人気のベビーモニターおすすめ10選!選び方や注意点は?

まだ自由に動き回れない赤ちゃんでも、眠ったあとに、「布団が顔にかぶっていないか」、「目が覚めて、ママを探して泣いていないか」、「うつ伏せで呼吸が苦しくないか」など、ママの心配ごとはつきないでしょう。

ずっと隣にいられたらいいですが、家事などをこなすパパ・ママは、そうもいきません。

そんなときに便利なのが、別の部屋で寝ている赤ちゃんの様子を確認できる「ベビーモニター」です。

音声だけでなく映像で確認できるものや、スマホで遠隔操作できるものなど、いろいろな機能がついているものがあります。

そこで今回は、ベビーモニターの選び方のポイントや、オススメ10選、正しい使い方を紹介しましょう。

ベビーモニターとはどういうもの?


新生児期の赤ちゃんは、動き回りませんが、自分で動けないからこそ危険な場面もあります。

そこで役立つのがベビーモニターで、赤ちゃんが別の部屋にいるときでも、映像や音声を通して、赤ちゃんの様子を確認できる機械です。

音をひろったり、カメラのついた子機を赤ちゃんの近くに設置しておくと、別の部屋においている親機に音声や映像を送信します。

昼夜関係なく眠る赤ちゃん期でも、家事をしながら赤ちゃんの様子を確認できるので、育児と家事の両立が可能になるでしょう。

ほかにも1人で寝かせるねんねトレーニングの際、夜中に泣き出しても、モニターで様子を確認できるので、ベビーモニターを活用しているママは多いようです。

最近のトレンドは?

ベビーモニターには、

  • 赤ちゃん側の音声のみを受信するシンプルなタイプ
  • 音声だけでなく映像も確認できるタイプ
  • ママの声も届けられるタイプ

など、ほかにもさまざまな機能がついた製品があります。

最近では、スマートフォンに対応していて、アプリをつかって映像を確認できたり、カメラの角度を遠隔操作できるものが人気のようです。

専用モニターで確認するタイプは、そのモニターでしか確認できませんが、スマホに対応していれば、出勤中のパパや、遠くのおじいちゃん・おばあちゃんが孫の様子を見ることができる製品もあります。

マンションでも戸建てでも使える?

ベビーモニターは、無線の電波を使用するので、基本的にどのような住宅でも、使用可能です。

ただし商品によっては、インターネット回線を使用するタイプのものがあるので、自宅に無線LANをひいていない方は、使えません。

そのほか赤ちゃんが2階で寝ている場合でも、問題なく使用できますよ。

ベビーモニターって絶対必要?

結論からいうと、ベビーモニターは絶対必要というものではありません。

ではどんな人に、ベビーモニターはオススメなのでしょうか。

  • 防音性の高い家に住んでいて、隣の部屋でも声が聞こえにくい家庭
  • 赤ちゃんの寝る部屋が2階にある家庭
  • 赤ちゃんが日頃からうつ伏せで寝る場合
  • 夜間でも赤ちゃんと別室で寝る場合

逆に日中はママの目が届く場所で赤ちゃんをお昼寝させていたり、夜も同じ部屋で寝ている家庭には、とくに必要はないかもしれません。


失敗しないベビーモニターの選び方


ではベビーモニターを購入する際に、なにを基準に選べばいいのでしょうか。

「いざ購入したら、使い勝手が悪かった」と、ならないよう、選び方のポイントをおさえておきましょう。

ポイント1:デジタル式かアナログ式の違いは?

ベビーモニターには、デジタル式アナログ式の2種類あります。
最近は、デジタル式タイプが主流のようです。

アナログ式のベビーモニターは、ラジオのようにある周波数を使用して、音声を受信します。

価格が安いというメリットはあるものの、セキュリティ面が劣ることが欠点でしょう。

たまたま同じ周波数をひろって、外部に音声が漏れる可能性があるのです。

そのためアナログ式の購入を検討している人は、盗聴防止機能がついている製品を選ぶといいでしょう。

デジタル式のベビーモニターは、送信側と受信側がマッチしてはじめて、音信ができるようになります。

そのため価格が高めであることをのぞけば、セキュリティ面も安全で、音質・画質がよく、スマホに対応できるなど、メリットが多いでしょう。

ポイント2:ママの声も赤ちゃんに届けたい?

デジタル式のベビーモニターは製品によって、

  • 赤ちゃん側からの信号のみを受信する1wayタイプ
  • こちら側の声も赤ちゃんに送信できる2wayタイプ

があります。

赤ちゃんが泣きだしたときにすぐに行ってあげられる場合は、1wayで十分でしょう。

2wayタイプの場合は、すぐに手が離せないという場面でも、ママの声をきかせることができます。

また休日の朝、パパと子どもを起こすのに便利だという口コミがあるように、いろいろな使い方ができそうです。

ポイント3:無線の接続方法を確認しよう

デジタル式にする場合、無線の接続方法の確認が必要です。

  • 自宅にあるインターネットの無線LAN経由で接続するタイプ
  • 無線機器内蔵タイプ

の2タイプあります。

インターネットの無線LANを使用するタイプのものは、自宅に無線LANをひいている必要があります。

インターネット回線を使用すると、外出先や遠方の家族も、映像をみることができるので、いろいろな用途で使用できるでしょう。

いっぽうで自宅に無線LANがないという方は、ベビーモニター自体が電波を発信する、無線機器内蔵タイプを購入してください。

この場合、遠く離れた場所では電波を拾えないので、外出先などでの確認はできませんが、セキュリティ面はもっとも安全であるといえるでしょう。

どちらのタイプがいいのか、自分の生活スタイルに合わせて、見極めましょう。

ポイント4:必ず技適マークがある製品を使う

ベビーモニターは、無線を使って映像や音声をおくります。

無線を使って情報をやりとりする機械は、総務省が許可した製品であるという証明「技適マーク」を取得する必要があります。

日本製の製品であれば、ほぼ心配ないでしょうが、海外製品を使いたい場合は、注意が必要です。

技適マークがついていない製品を使用すると、電波法違反になり、罰則の対象となる可能性があるので、必ず確認しましょう。

参照:総務省「技適マーク、無線機の購入・使用に関すること」

オススメのベビーモニター10選


それでは人気のあるおすすめベビーモニターを厳選して紹介します。

ここで紹介する商品は、もちろんすべて技適マークは取得済なので、安心してくださいね。

音声のみのシンプルタイプ

まずは最低限の機能だけでいいというママにオススメの、音声のみのシンプルなベビーモニターを紹介します。

1:日本育児 デジタル2WAY スマートベビーモニターII

日本育児 ベビーモニター デジタル2WAY スマートベビーモニターII 新生児から対象 離れていても赤ちゃんの声をクリアにキャッチ

金額(税込み) 6,980円(メーカー希望価格)
カメラ機能 なし
モニター(親機) あり
接続方法 デジタル2.4GHzホッピング方式(無線機器内蔵)
備考 2way、盗聴防止機能・無音モード・省エネ機能

日本育児のスマートベビーモニターは音声のみですが、2way式なので、ママやパパの声を赤ちゃんに聞かせることができます。

また赤ちゃんの声はいつでも親機に届きますが、ママやパパの声はボタンを押す必要があるため、生活音やパパママの会話で赤ちゃんが目を覚ますということはありません。

ホッピング方式とは、固定の周波ではなく、いろいろな周波を使って送受信するため、盗聴されにくいシステムです。

2:コンビ 「もしもしはいはい!Mom’s Link(マムズリンク)ベビーモニター2way」

Combi(コンビ) 2WAY音声ベビーモニター もしもしはいはい Mom's Link(マムズリンク)

金額(税込み) 7,452円(メーカー希望価格)
カメラ機能 なし
モニター(親機) あり
接続方法 ホッピング方式(無線機器内蔵)
備考 2way、スリープ機能、省電力モード、お知らせアラーム機能、盗聴防止機能

ベビー用品の老舗ブランド「コンビ」のベビーモニターです。

赤ちゃんからの合図を、光と音声でお知らせします。
離れていても、ママ側から赤ちゃんに話しかけることができるので、すぐに手が離せないときにも重宝するでしょう。

またスタンドで立てかけることや、ママのポケットやエプロンにひっかけられるので、肌身離さず持ち歩け、いつでも赤ちゃんの合図をキャッチできますよ。

とにかくシンプルなので、機械が苦手なママにもオススメです。

音声と映像でしっかり確認できるタイプ

音声だけでなく、姿も映像で確認したい方にオススメの商品を紹介しましょう。

3:180度ワイヤレスWifiカメラ EC8

180°ハイビジョン画質ワイヤレスWiFiカメラ マグネット付き EC8

金額(税込み) 5,980円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ)
接続方法 Wifi接続
備考 2way、遠隔操作、録画機能、赤外線LED搭載

簡単Wifi接続で、ペアリングしたら、アプリを使って、外出先からでも映像が確認できます。

マグネットを使って設置できるので、壁の高い場所に置くと部屋全体が見渡せます。

また暗闇でも映像がクリアに映るので、夜間の赤ちゃんの様子もしっかりと確認できますよ。

4:Ewin「ネットワークカメラ ベビーモニター」

Ewin® ネットワークカメラ ベビーモニター/ ペットモニター スマート防犯カメラ 暗視撮影 マイク内蔵 音声通話  生中継 動体感知 sdカード対応  日本語アプリ 簡単接続  自宅警備くん 【日本語説明書と1年間保証付き】 (グレイ)

金額(税込み) 5,940円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ)
接続方法 Wifi接続
備考 2way、暗視撮影、動体検知、録画機能、4色展開

おしゃれでスタイリッシュなデザインの、コンパクトベビーモニターです。
グレー・ピンク・ブルー・オレンジ の4色展開で、ポップな色合いのベビーモニターは、とてもめずらしいでしょう。

暗い部屋でもしっかり撮影できたり、動きがあった場合はその異常をスマホに知らせるなど、デザインだけでなく機能性をも兼ね揃えています。

デザイン性にもこだわりたいママに、オススメです。

5:hentek モニタリングカメラSabo

金額(税込み) 15,984円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ)
接続方法 LAN接続もしくは、Wifi接続
備考 2way、動体検出機能・アラーム機能・録画機能、暗視機能、遠隔操作

ロボットのような見た目が魅力で、遊び心がつまったとてもキュートなベビーモニターです。

かわいらしい見た目からは、想像できないほど機能性にも優れています。

スマホに対応しており、

  • 外出先から確認できる
  • スマホでカメラの向きを遠隔操作できる
  • なにか異常があればスマホに知らせる
  • 解析度720Pと高画質

など、赤ちゃんの安全を確認するために、必要な機能とプラスαの機能が充実しています。

また壁掛けもできるので、広範囲をチェックすることができます。

機能性も、デザイン性もどちらも譲れないというママに、オススメです。

6:GOODEYES「ワイヤレスベビーカメラ」

GOODEYESオリジナル 100万画素 ベビーモニター ベビーカメラ 双方向音声 外出先から遠隔監視・操作 ワイヤレス 小型 iPhone スマートフォン タブレット 無線 音声 モニター 防犯カメラ WiFi 黒

金額(税込み) 6,999円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ)
接続方法 LAN接続、Wifi接続
備考 2way、遠隔操作、録画機能、暗視機能

設定が簡単なベビーモニターで、インターネットに接続することで、外出先や海外からでも赤ちゃんの様子がチェックできます。

そのためパパの出張や、海外赴任のご家庭にも重宝するベビーモニターでしょう。

カメラは水平方向に270度、垂直方向に100度動かすことができるので、広範囲チェックできます。
ハイハイや、一人歩きができるようになったお子さんがいても安心です。

7:Jseed「Baby02-1Mpix」

金額(税込み) 7,980円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ対応)
接続方法 Wifi接続、LAN接続
備考 2way、動体検知機能、録画機能

防犯カメラ専門のJseedが手がけるベビーモニターです。

動体検知機能は、映像に動きがあった場合に、知らせてくれるので、ハイハイできるようになった赤ちゃんが、お昼寝から覚めても、すぐに気が付くことができます。

またWifi接続は音声リンクなので、パスワードを入れたりと面倒な作業がありません。

赤ちゃんが大きくなったあとでも、監視カメラとして使えます。

使い道たくさん!多機能タイプ

音声や映像だけにとどまらず、いろいろな便利な機能がそろった多機能タイプの製品を紹介します。

8:トリビュート「ワイヤレスベビーモニター bm-lt02」

蛯原英里さんおススメ♪2015年度モデル! ワイヤレスベビーカメラ (BM-LT02) オートトラッキング機能/カメラ遠隔操作/2way/ボイスオン/子守唄/充電池 ベビーモニター

金額(税込み) 14,800円
カメラ機能 あり
モニター あり
接続方法 デジタル2.4GHzホッピング方式
備考 オートトラッキング機能・ボイスオン機能・温度設定アラーム・子守唄機能・盗聴防止機能・授乳タイマー

トリビュートのワイヤレスベビーモニターは、グッドデザイン賞&キッズデザイン賞W受賞の実績をほこる、人気のベビーモニターです。

楽天でも売上ランキングNO.1で、最大の特徴はオートトレッキングシステムでしょう。

赤ちゃんがハイハイができるようになっても、カメラが自動的に赤ちゃんの動きを追いかけるので、画面からいなくなることがありません。

スマホからの遠隔操作や、温度チェック、子守歌、授乳タイマーなど、機能性のよさも人気の秘密でしょう。

9:SecuSTATION「POCHICAM(ポチカメ)」

防犯カメラ SC-533NH ポチカメ【白】100万画素 ネットワークカメラ 【日本語アプリ・プリレコード録画対応】

金額(税込み) 16,200円
カメラ機能 あり
モニター(親機) なし(スマホ)
接続方法 LAN接続・Wifi接続
備考 2way・遠隔操作・録画機能・暗視機能・5色展開・動体検知・アラーム機能

ムダのないデザインでありながら、どこか犬のようなコロッとしたフォルムがかわいいベビーモニターです。

ホワイト・ブラック・レッド・ブルー・グリーンの5色展開で、好みの色が見つかるでしょう。

遠隔操作や異変があったときにスマホに知らせるなど、さまざまな機能があるだけでなく、オプショングッズも豊富です。
別売りのリモコンやそのほかの無線セキュリティシステムとの連動が可能なので、より便利に、セキュリティ面を強化できますよ。

赤ちゃんのモニタリングだけでなく、ペットや防犯目的で、使い続けられる製品でしょう。

10:secuOn「ハイブリッドベビーモニター」

【secuOn】ハイブリッドデジタルベビーモニター BMB200

金額(税込み) 13,888円
カメラ機能 あり
モニター あり
接続方法 2.4GHzデジタル無線方式、NTSC信号(LAN接続)
備考 録画機能・室温チェック機能・省エネ機能・子守唄再生機能・映像出力機能

secuOnのハイブリッドベビーモニターは、映像を録画できたり、子守歌を再生したり、室温のチェックまで、さまざまな機能が備わっています。

また設置がとても簡単で、初期設定なども必要なく、箱をあけてすぐに使用できます。
機械が苦手だけど、多機能な製品がほしいというママには、オススメの一点です。

また別売りの専用クレードルを購入すれば、インターネット回線をつかって、スマホやパソコンで赤ちゃんの様子を確認できます。

使い方のポイントは?


人気のベビーモニターは、接続や操作が簡単なものが多いです。
カメラや音声を拾う子機を、赤ちゃんの近くに設置し、親機のモニターやスマホで、チェックするだけ。

ここでは赤ちゃんの快適な睡眠や安全を守るために、注意しておきたいポイントを簡単に説明しましょう。

2wayの場合は、雑音で赤ちゃんを起こさないように

2wayタイプのベビーモニターが多いですが、こちらから赤ちゃんに音声を送信する際、音声機能をつけっぱなしにしていると、赤ちゃんの睡眠を邪魔する可能性があります。

話したいときだけ、ボタンを押すタイプの製品であれば問題ありませんが、音声機能をON/OFFで切り替えるタイプの製品を購入した場合は、必要なとき以外はOFFにしておきましょう。

盗聴防止のため使用しない時は電源を切る

デジタル式や、盗聴防止機能がついている製品がほとんどで、盗聴される可能性は低いですが、電波に乗せて音声を運んでいることに変わりはありません。

そのためベビーモニターを使用しないときは、電源を切っておいた方が、より安心です。

短期利用やお試しにはレンタルがオススメ


ベビーモニターは、使う期間が短いわりに、安いわけではないので、購入するか迷う製品でしょう。

2人目、3人目、ゆくゆくはペットや家の防犯に使用する予定の方は、購入した方がいいでしょう。

しかし使い勝手の良さを検討してから購入したい方や、寝返りが自分でできるようになる期間だけ使いたい、など短期間利用を考えている方には、レンタルがオススメです。

生後半年くらいの使用であれば、レンタルしたほうが割安で、お得でしょう。

使っていないスマホで代用できる?


家にWi-Fi環境があれば、今は使っていないスマホをモニター替わりにできます。

LINEやSkypeなどの無料アプリや、ベビーモニター用のアプリを使うことで、離れていても赤ちゃんの様子を見ることができるのです。

ただし、ベビーモニターに特化したものではないので、設置方法などには工夫が必要になります。

ベビーモニターで、赤ちゃんの成長を静かに見守ろう!


赤ちゃんの睡眠中に活躍するベビーモニターは、乳幼児突然死症候群の予防や、育児と家事の両立など、あればとても便利なアイテムです。

ベビーモニターには、簡易的なものから、防犯カメラとしても機能するようなしっかりした製品から、さまざまです。

外出先からも様子が見たいのか、遠くにいるおじいちゃん・おばあちゃんに見せてあげたいのか、家の中だけで使うのかなど、どのような目的で使いたいのかを明確にしましょう。

そのうえで製品を比較すると、自分にあう一台が見つかりますよ。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...