【小児科医監修】「生後2ヶ月」赤ちゃんの成長や生活リズムは?過ごし方も紹介

【小児科医監修】「生後2ヶ月」赤ちゃんの成長や生活リズムは?過ごし方も紹介

生後2ヶ月をむかえると、赤ちゃんのいる生活にも慣れてくるころでしょう。

とはいえ生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話は、まだまだ手探り状態のママ・パパが多いようです。

「赤ちゃんは健康に育ってる?」
「予防接種はいつ受けたらいいの?」
「うまく授乳できているか不安」など、悩みはさまざまでしょう。

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの成長や発達、予防接種についてを説明します。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの平均身長・体重や、睡眠時間・授乳量など、赤ちゃんの成長について紹介します。

身長や体重はどれくらいになる?


生後2ヶ月の赤ちゃんの平均身長と体重は、以下の表を参考にしてください。

男の子 身長:54.5~63.2cm
体重:4.41~7.18kg
女の子 身長:53.3~61.7cm
体重:4.19~6.67kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後2ヶ月では、身長・体重ともに男の子と女の子の差がほとんどないようです。

赤ちゃんの身長・体重の平均は、母子手帳に記載のある厚生労働省の発育曲線グラフを目安に確認しましょう。

発育曲線はあくまでも目安のため、グラフから上回ったり、下回ったりしても、赤ちゃんが元気に育っていればとくに問題ありません。

ただし枠内に収まらない(過少・過剰)成長が心配な場合には、かかりつけの小児科医に相談しましょう。

どれくらい寝るようになる?

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、個人差はあるものの、1日に約14~16時間眠るようになります。

「昼夜で逆転している」
「一回に眠る時間が少なく小刻みにしか寝てくれない」など悩みがでる時期です。

ママやパパも寝不足がちになり、大変な時期かもしれません。

朝は、なるべく決まった時間に朝日を浴びせ、夜は早めに消灯をすると、生活リズムがつきやすくなるでしょう。

授乳量や間隔はどうなる?

生後2ヶ月の赤ちゃんは、母乳やミルクの飲み方が上手になり、量や間隔が安定してくるでしょう。

ここでは、母乳育児・混合育児・ミルク育児それぞれの授乳法の平均的な授乳量と回数を紹介します。

母乳育児の場合

母乳育児の場合は、下記を目安にしてください。

  • 授乳回数:1日に6~8回
  • 授乳間隔:3~4時間おき

あくまで目安のため、赤ちゃんが欲しがったらあげてよいでしょう。

授乳間隔が4~5時間空いても、赤ちゃんがしっかり母乳やミルクを飲めていれば問題ありません。

夜にしっかり眠っている赤ちゃんは、ムリに起こそうとせず、欲しがったら授乳しましょう。

混合育児の場合

「将来的に保育園に入園させるため、ミルク育児に切り替えたい」
「母乳育児に切り替えたい」
など、状況に応じて母乳・ミルクそれぞれの授乳量や回数は異なります。

将来ミルク育児にしたい場合

将来保育園に預けることを見越して、ミルク育児に切り替えたい場合は、下記の方法がとられます。

  • 母乳を哺乳瓶で与えて、哺乳瓶に慣れさせる
  • 最初からミルクのみを与える

ミルクのみを与える場合は、1回につき約120~160mlが目安です。

将来、母乳育児にしたい場合

母乳メインで育てたいため、ミルクは補助的に与える場合は、どうすればよいのでしょうか。

  • 母乳を飲ませた後に母乳量によってミルクの量を調整する

専門家に母乳相談を行い、母乳量を増やせるようにアドバイスをもらいましょう。

ミルク育児の場合

ミルク育児の場合は、下記を目安にしてください。

  • 1回の授乳量の目安:約120~160ml
  • 授乳回数:1日6~8回
  • 授乳間隔:3~4時間おき

赤ちゃんがミルクを飲みすぎないよう、ミルクの缶にかいてある摂取量を必ず守りましょう。

排泄について

生後2ヶ月をすぎると腸が発達するので、うんちの回数は徐々に減ってきます。

回数は個人差が大きく1日に8回の子もいれば1回の子もいます。
また、母乳とミルクでも違ってきます。

赤ちゃんの食欲があり、機嫌がよければ、心配する必要はありません。

また、1日1回しかうんちをしなくても、毎日1回出すのであれば、それが赤ちゃんの排便リズムの可能性があり、問題ないようです。

排便リズムよりも長い期間、うんちが出ていなければ便秘かもしれません。

便秘で赤ちゃんの機嫌が悪い場合は、おなかを優しくマッサージをするとよいでしょう。

手のひらを赤ちゃんのお腹にあてて、ひらがなの「の」を描くようにゆっくりさすることで、大腸の通り道にそってマッサージできるため、便がでやすくなります。

うんちの形状は、生後1ヶ月の頃とあまり差がなく、水っぽいやわらかい形をしています。

下記の場合は、かかりつけの小児科医に診てもらいましょう。

  • 便秘が続く
  • 下痢(水のような便)が何度も出る
  • うんちの色が赤黒かったり鮮血が混ざっている
  • うんちの色が白い・クリーム色
  • うんちのにおいがいつもと違う

うんちの様子がいつもよりおかしいときは、おむつをポリ袋などに保管して、病院へ持っていくと医師が病気かどうか診断しやすいようです。

参照:サイト:公益財団法人母子衛生研究会「便秘編」

生後2ヶ月の発達・特徴

生後2ヶ月の赤ちゃんイラスト発達あるある
生後2ヶ月の赤ちゃんの発達や、特徴を紹介します。

クーイングが始まる

生後2ヶ月ごろになると、赤ちゃんは「あー」「うー」などの声をだす、クーイングが始まります。

早い子は、生後1ヶ月ごろからク―イングを始める子がいるようです。

赤ちゃんがクーイングを始めたら、ママ・パパは「うーうーだね」などと、赤ちゃんへ返事をしてましょう。

赤ちゃんとの「会話」の始まりです。

母音だけのクーイングから、生後4ヶ月を過ぎると「あーあー」など、多音節からなる「喃語(なんご)」を話すようになってきます。

とはいえ、クーイングや喃語を始める時期は、赤ちゃんによって個人差があります。

赤ちゃんが声を出さないからと、心配する必要はありません。

なかにはクーイングや喃語がなくても、突然話すようになる子がいるようです。
赤ちゃんの成長をゆっくり見守りましょう。

笑顔が増える

生後2ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの笑顔が増えてきます。

赤ちゃんの視力や聴力が発達し、ママやパパが笑うと自然に笑顔になる子がいるようです。

あやされると、赤ちゃんは楽しいと感じるようで、笑顔が増えてきます。

コミュニケーションをとるために、積極的に赤ちゃんと触れ合ってくださいね。

赤ちゃんの視力について、下記の記事で詳しく説明しています。

首がすわりはじめる?

厚生労働省の調査によると、生後2ヶ月の赤ちゃんで首がすわりはじめるのは、全体の11.7%程度となっておいます。

2ヶ月で首がすわる赤ちゃんは、まだ少数派のようです。

生後3~4ヶ月ごろから全体の63%、生後4~5ヶ月になると93.8%の赤ちゃんは首がすわりはじめます。

2ヶ月ごろから首がすわりはじめるのは、成長の早い子なので、首がすわっていないからといって、慌てる必要はありません。

参照:サイト:厚生労働省平成22年乳幼児身体発育調査の概況について「一般調査による乳幼児の運動機能通過率」

生後2ヶ月の予防接種や健診は?


乳幼児期は、病気になると重症化しやすいため、さまざまな予防接種が推奨されています。

ここでは、予防接種や健診について紹介します。

予防接種・任意接種の種類と回数

生後2ヶ月ごろに必要な予防接種は、以下の表を確認してください。

定期接種 回数 1回目接種開始時期
Hib(ヒブ) 3回+追加 生後2ヶ月~生後6ヶ月まで
小児用肺炎球菌 3回+追加 生後2ヶ月~生後6ヶ月まで
B型肝炎 3回 1歳に至るまで
BCG 1回 1歳に至るまで

定期接種、任意接種ともに受けられる時期が定まっているため、計画的に受けましょう。

任意の予防接種は、以下の表を参考にしてください。

任意接種 回数 1回目接種開始時期
ロタウイルス(1価) 2回 生後14週6日までが望ましい
ロタウイルス(5価) 3回 生後14週6日までが望ましい

早く免疫をつけて赤ちゃんを病気から守るためには、同時接種が必要不可欠です。
参照:サイト:日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」
参照:サイト:NPO法人VPD「ヒブワクチン」
参照:サイト:NPO法人VPD「小児用肺炎球菌ワクチン」

赤ちゃんの予防接種スケジュールは、下記の記事をチェックしてください。

生後2ヶ月のお世話のポイント


ここでは、生後2ヶ月のお世話のポイントを紹介します。

お出かけするときに気をつけたいこと

赤ちゃんとお散歩や買い物をするときは、人が多くいる時間帯や店・場所をなるべく避けてください。

抵抗力の弱い低月齢の赤ちゃんにとって、人の多い公共の場所は刺激が強く、感染症などのリスクが大きいためです。

お出かけに必要なグッズ

お出かけするときは、以下の物を準備しましょう。

  • ベビーカーや抱っこ紐
  • 着替え
  • オムツ
  • おしりふき
  • ガーゼ数枚
  • ポリ袋
  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 調乳用のお湯を入れた水筒
  • ベビー用の日焼け止め

おっぱいを飲ませる場合には、授乳ケープやポンチョなどを準備しておくと安心です。

生後2ヶ月の赤ちゃんをお風呂にいれる方法は?

赤ちゃんをお風呂に入れるときは、下記のポイントに気をつけてください。

  • 首をしっかりと支える
  • お湯の温度はぬるめの37~38度
  • 頭から順番に洗う

上記のポイントを意識すると、赤ちゃんがのぼせることなく、スムーズに入浴を済ませられるでしょう。

お湯の温度は、寒い冬は40度にして問題ありません。

赤ちゃんの身体を洗うときは、頭(身体の上)から順番に洗ってください。

固まって取りにくい鼻水は、入浴中にふやかしてから綿棒で取り除くと鼻の粘膜を傷めず、赤ちゃんも嫌がることが少ないようです。

お風呂で準備しておくとよいもの

入浴するときは、下記のグッズを事前に準備しておきましょう。

  • ベビーソープ
  • ガーゼ
  • バスタオル
  • オムツ
  • 着替え

入浴~着替えまで必要なものを、あらかじめ準備しておくと、お風呂の途中でも慌てずにすみますよ。

ママ・パパがひとりで赤ちゃんをお風呂に入れる場合は、バスチェアや、バウンサーなどを準備しておくと便利です。

バスチェアやバウンサーがあると、ママ・パパが体を洗うあいだに赤ちゃんを座らせておいたり、入浴させた後に脱衣所で座らせておけます。

生後2ヶ月の赤ちゃんは、どんな抱き方ができる?

まだ首がすわっていない赤ちゃんが多いため、横抱きが主流のようです。

縦抱きにする場合には、赤ちゃんの首がぐらぐらしないように、自分の鎖骨の部分に引き寄せるように、赤ちゃんの頭を密着させて支えましょう。

下記の記事では、オススメのババスリングを紹介しています。

服装はどういうものがいい?

生後2ヶ月の赤ちゃんの服装について、紹介します。

素材

服の素材は、肌に優しい、綿がオススメです。

赤ちゃんは体温調節がまだ苦手で、汗っかきのため、しっかり汗を吸収する綿がよいでしょう。

季節によって綿素材でも織り方によって温かさに違いがあるので、季節に合わせた綿を選びましょう。

サイズ

サイズは、生後2ヶ月の赤ちゃんであれば50~60㎝が一般的です。

とはいえ、赤ちゃんの成長には個人差があるので赤ちゃんのサイズに合わせて選びましょう。

次の季節がくる前に服を買うときは、成長を見越してワンサイズ上を選ぶ方もいるようです。

種類

股下にボタンが付いているタイプがオススメです。

生後2ヶ月ごろになると、動きが活発になり、足をバタバタさせることが増えます。

股下が空いているタイプは、めくれてしまうことがあるでしょう。

では、季節ごとの服装について紹介します。

赤ちゃんに服を着せる枚数は、基本的に大人と同じ枚数で問題ありません。

春・秋

春・秋におすすめコーデ

  • コンビ肌着(半袖)+カバーオール
  • ロンパース+レッグウォーマー
  • ロンパース+ハーフパンツ

春と秋は、半袖の肌着+長袖のウェアの組み合わせがよいでしょう。

長袖のウエアは、薄手の生地だと暑すぎなくて済みます。

朝晩の冷え込みや、寒い日は長袖の肌着にするなど、肌着で温度調節をしてください。

外へおでかけするときは、カーディガンやケープなど、こまめに温度調節ができるアイテムを準備すると便利です。

夏におすすめコーデ

  • ロンパース

夏は基本的に肌着でよいでしょう。

体温調節が苦手な赤ちゃんのため、熱をこもらせないのが大切です。

お出かけ先が、屋内で冷房がよく効いている場所は、冷えすぎないようカーディガンなどがあると便利です。

下記の記事では、コンビ肌着のオススメを紹介しています。

冬におすすめのコーデ

  • ロンパース+カバーオール
  • ロンパース+パンツ

冬は、カバーオールの生地が暖かい素材を選びましょう。

室内で暖房がよく聞いている場合は、厚着をしなくてよいでしょう。

お出かけのときは、上着や帽子・おくるみなど防寒できるグッズを持って冷えないようにしてください。

生後2ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


生後2ヶ月の赤ちゃんは、どんな遊びがよいのかみていきましょう。

手遊び歌

生後2ヶ月ごろを過ぎた赤ちゃんには、手遊び歌がオススメです。

赤ちゃんは自分で動けないため、ママやパパが赤ちゃんの手をとって、リズムに合わせて歌いましょう。

赤ちゃんは触れ合いを喜びます。

親子のコミュニケーションがとりやすいので、楽しんでできるでしょう。

メリーは1人遊びができる

メリーやベッドメリーは、赤ちゃんが1人遊びをできるのでオススメです。

赤ちゃんは少しずつ視力が発達しているため、動いているものを目で追いかけるようになります。

赤ちゃんは動いているメリーを、じっと見つめるでしょう。

また、メリーは音がでるものがあるので、赤ちゃんの視覚と聴覚を刺激してくれます。

下記の記事では、おすすめのメリーを紹介しています。

いないいないばあっ!に反応できるようになる

赤ちゃんは「いないいないばあっ!」で遊ぶのがオススメです。

生後2ヶ月の赤ちゃんは、顔に近い距離のものであれば、目で追うこともできるようです。

そのため「いないいないばあっ!」と言って、ママとパパであやすと反応があるので、両親としても楽しい時期でしょう。

生後2ヶ月で注意したいこと


ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの生活で注意したいことを紹介します。

首すわりの練習をするなら目を離さないこと

首すわりの練習をする場合は、赤ちゃんから絶対に目を離さないでください。

生後2ヶ月の赤ちゃんは、まだ首が安定していないため、首すわりの練習させる目的で、うつぶせや腹ばいの状態にするママ・パパがいます。

赤ちゃんをうつぶせにしたまま、親が目を離すと、赤ちゃんが頭を上げれらず、窒息する可能性があります。

うつぶせにしたときは、赤ちゃんの様子をしっかり見守りましょう。

また、うつぶせの状態が苦しい赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが苦しそうであれば、うつぶせにするのはもう少し成長してからにしてください。

うつぶせ寝のデメリットを知る

生後2ヶ月の赤ちゃんにとって、うつぶせ寝で寝かせることは、大変なリスクがあります。

うつぶせは、赤ちゃんが起きているときに、首すわりの練習をするケースがあります。

しかし、まだ寝返りができないため、赤ちゃんをうつぶせのまま寝かせてはいけません。

うつぶせで寝かせると、赤ちゃんが窒息する可能性があります。

もっとも大きなリスクは、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性が高いことでしょう。

うつぶせ寝は、SIDSの発生原因としてあげられています。

横浜市衛生研究所『乳幼児突然死症候群(SIDS)について』によると、赤ちゃんにあお向け寝をさせるようしたところ、SIDSの発生が減ったという結果があります。

寝がえりの難しい月齢のうちは、とくに赤ちゃんの寝方に注意して、あお向け寝を心掛けるようにしましょう。
参照:サイト:横浜市衛生研究所『乳幼児突然死症候群(SIDS)について』

生後2ヶ月の赤ちゃんはクーイングや笑顔が楽しみ


生後2ヶ月の赤ちゃんは、さまざまな表情がではじめる時期です。

クーイングや笑顔は、ママやパパにとって何よりの楽しみでしょう。

とはいえ、赤ちゃんの成長には大きな個人差があるので、焦らずに見守りましょう。

積極的に、赤ちゃんとのふれあいの時間をとってくださいね。

予防接種がはじまるので、かかりつけの小児科で予約やスケジュールの確認をするとよいでしょう。

生後1か月生後3か月

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...