【医師監修】正しい会陰マッサージのやり方は?どんな効果があるの?

出産にときにおこなう会陰(えいん)切開を「できることならしたくない」と思うママは多くいます。

会陰切開とは、赤ちゃんの出口にあたる皮ふが避けないように、あらかじめ切っておく方法です。

会陰がよく伸びれば、会陰を切らずに分娩をできるため、助産院では会陰マッサージをするように指導しています。

しかし、デリケートな場所をマッサージするため「痛みがあるか気になる」「衛生面が心配」と悩んでいる妊婦さんは多いようです。

今回は会陰マッサージに不安を持っている妊婦さんに向けて、下記を紹介します。

痛みや衛生面が気にならない会陰マッサージの方法も紹介します。
ぜひ参考にしてください。

会陰の場所はどこ?

会陰とは、膣・肛門の間・その周辺部です。

赤ちゃんが産道を通って生まれてくるときの、出口にあたります。

会陰の部分が大きく伸びることで、赤ちゃんの頭が出てこられるのです。

しかし、会陰の伸びがよくなかったり、赤ちゃんの頭が大きかったりすると、会陰が裂けることがあります。

産婦人科の先生が立ち会う病院での出産であれば、会陰が裂ける前に切開することもあります。

切開した傷の方がきれいで縫合しやすく、裂けてできた傷の方よりも回復が早いというのがその理由です。

会陰マッサージの目的は会陰をやわらかくすること


会陰マッサージとは、会陰部分をマッサージすることで、会陰を柔らかく伸びやすくするマッサージのこと。

会陰を柔らかくすることで、会陰切開や会陰裂傷を、できるだけ回避しようというのが目的です。

先輩ママたちの体験を聞いたり読んだりすると、「分娩時に会陰が裂けた」「会陰切開されたりして、出産後もしばらく座るのが大変だった」という声があります。

理想的なのは、会陰が裂けたり切開せずに分娩することなので、そのためにおこなわれるのが会陰マッサージです。

ちなみに助産院での出産は、会陰切開は医療行為にあたるのでおこなわれません。

そのため出産予定日の6週間前くらいから、会陰裂傷を防ぐための会陰マッサージを指導するところが多いようです。

マッサージで100%会陰切開を避けられるわけではない

マッサージをしていても、会陰切開を100%避けられるわけではありません。

なぜなら、会陰の柔らかさや伸び方には個人差があるからです。

しかし、マッサージをして会陰を柔らかくしておくことで、切開率が下がったり、切開範囲が少なくなるというメリットがあります。

出産時に会陰のダメージを最小限にするために、会陰マッサージをすることは効果的でしょう。

会陰切開になっても母体の負担を少なくできる

会陰が柔らかくなっていると、もし会陰切開や会陰裂傷になっても回復が早くなるというメリットがあります。

会陰マッサージのメリット

  • 会陰が柔らかくなる
  • 会陰切開をしなくて済むケースがある
  • 会陰切開が必要になったとしても伸びがよいと範囲が少なくてすむ

マッサージを続けると会陰が柔らかくなり、皮膚が伸びやすくなります。

切開しないで済む可能性もあり、切開しても範囲が少なく回復も早いので、会陰マッサージは大切です。

なお、病院側から切迫早産などの診断を受けているママは、医師に相談しましょう。

正しい会陰マッサージの方法2つと注意点


正しい会陰マッサージの方法は、2つあります。

写真で詳しく解説するので、注意点についてもおさえておきましょう。

  • 膣に指をいれてマッサージをする方法
  • 会陰の周囲をマッサージする方法

1:指を入れる会陰マッサージ

最初に紹介するのは、指を腟に入れて、中から会陰に刺激を与える方法です。

  1. 手を清潔にして、はじめてください。
  2. 指にマッサージオイルをつけます。オイルは滴らない程度、少しで大丈夫です。
  3. オイルをつけた指を、膣に挿入します。
    3〜5cm程度、最初は無理をしないようにしましょう。
  4. 膣のなかから、肛門側に向けてゆっくりと指で押していきます。
    押す方向は、肛門側を時計の6時の位置とし、3〜9時の方向です。

2:指を入れない会陰マッサージ

「膣に指を入れるのは抵抗がある」という人も多いようです。

そういう方には、指を入れないで外側から会陰をマッサージする方法をオススメします。

指を膣に入れないとはいえ、敏感な部分へのマッサージですから、まずは手を清潔にしてからはじめましょう。

  1. 手を清潔にして、はじめてください。
  2. 指にマッサージオイルをつけます。オイルは滴らない程度、少しで大丈夫です
  3. まず、膣の周りの肛門側を Uの字を書くようにマッサージしましょう。
  4. 次に、膣と肛門の間を真横にマッサージします。このとき、小さくくるくると円を描くようにしてください。

指でのマッサージも抵抗があるという場合は、オイルを染み込ませたコットンでマッサージしてみましょう。

会陰マッサージをおこなうときの注意点

感染症やそのほかのトラブルを防止するためにも、会陰マッサージをするときには、以下のことに注意してください。

  • 手は清潔に
  • マッサージ中に、肛門には触らないように気をつける
  • 爪は短く切っておく
  • 助産師や医師から安静の指示が出ているときはおこなわない
  • 体調の悪いときにはおこなわない
  • 破水の可能性があるときはおこなわない
  • マッサージのあとのオイルは拭き取らない

マッサージの前は、必ず手を洗いましょう。

会陰マッサージをすることで破水するリスクはありませんが、破水が疑われるときは感染症を防ぐ意味でもマッサージは控えてください。

マッサージ後に会陰に残ったオイルは、肌に浸透させるために、ふき取らずにおりものシートなどをあてるとよいでしょう。

編集部が選ぶ!会陰マッサージにオススメのオイルは?

会陰マッサージにオススメのオイルを、赤ちゃんの部屋編集部が厳選して紹介します。

妊娠雑誌などでさまざまな種類がとりあげられていますが、どんなものでもいいわけではありません。
デリケートゾーンに使用するものなので、選ぶポイントも大切です。

選ぶポイント

  • 無添加

添加物の中には、身体に害を及ぼすものがあります。

会陰は赤ちゃんの通り道なので、赤ちゃんにも優しい無添加のオイルが安心でしょう。

  • 植物由来

植物由来のオイルは、自然から採取しているので、人体にも優しいと考えられます。

  • オーガニック

オーガニックと名がつく農産物は、化学肥料や農薬を使っておらず、土壌にも厳しい規定があるものを示します。

同じ植物由来でも、植物の育て方からこだわっているため、安全性が高いでしょう。

  • ベビー用オイル

ベビー用オイルの主成分は「ミネラルオイル」で、不純物が少ないため安心して使えます。

赤ちゃん用に作られているので、赤ちゃんの通る産道に使用しても問題ありません。

会陰マッサージにオススメのオイル

  • カレンデュラオイル
  • 馬油
  • アーモンドオイル
  • ココナッツオイル
  • ベビーオイル
  • ホホバオイル

※事前にパッチテストで肌に合うか確かめること!

カレンデュラオイル

カレンデュラオイルは、皮膚への刺激が少なく、デリケート部位に使いやすい商品です。

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーオイル

成分 ゴマ油、アーモンド油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、香料
テクスチャ 軽い触感
原産国・製造国 スイス
安全性 NATRUE(信頼のおける自然化粧品の認定基準)
内容量 200ml

保湿・マッサージ・汚れ落としなど多目的に使用できる全身用オイルです。

軽い触感で塗り広げやすいため、デリケートな部位にも使いやすいでしょう。

マッサージに使用してオイルが余ったら、産まれてきた赤ちゃんも使えます。

たとえば、オムツ周りの汚れ落とし・ベビーマッサージ・肌の保湿など、使い方はさまざまなので、1本持っていたら安心のアイテムでしょう。

肌が乾燥しやすい冬生まれの赤ちゃんのママにオススメです。

AMOMA カレンデュラオイル

成分 ライスオイル、オリーブオイル、カレンデュラ
テクスチャ サラサラ、肌なじみよい
原産国・製造国 日本
安全性 100%植物性、合成香料・合成着色料無添加
内容量 160ml

ヨーロッパではなじみ深いカレンデュラオイルを、日本人の肌に合うようにこだわって作られたオイルです。

低刺激で保湿力の高いライスオイルと、肌のバリア機能を高めるオリーブオイルを独自にブレンドしたものに、高品質なカレンデュラを1ヶ月間漬け込んでいます。

カレンデュラはオーガニック栽培されたもので、日本国内で製造されており、安全性の高さがオススメの理由です。

自然派のママや、国内生産の安心を重視するママにもオススメです。
友人への出産祝いとしても喜ばれるアイテムです。

馬油

馬油は、名前の通り馬の首やお腹の皮下脂肪から採取する油です。

人間の肌の細胞間脂質の成分と似ているため、肌への浸透が高いと言われています。

食用としても使用できるため、赤ちゃんの口が触れる乳頭マッサージ用のオイルにも使用できます。

ベビーバーユマドンナ

ベビーバーユマドンナ 25g(天然成分100%ナチュラル馬油)

ベビーバーユマドンナ 25g(天然成分100%ナチュラル馬油)

1,296円(09/22 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
成分 天然馬油、天然ミツロウ、オーガニックパルマローザ油、天然ビタミンE
テクスチャ クリーム
原産国・製造国 日本
安全性 防腐剤無添加、無着色、無香料、アルコールフリー
内容量 25g

低温抽出された品質の高いナチュラル馬油と、オーガニックパルマローザから抽出されたピュアオイルがバランスよく含まれています。

α‐リノレン酸が優しく肌になじむため、敏感肌や乾燥肌の赤ちゃんにオススメです。

口に触れても問題ないので、授乳しているママのおっぱいケアに使用できます。

クリーム状でしっかり保湿しますが、不快なベタつきがないと口コミで話題です。

無香料ですが、ほんのりとハーブの香りがあります。
香りには好みがありますが、ハーブ系の香りが好きなママには、オススメでしょう。

アーモンドオイル

アーモンドオイルには、肌を柔らかくしたり、かゆみを抑えるはたらきがあります。

その作用により、会陰マッサージに適したオイルでしょう。

また、ビタミンEが豊富に含まれており、ビタミンEの抗酸化作用により、オイルが長持ちするというメリットもあります。

無印良品 スイートアーモンドオイル

無印良品 スウィートアーモンドオイル 50ml

無印良品 スウィートアーモンドオイル 50ml

999円(09/22 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
成分 アーモンド油
テクスチャ 軽い使用感
原産国・製造国 日本
安全性 無香料、無着色、アレルギーテスト済み
内容量 50ml

アーモンド種子からしぼったオイルを精製して、化粧用に仕上げた商品です。

手足・顔にも使用できるため、会陰マッサージ以外の肌ケアとしても併用できるのが話題のようです。

天然成分のため、色や香りにバラつきがあります。

無印良品の店舗で、実際にテスターを手に取り香りやつけ心地を確かめられるのも、メリットです。

「ネットで購入するのが不安」「アーモンドの香りが好き」といったママにオススメです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、健康や美容に効果的な万能オイルといわれています。

皮膚への浸透力と保湿力が高いため、会陰マッサージにオススメのオイルです。

ムーンソープ クインタプルヴェール マザーディライト

成分 ヴァージンココナッツ、マカダミアナッツ
テクスチャ 滑らか
原産国・製造国 日本
安全性 天然成分100%処方
内容量 100ml

ヴァージンココナッツオイルの肌の角質を柔らかくする作用により、会陰の皮膚も柔らかくします。

天然成分100%で、赤ちゃんがなめても問題ありません。

ココナッツとフルーティの香りを楽しめます。

自分の好きな香りをかぐと、自律神経を整え安心する効果があります。

お産への恐怖心で緊張しているママが、「身体の力を抜いてリラックスして赤ちゃんを迎えられる気持ちになれた」という体験談もありオススメです。

ホホバオイル

ホホバオイルの主成分のワックスエステルは、人間の皮脂にも20~30%含まれているため、肌に馴染みやすいのが特徴です。

どのような肌質の人にも合いやすく、デリケートゾーンの肌トラブルを起こしにくいと考えられます。

ナウフーズ  オーガニック ホホバオイル

成分 ホホバオイル
テクスチャ しっかり保湿
原産国・製造国 アメリカ
安全性 100%ピュアオーガニック、USDA認定オーガニック
内容量 118ml

ナウフーズのブランドは、有害な化合物や合成成分を一切使用しておらず、安全性にこだわって作られています。

透明なボトルも紫外線保護加工されており、品質の維持にも配慮しているようです。

全身の肌だけでなく髪にも使用できるので、美肌・美髪ケアをしている方にもオススメでしょう。

ベビーオイル

ベビーオイルは、新生児から使える低刺激処方で、デリケートな会陰にも適したオイルでしょう。

これ1本で、ママと赤ちゃんと一緒に使用できるので使いやすいと人気です。

ジョンソン ベビーオイル 無香料

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

724円(09/22 13:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
成分 ミネラルオイル、酢酸トコフェロール
テクスチャ ベタつきが少ない
原産国・製造国 タイ
安全性 低刺激、無着色、無香料
内容量 300ml

ベビーオイルは低刺激なので、デリケートな会陰に向いているオイルです。

またスキンケアだけでなく、ママのメイク落とし赤ちゃんの綿棒浣腸・耳掃除に使用しているという口コミも多いです。

ママにも赤ちゃんにも安心して使えるため、1本持っていたら役立つアイテムでしょう。

ドラッグストアで手軽に購入できるので、買い物ついでにすぐに入手できるのもメリットです。

会陰マッサージ以外で会陰を柔らかくする方法は


会陰マッサージ以外にも、会陰を柔らかくする方法があります。

会陰マッサージ以外にやっておきたい方法

  • オイルパック
  • 会陰を温める
  • 骨盤底筋を鍛えて会陰のまわりの筋肉を柔軟に

オイルパック(膣ピチュ)

マッサージが苦手・難しいという人は、会陰をオイルパックする方法があります。

方法は、ショーツにおりものシートや薄手の生理用ナプキンをつけて、その上にオイルをしみこませたコットンを置くことで簡単にできます。

膣口付近から肛門付近まで、幅を広めにおこなっても大丈夫です。

しっかりと保湿することで、マッサージをしなくてもやわらかい会陰に近づけられます。

会陰マッサージと合わせておこなうのも効果的です。

パックしていることが気にかかる人は、寝ているときにおこなうのがオススメです。

会陰を温める

会陰を温めることで、柔らかくする方法があります。

会陰は、温められると周辺の筋肉の緊張がゆるみ、それにともない皮膚も伸びやすくなります。

会陰の皮膚温度が高まると、柔らかくなりやすいです。

具体的には、マタにカイロや湯たんぽを置いて、じんわりと温めます。
ビワ温灸で温めるのもおすすめです。

陣痛がきたときにおこなうのも、身体の緊張がほぐれるため効果的です。
バースプラン提出の際に、合わせて助産師に伝えておくとよいでしょう。

自分のムリのない方法で、会陰を温めてみましょう。

骨盤底筋を鍛えて会陰のまわりの筋肉を柔軟に

骨盤底筋を鍛えて、会陰のまわりの筋肉を柔軟にしておきましょう。

会陰の内側に位置している骨盤底筋も、赤ちゃんが産道を通る際に、大きく引きのばされます。
骨盤底筋を鍛えておくことで、会陰の伸び方にも影響してくるようです。

具体的な運動としては、「膣や肛門部分を引き締める運動」「スクワット」が効果的でしょう。

骨盤底筋を鍛えると、産前産後のマイナートラブルである尿漏れ予防にもなるため、一石二鳥です。

安産教室でも紹介される体操でもあるので、わからないときは産院で聞くと詳しい回答が得られるでしょう。

負担に感じる場合は、テレビを見ながら体操したり、寝る前の数分だけおこなうのもオススメです。
自分のペースでやってみましょう。

なお、妊婦検診で胎児が切迫気味・早産気味などと診断されているママは、必ず医師に相談してください。

会陰マッサージ以外にやっておきたい方法

  • オイルパック
  • 会陰を温める
  • 骨盤底筋を鍛えて会陰のまわりの筋肉を柔軟に

出産する日まで会陰マッサージをしよう


お産にそなえて、会陰を柔らかくするためには、会陰マッサージをしておいた方がベターですが、マッサージをしなかったから会陰が柔らかくならないというわけではありません。
体調に合わせて無理のないペースで実践してみましょう。

「膣への指入れでおこなう」「会陰の外側からおこなう」「オイルパック」など、会陰を柔らかくする方法はさまざまな方法があります。

慣れるまでは、ゆっくりとポイントをおさえてマッサージするとよいでしょう。

臨月妊婦には負担になりやすいため、ストレスにならない程度に自分のペースでおこなうことも大切です。

マッサージに使うオイルにはさまざまな種類がありますが、会陰マッサージには刺激の少ないカレンデュラオイルがオススメです。

会陰マッサージで会陰を柔らかくして、出産時の身体の負担を少なくしましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...