赤ちゃんの鼻水はどうすればいい?原因や対処法まとめ

赤ちゃんの鼻の粘膜は敏感で、ちょっとした変化で鼻水が出やすくなっています。

赤ちゃんの鼻水がズルズル出ているのを見るとつらそうで、ママとしてはなんとかしてあげたいと思うもの。

ここでは、赤ちゃんの鼻水の原因や対処方法、自宅でできる鼻水の吸引方法などをまとめてみました。

赤ちゃんは鼻水が出やすい?


赤ちゃんや小さい子どもは、よく鼻水を出しているものです。

大人でも、風邪をひいたり、アレルギーによって鼻水が出るとつらいもの、鼻をかめない赤ちゃんなら、ママが心配になるのも無理はありません。

でも、なぜ赤ちゃんは鼻水が出やすいのでしょう?

鼻水はどうして出るの?

まずは、鼻水がどうして出るのか、その仕組みを見てみましょう。

鼻から吸い込まれた空気は、鼻腔とよばれる鼻の内部で温度を調節、加湿されるとともに、細かいホコリを取り除かれます。

そのために鼻の内部は、いつも粘液が少しずつ分泌されて適度に湿り、鼻の粘膜を保護しているのです。

しかし、鼻腔にカゼなど病原体のウイルスや花粉が侵入すると、それを排除するために大量の粘液が分泌されます。

この粘液が、鼻水です。

鼻水は、鼻腔内の異物を洗い流す洗浄液のような働きをしているのですね。
つまり、鼻水が出るのは、異物から身体を守るために必要な、生体反応のひとつといえるでしょう。

赤ちゃんの鼻水が出やすい理由

赤ちゃんの鼻水が出ていると、かぜなどの病気なのか、花粉かなにかのアレルギーなのかと、心配になるママも多いでしょう。

鼻水の原因となるものには、細菌ウイルスホコリダニ花粉などいろいろなものが考えられます。

でも、赤ちゃんの場合、鼻水の原因は、風邪やアレルギーだけではありません。

一般的に、赤ちゃんはよく鼻水が出るものです。

それは、赤ちゃんの鼻の粘膜がとても敏感で、乾燥や温度差やちょっとしたホコリにも反応してしまうからです。

透明?黄色?鼻水の色と状態をチェックしよう


鼻水の原因によって、対処の方法も変わってきます。

まずは、赤ちゃんの鼻水の状態をよく観察してみてましょう。

チェックするポイントは、赤ちゃんの鼻水の色と粘着度です。

透明でサラサラ

赤ちゃんの鼻水が透明でサラサラしている場合には、乾燥気温の変化が原因のことがよくあります。

季節の変わり目には、透明でサラサラしている鼻水が出やすいのです。

ただし、カゼの引き始めにも、透明でサラサラの鼻水は出ます。

せきや発熱などの症状がないかどうか、しばらく注意して様子を見ましょう。

カゼの引き始めの鼻水の場合、しばらくすると熱が出たり、鼻水がネバネバになってくるなどの変化があります。

透明の鼻水が2週間以上止まらない場合は、アレルギー性鼻炎の可能性もあります。
アレルギー性鼻炎の場合、鼻水に加えて、くしゃみがよく出る、目が潤んでいるなどの症状がよく見られます。

アレルギー性鼻炎には、花粉などの季節性のものと、ダニやハウスダストなど通年性のものがあります。

アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)によって対処方法が変わってきますので、アレルゲンを特定するために病院で検査してもらいましょう。

アレルギーの原因がわかれば、アレルゲンをなるべく排除した環境づくりを心がけることで、鼻炎の症状を少しは抑えることができます。

白くてややネバネバ

カゼの引き始めは透明でサラサラしていた鼻水も、カゼの進行とともに白くて少し粘り気のある鼻水に変化します。

鼻水が白く濁るのは、カゼのウイルスと戦って死んだ白血球の残骸が粘液に混じるためです。

カゼが原因の白い鼻水の場合は、カゼの回復とともに出なくなります。

赤ちゃんの顔色が悪くぐったりしていたり、熱があったり、食欲がなくミルクを飲まなたかったりする場合は、小児科で医師の診療を受けましょう。

黄色や緑でネバネバ

細菌感染を起こしている場合、粘着度の高いネバネバ、ドロドロの黄色や緑色の鼻水が出ます。

黄色や緑色の鼻水の原因は、死んだ白血球が膿となることで色づくのです。

風邪が悪化して副鼻腔炎をおこした場合なども、黄色や緑色の粘り気のある鼻水になります。

鼻水だけでなく、高熱をともなう場合は、インフルエンザかもしれません。

アレルギー性鼻炎の鼻水は、通常は透明でサラサラとしていますが、この状態が長引くと細菌感染してしまうことがあります。
また、黄色いドロドロの鼻水になるケースもでてきます。

いずれにしても細菌に感染していることにかわりなく、治療には、抗生物質などの薬物療法が必要となるでしょう。

黄色や緑色の鼻水をそのままにしておくと、さまざまな合併症をひきおこす可能性があります。

悪化する前に、早めに医療機関で相談しましょう。

赤ちゃんの鼻水は吸引した方がいい?


鼻水が出るのは、細菌や異物を体の外へ流しだそうという、体を守るために必要な生体反応です。

鼻水には、細菌やウイルス、外からの異物が混じっているので、鼻水がたまっている状態は、赤ちゃんにとって好ましくありません。

また、鼻がつまっていると、呼吸しにくくなり赤ちゃんの眠りが浅くなってしまうこともあります。
鼻水は体の外に排出してあげるべきです。

しかし、赤ちゃんは自分で鼻をかむことができません。

お母さんや周りの人が鼻水を吸引してあげましょう。

鼻水から中耳炎になることも!

鼻と耳は奥の方でつながっています。
そのため、鼻水から細菌に感染し、中耳炎をおこしやすいのです。

赤ちゃんは言葉をしゃべれないので、耳が痛くても、ママやパパに伝えることができません。
鼻詰まりが長期化している、ずっとぐずぐずと機嫌が悪い、耳のあたりに手を持って行こうとしているようなときは、中耳炎をひきおこしている可能性があります。

赤ちゃんの鼻水が何日もズルズルしていたり、つまったままになっていると中耳炎をはじめとするさまざまな感染症のリスクが高まりますので、赤ちゃんの鼻水はこまめに吸引してあげましょう。

赤ちゃんの鼻水の吸引方法


赤ちゃんの鼻水がひどい場合、病院に行けば、赤ちゃんの鼻水を吸引してくれます。

耳鼻科には、鼻水吸引の専用機器があるので、それを使うと鼻の奥にたまっている鼻水まで安全に取ることができます。

とはいえ、赤ちゃんの鼻水が出るたびに病院でとってもらうのは、現実的ではありません。

赤ちゃんの鼻水の吸引は、おうちで簡単にできる方法もあります。

自宅でもこまめに赤ちゃんの鼻水を吸引してあげ、それでも対処できない場合は、病院で吸引してもらいましょう。

口で吸引?

昔は、ママが口を使って、直接赤ちゃんの鼻水を吸い出していました。

吸い方は簡単で、赤ちゃんの片方の鼻の穴を指でふさぎ、もう片方の鼻の穴に口をつけて鼻水を吸い出します。

なんの道具もいらず、簡単にできる方法ですが、鼻水を吸うことで、大人が細菌やウイルスに感染するリスクがあります。

ほかに手段がない緊急の場合以外には、おすすめできません。

やむをえず口で吸引した場合には、よくうがいしておきましょう。

くしゃみをさせる

赤ちゃんの鼻をこより状のものでくすぐって、くしゃみをさせることで、鼻水を出させるという方法もありますが、あまり確実ではありません。
くしゃみをなかなかしてくれなかったり、くしゃみをしても鼻水が全部出るわけではないからです。

ティッシュで拭き取る

サラサラの鼻水が鼻の下にたまっているような場合は、ティッシュやガーゼあるいは綿棒を使って優しく拭き取ってあげましょう。

ただし、この方法では、中にたまっている鼻水を吸い出すことはできません。

鼻の奥にたまっている鼻水を吸い出すには、市販の鼻水吸引器を使うのが便利で効果的です。

市販の鼻水吸引器を使う

一番手軽で安全な方法は、市販の鼻水吸引器を使うことです。

最近は、赤ちゃん用の鼻水吸引器もさまざまな種類が販売されています。

生後すぐに使えるタイプの商品も多く出ています。
値段や安全性、使いやすさによって、適したものを選びましょう。

スポイトタイプ

ピジョン ドクター ハナ吸器

もっとも安価で、コンパクトなのがスポイトタイプのもの。

どこでも使えるので、持ち運び用には便利です。

ただ、吸引力はあまり強くないので、鼻水が多いと何回も吸引しなければなりません。

また、最初は使い方のコツを掴むのに少し時間がかかるかもしれません。

ストロータイプ

丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器

口で吸うタイプの鼻水吸引器。

値段もお手頃で、扱いも簡単です。

口で吸うといっても、口を直接鼻の穴にあてるわけではありません。

赤ちゃんの鼻にノズルをあて、ストローのような管をママが口でくわえて吸い上げる仕組み。

吸った鼻水は、ノズルと管の間にある容器にたまるようになっています。
吸う力で吸引力を調整できます。

電動タイプ

【ロングノズル付】鼻水吸引器 メルシーポット S-502 吸引マニュアル/小オリーブ2個付属 【ご希望者様に1年間の無料育児相談サービス】

鼻の奥の鼻水まで吸い上げられるのは電動式のもの。

最近では、新生児でも使える機種もあります。

耳鼻科で吸引してもらうほどではないにしても、上記のふたつに比べると、格段に鼻水を吸い上げることができます。

ただし、コンセントが必要で場所をとるタイプのものが多いので、持ち運びには向きません。

また、3つの中ではもっとも価格が高いので、アレルギー性鼻炎の赤ちゃんなど、使う頻度が高い場合におすすめです。

赤ちゃんの鼻詰まり対策


大人でもつらい鼻詰まり。
赤ちゃんの鼻が少しでも楽になるように、親や周りの人が気をつけてあげたいものです。

縦に抱いてあげる

鼻水がズルズル出ているときや、鼻が詰まっているときには、横になると余計に症状がひどく、つらくなります。

そんなときは、しばらく縦抱きをしてあげましょう。

鼻を温める

鼻を温めることで鼻詰まりは多少解消されます。
体温より少し温かい程度の蒸しタオルで赤ちゃんの鼻を温めてから吸引すると、鼻水がスムーズに取れます。

また、お風呂上がりも鼻の通りがよくなっていますので、吸引するタイミングとしてはおすすめです。
ただ、風邪で鼻水が出ているような時はお風呂に入るのは控えましょう。

乾燥を防ぐ

乾燥した空気も赤ちゃんの鼻にとっては刺激になります。

加湿器などを使うことで、お部屋の湿度を適度に保つことは、赤ちゃんの鼻水、鼻詰まり予防に役立ちます。

赤ちゃんの鼻水はこまめにケアを


赤ちゃんの鼻水がズルズルと出ているときや、鼻がつまって息苦しそうなときは、鼻水を吸い出してあげましょう。

最近は、さまざまな鼻水吸引器が販売されていますので、ご自分の使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ただ、鼻水があまりにも長く続く場合、黄色や緑色の鼻水が出ている場合は、病院で相談した方が安心です。

たかが鼻水と思っていると、思わぬ合併症をひきおこすこともあります。

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができません。

周りの大人が、よく注意して、適切にケアしてあげることが大切です。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク