赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

今すぐ赤ちゃんの部屋編集部が選んだ
赤ちゃん用歯磨き粉を見る

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
ママさん

赤ちゃんの歯磨き粉っていつから使えばいいの?離乳食はじまるまでいらないかな?

歯磨き粉は、赤ちゃんの前歯が生えたときから使いはじめるのがおすすめです。

離乳食が始まり、赤ちゃんの虫歯リスクが高まる頃までに、歯磨きに対する抵抗感をなくしておくと良いでしょう。

歯磨き粉は大人用と同じものではなく、泡立ちにくい、食品用原料、甘い味がするなど赤ちゃん用の歯磨き粉を使います。

この記事では赤ちゃんの歯磨き粉について、

  • いつからどうやって使うのか
  • おすすめの赤ちゃん用歯磨き粉や選び方

など、詳しく解説します。

歯磨き粉はいつから使うの?

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

いつから歯磨き粉を使うべきかは、歯医者さんによってもさまざまな意見があります。

ただ、赤ちゃん用の歯磨き粉は安全に作られているので、対象年齢を守ればいつから始めても問題ありません。

前歯が生える生後6ヶ月~1歳前後から使うママが多い

一般的には、前歯が生える生後6ヶ月頃や、歯の汚れが目立つ1歳前後から歯磨き粉を使い始めることが多いです。

歯が生え揃ってから急に歯磨きを開始すると、赤ちゃんはびっくりし歯磨きを嫌がる原因となる可能性があります。

そのため、歯が生えたタイミングから、歯磨きに慣れさせておくことが大切です。

赤ちゃんがそのまま飲んでしまっても安全な歯磨き粉を使って、練習しておきましょう。

乳歯の虫歯予防のために、歯磨き粉が必要

歯磨き粉をつけて赤ちゃんの歯磨きをしたほうがいいのは、乳歯の虫歯を防ぐためです。

乳歯は、永久歯と比べてやわらかいため、歯の表面にあるエナメル質が薄いという特徴があります。
そのため乳歯は、一度虫歯になると、虫歯が進行しやすいのです。

口の中に食べカスやミルクが残っていると、その糖分からミュータンス連鎖球菌(虫歯菌)が酸を作り、エナメル質を溶かしてしまいます。

虫歯は永久歯に影響が出る可能性もある

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
ママさん

乳歯は生え替わるから、気にしなくても良いのでは?

…こう思うかもしれませんが、乳歯が虫歯になると、永久歯に影響が及ぶ可能性もあります。

乳歯が虫歯になると、

  • 永久歯が虫歯菌へ感染しやすくなる
  • 歯並びが崩れる
  • 噛む力が弱くなる

などの影響が考えられます。

歯磨き粉を使えば、汚れや菌を取り除き口の中を清潔に保つだけでなく、歯を丈夫にする効果も期待できるのです。

赤ちゃんの歯磨き粉の選び方

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
ママさん

赤ちゃんの歯磨き粉は色んなメーカーから発売されてるから、何選んだらいいかわかんない…。

そんなママさんのために!
お子さんに合った歯磨き粉を探すためのポイントを5つ紹介します。

↓クリックして詳細をチェック!

(1)飲み込んでも安全

歯磨きに慣れないときは、赤ちゃんが間違って歯磨き粉を飲み込むこともあります。

赤ちゃん用の歯磨き粉を選ぶなら、研磨剤や発泡剤、着色料などの、飲み込まない方がいい成分を使用しているものは避けましょう。

食品用原料を使用しているものや、無添加の身体にやさしい歯磨き粉を選ぶと安心です。
このようなものは、ジェルやパウダータイプに多くみられます。

(2)研磨剤不使用

赤ちゃんの生えたての歯は、歯の表面のエナメル質が薄く、研磨剤が入っていると、やわらかい歯を傷つける恐れがあります。

傷がついた歯には、汚れがつきやすくなるので、注意が必要です。

赤ちゃん用の歯磨き粉であれば、ほとんどの製品で研磨剤を使用していません。

(3)発泡剤不使用(泡立たない)

赤ちゃんにとっては、口の中が泡だらけになると、うがいがしにくくなったり、不快に感じることもあります。

赤ちゃんに使用する際には、発泡剤を使用しないタイプのものが良いでしょう。
泡立たない方が歯の汚れも見やすく、きれいに磨くことができます。

(4)虫歯予防成分が入っている

フッ素やブリス菌など、虫歯の予防効果のある成分が入っている歯磨き粉を選びましょう。

フッ素は歯を硬くしたり、溶けたエナメル質の修復、歯垢の細菌の活動を抑えるなどの効果があります。

赤ちゃんの歯は、エナメル質が薄く虫歯になりやすいため、フッ素配合歯磨き粉を使って、ケアするとよいでしょう。

フッ素の種類

赤ちゃん用の歯磨き粉は、ほとんどがフッ素歯磨き粉に部類されます。

成分表示に、以下の3つのうち、いずれかのフッ化物が含まれていれば、フッ素歯磨き粉です。

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP) 歯の奥まで浸透する効果があり、小さい虫歯や治療したばかりの虫歯にオススメ
フッ化ナトリウム(NaF) 歯垢の中のフッ化物濃度を高める作用が高く、健全な歯に対して使用するとよい
フッ化第一スズ(SnF2) スズイオンが口の中の細菌を殺菌する効果がある。まれに歯の表面に着色が起こることがある

フッ素の過剰摂取は身体によくありませんが、フッ素歯磨き粉は濃度が低く、少量しか使わないので心配ありません。

もし気になる場合は、3つのなかで一番中毒性が低い、モノフルオロリン酸ナトリウムを使用した歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

参照:東京都文京区歯科医師会「フッ素とむし歯予防」

(5)味は赤ちゃんが好きそうなものが◎

赤ちゃん用の歯磨き粉は、ぶどう味いちご味など甘い味のものが多いです。

歯磨きの時間が楽しく、毎日続けられるよう、お子さんの好みの味を見つけるといいですね。

ミント系は避けたほうがいいい

ミント系の歯磨き粉は、歯磨き後、口がスッキリとして爽快感がありますが、子どもが好きな刺激ではありません。

ミントのスースーとした感じが苦手な子どもが多く、歯磨き嫌いの原因にもなるので注意しましょう。

赤ちゃん用歯磨き粉のオススメ10選

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

ここからは編集部厳選した、赤ちゃんにおすすめの歯磨き粉を紹介します。

  • 飲み込んでも安全
  • 研磨剤不使用
  • 発泡剤不使用(泡立たない)
  • 虫歯の予防成分が入っている
  • 甘い味がする

赤ちゃんの歯磨き粉の選び方でも紹介した5つのポイントに基づいて、確認していきましょう。

編集部イチオシ!粉状歯磨き粉「ブリアン」

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ≫公式サイト≪

  • 世界初のブリス菌が歯垢を除去
  • 防腐剤や化学薬品を含まず、食品成分100%だから安心!
  • 販売累計1,200万包突破!
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品成分100% なし なし ブリス菌 いちご味

虫歯ができづらい人の口内に多くいることがわかった、“口の中の善玉菌”「ブリス菌」
そのブリス菌を配合し乳歯の虫歯リスクを下げる、世界初の歯磨き粉がブリアンです。

うがい不要で、そのまま飲み込んでも安全な成分でのみ作られています。
やさしいイチゴ味で、歯磨きが苦手な子にもおすすめです。

通常価格 8,424円(税込)
定期コース 初回:65%OFF!3,580円(税込)
※2回目は4,800円、3回目以降は4,399円
※2回以上継続必須
内容量 0.5g×60包(1日2包)
年齢 6ヶ月から
返金保証 60日全額保証
特典
  • 歯磨きチェックシート&シール
  • 歯磨き応援絵本
  • オリジナル歯ブラシ&小皿(3回目)

ブリアンの詳細を見てみる

薬用 こども歯みがき剤APAGARD(アパガード)ジェル

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • 独自成分の薬用ハイドロキシアパタイトを配合
  • エナメル質の形成に欠かせないミネラルを補給
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
明記なし なし なし 独自成分 ラムネ

乳歯の生え始める時期から使用することができます。

歯とほぼ同じ成分のハイドロキシアパタイトによって、未熟なエナメル質の形成に欠かせないミネラルを補給します。

通常価格 598円(メーカー希望価格)
内容量 60g
年齢 6ヶ月頃から

ライオン DENT Check-Up kodomo

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • 独自の新処方で、フッ素の滞留性を高めている
  • パッケージには3種類のかわいいキャラクターを採用
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
明記なし 低研磨 低発泡 フッ素 ストロベリーなど3種

フッ素濃度が950ppmと高く、フッ素の滞留性を高めた独自の新処方の歯磨き粉です。

歯科医師も勧める商品で、実際に歯科医院で購入することもできます。

通常価格 250円(メーカー希望価格)
内容量 60g
年齢 6ヶ月頃から

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • フッ素、キシリトール配合
  • 無着色、無香料、パラペンフリー
  • 歯が生えはじめる6ヵ月頃から使える
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料を使用 なし なし フッ素 いちご/ぶどう

こちらの商品は同メーカーの「ぷちキッズ」より低月齢から使用することができます。

歯が生え始めた6ヶ月ごろの、はじめての歯磨きにオススメの研磨剤・発泡剤無添加の歯磨き粉です。
うがいができない赤ちゃんでも使用することができます。

通常価格 550円(メーカー希望価格)
内容量 40ml
年齢 6ヵ月頃から

和光堂 にこピカ 歯みがきジェル

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • フッ素、キシリトール、緑茶ポリフェノール配合
  • ノンアルコール、ノンパラベン、無香料・無着色
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料を使用 なし なし フッ素 リンゴ/白ぶどう

フッ素以外は食品用の原料のみを使っているため、6ヶ月の歯磨きデビューから安心して使用できます。

1回分の使用量がワンプッシュ、と適量がわかりやすいです。

通常価格 680円(メーカー希望価格)
内容量 50g
年齢 6ヵ月頃から

arau. アラウベビー はみがきジェル

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • 植物生まれで、アレルゲンの心配がある成分は不使用
  • 石油系合成界面活性剤、合成香料・着色料・保存料 無添加
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料を使用 なし なし なし みかん

無添加・食品用原料でできた赤ちゃんにも安心して使えるジェルタイプの歯磨き粉です。

口にしても安全なものばかりなので、口をすすぐことができない赤ちゃんにも使用できます。

赤ちゃんが喜ぶみかん味なので、歯磨きを習慣づけるきっかけとなるでしょう。

通常価格 600円(メーカー希望価格)
内容量 35g
年齢 6ヶ月頃から

パックス こどもジェルはみがき

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • キシリトール配合
  • 合成界面活性剤、合成化学物質、パラベン、合成香料、合成着色料不使用
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
天然原料を使用 なし なし なし フルーツ

天然材料にこだわった、合成保存料までもが無添加の製品なので、子どもにも安心して使用することができます。

研磨剤・発泡剤不使用のジェルタイプで、毎日のブラッシングに最適でしょう。

清涼剤としてハッカ油に加え、オレンジ油やグレープフルーツ果皮油をミックスさせたフルーツ味で、使用後はお口の中がさっぱりと気持ちがいいです。

通常価格 300円(メーカー希望価格)
内容量 50g
年齢 明記なし

コンビ テテオ 歯みがきサポート 新習慣ジェル

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • フッ素、キシリトール配合
  • 防腐剤、着香剤を使用
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料の明記なし なし なし フッ素 グレープなど3種

9ヶ月の歯が6本生えてきたあたりから使えます。

歯を強くするフッ素と、口の中で酸をつくらないキシリトールを配合しています。

発泡剤、研磨剤、着色料無配合で、うがいができない時期から使用できます。
ほんのり甘く、歯磨き嫌いの子ども、歯磨きの習慣づけに効果的です。

通常価格 380円(メーカー希望価格)
内容量 30g
年齢 9ヵ月頃から

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき ぷちキッズ

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • フッ素が虫歯の発生と進行を予防
  • むし歯の原因となる酸防ぐキシリトール配合
  • 離乳食を卒業した、1才6ヵ月頃から使える
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料を使用 無水ケイ酸 なし フッ素 いちご/ぶどう

歯の汚れや虫歯が気になる、離乳食卒業ごろの1歳6ヶ月から、使用可能です。

歯の再石灰化を促進し、歯質を強化するフッ素と、虫歯の原因となる酸をつくらない、キシリトールを配合しています。

発泡剤無添加なので、汚れを確認しながら、すみずみまで丁寧に磨けます。
ミントタイプの香料は不使用で、ほんのり甘く子どもも嫌がりません。

通常価格 550円(メーカー希望価格)
内容量 50g
年齢 1歳6ヵ月頃から

ハキラ はみがきジェル

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

  • フッ素、キシリトール配合
  • 粉ミルクやベビーフードで人気のビーンスターク製品
安全性 研磨剤 発泡剤 虫歯予防
食品原料の明記なし なし なし フッ素 リンゴ/ブルーベリー

フッ素とキシリトール配合で、歯質を強くして、虫歯の発生および進行を予防します。

フッ素濃度は500ppmで、うがいができるようになる1歳半ごろから使用できます。
ジェルが少し硬めなので、小さい歯ブラシでも乗せやすく、使い勝手がよいです。

通常価格 646円(メーカー希望価格)
内容量 40g
年齢 1歳6ヶ月頃から

赤ちゃんの歯磨きのやり方

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

赤ちゃんの歯のみがき方は、歯がどのくらい生えているかによっても変わります。
まず下の前歯が生え、次に上の前歯が生えてきます。

歯を丈夫できれいにするだけでなく、歯磨きが楽しく習慣化できるよう教えてあげましょう。

歯の生え始めは湿らせたガーゼでふき取る

歯の生え始めは、1日1~2回を目安に湿らせたガーゼや綿棒を使って、歯の汚れを拭くところから始めましょう。

口の中にものが触れ、動くことに、慣らしていきます。

上唇小帯(じょうしんしょうたい)という、上唇の裏側から上側の歯茎へと伸びる筋は、強くみがくと痛みを感じ、歯磨き嫌いの原因になることがあります。
手で上唇小帯をガードし、強く触れないように注意しましょう。

あくまでも歯磨きに慣れることが目的なので、ムリは禁物です。
リラックスした雰囲気で、子どもとのスキンシップの一貫としておこないましょう。

歯磨き粉はまだ使わなくてもOK

一般的に、最初に生えてくる乳歯は、下の前歯であるケースが多いです。

歯が生えたばかりの月齢の赤ちゃんは、唾液によって歯を自浄することができます。
そのため、この時期は必ずしも歯磨き粉を使う必要はありません。

赤ちゃんは、母乳・ミルクや離乳食などが食事の中心なので、ほとんどのケースで、歯磨き粉なしでも歯の汚れを落とせます。

歯磨きに慣れるための歯ブラシもある

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ

歯が生え始めた赤ちゃんが、歯磨きに慣れるための、歯ブラシもあります。

ブラシ部分がシリコンでできていて、喉まで届かないよう、ストッパーがついていたり、円形になっていたりと安全です。

歯固めの要領で、はじめての歯ブラシを与えるのもよいでしょう。

前歯が生えそろった頃から歯磨き開始

上の前歯が生えそろうタイミングで、歯ブラシを使って歯磨きを始めましょう。

歯ブラシは、子ども用と仕上げ用の2種類用意してください。

子ども用のものは、毛の部分が子どもの前歯2本分くらいの大きさで、のどがつまらないよう柄が短く太いものを使用しましょう。

歯磨き粉は、歯磨きデビューからうがいがまだできない場合は米粒大、うがいのできる場合は5mm以下を目安に使用します。

まずは歯ブラシが歯に触れる練習をし、慣れてきたら歯を1本ずつ5秒程度やさしく磨きましょう。

ムリに行わず、コミュニケーションを取りつつ楽しく磨きましょう。
上手に歯を磨けたあとは、たくさん褒めることも大切です。

上の歯は虫歯になりやすい

上の歯は下の歯に比べて唾液に触れないため、虫歯になりやすくなります。
上の前歯の裏はとくに注意して歯磨きをしましょう。

歯が生えたら、虫歯の原因となる糖質を減らすことも大事です。
夜間の授乳や、哺乳瓶でミルクを飲ませる、おやつをだらだら食べるなどの習慣があると、虫歯の原因になります。

授乳回数を減らす、哺乳瓶をコップにする、おやつの制限をするなど工夫をしましょう。

仕上げ磨きのやり方

仕上げ用の歯ブラシは、大人が握りやすく、柄の長いものがオススメです。

赤ちゃんを寝かせて仕上げ磨きをおこなうと、口の中がよく見えるので、歯を磨きやすいです。

寝かせ磨きを嫌がる赤ちゃんは、座ったり、立たせて後ろから支えたり、子どもに合った方法で磨きましょう。

歯ブラシはペンをもつ要領で軽く持ち、やさしい力でブラシの毛先だけが歯に当たるようにして細かく前後や横に動かして磨きます。

歯磨きをするときのポイント・注意点

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
赤ちゃんにとって使いやすい歯磨き粉を選んでも、正しくブラッシングができなければ、意味がありません。

ここでは歯磨きをするときのポイントや注意点を紹介します。

1日何回くらい?

大人の場合、毎食後に歯磨きをする人もいるかもしれませんが、赤ちゃんは1日に1〜2回歯磨きをするとよいでしょう。

まずは赤ちゃんが機嫌のよいタイミングで、1日1回からスタートして歯磨きに慣れていきましょう。
毎回の歯磨きを、しっかりと丁寧に行うことが大切です。

注意点としては、寝ている間は唾液の量が減り、虫歯菌が増殖します。
夜、寝る前には口の中をきれいな状態にすることが大切です。

歯磨きに慣れてきたら、午前中と寝る前の2回に増やすとよいでしょう。

うがいができないときは?

離乳食が進み、甘いお菓子やさまざまな調味料を使った食事など、食べられるものが増えてくると、歯の汚れがつきやすくなります。

しかし食べられるものの範囲が広がっても、まだうがいができない赤ちゃんもいますよね。

歯磨き粉にもいつくかの種類があり、うがいなしで使用できるものもあります。

なかでも泡の立たないジェルタイプは、身体に悪い影響がないものが多いのでオススメです。

磨き終わったら、ガーゼなどで拭き取るとよいでしょう。

嫌がるときはどうしたらいい?

歯磨き嫌いの子どもに、ムリにおこなうのは逆効果です。

幼稚園に行くくらいの年齢になれば、歯磨きの意味を理解し、進んでおこなうことができるようになりますが、赤ちゃんにそれを理解させるのは難しいでしょう。

ムリに歯みがきさせるのではなく、子どもの好きなキャラクターの絵柄が入った歯磨きグッズを使ったり、歯磨きの絵本を読んだりと、楽しく歯磨きができるように、根気強く子どもに付き合っていきましょう。

歯磨き以外の虫歯予防商品は?

歯磨きは毎日のことなので、もちろん子どもがうまく歯磨きをしてくれないと、虫歯が心配になるママも多いです。

そんなときには、歯ブラシ以外の虫歯防止商品を、使うとよいでしょう。

虫歯を予防するためにオススメの商品を、紹介します。

歯磨きタブレット

キシリトール配合のタブレットで、虫歯の原因菌であるミュータント菌を減らします。

1歳半ごろから使用できすが、喉につまらないよう食べている間は目を離さないようにしましょう。

スプレータイプ

歯磨きの仕上げに使用する、スプレータイプの商品もあります。
低濃度のフッ素を配合していて、うがいの必要がなく虫歯予防に効果があります。

水が使えない外出先などでも使用できるので、お出かけに持っておくと便利です。

シートタイプ

キシリトールなどの虫歯予防成分が含んでいるシートを使って、赤ちゃんの歯を拭ってあげるケア方法もあります。

歯磨きが嫌がるお子さんでも、ガーゼで口を拭ってあげていたのと同じ要領なので、抵抗なくできるでしょう。

また小包装なので、衛生的で、持ち運びやすいです。
外出先でも簡単にケアできるので、オススメですよ。

歯磨き粉を使って、丈夫できれいな歯を保たせましょう

赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使う?選ぶポイントと正しいやり方まとめ
歯磨きは毎日のことです。
歯磨き粉を使って、強く虫歯にならない歯を目指しましょう。

子どもが歯磨き嫌いだと、子どもだけでなくママにとっても、歯磨きが憂鬱な時間となります。

歯磨き粉の味やパッケージなど子どもの好みに合ったものを見つけ出し、歯磨きが楽しい時間になるよう、お互いにリラックスした状態で、できたときにはたくさん褒めてあげましょう。

歯磨きを習慣化して、規則正しい食生活を守り、きれいで丈夫な歯にしていきましょう。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...