アップリカの抱っこ紐の使い方!抱っこやおんぶの装着方法まとめ

アップリカの抱っこ紐は口コミでも評判が高く、注目しているママも多いようです。

新生児の横抱きや首すわり後の縦抱き、前抱っこに腰抱き、子どもの成長に合わせておんぶ紐としての使用もできます。

しかし、機能がありすぎるため「どう使っていいのかわからない」という人もいるようです。

そこで今回は、アップリカ抱っこ紐の使い方を徹底解説していきます。

抱き方別の使用方法を、動画も合わせてご覧ください。

アップリカの抱っこ紐はいつから使えるの?


いくつもの抱き方ができる、アップリカの抱っこ紐ですが、実際には抱き方によって使用時期が異なります。

抱き方別に使用可能時期を確認しておきましょう。

抱き方 対象月齢
横抱き 新生児~4ヶ月(体重7kg)まで ※1
縦抱き 4~24ヶ月(13kg)まで
前抱き 7~24ヶ月(体重13kg)まで
おんぶ 4~36ヶ月(体重15kg)まで
腰抱き ※2 7~36ヶ月(体重15kg)まで


※1 一部商品は別売りの新生児シートの購入が必要
※2 腰抱きは、コランハグのみ可能

まずは、使用可能な時期を守って使うことが、安全に使用するための重要なポイントといえます。

正しい使い方は?


赤ちゃんとの生活に便利な抱っこ紐ですが、使い方を間違えると、大切な赤ちゃんの体に負担をかけたり。
正しい使い方をしましょう。

まずは、抱き方別の着用方法についてご説明します。
動画も合わせてご覧ください。

今回は、アップリカの中でも人気の高い、コランハグを例にしてお伝えしていきます。

横抱き~新生児シートの付け方

生後間もない赤ちゃんには、新生児シートを使用します。

抱っこ紐に、新生児シートをつける方法から見ていきましょう。

  1. 安全な場所に抱っこ紐を広げる
  2. 肩バックル、腰バックル、ジョイントバックルをはずす
  3. 新生児シートを、頭部が左側にくるよう横向きにのせる
  4. 取り付けベルトのホックを、抱っこ紐の腰ベルトのホックにつける
  5. 新生児シートの、頭部側を谷折りにする
  6. 肩バックルがねじれないように、ベルトを通し、頭部バックルにとめる
  7. ベルト通しから肩ベルトの先端を引き出し、ベルトが余らないように短くする
  8. 新生児シートを戻す
  9. 頭部バックルがねじれないように、肩バックルにとめる
  10. 脚部側も同じようにつける

ベルトが、ねじれないようにするのがポイントです。

横抱きの装着方法

次に、横抱きの装着方法を確認しましょう。
装着する際は、不安定な場所は避け、安定した場所で装着してください。

  1. 安全な場所で、赤ちゃんを乗せて足を通す
  2. 新生児シートのバックルを止める
  3. 抱っこ紐の腰バックルをつける
  4. ウエストベルトが腰骨より高い位置にくるように調整する
  5. 前かがみの姿勢になり左右の肩ベルトに腕を通す
  6. 首の後ろでジョイントバックルをとめる
  7. 赤ちゃんの頭部を支えながら、左右の肩ベルトの位置を調節する

使用時は赤ちゃんの頭が下がったり、ママの身体から離れないように、左手で頭部を支えましょう。

縦抱きの装着方法

首が据わってから多く使用するのが、縦抱きです。

日常的に使うことが多いので、しっかりと装着方法を確認しましょう。

  1. 腰バックルをとめる
  2. 背当て部を正面にして、赤ちゃんを本体とおんぶハーネスの間に乗せる
  3. おんぶハーネスのバックルをとめる
  4. 左右の肩ベルトをかける
  5. 首の後ろでジョイントバックルをとめる
  6. 左右の肩ベルトを調節し、赤ちゃんの位置を調節する

腰バックルの位置が下すぎると、パパやママの腰に負担がかかりやすくなります。

使用するたびに、ベルトの位置を確認してください。

先に、ジョイントベルトの位置を上にずらしておくと、ジョイントバックルが止めやすいでしょう。

前向き抱っこの装着方法

前向き抱っこは、好奇心旺盛な赤ちゃんにオススメの抱き方です。

腰が据わり、いろいろなことに興味が出てきたら挑戦してみましょう。
※おやすみカーテンは外しておきます。

  1. ウエストベルトをつける
  2. 肩ベルトは長めにしておく
  3. 椅子に座った状態で、赤ちゃんの体を前向きに抱っこ紐にのせる
  4. おんぶハーネスのバックルをとめる
  5. 左右の肩ベルトを両肩にかける
  6. 首の後ろでジョイントバックルをとめる
  7. 肩ベルトを調節する

赤ちゃんの腕は、肩ベルトの外側でも内側でもOKです。

外側に出しているときに、赤ちゃんが前のめりになる場合は、肩ベルトの内側に腕を入れてください。

前向き抱っこは赤ちゃんの顔が見えないため、こまめに様子を確認しましょう。

おんぶの装着方法

おんぶができるようになると、抱っこでは大変だった家事や買い物が、とても楽になります。

  1. 抱っこ紐に赤ちゃんを乗せて、おんぶハーネスのバックルをとめる
  2. 赤ちゃんに背を向けた状態で左右の肩ベルトをかける
  3. 前かがみの体勢で赤ちゃんを背負い、腰バックルをとめる
  4. 赤ちゃんのお尻の位置が、腰ベルトより高くなるように調節する
  5. ジョイントバックルをとめる
  6. 左右の肩ベルトを調節する

赤ちゃんの成長に合わせて、おんぶハーネスの位置を変えてください。

おんぶをするときは、安全のために、必ず座った状態で着脱しましょう。

まだ腰が据わらない赤ちゃんの場合は、大きめのビーズクッションの上に、抱っこ紐を広げて赤ちゃんを座らせると、安定するので装着が楽になります。

縦抱きからおんぶへ

椅子のない場所でのおんぶは、一度縦抱きにすることで、安全に着脱できます。

  1. 縦抱っこの状態でジョイントバックルを外す
  2. 左右の肩ベルトを肩から外してもつ
  3. 肩ベルト持ったまま、前かがみになり、赤ちゃんを支えて背中側にまわす
  4. 左右の肩ベルトをかける
  5. ジョイントバックルをとめる

おんぶから縦抱きも、同じ要領でおこないます。

赤ちゃんを背中にまわす際に、頭をぶつけないよう周囲にも気をつけましょう。

腰抱きの装着方法

腰抱きができない商品もあるので、腰抱きに対応できるタイプの抱っこ紐か、確認してからおこないましょう。

ここでは右抱きの方法を、紹介しています。

左抱きの場合は、左右逆の手順で装着してください。

※おやすみカーテンは外しておきます。

  1. 腰バックルをとめる
  2. 左右の肩バックルを外す
  3. 右側の肩バックルを左側の肩バックルにとめる
  4. 右腕と頭を通し、肩ベルトをななめにかける
  5. ウエストベルトを右側にまわす
  6. 赤ちゃんを抱き上げて、抱っこ紐に乗せる
  7. 背中側から右側の肩ベルトを腰にまわす
  8. 腰にまわした肩ベルトを左側から出す
  9. 肩バックルをとめる
  10. 赤ちゃんの位置を整える

慣れるまでは難しく感じますが、コツを覚えることでスムーズに着脱ができます。

抱き方を変えると、子どもの視界も広がり気分も変わるので、いろいろな抱き方に挑戦してみましょう。

はじめて使うときは、できるだけ人に手伝ってもらうと安心です。

共通ポイントをチェック!

すべての抱き方に共通するチェックポイントです。

装着時にチェックすること

  • バックルを止めるときはゴムベルトに通す(先端はゴムベルトの外に出しておく)
  • ベルトは「ねじれ」ができないように気をつける
  • ベルトはその都度長さを調整
  • 余ったベルトはゴムでまとめる

装着後にチェックすること

  • おんぶハーネスのバックルが確実にとまっているか
  • 全てのバックル(ジョイント、肩、腰)が確実にとまっているか

細かい点ですが、安全に使用するための大切なポイントです。

確認を、忘れないようにしましょう。

おやすみカーテンとは?

アップリカの抱っこ紐には「おやすみカーテン」がついています。

おやすみカーテンとは…

  • 赤ちゃんが寝たときに、首が安定するようにサポートする
  • 風よけや日差しよけの役割

このように、赤ちゃんが抱っこ紐の中で快適に過ごせるようにサポートするものです。

おやすみカーテンの取り付け方

  1. おやすみカーテンの品質表示ラベルを本体側に向けます
  2. ホックをループに通してホックをとめます(左右)

※抱き方によっては、おやすみカーテンが使用できない場合もあります。

おやすみカーテンにミッキーの耳がついた、ディズニーデザインの抱っこ紐もあります。

見た目もかわいく、ディズニーファンではなくても注目を集めるでしょう。

ベビーカーからそのまま移動もできる


抱っこ紐から、ベビーカーへの移動が楽にできるのがCTS(キャリートラベルシステム)です。

移動のたびに、抱っこ紐を外す手間がかかりません。

CTSを使いこなすと、赤ちゃんとのお出かけがより楽しくなるでしょう。

CTSは、抱っこ紐にCTSマークのある対象商品のみ使用可能です。

ベビーカーの準備をする

CTSを使うために、まずはベビーカーの準備をしましょう。

  1. ベビーカーの後輪をロックする
  2. 頭と腰のパッドをとりはずす
  3. 肩ベルトの位置を下段にする
  4. 背もたれを倒す
  5. 肩ベルト・ウエストベルト・股ベルトを外し、外側に広げる

乗せかえるときには、必ずベビーカーの後輪がロックされた状態でおこなってください。

ベビーカーから横抱きにする方法

ベビーカーから、横抱きにする方法です。

  1. ベビーカーのCTS用収納ポケットから、抱っこ紐の肩ベルトを出す
  2. 抱っこ紐の肩ベルトバックルを、ねじれのないようにとめる
  3. 左右のヘッドサポートベルトを、肩ベルトカバーに巻きつけ、ヘッドサポートベルトホックをとめる
  4. 抱っこ紐の肩ベルトにある、ジョイントバックルが外れていないことを確認する
  5. ベビーカーの股ベルトを抱っこ紐の股ベルト通し穴から抜く
  6. 左右の肩ベルトを重ねて、肩から脇へななめにかける

抱っこしたあとは、しっかりとベルトの調整をおこないましょう。

横抱きからベビーカーに乗せる方法

横抱きから、ベビーカーに乗せかえる方法です。

  1. ベビーカーの肩ベルトを、抱っこ紐の肩ベルト通し穴に通す(左右)
  2. ベビーカーの肩ベルトを肩ベルトフックに差込み、ウエストベルトバックルに差し込みむ
  3. 赤ちゃんの身体に合わせて、ベビーカーの肩ベルトとウエストベルトの長さを調整する
  4. ベビーカーのフロントガードを閉じる

乗せるときに、ベビーカーが動かないよう気をつけましょう。

平らな場所で、タイヤをロックした状態で、載せ替えをおこなってください。

ベビーカーから縦抱きにする方法

ベビーカーから、縦抱きにする方法です。

  1. ベビーカーの後輪ストッパーをロックしてフロントガードを開く
  2. ベビーカーの肩ベルト・ウエストベルト・股ベルトをはずしてウエストベルトと股ベルトを外側に広げる
  3. ベビーカーの肩ベルトを抱っこ紐の肩ベルト通し穴から抜く
  4. 抱っこ紐の肩ベルトカバーホックを外す
  5. 抱っこ紐のヘッドサポートベルトホックを外す
  6. 首の後ろで抱っこ紐のジョイントバックルをとめる
  7. 赤ちゃんの足が外に出ていることを確認し、抱っこ紐の腰バックルをとめる
  8. ウエストベルト、肩ベルトを調整する

抱っこひもが、縦抱きの形になっているかも確認しておきましょう。

縦抱きからベビーカーに乗せる方法

赤ちゃんを縦抱きにした状態から、ベビーカーに乗せる方法です。

  1. 抱っこ紐の、左右のヘッドサポートベルトホックを外す
  2. 肩ベルトカバーをめくり、肩ベルトバックルを外す
  3. 抱っこ紐の、左右の肩ベルトをまとめて、ベビーカーのCTS用収納ポケットに収納する
  4. 抱っこ紐の、左右のヘッドサポートベルトホックをとめる
  5. 肩ベルトカバーのホックをとめる(左右)
  6. ベビーカーの肩ベルトを、抱っこ紐の肩ベルト通し穴に通す(左右)
  7. ベビーカーの肩ベルトを、肩ベルトフックに差込み、ウエストベルトを股ベルトバックルに差し込む
  8. 赤ちゃんの身体に合わせて、ベビーカーの肩ベルトウエストベルトの長さを調節する
  9. ベビーカーのフロントガードを閉じる

乗せかえるときは、タイヤのロックを忘れずに、ホックやバックルのとめ忘れがないように気をつけましょう。

抱っこ紐で赤ちゃんと安全で楽しい毎日を


アップリカの抱っこ紐の、正しい付け方を紹介しました。

抱っこ紐があれば、赤ちゃんとの生活がぐんと楽になります。

逆に使い方を間違えると、パパ・ママや赤ちゃんの体に負担がかかったり、転落事故につながることもあるので危険です。

正しい使い方を覚えておくと、多機能なアップリカ抱っこ紐を、便利に使いこなせます。

赤ちゃんがお出かけができるようになったら、抱っこ紐を上手に使って楽しい毎日を過ごしましょう。


アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...