正しい会陰マッサージのやり方は?どんな効果があるの?

多くの妊婦さんたちは、バースプランを立てるときに「自分はどんなお産がしたいのか」を想像します。

また妊娠後期になると、出産が近づいてくるため、不安になることも多いでしょう。

そこで、陣痛の痛みと共に不安の声が多いのが、会陰(えいん)切開のようです。

ここでは、なるべく会陰切開せずに出産することを目標にした、会陰マッサージのやり方や効果、使うオイルなどをまとめてみました。

会陰マッサージとは?


妊娠後期になると、助産院で指導される会陰マッサージ。

最近は病院でも、会陰マッサージのやり方を指導することが、増えてきているようです。

では、この会陰マッサージとは、どのようなマッサージなのでしょう?

会陰ってどこ?

そもそも会陰とは、どこをさすのかよくわからないという人もいるかもしれません。

会陰とは、膣・肛門の間・その周辺部です。

赤ちゃんが産道を通って生まれてくるときの、出口にあたります。

会陰の部分が大きく伸びることで、赤ちゃんの頭が出ることができるのです。

しかし、会陰の伸びがよくなかったり、赤ちゃんの頭が大きかったりすると、会陰が裂けてしまうことがあります。

産婦人科の先生が立ち会う病院での出産であれば、会陰が裂ける前に切開することもあります。

切開した傷の方がきれいで縫合しやすく、裂けてできた傷の方よりも回復が早いというのがその理由です。

会陰マッサージの目的は?

会陰マッサージとは、会陰部分をマッサージすることで、会陰を柔らかく伸びやすくするマッサージのこと。

会陰を柔らかくすることで、会陰切開や会陰裂傷を、できるだけ回避しようというのが目的です。

先輩ママたちの体験を聞いたり読んだりすると、「分娩時に会陰が裂けた」「会陰切開されたりして、出産後もしばらく座るのが大変だった」という声があります。

理想的なのは、会陰が裂けたり切開することなく分娩することなので、そのためにおこなわれるのが会陰マッサージです。

ちなみに助産院での出産は、会陰切開は医療行為にあたるので行われません。

そのため出産予定日の6週間前くらいから、会陰裂傷を防ぐための会陰マッサージを指導するところが多いようです。

会陰マッサージの効果は?

会陰マッサージの効果には、次のようなものが考えられます。

  • 分娩時の会陰切開や会陰裂傷を回避できる
  • 会陰切開が必要になったとしても範囲が少なくてすむ
  • 会陰切開や裂傷の傷に治りが早い

会陰マッサージをすることで必ず、会陰切開や会陰裂傷を回避できるかというと、100%とできるとはいえません。

会陰の柔らかさや伸びは個人差がありますし、会陰マッサージの効果も人それぞれだからです。

とくに初産の場合や、高齢出産の場合は、会陰が伸びにくいといわれます。

ただ、会陰マッサージを続けた場合、ほとんどの妊婦さんが、会陰が柔らかくなっていくのを実感していることは確かです。

また、マッサージを続けることで会陰の皮膚が強くなり、傷になっても回復が早くなります。

会陰マッサージをしていても会陰切開になる人はいますが、マッサージをしている分、切開する部分が小さくて済んだり、切開の傷の回復が早くなるようです。

なかには会陰マッサージをしなくても、会陰を切ることもなく、裂けることもなく出産できる人もいます。

正しい会陰マッサージのやり方


できることなら会陰を切ることもなく、裂くこともなく分娩したいものです。

会陰マッサージの方法をふたつ紹介するので、ご自分に合った方法でおこなってください。

1. 指を入れる会陰マッサージの方法

最初にご紹介するのは、指を腟に入れて、中から会陰に刺激を与える方法です。

手を清潔にして、始めてください。

  1. 指にマッサージオイルをつけます。オイルは滴らない程度、少しで大丈夫です。
  2. オイルをつけた指を、膣に挿入します。3〜5cm程度、最初は無理をしないようにしましょう。
  3. 膣のなかから、肛門側に向けてゆっくりと指で押していきます。押す方向は、肛門側を時計の6時の位置とし、3〜9時の方向です。

コップの縁を内側から広げるような感覚で、親指でなでるようにゆっくりを押し伸ばしましょう。

最初、痛いようなら無理せず、優しくゆっくりなでる程度でかまいません。
慣れてきたら徐々に力を入れてください。

使う指は自分がやりやすい指でよいのですが、手を握りこぶしにして親指を立てると力を入れやすくなります。

2. 指を入れない会陰マッサージの方法

「膣に指を入れるのは抵抗がある」という人も多いようです。

そういう方には、指を入れないで外側から会陰をマッサージする方法をおすすめします。

指を膣に入れないとはいえ、敏感な部分へのマッサージですから、まずは手を清潔にして始めましょう。

  1. 指にマッサージオイルをつけます。オイルは滴らない程度、少しで大丈夫です。
  2. まず、膣の周りの肛門側を Uの字を書くようにマッサージしましょう。
  3. 次に、膣と肛門の間を真横にマッサージします。このとき、小さくくるくると円を描く様にしてください。

指でのマッサージも抵抗があるという場合は、コットンにオイルを染み込ませてコットンでマッサージしてみてください。

会陰オイル湿布

コットンにオイルを染み込ませたものを、会陰に当てます。

ショーツには、おりものシートや薄手の生理用ナプキンを当てるといいでしょう。

オイルがゆっくりと会陰に浸透して、肌に潤いと弾力を与えます。

寝るときに会陰オイルパックをしておくのがおすすめです。

マッサージの頻度と時間は?

会陰マッサージは、毎日する必要はありません。

毎日しても週3回でも、その効果はほとんど変わらないといわれているので、週に3回程度を目安にしてください。

マッサージの時間は、1回につき5分程度で大丈夫です。

頻度やおこなう時間はあくまでも目安。
リラックスした状態で、無理のないペースでおこなうことが大切です。

姿勢やおこなうタイミングは?

姿勢は床にしゃがむ、椅子に座る、あるいは椅子などに片足をかけるなど、自分がやりやすい姿勢でかまいません。

椅子を使って立ったままおこなう場合は、バランスを崩して転倒しないように注意しましょう。

先輩ママたちのなかには、横に寝ておこなった人や、トイレでおこなった人もいるようです。

自分のやりやすい場所、やりやすい体勢を見つけてください。

マッサージのタイミングは、入浴中やお風呂上がりがおすすめです。

ただし、お風呂の床はすべりやすいので、十分に注意が必要です。
また、お風呂上がりにおこなう場合は、体を冷やさないように気をつけてください。

いつから始めるの?

会陰マッサージをはじめる時期は、助産院や病院によって多少の前後はありますが、妊娠34週からというところが多いようです。

34週というと、胎児の体重も2,000gを超える頃。お母さんのおなかもどんどん大きくなるのがわかるのもこの時期です。

働いている女性なら、そろそろ産休に入る時期でもあります。

臨月にはまだ少し時間がありますが、出産に向けての準備をはじめるにはちょうどよい時期といえるでしょうか。

ただし、会陰マッサージをはじめるのは、担当の先生に相談し、健康上の問題がないことを確認してからにしましょう。

また、少しでもお腹の張りを感じたり、体調が思わしくない時は、マッサージは中止してください。

会陰マッサージするときの注意点

感染症やそのほかのトラブルを防止するためにも、会陰マッサージをする時には、以下のことに注意してください。

  • 手は清潔に。マッサージの前は必ず手を洗いましょう。マッサージ中には肛門には触らないようにしましょう。
  • 爪が長いと皮膚を傷つけてしまいます。必ず爪は短く切ってからおこないましょう。
  • 助産師や医師から安静の指示が出ているときはできません。また、始める前に、必ず助産師や医師に相談してからおこなうようにしましょう。
  • 体調の悪い時にはしないこと。また、マッサージしているときにお腹の張りを感じたらすぐに中止しましょう。
  • 会陰マッサージをすることで破水するリスクはありません。しかし、破水が疑われる時は感染症を防ぐ意味でもマッサージは控えましょう。
  • マッサージのあとのオイルは拭き取らず、パンティにおりものシートなどを当てると、オイルを肌に浸透させることができます。

旦那さんにしてもらうことも?

お腹が大きくなると手が届きにくかったり、自分でやりにくいと感じることもあるでしょう。

そんなときは、旦那さんに会陰マッサージしてもらうのもひとつの方法です。

ご主人にもパパになる自覚を持ってもらういい機会になりますし、ふたりでおこなえる数少ない出産の準備です。

日本人女性は、恥ずかしいと思う女性も多いかもしれませんが、妊娠中大事なコミュニケーションでもあり、夫婦の絆が深まる効果もあります。

ただし、妊娠中の女性の体はとてもデリートですから、会陰マッサージの方法や注意点など事前に十分に理解してもらってからにしましょう。

会陰マッサージのオイルは何を使う


妊娠中の女性の身体は、普段以上に繊細です。

体に優しい自然由来のオイルを選んでください。

オススメのオイルは?

デリケートな部分に使うオイルですから、自然由来で無添加のものがおすすめです。

よく使われるのは、馬油、アーモンドオイル、オリーブオイル、ココナツオイルなどです。

最近は会陰マッサージ用に調合されたカレンデュラオイルも人気があります。

出産後は赤ちゃんのマッサージにも使えるベビーオイルでもいいでしょう。

お肌に合うものを選んでください。

パッチテストは必ずしよう

妊娠中は普段以上にお肌が敏感になっています。

使う前に、必ずパッチテストをしましょう。

パッチテストのためには、まず腕の内側に1円玉程度の大きさにオイルを塗ってください。

オイルを塗った部分に絆創膏などを貼り、24〜48時間時間放置します。
肌にかゆみや赤みなどの症状が出てなければ大丈夫です。

なにか異常が現れた場合は、そのオイルは使わないようにしましょう。

会陰マッサージはリラックスしてお産をイメージすると◎


会陰マッサージとは、会陰を柔らかく伸びやすくするもので、会陰切開や会陰裂傷なしで分娩できる可能性を高めます。

通常、妊娠34週以降に開始されますが、始める前には必ず担当医に相談してからにしましょう。

会陰マッサージをしたからといって、必ずしも会陰切開や会陰裂傷が回避できるとは限りません。

病院で出産する場合は、母体や赤ちゃんの状態をみて、お産をスムーズにするために、医師の判断で会陰切開することもあります。

会陰切開を希望しない場合は、あらかじめ検診の時に、ご自分のバースプランを担当医に伝えておきましょう。

会陰マッサージをおこなう際には、やり方、頻度、使うオイルなど、十分に理解しておくことが大切です。

それ以上に大切なのは、リラックスした状態で無理せずに継続すること。
生まれてくる赤ちゃんをイメージしながらマッサージすることで、心と体をゆっくりとほぐしていきましょう。