バスチェアはいつからいつまで使える?オススメ10選と人気の理由

お風呂場で赤ちゃんを寝かせたり座らせたりできるバスチェアは、持っているととても便利なアイテムです。

ママ・パパの「赤ちゃんの体を支えながら片手で洗うのは不安」、「自分が髪や体を洗っている間、赤ちゃんをどうしたらいいの?」という悩みを解消します。

今回はそんなバスチェアについて、使い始める時期や、選び方、オススメ人気ランキングを調査しました。
バスチェアの購入を迷っている人は、ぜひ、参考にしてくださいね。

バスチェアは必要?


バスチェアは浴室で、赤ちゃんを寝かせたり座らせて、体を洗うときに使用します。

赤ちゃんの身体を支える必要がないので、ママやパパの両手が空き、しっかり洗ってあげられます。

商品によって、赤ちゃんがバスチェアを使いはじめられる月齢は、下記のように様々です。

  • 生まれてすぐの赤ちゃんから使えるもの
  • 首がすわってから使えるもの
  • 腰がすわってから使えるもの

家族のライフスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。

ママが体を洗うときに便利

ママがお風呂に入っている間、パパやおじいちゃんおばあちゃんなど、子どもを見てくれる人がいればよいですが、ほかに誰もおらず、ママ一人で子どもとお風呂に入るしかない家庭は多いでしょう。

そんな場合、自分の体を洗っている間、子どもをどうしたらいいか悩みますよね。

バスチェアは、そんな頑張るママの強い味方です。

ママが体を洗っている間、バスチェアに子どもを座らせておけば、床が濡れて滑りやすいお風呂でも安全でしょう。

また赤ちゃんをずっと抱いて腱鞘炎になることや、シャワーなどで目が届かないあいだに赤ちゃんがどこかへ行ってしまう、なんてことも防げます。

おもちゃがついていて、子どもがご機嫌で過ごせるような商品もありますよ。

歳のちかい兄弟がいるときや双子の入浴に便利

一人の子どもの世話をするため、もう一人の子に待っていてもらう場面でも、バスチェアは大活躍します。

子どもはなかなかじっとしていてくれないので、二人の子どもと一緒にお風呂に入るのは大変です。

バスチェアに一人を座らせているあいだに、もう一人のお世話を終わらせましょう。

バスチェアの選び方


バスチェアを購入するときに、押さえておきたいポイントを紹介します。

買ってから後悔しないよう、確認しておきましょう。

ポイント1:使い始める時期は?

  • 首がすわっておらず、片手で支えて、片手で赤ちゃんを洗うのが難しい
  • ママの手で成長した赤ちゃんを支えるのが、重くてしんどい
  • はいはいがてきるようになって、じっとしていてくれない

上記のような悩みがあり、お風呂に入るのが大変だと感じたら、バスチェアを検討するとよいでしょう。

バスチェアには大きく分けて、下記の2種類があります。

  1. リクライニングできる新生児や首がすわる前の1、2ヶ月から使えるタイプ
  2. 腰がすわってから使える座るタイプ

なかには24ヶ月までと、長く使える商品もあります。

いつからいつまで使えるかチェックして、赤ちゃんの月齢に合った商品を選んでください。

ちなみに生後1ヶ月を過ぎ医師の許可がおりるまでは、免疫力が弱く感染症の心配があるため、大人と一緒にお風呂に入ることができません。

医師の許可がでるまでは、ベビーバスなどを利用してください。

ポイント2:浴室の大きさを考える

浴室の広さによっては、バスチェアが入らなかったり、広さに余裕がなく赤ちゃんの体が洗いにくい場合があります。

購入前に、浴室のサイズバスチェアのサイズを確認しましょう。

オススメのバスチェア10選


オススメのバスチェアを厳選し、ランキング形式で紹介します。

順位づけしていますが、どれも優秀な商品ばかりです。

ぜひ、ご家庭のライフスタイルに合った商品探しの参考にしてください。

第1位 リッチェルRichell「バスチェアマットつきR」

リッチェル Richell バスチェア マット付R 2カ月頃~24カ月頃まで

金額(税抜) 5,000円(メーカー希望価格)
対象月齢 2ヶ月から24ヶ月

首座り前から使えるバスチェアです。

赤ちゃんの耳に水が入りにくいよう、マットに排水穴がついているのが特徴です。

成長に合わせて165°、135°、115°と3段階にリクライニングできるので、長く使いたいママにもオススメですよ。

やわらかいマットが採用されており、赤ちゃんの腰や背中がひやっとするのを和らげます。

まわるガラガラおもちゃ付きで、赤ちゃんはご機嫌ですごすことができるでしょう。

第2位 日本育児「ソフトバスチェア」

日本育児 入浴補助具 ソフトバスチェア スプラッシュ 新生児~11kg対象 お子様をやさしくお風呂に入れるためのバスチェア

金額(税抜) 3,800円(メーカー希望価格)
対象月齢 新生児から体重11kgまで

座面がメッシュ素材でできているのでやわらかく、赤ちゃんの体を包み込むのが特徴のバスチェアです。

メッシュカバーが洗濯機で洗えるので、お手入れが簡単で清潔に保てるのが、うれしいですね。

3段階のリクライニング機能付きです。
デザインはスプラッシュとデイジーの2種類あります。

第3位 アップリカ「はじめてのお風呂から使えるバスチェア」

Aprica (アップリカ) バスチェア はじめてのお風呂から使えるバスチェア YE 91593 【パーツ取り外し可&やわらかマット付き】

金額(税抜) 5,000円(メーカー希望価格)
対象月齢 はじめてのお風呂から24ヶ月


「ちゃんと洗えているか不安」
「赤ちゃんを落としてしまったらどうしよう」

そんな心配事を解消してくれる、はじめてのお風呂から使えるバスチェアです。

110°、150°、165°と3段階のリクライニングがついており、月齢やシャワーに合わせて調整できるので、成長しても使いやすいです。

ソフトバスマットが、固さ・冷たさをやわらげるので、安心ですね。

たたむとコンパクトになり、マットと背もたれ、ガード部分は外して洗うことができるので、収納もしやすいです。

フロントガードにはシンプルながら、赤ちゃんに人気があるくるくるトイがついています。

第4位 リッチェル「ひんやりしないおふろチェアR」

リッチェル Richell ひんやりしないおふろチェアR 6カ月~2才頃まで

金額(税抜) 3,5000円(メーカー希望価格)
対象月齢 6ヶ月から24ヶ月

赤ちゃんの冷えが心配なママにオススメなのが、このバスチェアです。

断熱効果が高い特殊な発砲ポリプロピレンでできているので、赤ちゃんに冷たい思いをさせません。

お湯をはればさらにあたたかく、赤ちゃんも快適に過ごせますよ。

軽く水はけのよい素材でできており、口コミでもお手入れしやすいと好評です。

第5位 リッチェル「ふかふかベビーチェアR」

リッチェル Richell ふかふかベビーチェアR グリーン 7カ月~2才頃まで

金額(税抜) 2,500円(メーカー希望価格)
対象月齢 7ヶ月~2歳ごろまで

やわらかい座り心地のリッチェルのバスチェアは、お部屋でもお風呂でも使えます。

エアポンプ内蔵で、空気入れもラクです。
さらに赤ちゃんが前に倒れないよう、重心が低い構造で作られています。

干しやすいようにひっかけ穴がついていたり、赤ちゃんを下ろすときにチェアがついてこないよう足で踏むストッパーがついているなど、ママが日々使いやすいような工夫が多いのも高ポイントです。

第6位 アガツマ「アンパンマン コンパクトおふろチェア」

アガツマ アンパンマン コンパクトおふろチェア

金額(税抜) 5,500円(メーカー希望価格)
対象月齢 2ヶ月から24ヶ月

アガツマのコンパクトおふろチェアには、赤ちゃんが大好きなアンパンマンがついています。

また手遊びや音が楽しめるおもちゃもあるので、お風呂が苦手な子もご機嫌で過ごせるでしょう。

およそ110°、135°、165°と3段階のリクライニングができます。

タオル取りつけパーツがついており、固さやひんやり感が気になるときは、簡単にお家のタオルをしいてあげられますよ。

タオルなら洗濯機で簡単に洗えるので、カビや汚れの心配もありません。
たたむとコンパクトになり、自立します。

第7位 アガツマ「アンパンマンおふろでもおへやでも使えるやわらかチェアー」

アンパンマン おふろでもおへやでも使える やわらかチェアー

金額(税抜) 2,800円(メーカー希望価格)
対象月齢 7ヶ月から24ヶ月

アンパンマンのキャラクターが、にぎやかに描かれているアイテムです。

風呂椅子としてはもちろん、お部屋でも使えます。
本体にポンプが内蔵されているので、膨らませる苦労がなく、空気圧の管理もラクラクです。

空気を抜けば小さくなるので、帰省や旅行などの持ち運びにも向いています。

第8位 シンセーインターナショナル 「バスベッドドーナツ」

シンセーインターナショナル 折りたたみバスベッド 赤ちゃんのバスタイムをやさしくサポート

金額(税抜) 2,500円(メーカー希望価格)
対象月齢 0ヶ月からひとりでお座りができるまで

赤ちゃんの頭をドーナツ型の枕が守るバスベッドです。

やわらかいサポートベルトが赤ちゃんをしっかり支えます。
水はけがよく乾きやすいメッシュ生地でできているので、お手入れも簡単そうですね。

第9位 永和「ふんわりバスチェア」

永和 ふんわりバスチェア お風呂でお部屋で大活躍のふんわりバスチェア

金額(税抜) 2,480円(参考価格)
対象月齢 7ヶ月から2歳ごろまで

空気を入れるタイプの、やわらかくふんわりとしたバスチェアです。

底に水抜き穴がついているので、水がたまらず乾かしやすいのがポイントです。

壁にかけて収納できるよう、フック穴もついています。
空気ポンプも内蔵されていますよ。

第10位 リッチェル「ミッフィーワン・ツーバス」

リッチェル Richell ミッフィー ワン・ツーバス 新生児~3カ月頃まで

金額(税抜) 3,600円(メーカー希望価格)
対象月齢 新生児から3ヶ月頃まで

ベビーバスとしてもバスチェアとしても使える商品です。

新生児から1ヶ月までは沐浴用のベビーバスとして、沐浴を卒業したら3ヶ月までバスチェアとして使えます。

シンクでも使える、コンパクトサイズが重宝するでしょう。

クッション付きの2段階にリクライニングができるヘッドレストが、赤ちゃんの頭を優しくサポートします。

正しい使い方は?


バスチェアを使うときの注意点を紹介します。
正しく使って、楽しく安全に入浴しましょう。

バスチェアの洗い方

お風呂場は水気や湿気が多く、カビが生えやすい環境です。
バスチェアにカビを生やさないためには、よく乾かすことが大切です。

また使ったまま置いておくと、石鹸カスや水垢がスキマにたまってしまいます。

バスチェアは、赤ちゃんの肌に触れるものなので、お風呂に入った後はお湯で泡をきれいに流し、必要に応じてスポンジで磨きましょう。

バスチェアを洗ったあとは、しっかり乾かして清潔に保ってくださいね。

目は離さないで

バスチェアを使うと、安心してつい赤ちゃんから目を離してしまいがちです。
でも赤ちゃんは大人が予想を上回る行動をするので、気を抜くと危険な結果をもたらしかねません。

また動けない赤ちゃんでも、滑るお風呂場でバスチェアからずり下がってくることもあるようです。

そのため便利だからといって長時間乗せっぱなしにせず、こまめに気にしてあげてください。

嫌がったらムリに乗せない

バスチェアに乗るのを嫌がる子も、中にはいるようです。
もし嫌がるようであれば、危険なのでムリに乗せるのはやめましょう。

服を着たままお部屋で慣らしたり、成長して月齢が上がると、大人しくバスチェアに乗ってくれるようになることもあります。

「せっかく買ったのに」と感じるかもしれませんが、赤ちゃんのペースに合わせてあげてくださいね。

バスチェアを使ってお風呂タイムをより楽にしよう


バスチェアはお風呂場で赤ちゃんを寝かせたり座らせることができ、親の両手が空くので両手でしっかり体を洗ってあげられます。

またママが体を洗っているときなど、体を支えてあげられない場面でも大活躍です。

赤ちゃんのお世話は昼夜問わずやることが多くて、大変なことも多いでしょう。

育児を楽にする便利なアイテムを活用して、お風呂タイムを快適に過ごしてはいかがでしょうか。


注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク