【生後2ヶ月】赤ちゃんの成長や生活リズムは?過ごし方も紹介

生後2ヶ月をむかえると、赤ちゃんのいる生活にも慣れてくるころでしょう。

とはいえ生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話は、まだまだ手探り状態のママが多いです。

「うちの子は正常に育ってる?」、「予防接種はいつ受けたらいいの?」、「うまく授乳できているか不安」など、悩みはさまざまでしょう。

今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんに関する、身体の変化や、心の発達、お出かけ、予防接種についてなど、ママの“気になる”を、解消します。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について


生後2ヶ月をすぎると、「あっあっ」や「あう~」のような意味のない言葉(喃語)を話す赤ちゃんもふえてきます。

生後まもないころと比較すると、授乳ペースが一定になり、母乳を上手に吸えるようになるので、個人差はあるものの、体重の増加により体つきがしっかりとしてくる子もいます。

ここでは生後2ヶ月の赤ちゃんの平均身長・体重のほか、睡眠時間授乳量など、赤ちゃんの成長について紹介しましょう。

身長や体重はどれくらいになる?

厚生労働省が平成22年に実施した「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」の調査結果では、生後2ヶ月の時点で身長・体重ともに男の子・女の子で差はほとんどないようです。

身長 体重
男の子 54.5~63.2cm 4.41~7.18kg
女の子 53.3~61.7cm 4.19~6.67kg

赤ちゃんの身長・体重の平均は、母子手帳にも記載のある厚生労働省の発育曲線グラフを目安に、グラフの枠を大幅に超過していないかといった点を乳幼児検診で確認しましょう。

この発育曲線の枠に準じていないことで不安に思うママもいるようですが、発育曲線はあくまでも目安の数字なので、赤ちゃんが元気に育っていればとくに問題のない場合が多いです。

ただし枠内に収まらない(過少・過剰)成長が心配な場合には、かかりつけの小児科医に相談するといいでしょう。

どれくらい寝るようになる?

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、体重や身長の成長と同様に個人差はあるものの、1日に約14時間~16時間眠るようになります。

このころは睡眠リズムが、「昼夜で逆転している」、「一回に眠る時間が少なく小刻みにしか寝てくれない」など悩みがでる時期です。

ママやパパも寝不足がちになり、大変な時期ですが、ここは辛抱強く、朝はカーテンを開けて朝日を浴びせてあげて、夜は早めに消灯するなど工夫しながら生活リズムをつけていきましょう。

参照:秋山こどもクリニック「睡眠(赤ちゃんの昼、夜の逆転)」

授乳量や回数はどうなる?

体の成長も著しく、日々大きく育つ赤ちゃんですが、気になるのは成長に必要な授乳量や回数(授乳間隔)でしょう。

ここでは、母乳育児・混合育児・ミルク育児それぞれの授乳法の平均的な授乳量および回数を紹介します。

母乳育児の場合

赤ちゃんの生活リズムにより、昼夜での授乳回数は異なりますが、起きているときの授乳ペースとしては2~3時間に1回、授乳量は1回につき10~15分程度を目安にしましょう。

夜間にしっかり睡眠ペースがついている赤ちゃんの場合は、上記の授乳ペースの限りではなく、ムリに起こそうとせず赤ちゃんが泣き始めた時点で授乳するなど、ママの睡眠も確保できるよう工夫することが大切です。

混合育児の場合

「将来的に保育園に入園させるため、ミルク育児に切り替えたい」、または「母乳育児に切り替えたい」など、状況に応じて母乳・ミルクそれぞれの授乳量や回数は異なります。

ミルク育児に切り替えたいという場合には

  • 母乳を飲ませた後に母乳量によってミルクの量を調整する
  • 最初からミルクのみを与える

といった方法がとられますが、1回に与えるミルクの量は、ミルクのみの場合、、約120~160mlが目安です。

母乳メインでミルクは補助的に与えるという場合には、母乳を与えても赤ちゃんがすぐグズるようであれば、赤ちゃんの様子を見ながらミルクを与えましょう。

ミルク育児の場合

ミルク育児の場合、1回の授乳量の目安は約120~160mlで、回数は1日7~9回を目安とします。

ただし赤ちゃんによっては、目安量よりも少ない量を、頻繁に飲むこともあるので、上記の限りではありません。

また成長差によって授乳量や授乳回数も変化していくので、あまりにもミルクや母乳を嫌がり元気がないようであれば、かかりつけの小児科医に相談するようにしましょう。

排泄について

生後2ヶ月をすぎると腸が発達し、うんちの回数も1日4~5回程度になってきます。

ただしこれも赤ちゃんの授乳の状況や成長の状況によっても変化してきますので、何日もうんちが出ないなど便秘の症状がない限りは、過剰に心配する必要はありません。

うんちが出ず、お腹が張っていて赤ちゃんの機嫌が悪い場合には、マッサージをしたり、綿棒浣腸をしてあげるなどして便秘を解消してあげましょう。

このころのうんちの形状は、生後1ヶ月の頃とあまり大差なく、水っぽい軟便のような形状をしています。

うんちの中に白っぽい異物が混ざることがありますが、これは赤ちゃんが飲んだ母乳やミルクの脂肪分が、消化しきれずに排出されたものなので心配する必要はありません。

また緑色のうんちについても、腸の粘液が排出されたものなので、心配はないようです。

ただしうんちが赤黒かったり鮮血が混ざっているような場合は、腸が傷ついて出血している可能性もあるので、おむつをポリ袋などに保管して、かかりつけの小児科医に見てもらうことをオススメします。

生後2ヶ月の発達・特徴


新生児期と比較すると、顔つきもしっかりして、個性も出てくる時期に入った生後2ヶ月目の赤ちゃんについて、成長の過程の目安を紹介しましょう。

首がすわりはじめる

厚生労働省の調査によると、生後2ヶ月の赤ちゃんで首がすわりはじめるのは全体の11.7%程度と、少ないようです。

生後3~4ヶ月ごろから全体の63%が首が座りはじめ、生後4~5ヶ月になると93.8%の赤ちゃんが、首がすわりはじめます。

2ヶ月ごろか首がすわりはじめるのは、成長の早い子なので、この時期に首がすわっていないからといって、慌てる必要はありません。

ママやパパがわかるようになる

生後2ヶ月の赤ちゃんにみられるママへのコミュニケーション方法として、喃語を話したり、笑いかけたりといったことがあげられます。

赤ちゃんとのコミュニケーションを深めるためにも、積極的に赤ちゃんと触れ合う機会をもつようにしましょう。

参照:厚生労働省「お母さんと子どものコミュニケーションのために」「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後2ヶ月の予防接種や検診は?


乳幼児期は、病気になると重症化しやすいため、さまざまな予防接種が推奨されています。
ここでは、予防接種や検診について紹介します。

予防接種・任意接種の種類と回数

乳幼児検診や任意で必要となる赤ちゃんの予防接種ですが、生後2ヶ月の頃に必要な予防接種は以下の通りです。

定期接種 回数 1回目摂取開始時期
Hib(ヒブ) 3回+追加 生後2ヶ月~生後60日まで
小児用肺炎球菌 3回+追加 生後2ヶ月~生後60日まで
B型肝炎 3回 1歳に至るまで
BCG 1回 1歳に至るまで

また任意の予防接種は以下のとおりです。

任意接種 回数 1回目摂取開始時期
ロタウイルス(1価) 2回 生後3ヶ月ごろまで
ロタウイルス(5価) 3回 生後3ヶ月ごろまで

予防接種、任意接種ともに受けられる時期が定まっているため、計画的にかかりつけの小児科で受診するようスケジューリングしておきましょう。

赤ちゃんの負担をなるべく減らすためにも、同時接種はなるべく控えるといいですね。

参照:日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」

生後2ヶ月検診の注意点

母子健康法において乳幼児健康診査で必ず受診しなければならない月齢は1歳6ヶ月・3歳と定めており、それ以外の月齢に対しては各自治体が必要に応じておこなっています。

受診内容についても、各自治体によって項目が異なるため、自治体から配布された母子健康手帳で内容を確認するか、事前の通知で確認するといいでしょう。

生後2ヶ月で乳幼児健診をうける場合、集団検診であることが多いので、まだ免疫力のない赤ちゃんの体調を考慮して、おくるみや着替えを十分に用意し、ミルク・哺乳瓶・オムツ・おしりふきなど万全にしておくと安心です。

また健診時に医師に確認しておきたいことについては、事前にメモなどにまとめておくといいでしょう。

生後2ヶ月のお世話のポイント


手足をバタバタさせたり、喃語を話したりはするものの、まだまだ首がすわりはじめたばかりの赤ちゃん。

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントを紹介します。

生後2ヶ月の赤ちゃんをお風呂にいれる方法は?

生後1ヶ月までは沐浴をしていた赤ちゃんも、生後2ヶ月をむかえるといよいよ、ママやパパと一緒に入浴することができるようになります。

ママ1人でお風呂に入れる場合は、ママが体を洗うあいだに赤ちゃんを座らせておくバスチェアや、赤ちゃんを入浴させた後脱衣所で座らせておくバウンサーなどを準備しておくと便利です。

また入浴する際には、事前にベビーソープ・ガーゼ・バスタオル・オムツ・着替えなど入浴~着替えまで必要なものを準備しておくと、慌てずにすみますよ。

実際にお風呂に入れるときのポイントは、以下のとおりです。

  • 首をしっかりと支えるようにすること
  • お湯の温度はぬるめの37~38にしておく
  • 先にお湯で濡らして軽く絞ったガーゼで顔や耳周りを拭いておく
  • 顔を拭いた後に体を洗う

これらのポイントに気をつけると、赤ちゃんがのぼせることなく、スムーズに入浴を済ませることができます。

固まって綿棒でもとれない鼻水も、入浴中にふやかして、着替えが終わってから綿棒で取り除くと鼻の粘膜を傷めず、赤ちゃんも嫌がることが少ないです。

生後2ヶ月の赤ちゃんは、どんな抱き方ができる?

生後2ヶ月の赤ちゃんは、まだ首のすわっていない、または首のすわりはじめたばかりなので、赤ちゃんの首に負担がかからないように気をつける必要があります。

横抱きの場合、しっかりと首を支え自分の胸に引き寄せるように抱っこし、激しくゆさぶるようなことのないように気をつけましょう。

抱っこ紐を使う場合には、スリングタイプのものでママの子宮の中に近い状態で、横抱きにできるものがオススメです。

縦抱きにする場合には、赤ちゃんの首がぐらぐらしないように、自分の鎖骨の部分に引き寄せるように、赤ちゃんの頭をそっと密着させて頭を支えましょう。

お出かけするときに気をつけたいこと

生後2ヶ月になると、近所へのお散歩や買い物など、必要に応じて外出する機会が増えます。

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんにとって、人ごみの多い公共の場所は刺激が強く、リスクが大きいため、買い物をする際には、人が多く入るような時間帯や店舗を避けて出かけることをオススメします。

お出かけする際には、以下の物を持った方が良いでしょう。

  • ベビーカーや抱っこ紐
  • 着替え
  • オムツ
  • おしりふき
  • ガーゼ数枚
  • ポリ袋
  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 調乳用のお湯を入れた水筒
  • ベビー用の日焼け止め

おっぱいを飲ませる場合には、授乳用ポンチョなども準備しておくと安心です。

服装はどういうものがいい?

生まれた時期により服装もさまざまですが、基本的に必要なアイテムとしてあげられるのが、肌着とその上に着るウェア類です。

そのなかでも時期ごとに必要なアイテムや枚数を紹介します。

春・秋

春・秋に生後2ヶ月を迎える赤ちゃんは、朝晩の冷え込みにとくに注意して、肌着で体温調節できるようにしておくといいでしょう。

この時期に必要なアイテムとしては、

  • 短肌着と長肌着を1~2枚
  • コンビ肌着を4~5枚
  • ツーウェイオール3~4枚

を準備しておくと、室内では短肌着または長肌着とオムツだけでも動きやすく、十分に過ごせる室内温度であればこの枚数で対応できます。

朝晩の冷え込みには、コンビ肌着ツーウェイオールで対応できますよ。
とくに冷え込みが厳しいという場合には、おくるみや薄い毛布などを併用すると便利です。

夏に生後2ヶ月を迎える赤ちゃんは、汗疹などができるリスクが大きいため、頻繁な汗の拭きとりや、着替えが必要です。

準備しておきたいアイテムは、

  • 短肌着5~6枚
  • コンビ肌着4~5枚
  • ツーウェイオール2~3枚程度

を準備しておくと、洗い替えの心配もありません。

室内でエアコンを使用する場合には、赤ちゃんに直接エアコンの風が当たらないように注意しましょう。
肌着とオムツだけで、室内に寝かせるときにはタオルケットをお腹にかけてあげると安心です。

冬に生後2ヶ月をむかえる赤ちゃんは、着こませ過ぎたり、暖房の影響による汗疹ができる可能性があります。

汗疹のリスクを回避するためにも、厚手のウェアを1枚だけで着るのではなく、肌着とツーウェイオールなどを組み合わせて、室内温度または外気の温度に応じて、調節できる服装を心掛けるといいでしょう。

この時期に準備しておきたいアイテムは、

  • 長肌着3~4枚
  • ツーウェイオール4~5枚程度

です。

室内で暖房を使用する場合で、赤ちゃんの肌を触って汗ばんでいるようであれば、短肌着と長肌着を重ね着させるなど、工夫しましょう。

生後2ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、声のする方向に反応を示したり、喃語を話すといった行動をするようになります。

このころになると、顔に近い距離のものであれば、目で追うこともできるようです。

そのためおもちゃを使って遊んだり、「いないいないばあっ!」と言って、ママとパパであやすと反応があるので、両親としても楽しい時期でしょう。

千葉県市川市の小児クリニックでは、サイレントベビーについて取り上げています。

1歳半検診のとき、「2歳まではテレビをつけないようにしましょう」と母子手帳に書くことにしている。そのとき、大抵のお母さんに「エッ、どうしてですか?」と、たずねられます。

~中略~

「静かな赤ちゃん」サイレントベビーが増えていると警告されています。表情が乏しく、あまり笑わず泣くことの少ない赤ちゃん。
 診療所の待合室でさえも、携帯電話でメールをしているお母さんをよくみうけます。
 お母さんの絶え間ない赤ちゃんへの関わりこそが、人として大切な信頼関係と愛着を築いていく大切な時期です。そして、お母さんも赤ちゃんに育てられて、良い正しいお母さんに成長していくのです。
 テレビを消して赤ちゃんとのふれあいを楽しんでください。

引用元:柴田小児クリニック『乳児を持つお母さんへ ~メディアが赤ちゃんにどのように影響する~』

「2歳までなんて長すぎる」と考えるママやパパも、スマホを触るかわりに、10分や20分のわずか時間でも、大切な赤ちゃんと触れ合ってみましょう。

赤ちゃんの情緒を育て、両親ともに笑顔にあふれる生活ができる環境づくりをしてみませんか?

参照:厚生労働省「お母さんと子どものコミュニケーションのために」

生後2ヶ月で注意したいこと


生後2ヶ月ごろから、筋肉の発達により活発に手足をバタバタさせたり、早い子では首がすわりはじめたり、音に反応することもある赤ちゃんですが、成長につれて怪我などの危険性があることを、常に頭に置いておきましょう。

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんを育てるうえで、注意しておきたいことを紹介します。

お部屋遊びのときは、周囲に物を置かない

たとえば首のすわり始めた赤ちゃんは、まだ頭がグラグラして安定せず、周囲の家具などに頭をぶつける可能性もあります。

うつぶせ寝から首のすわの練習をするときには、赤ちゃんの周囲に堅い家具や、赤ちゃんが練習に失敗したときに顔や頭をぶつけて怪我をする危険のあるものは、置かないようにしましょう。

また赤ちゃんの手の届く範囲に、誤飲の危険性のあるものは置かないよう心がけてください。

赤ちゃんはなんでも口に入れて確かめる習性があり、小さなものだと、口に入れて飲み込む可能性があるので、注意が必要です。

うつぶせ寝のデメリットを知る

まだ寝がえりのできない生後2ヶ月の赤ちゃんにとって、うつぶせ寝で寝かせることは、大変なリスクがあります。

なかでももっとも大きなリスクとして、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性があります。
うつぶせ寝は、SIDSの発生原因としてあげられています。

横浜市衛生研究所『乳幼児突然死症候群(SIDS)について』によると、米国・日本・オーストラリアなどで、SIDSの発生を減らす全国キャンペーンを実施し、赤ちゃんにあお向け寝をさせるようしたところ、SIDSの発生が減ったという結果が得られています。

寝がえりの難しい月齢のうちは、とくに赤ちゃんの寝方に注意して、あお向け寝を心掛けるようにしましょう。

生後2ヶ月の行事は?


生後2ヶ月で大きな行事といえば、季節ごとのクリスマスや端午の節句、桃の節句といったものがあります。
しかし生後2ヶ月は、離乳食も始まっていない時期なので、翌年に初節句を回すのが通例のようです。

まだ赤ちゃんの免疫力も弱い状態のため、親戚など大勢を呼んでお祝いするというよりも、家族だけのお祝いとして楽しむ程度に留めておくことをオススメします。

2ヶ月の赤ちゃんは喃語と笑顔が楽しみ


生後2ヶ月の赤ちゃんに表れはじめる喃語や笑顔は、ママやパパにとって何よりの楽しみでしょう。

お腹が空いた・眠たいといった感情も、表情や喃語のトーンで判断できるようになり、意思疎通ができた気がして、育児や仕事疲れも吹き飛びますよ。

日々成長していく赤ちゃんの身体や心の変化と一緒に、ママとパパも楽しみながらこれからの育児に励んでいきましょう。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...