抱っこ紐で自転車に乗るのはOK?違反?いつからいつまでならよい?

家からすこし離れた場所へ行くのに、自転車があると便利です。
赤ちゃんを連れてどこかへ行くにも、歩いていくより自転車を使った方が、パパやママの負担もぐっと減ります。

しかし「赤ちゃんと一緒に、自転車に乗れるの?」、「抱っこ紐で、自転車に乗っていいの?」など、赤ちゃんと自転車に乗るのに、心配なことやわからないことも多いでしょう。

抱っこ紐で自転車に乗ってもよいのでしょうか。
くわしく説明します。

抱っこ紐で自転車に乗るのは法律ではOK?NG?


自転車についての法律といえば、道路交通法が身近でしょう。

実は道路交通法には、自転車利用時の抱っこ紐の使用条件など、細かいことは規定していません。

幼児を連れての自転車の乗り方については、各都道府県の公安委員会が、道路交通法に基づいて発行する「道路交通法施行細則」に定められています。

そのため住んでいる都道府県によって、規則が微妙に異なります。
細かなルールについては、住んでいる地域の警察庁ホームページなどで確認する必要があります。

また2015年に道路交通法が改正され、自転車の利用ルールが厳しくなりました。

道路交通法に違反するような、危険な運転をした場合には、以下のルールが適用されます。

  • 3年以内に2回以上の摘発で、自転車講習を受けなければならない
  • 従わない場合は、5万円以下の罰金を課す

くれぐれも規則を守り、安全運転を心がけましょう。

参照:警察庁「自転車はルールを守って安全運転~自転車は「車のなかま」~」
参照:電子政府の総合窓口「道路交通法」

道路交通法施行細則

道路交通法施行細則では、幼児と一緒に自転車に乗る際の、細かなルールを定めています。

ここでは東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の首都圏4都県のルールを紹介します。

これら4つの地域で共通している、抱っこ紐使用時の自転車に関するルールは、以下の通りです(幼児1人の場合)。

  • 自転車を運転する人は16歳以上
  • 子どもは背負う(前抱っこは禁止)

ただし3人乗りの場合は、抱っこ紐が使えない地域や、4歳未満なら背負える、6歳未満なら背負えるなど、細かいルールが異なるようです。

細かい部分については、自分の住んでいる地域の規則を、しっかりと確認しましょう。

東京都の場合

東京都での自転車に関するルールは、以下のように定められています。

一般の自転車
〇16歳以上の運転者は、6歳未満の幼児1人を子守バンド等で背負った場合、運転できる
〇16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができる。幼児2人同乗用自転車
〇16歳以上の運転者は、6歳未満の幼児2人を同乗させることができる。
幼児2人を同乗させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。道路交通法第57条、東京都道路交通規則第10条より

引用:自転車の正しい乗り方

埼玉県の場合

埼玉県での自転車に関するルールは、以下のように定められています。

二人乗り(運転者1人、幼児1人)
〇16歳以上の運転者は、幼児用座席に6歳未満の幼児を1人乗せることができる〇16歳以上の運転者は、おんぶひもで4歳未満の幼児を背負える。三人乗り(運転者1人、幼児2人)
〇16歳以上の運転者は、幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の幼児を2人乗せることができる〇16歳以上の運転者は、幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の幼児を1人乗せ、運転者がおんぶひもで4歳未満の幼児を背負ってよい四人乗り(運転者1人、幼児3人)は認めない。

埼玉県道路交通法施行細則第8条より(罰則:2万円以下の罰金または科料)

3人乗りの場合、東京都では抱っこ紐の使用ができませんが、埼玉県では1人を幼児用の椅子に座らせて、1人はおんぶ紐で背負うことができます。

参照:埼玉県「埼玉県道路交通法施行細則(自転車関係)について」

神奈川県の場合

神奈川県での自転車に関するルールは、以下のように定められています。

二人乗り(運転者1人、幼児1人)
〇幼児用座席に幼児を1人乗車させ、16歳以上の者が運転できる
幼児1人をひも等で確実に背負った場合、16歳以上の者が運転できる三人乗り(運転者1人、幼児2人)
幼児用座席に幼児を1人乗車させ、幼児1人をひも等で確実に背負って16歳以上の者が運転する〇幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に幼児2人を乗車させ、16歳以上の者が運転する✖幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に幼児2人を乗車させ、幼児1人をひも等で背負って運転することは、禁止

神奈川県警のホームページには、年齢が明記されていませんが、道路交通法上の幼児は6歳未満を意味します(道路交通法第14条より)。

参照:神奈川県警察「自転車の幼児用座席をお使いのみなさんへ」

千葉県の場合

千葉県での自転車に関するルールは、以下のように定められています。

二人乗り(運転者1人、幼児1人)
〇幼児用座席に幼児を1人乗車させ、16歳以上の者が運転することができる
幼児1人をひも等で確実に背負った場合、16歳以上の者が運転できる三人乗り(運転者1人、幼児2人)
幼児用座席に幼児を1人乗車させ、幼児1人をひも等で確実に背負って16歳以上の者が運転できる
〇幼児2人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の幼児2人を乗車させ、16歳以上の者が運転できる

千葉県は、神奈川県とほぼ同じルールのようです。

参照:千葉県警察ホームページ「千葉県道路交通法施行細則の一部改正について」

前抱っこでの自転車運転が危険な理由

前に赤ちゃんを抱っこして自転車を運転するのは、法律違反です。

  • ペダルを漕ぐ足が赤ちゃんにあたりやすい
  • 赤ちゃんが動くとバランスが取りづらい
  • 視界が妨げられやすい

など、前抱っこでの自転車運転にはさまざまな危険が伴います。

社会の一員としても、赤ちゃんを守る親の義務としても、ルールはしっかり守るようにしましょう。

子どもと一緒に自転車に乗れるのはいつからいつまで?


抱っこ紐で自転車に乗ることは、一定の条件をクリアすれば可能ですが、いつからいつまで乗れるのでしょうか。

乗車位置によって、年齢や体重の制限が違うので、紹介します。

抱っこ紐で乗れるのは?

抱っこ紐を使っての自転車運転は、子どもをおんぶすることが条件です。

そのためおんぶができる、生後3~4ヶ月を過ぎて、首がすわるころを目安に、自転車に乗せることができます。

いつまで抱っこ紐で自転車に乗れるかどうかは、条件によって異なります。

子ども1人を乗せる場合は、道路交通施行細則にて制限がなければ、抱っこ紐が使える年齢まで使えるでしょう。

しかし子ども2人を乗せる場合のおんぶは、4歳未満など地域によって制限を設けていることがあります。
使っている抱っこ紐の対象年齢や、お住まいの地域の道路交通施行細則を確認しましょう。

幼児用座席で乗れるのは?

赤ちゃんが一人座りできるようになれば、自転車の前部座席に乗ることが可能です。

そのため前部座席は、1歳ごろからの子どもを対象にしている製品が多いです。

ただし前部座席の使用には、身長100センチ未満、体重15キロ未満(2歳ごろ)という制限があるので、2歳以降は後部座席に座らせましょう。

後部座席は、6歳未満までの子どもを乗せることができます。
安全のため、子どもにはヘルメットを着用させましょう。

抱っこ紐で自転車に乗る際に注意すること


抱っこ紐で、自転車に乗る際の注意点をまとめました。

抱っこ紐で赤ちゃんをしっかり固定する

当たり前ですが、抱っこ紐は正しく使用しましょう。
また赤ちゃんが隙間から転落することを防ぐために、おんぶするときには、できるだけ高い位置でベルトをしっかり締めてください。

自転車の選び方も重要です

自転車の選び方も重要です。

自転車を選ぶときは、1インチ小さいサイズにすると、安定性が高いですよ。

頑丈なボディや両足スタンドなど、安全性に配慮した子ども乗せ自転車もオススメです。

安全運転を心がけよう

抱っこ紐で自転車に乗るときは、安全には十分注意して運転してください。

規定に従い、不安なときは運転しないなど、気持ちに余裕をもって出かけましょう。

  • スピードを出し過ぎない
  • 雨の日は自転車に乗らず、徒歩にする
  • 荷物が多いときは自転車には乗らない

その時々に合わせて、適切な判断をこころがけてください。

引っ越しや帰省のときには要注意!

地域によって、規則が微妙に異なるため、引っ越しや帰省で、県外へいくときは、自転車の乗り方について、規則が違うかどうか、注意しましょう。

引っ越し先や帰省先では禁止されている自転車の乗り方をした場合、罰則を受けたとしても「知らなかった」では済まないのが、法律です。

おんぶでの自転車は、事故で大ケガにつながる可能性が高い


赤ちゃんを自転車にのせて転倒すると、自分だけではなく赤ちゃんの大ケガにつながる危険性が高まります。

抱っこ紐で自転車に乗って転倒し、「赤ちゃんが頭部骨折した」という事故も実際にあります。

命に関わる事故にもなりかねません。

ゆっくり運転を心がけ、事故には十分気を付けてください。

オススメの抱っこ紐をチェック


おんぶできるアイテムには、抱っこ紐をはじめ、下記のように様々な種類があります。

  • 抱っこ紐(ベビーキャリー・子守バンドともいわれています)
  • おんぶに特化したおんぶひも
  • 布タイプのスリング

抱っこ紐を選ぶポイント

抱っこ紐には、ベルトがついており、赤ちゃんをすっぽり覆うタイプなので、安全性が高い構造のものが多いです。

赤ちゃんの落下を防ぐためにも、赤ちゃんをしっかり固定するベルトがついた、より安定感があるものを選びましょう。

スリングは、抱っこ紐やおんぶ紐と比べると安定感がありませんので、自転車の運転にはオススメしません。

人気の抱っこ紐、エルゴベビーがおすすめ

エルゴベビー(Ergobaby) 抱っこひも 前向き おんぶ 装着簡単 360/ダスティブルー スリーシックスティ 【日本正規品保証付】 CREGBC360ABLU

製品名 エルゴベビーキャリア「オムニ スリーシックスティ」
価格(税込) 28,080円
対象月齢 0〜36ヶ月(3.2〜15kg)
サイズ 腰回り約132cmまで

抱っこ紐で有名なエルゴは、ハワイで生まれたブランドです。

「オムニ スリーシックスティ」は、対面抱き・前向き抱き・おんぶ・腰抱きの4通りの使い方ができます。

幅広の腰バンドのおかげで、腰への負担を軽減するだけでなく、赤ちゃんの安定感も増します。
頑丈なつくりなので、自転車でのおんぶにも最適といえるでしょう。

ルールを守って、安全運転でお出かけしよう!


抱っこ紐での自転車の運転についてまとめました。

子どもの幼稚園や保育園の送り迎え、買い物など、子育て中のママにとって、自転車が活躍する場面は多いです。

 

自転車は便利ですが、ときには危険をともなうこともあるため、大切な赤ちゃんを乗せるときには、最大限の注意を払って、規則に沿った安全走行を心がけましょう。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...