ベビービョルンの抱っこ紐は新生児から!人気の秘密は?おんぶもできる?

ベビービョルンの抱っこ紐は、新生児から使えます。

「新生児から縦抱きができる」
「前向きだっこやおんぶも楽」
「赤ちゃんの口に入っても大丈夫な素材で作られているので安心」

などの口コミからもわかるように、ベビービョルンの抱っこ紐は機能性・安全性が高く、ママとパパで共用しやすいデザインという点からも人気です。

今回はベビービョルンの抱っこ紐が気になる方に向けて、特徴や最新のモデルやエルゴとの比較を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

ベビービョルンの抱っこ紐、ベビーキャリアの全シリーズを紹介!


スウェーデン生まれのベビー用品ブランド・ベビービョルンの抱っこ紐・ベビーキャリアは、全シリーズ5つのタイプが用意されています。

それぞれの特徴おすすめポイントを紹介しましょう。

ベビーキャリアONE KAI

引用:babybjorn

価格 18,000円(税抜き)
対象年齢 新生児~36ヶ月(15kg)まで
特徴
  • 新生児から3歳まで、長い期間使える
  • 3通りの抱っこ+おんぶができる
  • ウエストベルト付きタイプ
  • 日本人の体格に合わせた快適設計
  • 赤ちゃんの体にそった立体構造

ベビーキャリア ONE KAIは、日本人の体格に合わせて設計されており、パパやママにも赤ちゃんにも快適な設計です。
これひとつで、新生児から3歳まで使えます。

使い方はさまざまで、以下のような方法が楽しめます。

  1. 新生児対面抱っこ
  2. 乳幼児対面抱っこ
  3. 前向き抱っこ
  4. おんぶ

新生児のときは頭をしっかりサポートする新生児対面抱っこ、首座り後は前向き抱っこなど、赤ちゃんの成長や状況に合わせて使い方を変えられるのはうれしいところです。

日本で販売されているものは、日本人の体格専用のモデルとなっており、改良を重ねた厚めのショルダーパットとウエストベルトは、パパやママの負担を軽減するでしょう。

上の子の幼稚園の送り迎えや、お散歩、近所のスーパーでの買い物などちょっとした外出時にベビーキャリア ONE KAIが活躍してくれます。

抱っこもおんぶもできるものを探している人、外出することが多い人には、ウエストベルトついたONE KAIがおすすめです。

ベビーキャリア MINI

引用:babybjorn

価格 7,500円(税抜き)
対象年齢 新生児~約12ヶ月(11kg)まで
特徴
  • 新生児から使える
  • 3通りの抱っこに対応
  • ベルトと本体が別々、装着が簡単なシンプルな構造
  • サイズ調節メモリで子どもの身長に合わせて調節可能

1973年から販売されているベビーキャリアオリジナルの改良版、最新モデルがベビーキャリアMINIです。

新生児から12ヶ月まで使え、次の3通りの抱っこができます。

  1. 新生児対面抱っこ
  2. 乳幼児対面抱っこ
  3. 前向き抱っこ

ベビーキャリアMINIの魅力は、シンプルな構造で着脱が簡単なこと。
使わないときにはコンパクトにまとめられます。

ママひとりでも簡単に赤ちゃんを抱っこできる、使い勝手の良さは高ポイントです。
家事を手早く済ませたいとき、赤ちゃんが泣いてぐずったとき、寝かしつけたいときに、さっと赤ちゃんを抱っこできます。

ただし、1歳以降あるいは体重が11kg以上の赤ちゃんには対応しておらず、おんぶでの使用もできません。

リーズナブルで装着が簡単な抱っこ紐を探している方、抱っこ紐は乳児の間だけ使えればいいという方は、ベビーキャリアMINIをおすすめします。

メッシュタイプの抱っこ紐ならAirシリーズ

パパやママ、赤ちゃんもいつも爽やかでいたいもの。
湿度の高い日本の夏も、通気性に優れたメッシュシリーズなら快適に使えます。

ベビーキャリアONE KAI Air

引用:babybjorn

価格 22,000円(税抜き)
対象年齢 新生児~36ヶ月(15kg)まで
特徴
  • 新生児から3歳まで、長い期間使える
  • 3通りの抱っこ+おんぶができる
  • ウエストベルト付きタイプ
  • 2種類のメッシュ使用で通気性に優れている
  • 日本人の体格に合わせた快適設計

ベビーキャリアONE KAIがオールメッシュ素材で新登場!
湿度高い日本の気候にぴったりの通気性に優れた抱っこ紐です。

通気性抜群の2種類のメッシュが体温調整をしてくれるため、抱っこする人も赤ちゃんも快適に過ごせます。

また、これらのメッシュは速乾性、伸縮性、耐久性も高いのが特徴です。

脱水症状をおこしやすい暑い時期、長時間抱っこし続けるとき、暑がりで汗をかきやすい人には、熱がこもらないメッシュ素材のベビーキャリアONE KAI Airをおすすめします。

ベビーキャリア MINI Air/3Dジャージ

引用:babybjorn

価格 11,000円(税抜き)
対象年齢 新生児~約12ヶ月(11kg)まで
特徴
  • 新生児から使える
  • 3通りの抱っこに対応
  • ベルトと本体が別々、装着が簡単なシンプルな構造
  • 通気性抜群の3Dメッシュ素材使用

ベビーキャリアMINIのメッシュ素材バージョンがベビーキャリア MINI Air/3Dジャージです。

メッシュ素材は、Air3Dジャージの2種類用意されています。

Airは3Dメッシュのみを使用しており通気性がバツグンに良く、3Dジャージは3Dメッシュの表面にジャージを使用して肌触りがよいのが特徴です。

好みに合わせて、この2つの素材からお好きな方が選べます。

赤ちゃんとママの密着度が高く安定感がある抱っこ紐だからこそ、通気性は重要なポイントです。

ベビーキャリアMINIより少し値段は高くなりますが、体温調節を重視する人は、メッシュ素材のものを選びましょう。


ベビーキャリア WE Air

引用:babybjorn

価格 15,800円(税抜き)
対象年齢 1~36ヶ月(15kg)まで
特徴
  • 生後1ヶ月から3歳まで長い期間使える
  • 2通りの抱っことおんぶに対応
  • ウエストベルト付きタイプ
  • 通気性抜群の3Dメッシュ素材使用
  • 日本人の体格に合わせた快適設計

ベビーキャリアWE Airは、生後1ヶ月から3歳までの長い期間使える抱っこ紐。

メッシュ素材を使用していて通気性に優れており、ベビーキャリアONE KAI Airよりお手頃な価格が魅力です。

ベビーキャリアONE KAI Airとの大きな違いは、次の2つです。

  • 新生児から使えないこと
  • 前向き抱っこができないこと

機能的にはONE KAI Airに少し劣りますが、対面抱っことおんぶだけできれば大丈夫な方、通気性は欲しいけれど価格が安いほうがいいという方には、WE Airをおすすめします。

ベビーキャリア オリジナル

引用:babybjorn

価格 コットンタイプ6,800円(税抜き)
ジャージタイプ9,000円(税抜き)
対象年齢 新生児~11kgまで
特徴
  • 首すわり前の新生児に対応
  • ベルトと本体が別々、装着が簡単なシンプルな構造
  • 幅広ベルトで体重を分散
  • 腰ベルトなし
  • 縦抱っこと前向き抱っこに対応

ベビーキャリアオリジナルは、コンパクトかつシンプルな作りであるにもかかわらず、新生児から使える安定感が魅力でしょう。

オリジナルは改良をかさね最新モデルが現行しており、取り扱いは終了していますが、機能性の高さ価格の安さから、まだまだ人気のあるモデルのようです。

オリジナルの最新モデルはベビーキャリアMINIですが、主な違いは、次のような点があげられます。

  • オリジナルの方が股部分の幅が狭い
  • オリジナルの方がシート調整の目盛りが大きめ
  • デザイン

ただし、取り扱いを終了している製品なので、中古品やまだ在庫が残っている正規店での購入になります。

コンパクトで手軽なベビーキャリアを探している人で、値段も機能性も重視したいという人にオススメです。

ベビービョルンの抱っこ紐3つの特徴

ベビービョルンの抱っこ紐の人気の高さの秘密は、次にあげる3つの特徴にあります。

  1. 機能性
  2. 安全性
  3. デザイン

1:機能性の高さ

ベビービョルンは以下のような4つの機能を備えています。

  • 新生児から使える
  • おんぶ紐として3歳まで使える
  • 赤ちゃんを起こさずに着脱できる
  • 肩や腰への負担が少ない

新生児から3歳まで長期間使え、赤ちゃんにもパパ、ママにも優しい機能性の高さが特徴です。

新生児の頭をしっかり支える

ベビーキャリアの5つのタイプのうち、ベビーキャリアWE AIRを除く4シリーズは、新生児対応商品です。

ベビーキャリアの本体は、赤ちゃんの頭と首をサポートする設計になっており、付属品がなくても新生児から縦抱っこができます。

ヘッドサポートネットサポートは、新生児のやわらかい頭もすっぽりと優しく包み込み、成長に合わせて調整も可能です。

ベビービョルン購入の決め手となったのは、新生児から使える点だという声もよく聞かれます。

新生児から使える機能性の高さがベビービョルンの抱っこ紐の大きな魅力でしょう。

おんぶは約3歳まで使える

ベビーキャリアONE KAIシリーズベビーキャリアWE AIRは、おんぶ紐として約3歳(15kg)まで使えます。

原則としておんぶは、生後12ヶ月以降からです。

立ったままスライドさせることで、簡単に抱っこからおんぶへ移行できます。

3歳までおんぶできるのは、長期間使いたい人にはうれしい機能です。

赤ちゃんを起こさずに着脱できる

着脱が簡単なベビーキャリアシリーズなら、抱っこしている間に眠った赤ちゃんを起こすことがありません。

とくにベビーキャリアMINIシリーズは、ベルトと本体パーツが分かれているため、パーツを外すことで簡単に、眠っている赤ちゃんを寝かせられます。

ベビーキャリアシリーズに使われているセーフティバックルは、片手での着脱ができ、赤ちゃんを取り出すのが簡単です。

赤ちゃんを起こすことなく、着脱できる手軽さはベビーキャリアシリーズならではの魅力でしょう。

抱っこするときの肩や腰への負担を減らせる

ベビーキャリアシリーズは、日本人の体格に合わせて肩や腰への負担を軽減する設計が特徴です。

とくに3歳まで使えるベビーキャリアONE KAIシリーズとベビーキャリアWE Airシリーズは腰ベルトがついて、重くなった赤ちゃんの体重を肩だけでなく、腰でサポートしてくれます。

改良を重ねた肩パッドや腰ベルトは厚いクッションが入っており、肩や腰への負担を軽減するでしょう。

機能性の高さまとめ

  • 新生児の頭を支える
  • おんぶができる
  • 寝た赤ちゃんを起こさず着脱
  • 肩や腰への負担を減らせる

ベビービョルンの抱っこ紐には、魅力的な機能性が備わっていますね。

2:赤ちゃんとママが安心して使える安全性の高さ

ベビーキャリアシリーズは、赤ちゃんとママが安心して使えるように安全性についても十分に考慮されています。

安全基準を満たしたSGマーク対応

ベビーキャリア全シリーズは、SGマークがついています。

SGマークとは、一般財団法人製品安全協会が定めた安全な製品につけられるマークです。

抱っこ紐の場合、赤ちゃんの身体が落下しない設計になっているかどうかや、各パーツの強度が決められています。

ベビーキャリアシリーズはこの規定をクリアしたSGマークがついた商品です。

万が一、商品の欠陥により事故が起こった場合も、保証が受けられます。

SGマークがついた安全性が高く、保証がある商品なので、安心して使えますね。

小児科医と共同開発

ベビービョルンの商品開発や既製の商品の改善は、小児科医医療専門家の意見を聞きながらおこなわれます。

新生児と乳幼児の体の発達・成長の専門家である医師の協力のもとで、赤ちゃんの成長を妨げることなく赤ちゃんの体をしっかりと支える安全性の高い商品を開発しているのです。

抱っこ紐に欠かせない条件はふたつあります。

  1. 赤ちゃんの頭、首、背中をしっかりとサポートできること
  2. 足やおしりが自由に動くこと

ベビービョルンのベビーキャリアは、医師との共同開発により上記のふたつの条件をクリアしました。

小児科や専門家の意見を反映した商品なので、安全性が高く安心して使えるでしょう。

口に入っても安全な素材を使っている

ベビーキャリアには、口に入っても安全な素材のみが使われています。

すべての製品が、素材の安全性を確保するための厳しいテストをクリアしたものです。
布地部分は、有害物質アレルゲン性物質を含まない、エコテックス規格100クラス1の基準を満たしているものが使用されます。

口の近くにあるものを舐めたりかじるのは、赤ちゃんによくある行動ですが、ベビーキャリアは口に入っても安全な素材しか使われてないので安心です。

洗濯機で洗えるので衛生的

ベビービョルンのベビーキャリアは、洗濯機で洗えるのでいつもで清潔に使えます。

洗濯機を使う場合は、40°Cまでのお湯で、ネットに入れて洗いましょう。
ただし乾燥機の使用は控えてください。

安全性を維持するためにも、洗剤は低刺激性のもので、漂白剤が入ってないものがおすすめです。

手洗いではなく洗濯機を使えるので、簡単にしっかりと汚れを落とせ、いつでも衛生的に使えます。

安全性まとめ

  • SGマーク対応
  • 小児科医と共同開発
  • 安全な素材で口に入っても安心
  • 洗濯機で洗えるので衛生的

ベビービョルンの抱っこ紐には、安全性もしっかりと備わっているので、安心して使うことができるでしょう。

3:パパとママで共用しやすいデザイン

シンプルでセンスがよく、パパとママが共用できるデザインもベビービョルンの特徴です。

肩ベルト、腰ベルトともに、簡単に長さの調節ができるので、背の低いママと、高身長のパパが一緒に使えます。

腰ベルトは胴周り67〜160cmに対応しているので、痩せているママでも、体格のよいパパでも対応可能です。

デザインはシンプルでスマート、黒やネイビー、グレーなどの落ち着いたカラーを選べば、パパにも使いやすいですね。

ママだけでなく、パパも使う前提でデザインされたセンスのよさは、大きな特徴のひとつです。

ベビーキャリアの使い方は4種類

ベビービョルンでできる抱き方の種類

  • 新生児対面抱っこ(新生児〜約4ヶ月)
  • 乳幼児対面抱っこ(約4ヶ月〜)
  • 前向き抱っこ
  • おんぶ

ベビービョルンのベビーキャリアの使い方は全部で4種類あります。

シリーズごとにできる抱っこの種類は異なるので、下記の表でチェックしてください。

ベビーキャリアシリーズ別、赤ちゃんのキャリー方法は以下のとおりです。

ONE KAIシリーズ
  • 新生児対面抱っこ
  • 乳幼児対面抱っこ
  • 前向き抱っこ
  • おんぶ
MINIシリーズ
  • 新生児対面抱っこ
  • 乳幼児対面抱っこ
  • 前向き抱っこ
WEシリーズ
  • 新生児対面抱っこ
  • 乳幼児対面抱っこ
  • おんぶ

新生児対面抱っこ

新生児から4ヶ月ごろまでの赤ちゃんの適した抱っこ方法です。

首が座る前の赤ちゃんを、対面で縦抱きにするので、胸の高い位置に赤ちゃんが収まります。

乳幼児対面抱っこ

乳幼児対面抱っこは、生後4ヶ月以降の赤ちゃん向けの抱っこ方法です。

首がすわってからの対面抱っこは、腰で支える低位置での縦抱きとなります。

前向き抱っこ

前向き抱っこは、首がすわった4ヶ月以降の赤ちゃんにオススメの抱き方です。

パパやママと同じ方向を向き、高い位置から風景を楽しめます。
好奇心が旺盛になる時期に、刺激をたくさん浴びることができるので、ご機嫌に過ごせる赤ちゃんも多いようです。

おんぶ

おんぶは生後12ヶ月以降の赤ちゃんにオススメです。

家事をするときや寝かしつけには、おんぶがオススメでしょう。

おんぶをすることで、いろいろな学びが得られるのでおんぶ育児が推奨されることもありますよ。

ベビーキャリアの使い心地は?口コミを紹介

これからベビーキャリーの購入を考えている人にとって。実際に使っているママやパパたちの口コミは気になります。

良い口コミ、きになる口コミを紹介しましょう。

良い口コミ

先輩ママ

ベビービョルンは前向きだっこできるので、娘ちゃんが外の景色をみてニコニコしてくれるし、すれ違った人もニコニコしてくれるしとてもよい

先輩ママ

ベビービョルンの抱っこ紐は、カバーやスタイがあるのでそれを付ければ、赤ちゃんが噛んでも気にならない!だいたいお出かけして帰ってくる頃には、専用のスタイがよだれでびしょびしょになってる(笑)

使用者のコメントで多いのは、前向き抱っこをすると赤ちゃんが喜ぶというもの。
状況に合わせて、前向き抱っこ、対面抱っこ、おんぶと使い方を変えられるのはベビービョルンの魅力です。

赤ちゃんは、なんでも舐めたり噛んだりするため、安全性の高い素材を使っているベビービョルンだと安心です。

ただ、抱っこ紐が、赤ちゃんのよだれでベチョベチョになるのは日常茶飯事のことでしょう。
洗濯機で洗えるとはいえ、毎日洗うのは大変なので、カバースタイを使うのがオススメです。

気になる口コミ

先輩ママ

子どもが重くなってくると、もとからある肩パッドでは少し痛いかも。肩紐カバーの手作りの仕方を検索して、厚み持たせたら長く使えました!

先輩ママ

慣れれば簡単だとは思うけど、パーツが多いのもあって付け方結構難しい…。

腰ベルトがついているタイプは、バックルも多く最初は少し装着に手間取るかもしれません。
そんな時は公式サイトの動画を見て、参考にしてください。

また、赤ちゃんの体重が増え、通常の肩パッドではクッションが足りないと思うときには、肩紐カバーなどを使って厚みを加えてみましょう。

ベビービョルンとエルゴの抱っこ紐はどっちがいい?徹底比較

ベビービョルンと並んで人気の高いエルゴの抱っこ紐、どちらがよいか悩んでいる人も多いと思いますので、以下の5点についてその違いを比較しました。

  • 着脱のしやすさ
  • 肩や腰への負担の少なさ
  • おんぶへの切り替えのしやすさ
  • 対象年齢
  • 価格
ベビービョルン エルゴ
価格
対象年齢
着脱のしやすさ
腰や肩への負担の少なさ
おんぶの切り替え

エルゴは肩ベルト、ウエストベルトともにクッションがベビービョルンよりも厚くサポート力があるため、肩や腰への負担が少なく、女性には疲れにくいと好評です。

ただし、冬はエルゴの肩ベルトが厚すぎて、コートなどの上着が着にくいという人もいます。
装着したときのコンパクトさ、シンプルさではベビービョルンの方が高評価です。

対象年齢を比較した場合は、エルゴの方が新生児から約4歳(20kg)までと、ベビービョルンよりも1年ほど長く使用できます。

ただ、着脱の簡単さおんぶへの切り替えのスムーズさでは、ベビービョルンの方が高評価を得ているようです。
エルゴは装着方法がわかりにくく、コツをつかむまでは着脱に時間がかかるという人もいます。

パパに人気が高いのは、装着が簡単で、デザインもシンプルなベビービョルンです。

全体的にベビービョルンの方が低価格なので、機能的で安全性が高くかつリーズナブルなものを探している人には評判が高くなっています。

お出かけの機会が多く、長時間の抱っこでも肩や腰への負担の少なさを重視する人には、エルゴがおすすめです。

パパと共用で使い、使い勝手の良さを重視するならベビービョルンを選ぶとよいでしょう。

もし、周りにエルゴやベビービョルンを使っている先輩ママがいるなら、実際に使ってみた感想を聞いてみるのもいいですね。

ベビービョルンの抱っこ紐はどこで買える?

ベビービョルンの抱っこは、以下などで購入することができます。

  • 公式オンラインストア
  • ベビー用品店(ベビーザらスやアカチャンホンポなど)
  • アマゾンや楽天などの通販サイト

ただし、購入するときには、並行輸入品や偽物には注意が必要です。

たとえ本物でも、並行輸入の場合、次のような問題が生じることがあります。

  • 取扱説明書が英語
  • 外国人の体型用モデル
  • メーカーの保証が受けられない

そのため、公式サイトや正規取扱店となっているベビー用品店での購入する方が安心です。

可能であれば、実際に店舗に出向いて、つけ心地を試してみましょう。
取扱店舗については公式サイトで調べることができます。

中古品やレンタルという方法も

価格を安く抑えるためには、中古品レンタルを利用するという方法もあるでしょう。

中古品は、友人や親戚から譲り受ける以外に、インターネットを利用して入手できます。
気になる人はメルカリヤフーオークションなどをこまめにチェックしてみましょう。

ただし、中古品やレンタルの場合は多少の汚れや傷があるケースがあります。
それらが気になる方は新品を購入するのがよいでしょう。

また、古品を求めた場合、正規の保証が受けられません。

レンタルの場合は保証があるかどうか、規約を確認しましょう。

中古品やレンタルという方法もありますが、新品を購入するほどのアフターケアが受けられないことが多いことも考慮して、検討してください。

ベビービョルンの抱っこ紐は新生児からでも安心して使える!パパと共用で使いたい人にもオススメ

ベビービョルンのベビーキャリアシリーズは新生児からでも安心して使えるものがほとんどです。

シンプルなデザインで、ダークなカラーも揃っているのでパパと共用で使いたい人にもオススメです。

ベビービョルンの抱っこ紐の特徴は、機能性・安全性が高く、デザイン的にもシンプルでオシャレなことでしょう。

抱っこ紐は子育て中の人にとって便利な使用頻度が高い商品なので、使いやすいものを選びたいものです。

新生児から使いたい、パパと共用したい人にはベビービョルンの抱っこ紐を検討してみてはいかがでしょうか。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...