新生児から使える抱っこ紐napnap(ナップナップ)って実際どう?

ナップナップの抱っこ紐は、機能性が高く、デザインも個性的だと人気を集めています。


「高機能な抱っこ紐はデザインがいまいち…」
「おしゃれな抱っこ紐は機能が充実していない!」

このような不満のあるママに、オススメしたいので、ナップナップ抱っこ紐についてまとめました。

どんな種類があって機能性の高さはどういう部分かを、しっかりみていきましょう。

ナップナップのオススメ抱っこ紐は?

ナップナップの抱っこ紐は、ライフスタイルに合わせて選べます。

それでは、タイプ別に見ていきましょう。

シンプルな普段使い用のBASIC

ナップナップ napnap ベビーキャリー ネイビー

価格(税込) 9,050円
本体サイズ 幅33×高さ50cm
本体重量 フードも入れて約620g
耐荷重 15kg
対象月齢 【抱っこ】は、首がすわる4~24ヶ月(体重約13kg)まで
【おんぶ】は、首がすわる4~36ヶ月(体重約15kg)まで
※別売りの新生児パッド使用で生後10日頃から使用可能。
カラー展開 カーキオリーブ・ネイビー・フレンチラベンダー・ライトキャメル
【ネット直販限定】グレー・カフェベージュ

napnapベーシックは、毎日使っていても飽きがこない、シンプルなカラーバリエーションが特徴です。

パパとママで一緒に使ってもよいでしょう。

おしゃれなよそ行き用のUKIUKI

ナップナップ napnap ベビーキャリー UKIUKI ウキウキ シェル

価格(税込) 12,830円
本体サイズ 幅33×高さ50cm
本体重量 フードも入れて約620g
耐荷重 15kg
対象月齢 【抱っこ】首がすわる4~24ヶ月(体重13kg)まで
【おんぶ】首がすわる4~36ヶ月(体重15kg)まで
※別売りの新生児パッド使用で生後10日頃から使用可能。
カラー展開 アンティークドット・シェル・レモンリー・パッチワーク・ブラックウォッチ・デニム

お出かけが楽しくなりそうな、遊び心のあるデザインです。

UKIUKIシリーズは、よだれカバーが1セットついています。

コンパクトな携帯用Compact

ナップナップ napnap ベビーキャリー COMPACT コンパクト スタンプ

価格(税込) 8,618円
本体サイズ 幅33×高さ50cm
本体重量 約400g
耐荷重 20kg
対象月齢 【抱っこ】首がすわる4~24ヶ月(体重13kg)まで
【おんぶ】首がすわる4~48ヶ月(体重20kg)まで
※別売りの新生児パッド使用で生後10日頃から使用可能。
※36ヶ月以降はSGマーク制度適用対象外。
カラー展開 ブルーチョコ・スタンプ・オレンジ・パリ・チョコミント・ブラック・グレー・ネイビー

Compactシリーズには、収納ポーチがついています。

ナップナップ抱っこ紐のなかで、もっとも軽量で収納もコンパクトにできます。

バッグの中でかさばらないので、持ち運びに便利。

セカンド抱っこ紐としてもオススメです。

ナップナップならではの特徴は?


ナップナップの抱っこ紐には、どのような特徴があるのでしょうか?

パパとママで共有できる

身長は148~198cm、ウエストは61~125cmの人にまで対応しています。

小柄なママと体格のよいパパでも、兼用できるのがうれしい部分です。

メッシュ素材で夏でも快適

赤ちゃんの背中部分が、通気性のよいメッシュ素材なので、汗をかきやすい夏も安心です。

BASICシリーズとUKIUKIシリーズは、ファスナーでメッシュに切り替えできます。
Compactシリーズは、抱っこ紐の裏地にメッシュを使用しています。

便利な収納ポケット

背面に大きなファスナー式収納ポケットがついているので、お財布・スマホ・家の鍵などをいらられます。

ちょっとしたお出かけなら、手ぶらで出かけられるでしょう。

腰ベルトで負担を軽減

腰ベルトがあることで、赤ちゃんの体重が肩だけにかかりません。

重さが分散されるので、パパやママの体にかかる負担も軽くなります。

おんぶホルダー

おんぶホルダーで赤ちゃんを固定できるので、赤ちゃんの落下事故を防げます。

おんぶだけではなく、抱っこのときも使用すると、より安全です。

日本人に合わせたサイズ設計

海外製の抱っこ紐は、体の大きな欧米の赤ちゃんに合わせて作られているので、日本の赤ちゃんには、大きすぎるケースがあります。

赤ちゃんの体に合わない抱っこ紐を使っていると、股関節に負担がかかることがあるのです。

ナップナップは、日本の赤ちゃんに合わせた作りで、自然な足の形を維持します。

ウエスト部分に収納できる

お出かけ先で、抱っこ紐を使わないときに、いちいちしまうのは手間がかかります。
ナップナップは、腰ベルトを着けたままくるくると丸めて、ウエストポーチのように収納できるのです。

かさばらず、お出かけするときの荷物を減らすことができるでしょう。

着脱可能なメッシュフード

眠ってしまった赤ちゃんの、頭がぐらつくのを防ぐフードがついています。

メッシュ素材なので通気性がよく、ムレる心配がありません。

ナップナップの抱っこ紐はどこで買えるの?


ナップナップの抱っこ紐は、しまむらグループのバースデイ・西松屋などで購入できます。

「試着して使い心地を確かめたい」という人は、お近くのバースディや西松屋へ足を運んでみるとよいでしょう。

(※一部店舗では販売していないこともあります)

近くに店舗がない場合は、アマゾン・楽天・ベルメゾン・公式オンラインショップなどのネット通販でも購入できます。

「多少のキズや汚れなら気にならない」という人であれば、中古品の購入を検討してもよいでしょう。

ナップナップで子育ての負担を軽くしよう


大切な子どものために、できるだけ使用感のよい抱っこ紐を選びたいものですが、パパやママの使いやすさや、デザイン性も重要なポイントです。

ナップナップの抱っこ紐は、おしゃれなデザインが魅力ですが、赤ちゃんの安全性はもちろん、パパ・ママの体にかかる負担にまで配慮して作られています。

ライフスタイルに合わせて選べるナップナップなら、自分と赤ちゃんにぴったりの抱っこ紐があるかもしれません。

一度、実物を手にとってみるとよいでしょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク