正産期はいつからいつまで?正期産との違いは?どう過ごせばいい?

妊娠後期に入り、出産の時期が近づくと「正産期」という言葉をよく耳にします。

正しい、産む、期間。

漢字でなんとなくイメージできるけれど、とてもまぎらわしい「正期産」という言葉もあり混乱してしまいます。

「臨月」と同じでは?と思ってしまうことも…。

この記事では「正産期」「正期産」「臨月」の違いをわかりやすく解説!

さらに正産期の赤ちゃんの様子と、ママのからだに起こる変化オススメの過ごし方気をつけるポイントについてご紹介します。

正産期・正期産・臨月の違いって?早産や過期妊娠の時期はいつ?


妊娠中は、その時期ごとにさまざまな呼び名があります。

とくに妊娠後期は「正産期」「産正期」などよく似た言葉も耳にするため、混乱しがち。

一つひとつ整理していきましょう。

正産期とは

正産期妊娠37週目0日から41週目6日の時期のこと。

この時期は出産するのにもっとも適した時期です。

なぜならこの時期に入った赤ちゃんは体の機能や皮下脂肪が十分発達しているため、いつでも安心してママのお腹から出ることができるから。

正産期は医療用語ではなく、一般的な俗語です。

正期産とは

正期産正産期の時期に出産すること。

つまり妊娠37週0日〜41週6日目のお産のことを指します。

赤ちゃんは妊娠40週目0日にあたる出産予定日に生まれるものと考えがちですが、これはあくまでも予測にすぎません。

出産予定日の前の3週間と、その後の2週間以内のお産であっても正期産です。

出産予定日当日に生まれなくても、正期産で生まれれば発育上の問題はありません。

正期産は正産期とは異なり、医療用語です。

臨月とは

臨月は正産期より前の36週0日~39週6日の期間のこと。

妊娠期間を月数で表すと妊娠10ヶ月のことです。

臨月も正産期と同じく、医療用語ではありません

臨月という期間の中のお産が近い数週間を正産期だと勘違いしてしまうひともいますが、この二つが指す時期は異なります

臨月は赤ちゃんがいつ生まれてもいい期間というわけではありません。

臨月であっても36週0日~36週6日の間に産まれれば「早産」になるため、状況によっては適切な処置が必要です。

早産との分かれ目はいつ…?

早産とは妊娠22週0日~36週6日に出産すること。

早産と正期産との分かれ目は37週0日を迎えられるかどうかにかかっています。

妊娠37週未満での出産は赤ちゃんの身体機能が未熟なため、新生児ICU(集中治療室)での治療が必要となることが多くなります。

出産の時期が37週に近ければ近いほど身体機能が成熟し障害が現れる可能性も低くなるため、早産の兆候がある場合はできるだけ妊娠期間を延ばす処置が必要です。

正産期を過ぎたら…?過期妊娠・過期産とは

正産期を過ぎても陣痛が訪れず、妊娠が継続すること過期妊娠といいます。

そして正産期を過ぎた42週目以降のお産のことを過期産といいます。

過期産にはお腹の赤ちゃんが4000g以上の巨大児になったり、分娩時のクッションとしての役割を果たす羊水の量が減ったり、胎盤の機能が衰えたり…といったリスクも。

経過が順調な場合はそのまま様子を見ることもありますが、正産期を過ぎたらこまめに検診を受けて、赤ちゃんの様子や胎盤の機能を確認することが大切です。

正産期のママのからだに起こる変化


正産期のママの体はどのように変化するのでしょうか。

個人差はありますが、現れやすい変化をご紹介します。

体重が増えやすい

正産期に入ると体重が増えやすくなります。

これは、ママのお腹が大きくなって活動量が減るから。

お産にはかなりの体力が必要ですから、しっかりと栄養のある食事を摂ることは大切ですがあまりにも急激に体重が増えると、脂肪によって産道が狭くなり難産になることも…。

食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。

尿もれしやすい

お腹の赤ちゃんが成長して子宮が大きくなると、子宮が膀胱を圧迫。

尿道を塞ごうとする力に勝ってしまった場合、尿もれしてしまうことがあります。

むくみやすい

下半身の血流が悪くなり、むくみやすくなります。

これは、子宮が大きくなって骨盤を圧迫するから。

お腹が大きくなって衣服の締め付けが強くなることや、冷えからくる血行不良がむくみの原因になることも…。

なるべく締め付けのないゆったりした服装をすることや、からだを冷やさないように意識してくださいね。

胃痛を感じやすい

大きくなった子宮が胃を圧迫して、胃痛を感じることもあります。

胃痛を感じる時には、水分量の多いおかゆや野菜スープなど、胃への負担が少ない食事を心がけましょう。

おりものが変化することも

エストロゲンの分泌量が増えることで、おりものに変化が生じることも。

変化の仕方には個人差があります。
量が多くなったように感じることもあれば、においが強くなったように感じたり、水っぽくなったりゼリー状になったりと状態の変化を感じることもあるでしょう。

おりものに赤やピンク色の血が混じっている場合は、おしるしの可能性もあります。

おしるしがあってから数日から一週間で陣痛がくることが多く、おしるしはまさにもうすぐ赤ちゃんに会えるサイン

いつでも病院に行けるように入院準備を整えたり交通機関の確認をしたり、準備を整えておきましょう。

生理痛のような鈍い痛みが…これって前駆陣痛?

正産期にはお腹や腰に鈍い生理痛のような痛みを感じたり、赤ちゃんがお腹の下を蹴っているような痛みを感じることも。

これは前駆陣痛かもしれません。

前駆陣痛とは妊娠36~40週頃の臨月に入ってから起こる子宮収縮のことで、別名「偽陣痛」なんて言われているんですよ。

前駆陣痛は痛みを感じる感覚が不規則で、本陣痛は規則的だという点が決定的に異なります。

また前駆陣痛の痛みは本陣痛に比べると弱く、どんどん痛みが増すということもありません。すべての妊婦さんに前駆陣痛があるわけではなく、痛みの感じ方も人それぞれです。

臨月に入ってからお腹に痛みを感じたら、まずは間隔を測ってみるといいでしょう。

前駆陣痛はもうすぐ赤ちゃんに会えるというサインですが、前駆陣痛が起こってから出産までの時間は個人差があるということは知っておきましょうね。

  

正産期の赤ちゃんの様子


正産期は出産するのにもっとも適した時期だというけれど、この時期の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか。

身体の機能はほぼ完成している

正産期に入った赤ちゃんは体の機能はもうほとんど完成し、いつ生まれても大丈夫な状態。

見た目も赤ちゃんらしくぷっくりと脂肪がついてきて、体重はおよそ3000g身長は50㎝ちかくまで成長しています。

ただ赤ちゃんの成長にはかなり個人差があるため、中には37週に入っても2500gに満たない子もいるということも覚えておきましょう。

医師からとくに注意がなければ、体重が軽くても心配しなくても大丈夫ですよ。

生まれてからも自分でしっかり呼吸ができる

この時期までママのお腹で順調に育つことができた赤ちゃんは、いつ生まれても自力で息をすることができます。

妊娠37週には、これまでお腹の中で赤ちゃんの体温調整をしたり、皮膚をまもったりしていた胎脂と言われる白い油のようなものも少しずつ少なくなっているんですよ。

お産にむけて外の世界にでる準備を始める

このころの赤ちゃんは、体の中で一番大きな「頭」を上手にママの体の外に出すために、少しずつママの骨盤のほうに移動しています。

子宮の下の方に赤ちゃんがおりてくるので、胎動が以前よりも少なくなったと感じることもあるでしょう。

正産期にオススメの過ごし方


妊娠生活もラストスパート!

もう少しお腹の赤ちゃんと一緒に過ごしたいような、早く赤ちゃんに会いたいような…。

いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない正産期、どのように過ごすのがよいのでしょうか。

適度に体を動かす

妊娠37週目にもなると、お腹が大きくなり動くのが億劫になりがち。

しかしママが動くことで血流が良くなって、産道も開きやすくなり安産につながるんですよ。

お産の始まりは赤ちゃんのタイミングなのでいくら体を動かしたところですぐに陣痛がくるわけではありませんが、赤ちゃんと一緒にお産の準備をするつもりで適度に体を動かすように心がけましょう。

ゆっくりペースのウォーキングが効果的

この時期の運動にオススメなのが、ウォーキング
1日30分だけでも、ゆっくりと心地よいペースでのお散歩を日課にしてみてはいかがでしょうか。

「赤ちゃんに外の新鮮な空気を届けよう」と思うと楽しく続けられますよ。

ただしお腹が張っていたり、動悸やめまいといった症状がある際のムリは禁物。

自分の体と相談してムリのないペースでおこなってくださいね。

いつお産が始まっても大丈夫なように、母子手帳と携帯電話は必ず常備することも忘れてはいけません。

室内でもできる運動はたくさん

天気が悪い日にはウォーキングには行けませんよね。

いつお産があってもおかしくない時期だからなるべく外出したくない、というママもいるかもしれません。

ウォーキング以外にもお家のなかでできる運動はあります。

たとえば雑巾がけ階段昇降スクワットなど。
どんなことでも意識して体を動かすことが、出産に向けての体力づくりに繋がります。

しっかり寝て体力を温存する

正産期にはいってお腹が大きくなると寝つきが悪くなりがちです。

しかし寝不足が続くと、出産のための体力が温存できません。

眠れなくても、目をつむって横になるだけでも体を休めることができます。

どうしても眠れない場合は湯船にしっかりつかって体を温めるのもオススメですよ。

赤ちゃん連れでは食べにいきづらいお店へ行く

赤ちゃん連れだと、レストランにコース料理を食べに行ったり、ガヤガヤした焼肉屋さんに行くのは難しくなります。

パパと二人っきりでのお食事デートを今のうちに楽しんでおきましょう。

また産後は母乳に影響がでないように生クリームや香辛料などはなかなか食べられなくなります。

赤ちゃんが生まれる前に少しだけ楽しんでおくのもストレス解消になっていいですね。

食べすぎには要注意!

お産が近づくと赤ちゃんが子宮の下の方に下がっていくことで胃がスッキリと感じるようになり、食欲が増すこともあるようです。

急激な体重増加には注意してくださいね。

出産準備品を整える

正産期にはいつお産が始まってもおかしくありません。

いつ、どこでお産が始まっても焦らなくても済むように、入院準備品と産後1ケ月ほどの育児グッズに不足はないか確認しておきましょう。

出産や入院には思った以上にたくさんのグッズが必要。
体調が安定している時期に、少しづつ準備を進めましょうね。

また産後に赤ちゃんと過ごすお家の準備は整っているか、オムツや肌着などのグッズに不足はないかも確認しておくと安心ですね。

産後の家事の最終確認をする

里帰り出産の場合は実家の家族に家事を任せられる場合が多いと思いますが、自宅で過ごす予定の場合は、産後の家事分担についてパパとしっかり話し合っておきましょう。

お仕事をこなしつつ、朝昼晩の3食の食事を用意することは、これまで料理をしたことのないパパにとっては負担が大きすぎるかもしれません。

赤ちゃんが生まれる前から宅配サービスや行政サービスを使うことも視野にいれて調べておくと安心ですね。

上の子がいる場合には、ママが急なお産で入院しても困らないように簡単に食べられる日用品保存食などのストックは十分に用意しておきましょう。

正産期の注意点って?


お産のはじまりは本当にひとそれぞれ。
いつ、どこで、どんなタイミングではじまるかはまったく予想がつきません。

どんなシチュエーションでお産を迎えても大丈夫なように、ママが気をつけるべきポイントはどんなことなのでしょうか。

出かけるときは母子手帳と携帯電話を必ず持ち歩く

いつ赤ちゃんが生まれてきても大丈夫なように、少しの外出でも母子手帳は肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

何かあったときにすぐに家族や病院に連絡できるように、携帯電話も忘れずに持ち歩いてくださいね。

運転は体調のいい日に!シートベルトも忘れずに

正産期に入るとお腹が大きくせり出し足元がよく見えず、アクセルとブレーキの位置が把握しにくく、危険。

デコボコ道を運転するとお腹に振動が伝わり、陣痛が始まることもあります。

運転はなるべく避けるのが安心でしょう。

どうしても生活に車が欠かせない場合は、体調がいい日にのみ運転するようにしましょう。

運転するときだけでなく、車に乗車するときにはお腹の赤ちゃんを守るために必ずシートベルトを着用してくださいね。

電車やバスの利用は空いている時間に

優先席に座ることができればよいのですが、もしも座れなかった場合、たくさんの人にお腹がぶつかってしまします。

なるべく混んでいる時間帯や車両は避けるようにしましょう。

人が多いと流行の風邪に感染してしまうこともあるので、電車やバスに乗る際にはマスクを着用しておくと安心ですね。

指輪ははずしておく

お産が帝王切開になった場合、電気メスを使用します。

金属性の指輪をつけていると通電してしまう危険性があるため、正産期に入ったら外しておきましょう。

ジェルネイルやネイルチップには要注意

お産で緊急手術になった場合、爪に装置を付けて酸素飽和度を測定することがあります。

ネイルチップやジェルネイル、スカルプチュアをしていると、この測定ができなくなってしまいます。
あらかじめネイルサロンで落としておきましょう。

除光液で落とすことのできるマニキュアは大丈夫ですよ。

赤ちゃんに会えるまでもう少し!いつでもお産を迎えられる準備を


正産期に入ると、お産が近づいていることを日々実感しついつい緊張してしまいます。

しかし正産期はお腹の赤ちゃんと一心同体で過ごすことのできる最後の貴重な時間。

はじめての赤ちゃんの場合は、パパと二人っきりで過ごすことができるのも最後です。
産後に後悔することがないように過ごしてくださいね。

待望の赤ちゃんに会えるまで、もう少し。

いつお産を迎えても大丈夫なように準備を整え、リラックスしてその時を待ちましょう。

注目記事

【ママたちが飲み比べ!】産後ダイエットに人気の酵素ドリンク6種!本音で選んだ1位は?

20代~30代のママ5人に、6種類の酵素ドリンクを飲み比べてもらいました。ママたちが本音で選んだ、酵素ドリンク第1位はどれなのか?!座談会の様子とともにご紹介します。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク