうやら赤ちゃんの成長にともなう、生理的な要素が関係しているようです。

    赤ちゃんのからだが育っていく中で、夜泣きが起こるのには、ふたつの理由が考えられます。

    睡眠サイクルの変化

    人間は寝ているときに、深い眠り(ノンレム睡眠)浅い眠り(レム睡眠)を繰り返しています。

    赤ちゃんは睡眠リズムが整っていないため、浅い眠りから深い眠りに戻れず、目を覚まして夜泣きすることがあるようです。

    脳の発達

    赤ちゃんの脳は、生後6ヶ月前後から急激に発達します。
    赤ちゃんは、日中に受けた刺激を、すべて敏感に吸収するのです。

    昼間の刺激から受けた興奮がまだ残っていたり、昼の経験を夢としてみているときに、興奮した赤ちゃんが目を覚まし、夜泣きするのでしょう。

    赤ちゃんが夜に泣き止まない!オススメの対策は?


    赤ちゃんが泣くのは、元気な証拠。
    頭ではわかっていても、赤ちゃんが一晩中泣き止んでくれないと、ママは寝られずにイライラしてしまいがちですよね。

    「お願いだから、泣きやんで寝てほしいのに…!」と困っているママに、まずは試してほしい対処法を紹介します。
     

    まずは少し様子をみてみましょう

    赤ちゃんは睡眠サイクルがうまく機能しておらず、浅い眠りと深い眠りの境目で起きてしまうケースも多いです。

    泣いている赤ちゃんをムリにあやさず、少し放っておくと、自然と眠りにつくことも多いので、まずは数分間様子をみてみましょう

    長時間放置すると、科学的に赤ちゃんに悪い影響がある、とする説もあります。

    まず100秒放っておいて、泣き止まなければほかの方法を試す、など自分の中で様子を見る時間について、決めておくと安心です。

     

    泣き止まないようなら、まずは手軽な方法で

    数分経っても泣き止まないときは、別の方法で赤ちゃんをあやしてみましょう。

    泣いている明確な理由がないかチェック!

  • 暑すぎる、寒すぎる
  • 布団や衣服の肌触りが気になる
  • 歯が生え始めており、かゆい
  • 腹痛など、体調が悪いことをうったえている
  • ママやパパが、そばにいない
  • これらの理由が原因で、赤ちゃんが泣いている可能性があります。

    考えられる要因を、一度すべて取り除いてあげましょう。

    スキンシップ

    ママの温もりを感じるだけで、赤ちゃんは安心して眠りにつくこともあります。

    夜泣きするたびにママが赤ちゃんをだっこすると、ママが疲れてしまうので、工夫も必要です。

    パパや周りの大人に抱っこの交代をお願いするのもよいですし、ママの指を握らせるだけでも、赤ちゃんを安心させる効果があります。

    抱っこするときには、赤ちゃんの頭を前後に激しく揺さぶらないよう、注意しましょう。
    赤ちゃんに脳内出血などの障害を引き起こす恐れがあります。

    音楽で気を紛らわせる

    音で赤ちゃんの気を紛らわせるのも、効果的です。

    携帯の着信音や、ベッドメリーの音など、普段聞きなれたものがあれば、赤ちゃんに聞かせてあげると泣きやむかもしれません。

    ビニールの音も赤ちゃんに好まれやすく、泣き止ませるのには効果的なようです。

     

    思い切って一度起こすのも、ひとつの手段

    どうしても赤ちゃんが泣きやまないときは、いったん完全に起こして寝かしつけなおす方が、早いこともあります

    散歩に連れ出すと、赤ちゃんの気分転換になり、赤ちゃんを泣き止ませるのに効果的です。

    ただし毎日これをしていると、ママに大きな負担がかかります。
    一度赤ちゃんを起こすのは、どうしても泣き止まない赤ちゃんへの最終手段にとどめておきましょう。

    また賑やかな通りに向かうと、赤ちゃんを興奮させることになるので、散歩コースは静かな住宅街を選ぶのが安心です。

    夜に出歩くのが不安であれば、パパについてきてもらうのもよいでしょう。

    病院に相談してもいいの?薬の使用はアリ?

    あまりにも夜泣きがひどい場合、赤ちゃんが体調を崩している可能性もありますので、そんな時は医療機関に頼ることも大事です。

    こんなときはすぐ病院へ

    赤ちゃんの夜泣きがひどいときには、病気のサインである可能性があります。

    赤ちゃんの全身を観察して、おかしいと思われる症状が見つかれば、すぐに病院に行きましょう。
    嘔吐や下痢など、ほかの症状が出ているうえに、赤ちゃんが泣きやむ兆しのないときは、要注意です。

    赤ちゃんが泣きすぎて吐いてしまうことはよくありますが、いつもの嘔吐と違うケースは、体調不良が原因のケースがあります。

    以下の症状がみられるときには、病院に相談しましょう。

  • 内容物を噴水のように大量に吐く
  • 吐いた後ぐったりしている
  • 嘔吐と下痢や腹痛をいっしょに起こしている
  • 参照:赤ちゃんヘルスケアセンター

    また次の症状が出ているときも、赤ちゃんの具合が悪い可能性があります。

  • 唇や口の中が渇いており、目がくぼみ、皮膚のハリがない

    脱水の症状であるリスクがあります。

  • 足の付け根が腫れている

    鼠経(そけい)ヘルニア、脱腸のリスクがあります。

  • 薬や漢方を使うと、寝つきがよくなるケースも

    毎晩夜泣きがひどい子どもの場合、漢方などの薬を服用することで、興奮を抑えて寝つきが改善されるケースもあります。

    子どもの夜泣きに使用できる薬としては、「宇津救命丸金粒」が有名です。

    ただし熱や下痢を伴った夜泣きへの対応として、独断で薬を使うのは危険ですので、赤ちゃんの具合が悪そうなときは、まず小児科を受診しましょう。

    また1ヶ月以上服用しても効果が出ないときには、赤ちゃんに薬が合っていないのかもしれません。
    これ以上薬は飲ませずに、小児科に相談しましょう。
    参照:宇津救命丸株式会社ホームページ

    夜泣きを卒業させたい!今からできる2つの取り組み


    どんな赤ちゃんでも、いつかは夜泣きから卒業するものですが、赤ちゃんがスムーズに夜泣きをやめてくれたら嬉しいですよね。

    赤ちゃんがうまく夜泣きを卒業するために気を付けたい、2つのポイントを紹介します。

     

    生活リズムを整える

    朝起きて、夜に眠るという、生活のリズムが整うと、赤ちゃんの体内時計もうまく機能できるようになります。

    日常生活の中で、意識して赤ちゃんの生活を整えてあげましょう。

    遅くも7時までには、赤ちゃんを起こしましょう
    すぐにカーテンを開けて、太陽光を赤ちゃんに浴びせてあげます。

    ガーゼで顔を拭いてあげるとより効果的です。

    昼のうちに、赤ちゃんを運動して体力を消耗した方が、夜中にぐっすり眠りやすいです。

    赤ちゃんが夜泣きする時期は、ちょうど寝返りやハイハイ、つかまり立ちができるようになる時期と重なります。

    赤ちゃんの行動範囲も少しずつ広がりますので、安全な範囲でたっぷりと遊ばせてあげましょう。

    また授乳前に、わざと5分ほど泣かせる機会を作るのも、効果があります。

    多くの赤ちゃんは昼寝をするので、昼寝の時間をとりすぎてしまうと、体力が夜中まで余りがちです。
    15時以降は昼寝をさせないなど、工夫するようにしましょう。

    寝る前はたっぷりとミルクをあげて、赤ちゃんを満腹の状態にさせてあげましょう。

    また寝る直前に刺激を与えてしまうと、赤ちゃんが興奮してしまい寝付きにくくなります

    寝る前には部屋の明かりを落として、テレビの音も消してあげるなどすると、赤ちゃんが安心した気持ちになり、すぐに寝やすくなります。

     

    入眠儀式で赤ちゃんの寝つきアップ!

    毎日同じ方法で寝かしつけてあげると、赤ちゃんは「今からは寝る時間なんだ」とからだで覚えてくれます。

    うまく「入眠儀式」を活用して、赤ちゃんの寝つきを改善しましょう。

    音楽を聞かせる

    ゆっくりした歌を、毎日寝る前に聞かせてあげると、赤ちゃんが落ち着いて眠りにつけるようになりやすいです。

    ママが子守唄を歌ってあげるのもよいですし、オルゴールや胎内音が入った音楽を流すのも効果的でしょう。

    アロマオイルを試してみる

    ママのパジャマや、赤ちゃんの寝具に、落ち着いた香りのするアロマオイルをつけるのも効果的です。

    自然なカタチで、赤ちゃんを心地よい眠りにひきこんでくれます。

    匂いがきつい種類のアロマオイルだと、赤ちゃんに刺激を与えてしまうので、夜泣き対策に販売されているものを使うのがオススメです。

    お気に入りの安眠グッズをつくる

    お気に入りのタオルやぬいぐるみ、ブランケットと毎日一緒に寝ることで、これらが安眠剤としての効果を発揮してくれます

    おしゃぶりはやめるべき?

    おしゃぶりをすると泣き止む赤ちゃんも多く、夜泣き対策におしゃぶりはかなり有効です。

    しかし寝かしつける時、おしゃぶりに頼りすぎると、赤ちゃんがおしゃぶりなしでは寝付けなくなることもあります。

    おしゃぶりを使っても夜泣きが続くときは、一度おしゃぶりを使わずに寝かしつけることにトライしてもいいかもしれません。

    夜泣きへの対応がツラい…ポジティブに向き合うために


    睡眠不足になりがちな夜泣きの時期は、ママにとってかなりツライものになりがちです。

    我が子が成長している表れだとは分かっていても、どうしてもイライラしてしまうのは、あなただけではありません。

    ひとりで頑張りすぎず、肩の力を抜いて夜泣きの時期を乗り切っていきましょう。
     

    ママが夜泣きを気に病む必要はありません

    赤ちゃんが夜泣きをするのは、成長にともなった自然なことです。

    夜泣きが平均より激しかったからといって、ママの育児や接し方に問題があるわけでは、まったくありません

    思うようにいかなくとも、自分のせいで夜泣きがひどいのだと落胆しないでくださいね。

    海外では、夜泣きなんて気にしない!

    海外の文化では、「赤ちゃんが泣くのは当たり前」だとする考え方が日本より強いです。
    そもそも「夜泣き」という概念すら、存在しない文化まであります。

    夜泣きをまったく気にしない文化すらあることを心に留め、赤ちゃんが泣くからといって、どうか自分を責めないようにしてください。

    家族からの理解を得ておきましょう

    妊娠前と同じように家事もこなし、夜泣きの赤ちゃんに毎日何時間も付き合い…という生活では、ママは身も心も持ちません。

    まずは家族に、夜泣きの時期にママがどんなに大変かを理解してもらい、積極的に家事を分担してもらいましょう

    たとえほかの家事を多少おろそかにしても、ママが休息する時間を設けるのが、なによりも重要です。

    とくに夫婦のコミュニケーションが不十分だと、ママへの気遣いがないパパに、イライラしがちです。

    とくに仕事で疲れているパパは、夜泣きで起こされることに不満をもらしがちですが、いつも赤ちゃんのお世話をしているママのストレスは、パパ以上であることも多いでしょう。

    お互いのストレスを率直に打ち明け合ったうえで、ふたりで協力しながら、子育てを進めていけるとよいですね。

    近所の方とのコミュニケーションを忘れずに

    子どもの夜泣きがひどいと、周囲からの視線がどうしても気になりがちです。

    「子どもを虐待しているのではないか」と周囲に誤解されるのでは、とヒヤヒヤしているママもいます。

    子どもの夜泣きが近所に聞こえているのではないか、不安であれば思い切って周囲に自分から相談してみるのもよいでしょう。

    子どもの夜泣きがひどい時期であることを、近所の人々に伝えておくことが、周囲の理解を得るためにはベストです。

    思い切って専門家に相談するのも◎

    一晩中泣いている子供をあやすのは、精神的にもツラいもの。

    とりとめもなくインターネット検索や医学書をあさっても、泣いている原因がどうしても分からず、途方に暮れるママもいるかと思います。
    ママひとりで夜泣きに悩まされるのにも、限界があります。

    栄養面や生活面での不安は、かかりつけの医師や地域の保育士など、専門家に相談するのも、ひとつの手です。

    また意外と知られていませんが、189番に電話すると、地域の児童相談所につながります
    電話であれば、ママ自身の悩みを気軽に相談することが可能ですので、困ったときにはぜひ活用してみてください。

    夜泣きは赤ちゃんが成長しているあかし


    夜泣きには、絶対的に効果のある対処法がありません。

    一晩中ずっと泣かれると、夜泣きが永遠に続くようで、気持ちが折れてしまいそうになるママもいることでしょう。

    いっぽうで色々な対処法を試すことで、赤ちゃんの寝つきが改善するケースも多いですし、なにより夜泣きは、いつか必ずおさまります。

    心もからだもツラい時期ですが、ママ自身を責める必要はまったくありません

    家族や周囲の理解を得たうえで、夜泣きを赤ちゃんの成長のひとつと捉え、じっくりと気張らずに付き合っていきましょう。

    この記事を読むことで、少しでもママの心が安らぎ、大変な育児の合間に睡眠時間を確保する上で、役に立てるのであれば嬉しいです。

    注目記事

    成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

    妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

      

    賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

    妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

    気に入ったらシェア

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク