和痛分娩ってどんな方法?無痛分娩の違いは?リスクはないの?

はじめての出産をひかえているママが、出産の痛みに耐えられるのかどうか、不安に感じるのは当然のことでしょう。

最近では痛みを緩和する、和痛分娩というスタイルを選ぶ人もいます。

日本では、まだまだ和痛分娩を選ぶ人は少ないようですが、欧米ではポピュラーな出産方法です。

ここでは、その方法や無痛分娩との違い、メリットやリスクについてをまとめてみました。

和痛分娩とは?

和痛分娩とは、麻酔などを使用することで、出産時の痛みを和らげる分娩方法のことです。

欧米では、 60〜80%の妊婦さんが和痛分娩で出産をおこなうといわれます。

日本ではまだまだ全体の約6%(日本産婦人科医会、2016年)と和痛分娩を選ぶ妊婦さんは少ないのですが、じょじょに和痛分娩を選ぶ人が増えつつあります。

参照:東大病院「東大病院での和痛分娩について」

和痛分娩と無痛分娩の違いは?

和痛分娩という言葉は聞いたことがなくても、無痛分娩は聞いたことがあるという女性も多いかもしれません。

言葉の響きから和痛分娩は「痛みを和らげる分娩」で、無痛分娩は「痛みを感じない分娩」と思われがちですが、実は両者を明確に分けるガイドラインはありません。

麻酔などを使って、出産の痛みを軽減させる分娩方法を、和痛分娩・無痛分娩と呼んだりしています。

医療機関や医師によって呼び方が異なっているだけで、違うものを指しているわけではありません。

無痛分娩という名称であっても、痛みがまったくないわけではないということは理解しておきましょう。

麻酔をしても意識はあるの?

和痛分娩では、陣痛や分娩の痛みを和らげるために、麻酔薬を用います。

麻酔の方法には、全身麻酔と部分麻酔があり、和痛分娩は部分麻酔を使用した分娩です。

部分麻酔によって陣痛の痛みは軽減されますが、意識はありますし、完全に痛みを消してしまうわけではありません。

麻酔が効きすぎると、いきむタイミングがわからなくなり、スムーズな出産ができなくなるからです。

痛みを程よくコントロールし、妊婦さんの心と体の負担を軽減するのが、和痛分娩。

痛みは軽減されていますが、子宮収縮は感じられる程度の麻酔なので、妊婦さん自身がいきんで産むことに変わりはありません。

どんな麻酔をするの?

和痛分娩のための部分麻酔として、一般的なのは、硬膜外麻酔です。

硬膜外麻酔とは、背中から脊椎の中の硬膜外腔にカテーテルという細い管を挿入し、その管を通して麻酔薬を注入する方法です。

陣痛の痛みの度合いや、子宮口の開き具合をみながら、必要に応じて麻酔薬が注入されます。

痛みを緩和しながらも、子宮収縮や胎児が降りてくる感覚は感じられる程度の量に麻酔薬は調整されますので、妊婦さんが自分でいきんで産むことができます。

硬膜外麻酔による和痛分娩がもっとも一般的ですが、病院によっては脊椎麻酔(腰椎麻酔、脊髄くも膜下麻酔)をおこなうこともあるようです。

使用される麻酔薬は医療機関によって異なりますので、詳しいことを知りたい方は、担当の医師に確認するとよいでしょう。

和痛分娩の流れ

和痛分娩は麻酔を使った分娩であるため、専門の麻酔科医が必要になります。

しかし総合病院のように、麻酔医が常にいる病院だけではありません。

そのため、通常の自然分娩とは違い、あらかじめ出産日を決めて入院出産する計画入院となることがほとんどです。

以下、具体的な流れをみてみましょう。

  1. 妊娠37週以降の妊婦健診にて、子宮や胎児の状態を確認して、入院日を決める
  2. 入院後、一通りの診察を受ける
    硬膜外麻酔用のカテーテルを挿入、必要に応じて陣痛促進剤を投与
  3. 陣痛間隔と痛みの強さ、子宮口の開き具合を確認しながら、麻酔薬を投与する
  4. 十分に子宮口が開いたら、分娩台へ移動
    子宮収縮に合わせていきんで出産する

産院や医療機関によって、多少の違いあります。

妊婦さん・胎児の状態や状況によって、流れが変わることもありますが、基本的には、上記のような手順です。

分娩時間は人によって異なり、入院したその日に生まれるケースもあれば、数日間にわたるケースも。

分娩中は胃腸の働きが低下したり、麻酔中の嘔吐などのトラブルを避けるために、食事の制限をするケースがありますが、病院によって対処はそれぞれ違います。

とくに制限されない場合でも、食事は控えた方がよいようです。

和痛分娩が中止されるケース

お産は、十人十色。
人それぞれに違います。

あたかじめ計画をしていても、その通りになるとは限りません。

和痛分娩を希望して入院日を予約していたとしても、予定日より早く破水したり、陣痛がきて入院となった場合、麻酔の準備ができず、自然分娩になることもあります。

胎児や母体の健康状態によっては、帝王切開が必要になるケースもあるのです。

和痛分娩のメリット

和痛分娩のメリットには、次の3つがあります。

痛みが緩和される

和痛分娩の、もっとも大きなメリットは痛みの軽減です。

通常、お産には、激しい痛みがともなうもの。

「陣痛から出産までが数時間だった」という人がいるいっぽうで、「24時間以上陣痛に苦しんだ」というママもいます。

和痛分娩で出産したママたちの体験談では、
「痛みをほとんど感じなかったので楽だった」
「次も和痛分娩で産みたい」という声が多いようです。

初産婦の場合は、陣痛に対する恐怖心が、大きなストレスになっている場合もあります。

和痛分娩は、そのようなストレスの軽減にも効果的です。

心疾患や高血圧で、長時間にわたる陣痛に耐えることが難しい妊婦さんには、和痛分娩をすすめる病院もあるようです。

痛みの感じ方には個人差がある?

痛みを緩和するのが和痛分娩ではありますが、体験したママのなかには、「和痛分娩なのに結構痛いしツラかった」と感じる人もいるようです。

和痛分娩時の麻酔は、自分でいきめる程度の感覚を残した麻酔なので、まったく痛みを感じない訳ではありません。

多少の痛みは感じるものです。

ただ、「自然分娩よりも、痛みはかなり和らいだ」と感じる妊婦さんが大半です。

初産は、そもそも自然分娩の陣痛や出産の痛みを知らないため、麻酔したときと、しないときの比較ができなくて当然なので、「想像と違うかも」と思うケースがあるのでしょう。

また、痛みの感じ方には個人差があるし、麻酔の効き方にも個人差はあるものです。

自分が産んだ達成感を実感できる

和痛分娩の麻酔は、部分的なものです。

痛みを緩和しますが、子宮収縮を感じたり、自分でいきむことはできます。

意識もしっかりあるので、誕生の瞬間もわかり、産声を聞くこともでき、すぐに赤ちゃんの顔を見ることができるのです。

痛みを減らしながらも、自分が産んだという達成感を実感できる分娩方法だといえるでしょう。

出産後の疲労度が軽減される

人間の体というものは、痛みを感じると力が入ってしまうものです。

陣痛のような強い痛みが長時間続いた場合は、それだけで体にはかなりの負担がかかります。

出産後に、妊婦さんがぐったりと疲れ果てるのは、そのためです。

和痛分娩では、麻酔にとって陣痛の痛みが緩和されるので、体に必要以上に力が入ることがありません。

そのため、出産後の疲労度は、かなり軽減されます。

和痛分娩のリスクは?

和痛分娩では、麻酔を使用します。

麻酔を使用する以上、まったくリスクがないとは言い切れません。

和痛分娩のリスクや、デメリットについてもみてみましょう。

鉗子・吸引率が高くなる

和痛分娩に使用される麻酔によって、子宮の収縮が弱くなったり、妊婦さんがいきむときに十分な力が入らなかったりする場合があります。

それが原因で分娩時間が長引いたり、麻酔が効きすぎて、いきむタイミングがわからないというケースがでてくることも。

そのために、鉗子や吸引器を使って赤ちゃんを引っ張り出す鉗子分娩・吸引分娩になる確率が高くなります。

赤ちゃんへの影響は?

麻酔薬自体が赤ちゃんに与える影響は、ほとんど心配いりません。

赤ちゃんへの影響があるとしたら、ママの血圧が急激に下がることで考えられます。

麻酔によってママの血圧が急激に下がると、子宮への血流が弱まり、赤ちゃんに一時的な影響を与える可能性があるのです。

和痛分娩中には、医師や看護師が、常にママの血圧を測定し、変化があった場合はすぐに対応できるように、細心の注意をはらって管理します。

心配な副作用は?

麻酔薬も薬である以上、まったく副作用がないとは言い切れません。

人によっては、以下のような症状が出る場合もあります。

  • 発熱
  • 血圧の低下
  • 吐き気
  • かゆみ
  • 尿意の低下

可能性のある深刻なリスク

和痛分娩における麻酔処置は、専門の麻酔科医が行えば、問題が起こることはほとんどありません。

しかし、下記のような深刻な合併症や、後遺症おこる可能性があることは、あらかじめ理解しておきましょう。

局所麻酔薬中毒

妊娠中は血管が膨らんでいるため、硬膜外腔へ挿入するはずのカテーテルが、誤って血管に入ってしまうことがあります。

そのまま麻酔薬を注入すると、血液中の麻酔濃度が上がり、一時的に耳鳴りや下のしびれなどの症状がでます。

重症化すると、痙攣や呼吸停止などの危険な状態になりますので、麻酔科医による慎重な処置と対処が必要です。

神経障害

カテーテルを硬膜外腔に挿入するときに、神経の一部を傷つけてしまうことがあります。

その場合、分娩後に2〜3ヵ月、足にしびれの症状が残ることもあるようですが、ほとんどが一過性です。

背骨の神経疾患がある場合、背骨が変形している場合、神経を傷つけてしまうリスクが高くなります。

硬膜穿刺後頭痛

硬膜外腔にカテーテルを挿入するときに、硬膜を傷つけてしまうと、硬膜から脳脊髄液が漏れ、頭痛をおこすのです。

自覚症状としては、頭痛以外にも首の痛みや、悪心などがあり、それらの症状は産後2日までにでるといわれています。

ほとんが1週間以内で直りますが、回復がみられに場合は、硬膜外血液パッチという治療が必要です。

脊髄クモ膜下腔への麻酔薬注入

硬膜外腔にカテーテルを挿入するときに、硬膜外腔の奥の髄膜クモ膜下腔にカテーテルが入ってしまうことが稀にあります。

そのまま麻酔薬が髄膜クモ膜下腔に注入されてしまうと、急激な麻酔の効果が現れ、母体の意識消失を招くことも。

処置が遅れると呼吸停止など命にも関わりますので、医師は、迅速に処置を取らねばなりません。

死亡事故や重い後遺症を避けるためにも、麻酔科医が妊婦の状態を慎重に観察しながら、麻酔薬を注入することが必要です。

血腫

非常に稀なケースですが、カテーテルを入れるときに、血管を損傷し、硬膜外腔や脊髄クモ膜下腔に血の塊や膿(血腫)ができてしまうことがあります。

血腫の大きさや場所によっては、下半身麻痺などの後遺症が出るリスクがあるため、早急に、血腫を取り除く手術が必要です。

血液が固まりにくい体質の人は血腫ができやすいため、硬膜外麻酔ができません。

和痛分娩が受けられない人

妊婦さんの体質や状態によっては、和痛分娩を受けられないこともあります。
初産婦、経産婦ともに、以下にあてはまる方は、和痛分娩での出産はできません。

  • 妊娠37週未満での出産の場合
  • 血液が凝固しにくい体質の方
  • ヘルニアなどの脊椎疾患がある方

和痛分娩にかかる費用は?

出産は病気ではないため、自然分娩の場合、健康保険は適用されません。

和痛分娩の場合は、健康保険が適用されない上に、追加料金が加算されますので、自然分娩よりも高額になります。

追加される料金には、カテーテル挿入の処置、麻酔薬、陣痛促進剤などです。

分娩にさいし、鉗子分娩や吸引分娩が必要になった場合は、その料金も追加されます。

追加料金は、病院によっても異なりますが、3〜15万円程度高くなると考えておきましょう。

分娩時間が長くなれば、それだけ麻酔薬の投与も増えますし、薬の投与量や、設備や処置の違いなどで追加料金はかなり異なるものです。

休日や夜間は追加料金が発生する病院もあります。

和通分娩はしっかり考えて選ぶと◎

和痛分娩とは、麻酔によって痛みを緩和する分娩方法です。

日本では、まだまだ普及率が低いのですが、欧米ではポピュラーな分娩方法といえるでしょう。

和痛分娩のメリットは、痛みが緩和されることで、妊婦さんの精神的・身体的なストレスが軽減されることです。

それにより、精神的に余裕をもって出産にいどめ、無駄な体力を使うこともありません。

しかし、和痛分娩をおこなうには追加費用がかかるだけでなく、副作用やリスクがまったくないというわけでもありません。

体質や持病によっては、和痛分娩がおこなえないケースも出てきます。

和痛分娩を考えている方は、担当の医師と十分に相談の上、慎重に検討してください。

メリットおよびデメリット、病院の設備や体制など不安なことは、担当の産婦人科医や助産師さんに質問し、納得できるまで説明してもらいましょう。

これからは日本でも、バースプランを自分で考え、出産方法や医療機関を選ぶ時代になってくることと思います。

和痛分娩を選ぶか、自然分娩を選ぶかは、人それぞれ。家族とも十分に話し合い、ご自分の希望や体質に合わせて最適な出産方法を見つけてください。

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...