【助産師監修】「生後4ヶ月」の赤ちゃんの成長や注意点は?

生後4ヶ月頃になると、ミルクや授乳の回数、睡眠時間などが安定し、少し楽になったと感じる方が多いようです。

その反面夜泣きがはじまったり、奇声を上げる赤ちゃんもみられ、心配になるママやパパも少なくありません。

子育てにも慣れ始め、赤ちゃんも安定し始める時期だからこそ、ついつい油断してしまう方も多いでしょう。
しかし事故や病気など、気をつけたいこともたくさんあります。

そこで今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴やお世話のポイントなどをお伝えします。

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について


成長がゆっくりで、首がなかなかすわらなかった赤ちゃんも、4ヶ月ごろには、首のすわりが安定します。

うつぶせにすると、両腕で上半身を支えて胸を床から離し、頭を上げていられるようになるので、うつぶせで遊ぶのが好きな子が増えます。

体重の増加はゆるやかになり、体つきがしっかりしてきます。

運動機能が発達することで、手足の動きが力強くなり、筋肉もつき、視野もグンと広がるので、目の前や近くのおもちゃに手を伸ばす仕草も見られるでしょう。

首や手足、背中の筋肉も発達するので、体を使った遊びも増えるころです。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:59.9~68.5cm 、体重:5.67~8.72kg
女の子 身長:58.2~66.8cm 、体重:5.35~8.18kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後4ヶ月の赤ちゃんは、厚生労働省の成長曲線によると身長58.2~68.5cm、体重5,350~8,720gで、男女差や個人差があります

ただ成長曲線は、あくまでも目安です。
赤ちゃんの出生体重から約2倍になり、成長曲線のカーブに沿っているかが大切です。

ミルクや授乳の量や回数も安定し、ママも赤ちゃんが普段どれくらい飲むか、クセがわかってくるころでしょう。

どれくらい寝るようになる?

生後4ヶ月ごろになると、夜にまとまった睡眠をとれる子もいます。

1日トータルの睡眠時間には個人差がありますが、14時間ほど眠る子もいるようです。

昼と夜の区別がだんだんとついて、日中に起きて遊ぶことが多くなります。

夜の授乳・ミルクの回数が少なくなることもあります。

基本的な生活リズムは、お昼寝と睡眠ですが、日中の昼寝や、夜中のミルク・おっぱいの回数が減ってきます

日中の起きている時間は、少し外出もしてみましょう。

決まった時間に起こして、昼間の服に着替え、同じような時間に散歩に出ることで、昼と夜の認識ができてリズムが整いやすくなります。
参照:秋山こどもクリニック「睡眠(赤ちゃんの昼、夜の逆転)」

授乳量や回数はどうなる?

生後4ヶ月の赤ちゃんは、吸う力がつき、ミルクや授乳のリズムも整う子が増えます。

授乳は1日5~6回で、4~5時間おきの授乳ペースのお子さんが多いようです。

ミルクやおっぱいを飲む量はこの時期にピークを迎え、離乳食の開始とともに徐々に減っていきます。

母乳育児の場合

母乳は赤ちゃんの胃腸に負担をかけにくい成分なので、欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

飲みながらまわりのようすが気になり、遊び飲みをする子が増えるのも4ヶ月ごろの特徴です。

混合育児の場合

母乳は、赤ちゃんが欲しがったらあげてください。

ミルクの量は、母乳をあげて足りない分を補うように赤ちゃんにあげます。

ミルクは赤ちゃんが欲しがる分だけあげると、肥満になる可能性があるので量の調節が大切です。

ミルクの使用量の表示をよく読んで、赤ちゃんにあげましょう。

ミルク育児の場合

ミルクは缶に書かれた量を守り、与え過ぎに注意してください。

遊び飲みを始めたら、「そろそろおしまいね」と切り上げましょう。

ミルクの場合、余ったからといって保存すると雑菌が繁殖するので、必ず作り直します。

離乳食について

生後4ヶ月は、まだ離乳食はまだ始めなくていい時期です。

WHOによると離乳食の開始目安は、腰がすわっておすわりができるようになる、生後6ヶ月ごろとしています。

排泄について

授乳回数の安定にともない、おしっこやうんちの回数も定まってくることが多いようです。

ただし季節や体調に左右されることが多いので、うんちの回数や色を観察してみてくださいね。

1日4回ほどが目安です。
母乳栄養かミルク栄養かによっても異なりますが、1日3~5回出ることもあれば中には2~3日うんちが出ない子もいます。

回数が多い分にはそれほど問題はありませんが、何日もうんちが出なかったり、ウンチの色が、赤・白・黒のときは受診が必要です。

生後4ヶ月の発達・特徴


生後4ヶ月の赤ちゃんには以下のような、特徴がみられます。

  • 首がすわり安定する
  • 興味のあるものに手を伸ばしてつかもうとする
  • よだれが増える
  • 奇声を発するようになる
  • 昼と夜の区別がつく子が増える

赤ちゃんの成長は個人差があるので、あくまで目安です。

赤ちゃんの成長に心配がある場合は、3~4ヶ月検診のときに医師へ相談しましょう。

参照文献:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」厚生労働省「お母さんと子どものコミュニケーションのために」

生後4ヶ月の予防接種や検診は?


乳幼児は免疫力が低く、感染すると重症化しやすい病気があります。

そのため厚生省は、いくつかの予防接種を推奨しています。

生後4ヶ月の赤ちゃんが受ける、予防接種や定期健診について紹介します。

生後4ヶ月の定期健診について

全国各市町村自治体によって健診場所が異なり、小児科または保健センターで行われます。

時期も、3ヶ月健診または4ヶ月健診と自治体によって異なりますが、6ヶ月を迎える日までに受けるのが一般的です。

予防接種について

予防接種は、生後2ヶ月からスタートします。

公費で受けられる予防接種の種類もここ数年でぐっと増え、2016年10月からB型肝炎ワクチンも追加されることになりました。

このような公費で費用が負担される定期予防接種は現在9種類、任意の予防接種は5種類ほどあります。

生後4ヶ月で受けられる定期予防接種は、日本小児科学会が下記の種類をスケジュールで発表しています。

定期予防接種 Hib、小児用肺炎球菌、四種混合


生後4ヶ月のお世話のポイント


生後5~6ヶ月ごろからはじめる離乳食に向けて、ママやパパが楽しそうに食事をする様子を見せると、赤ちゃんが食べ物に興味を示すようになりますよ。

またこの時期の赤ちゃんは外のさまざまなものに刺激を受けるので、天候がいい日はお散歩に出かけましょう。

また車での外出をする場合は、チャイルドシートの装着が法律で義務づけられています。

どのチャイルドシートがいいかわからない人は、レンタルで試してみるという方法もあります。

生後4ヶ月のお風呂の入れ方は?

生後4ヶ月ごろの赤ちゃんは、少しずつ生活リズムが整う時期です。

そこで赤ちゃんの生活リズムを整えるとき、注意したいのがお風呂に入るタイミングでしょう。

お風呂の時間は、必ずしも夜でなくても大丈夫です。

ママと赤ちゃんにとって負担の少ない時間を「お風呂の時間」と決め、毎日その時間にお風呂に入れるといいでしょう。

生後4ヶ月だとこんな抱っこができる

生後4ヶ月を過ぎて首がすわると、赤ちゃんの体もしっかりするので、抱っこも楽になるでしょう。

早ければ生後3ヶ月ごろから、うつぶせにすると首を持ち上げるようになります。

首がすわったら、頭を支えなくても安定して抱っこすることができるので「おんぶ」ができるようになります。

おんぶ紐を活用すると、赤ちゃんの寝かしつけがしやすくなったり、家事がしやすいと思う方も多いようです。

おんぶをするのは、3~4ヶ月健診で医師や保健師に首がすわっているかどうかを確認してもらってからにしましょう。

オススメのおんぶ紐は、下記の記事で紹介しています。

お出かけするときに気を付けたいこと

毎日の散歩は、親子ともに疲れすぎないことがポイント。

人が多いデパートを歩き回ったり、子どもが大勢いる公園に長時間いるのは、赤ちゃんにとって負担になることもあります。

最初は近所の歩きやすいコースを10~15分程からはじめて、少しずつ時間を伸ばすといいでしょう。

服装はどういうものがいい?

赤ちゃんの体温調節機能は、大人と違って十分ではないのではありません。

大人がこまめに服装を変えて、赤ちゃんの体温調節することが重要です。

外出時の服は、普段のコンビ肌着やカバーオールにくわえ、季節に合わせて帽子や靴下、脱いだり着せたりするのが便利なベストやカーディガンを用意しましょう。

春・秋

生後4ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、基本的に長袖のウェアがオススメです。

たとえば春の暑い日には、半袖の肌着+長袖ウェア 、春の寒い日は長袖の肌着+長袖ウェアというふうに、下着で調節しましょう。

秋の服装としては、基本的には春と同じで、 肌着で温度調節をしてください。

秋は気温の変化が大きいので、カーディガンやパーカーなど、こまめに温度調節できる小物があると便利です。

夏の服装については、とにかく熱をこもらせないようにすることが、重要でしょう。

外出の際には帽子が必須です。

夏はとにかく暑い時期なので、服装はもちろん、こまめに汗を拭くなど、万全の熱中症対策をしてください。

温度調節がまだ苦手な、生後4ヶ月の赤ちゃんの冬の服装には、暖かい素材のウェアを選ぶといいでしょう。

ニット生地やモコモコ素材のものを選び、何枚も重ね着するのではなく2枚ほどで、動きやすく、暖かくしてあげてください。

基本的にはどの季節も、大人が快適と感じる枚数と同じ程度で調節してあげてくださいね。

生後4ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


生後4ヶ月ごろは、周囲への関心が増して好奇心旺盛になり、興味を引くものがあれば頭を動かしたり目で追いかけたり、手を伸ばすなどの反応を示します。

手首や足首に巻くタイプのガラガラをつけてあげると、リンリンと振って楽しめるでしょう。

寝返りできるまでにはまだ時間がかかりますが、うつ伏せにすると頭と肩を起こす姿勢ができるようになるので、目線の先にぬいぐるみや音の出るおもちゃを置いて遊んであげましょう。

赤ちゃんの顔の上におもちゃが吊り下がるベビージムなどを用意すれば、手が触れるとおもちゃを握ったり、足でけったりして遊ぶ子もいます。

おもちゃの好みがだんだんはっきりしてくるので、遊ぶ様子を見ながら選びましょう。

生後4ヶ月で注意したいこと


生後4ヶ月の赤ちゃんは新生児のころと比べるとずいぶんと成長して、身体も首もしっかりする子が増えます。

とくに首すわりが完了すると、赤ちゃんの視界が広がります。

また、興味や好奇心も増す時期です。

視界に入るものをじっと見たり、口に入れてなめることが多くなるので、誤飲や窒息などに注意が必要です。

生後4ヶ月の赤ちゃんについて、知っておくと安心なポイントをおさえておきましょう。

  • 興味があるものをつかもうとする
  • 何でも口に入れることが増える
  • 奇声を出すことが増える。
  • 判断に困ったら#8000に電話相談

生後4ヶ月の行事は?


赤ちゃんが生まれてはじめて迎える節句では、子どもの健やかな成長を祈願します。

女の子は3月3日、男の子は5月5日です。

ただし生後1ヶ月で節句をむかえる場合は、準備が大変なので翌年にまわすことも多いようです。

3月3日の桃の節句には雛人形を飾り、両家の親族を招いて、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒などのお祝い膳を囲みます。

5月5日の端午の節句も同様に、鯉のぼりや武者人形を飾り、チマキや柏餅を食べて一緒にお祝いします。

当日は簡単なホームパーティーなどで祝うことが多いようです。

お祝いのお礼は、地方や考え方によっても異なるでしょう。

感謝の気持ちとともにお礼の手紙や子どもの写真などを送って感謝の気持ちを伝えるとよいですね。

4ヶ月の赤ちゃんは成長が楽しみ


生後4ヶ月になると、これまでに比べて大きな成長がみられ、首すわりや赤ちゃんの感情表現が豊かになったり、生活リズムが整う子が増えます。

心配なことがあれば、3~4ヶ月健診で医師または保健師に相談してくださいね。

出産後の慌ただしさも、ようやく落ち着いてくる時期ではないでしょうか。

ママ自身の心身をいたわり、ケアしてみるのもいいですね。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...