【助産師監修】「生後5ヶ月」の赤ちゃんの変化や特徴は?離乳食はいつ?まだ?

【助産師監修】「生後5ヶ月」の赤ちゃんの変化や特徴は?離乳食はいつ?まだ?

生後5ヶ月になると、赤ちゃんは体つきがしっかりし、ぐんぐんと成長を感じるのではないでしょうか。

生まれてから5ヶ月ほど経つと、赤ちゃんは寝返りをしたり、いろいろなものを握れるようになります。

「そろそろ離乳食をはじめていいのかな?」
「どんな遊びをさせるべき?」

など、気になることも多いのではないでしょうか。

そこで今回はさまざまな変化が生まれる「生後5ヶ月の赤ちゃん」の成長や特徴、お世話のポイントなどについてまとめました。

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について


生後5ヶ月の赤ちゃんは、生まれたばかりころと比べて、体重は約2.5倍、身長は約1.3倍に成長します。

生まれたばかりのころは成長のペースが早いですが、生後5ヶ月ごろからはだんだんと緩やかになるようです。
赤ちゃんの体型は、ぽっちゃりしてきて、ぷにぷにとしてとっても触り心地のいい体つきになります。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:61.9~70.4cm、体重:6.10~9.20kg
女の子 身長:60.1~68.7cm、体重:5.74~8.67kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後5ヶ月は、肉付きのいい赤ちゃんや、華奢な赤ちゃんなど個人差が大きくなるので、よその赤ちゃんと比べて、心配になるママもいるでしょう。

しかし赤ちゃんの機嫌がよく、母乳やミルクをよく飲み排泄をしっかりしていれば、とくに心配はありません。
どうしても不安であれば、健診の際に医師に相談しましょう。

生後5ヶ月の発達・特徴


では生後5ヶ月の赤ちゃんは、どんなことができるようになるのでしょうか。

生後5ヶ月の赤ちゃんにみられる特徴を紹介します。

首がすわる

生後5ヶ月ごろには、ほとんどの赤ちゃんの首がすわります。

はじめての育児の場合、本当に首がすわっているのか見分けがつかないかもしれません。
うつぶせに寝かせて、頭を持ち上げることができたら、首の筋肉は発達しています。

また赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、赤ちゃんの両手をゆっくり引っぱり、身体と一緒に首が持ち上がれば、首がすわっていると判断できます。

早い赤ちゃんは3ヶ月をすぎて首がすわるケースもあるようなので、首の発育には個人差があります。
5ヶ月を過ぎても首が安定しない場合は、医師に相談しましょう。

また、首がすわる前に離乳食を始めることはオススメできません。

参照:厚生労働省「平成22年 乳幼児身体発育調査報告書」

早い子は寝返りもできる

自分の力で、うつぶせの状態から仰向けになること、もしくは仰向けからうつぶせになることを「寝返り」といいます。
生後5ヶ月ごろから、寝返りができる赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんが体をコロコロと横に揺らし始めるのは、寝返りをしようとしているサインです。
初めのうちは「何をしているんだろう」と不思議に思うママも多いでしょう。

生後5ヶ月は、骨や筋肉などが発達するのに加えて、好奇心から自分で動きたいという自我が芽生える時期です。
赤ちゃんに寝返りのサインが見られたら、ゆっくりと見守りましょう。

次のような、寝返りの手助けをしてもいいかもしれませんね。

寝返りの練習方法

  1. 赤ちゃんのお気に入りの向きを観察する
  2. 片足を持ち上げて反対の足の上で交差させる
  3. 赤ちゃんが横を向いたら、そっと腰を押してあげる
  4. うつぶせになったら腕を抜いてあげる

この時期に寝返りができないからといって、心配はいりません。

赤ちゃんの成長や発育の順番は、個人差が大きく「ハイハイの前に寝返りしないとダメ」なんてことはまったくないので、安心してくださいね。

生活リズムが決まってくる

生後5ヶ月になると、生活リズムが整う時期になります。
夜にまとめて眠るようになるので、お昼寝や睡眠時間が安定してくるでしょう。

お昼寝の目安は、以下のような回数・時間が目安とされています。

  • 睡眠時間:1日15時間程度
  • お昼寝の時間:日中に2~3回、1回につき2時間程度

また、生後5ヶ月頃からは、下記の条件がそろうと離乳食を始められる時期です。

  • 支えると座ることができる
  • よだれが多くなっている
  • 食べ物に興味がある  など

離乳食が始まると、一定の時間にごはんを食べるようになるので、一日の生活リズムも整いやすくなるでしょう。

感情豊かになり、喃語(なんご)が増える

生後5ヶ月の赤ちゃんは、感情が豊かになり、喜怒哀楽を伝えるようになります。

嫌なことや、なにか伝えたいことがあるときに、大きな声で泣く、笑う、喃語(なんご)を使ったりなどをして、自分の感情を表現します。

このころはパパやママのことを、しっかり認識できる時期です。
そのため、ほかの人が赤ちゃんを抱くと泣くのに、ママやパパに抱っこされると泣き止む、という反応がみられますよ。

赤ちゃんは言葉が話せない分、大人の表情や声のトーンなどに敏感です。
この時期は赤ちゃんとたくさん触れ合って、一緒に楽しむようにしましょう。

生後5ヶ月のお世話のポイント

5ヶ月を迎えると、離乳食や授乳の進め方、お風呂の入れ方や抱っこの仕方、赤ちゃんとの遊び方など、わからないことも多くなるのではないでしょうか。

生後5ヶ月になった赤ちゃんのお世話について、知っておきたいポイントをまとめました。

1:離乳食はいつから始める?

厚生労働省によると、離乳食の開始時期は、生後5~6ヶ月がよいようです。
WHO(世界保健機構)は、離乳食の開始時期として生後6ヶ月としています。

「5ヶ月になったから離乳食を開始する」のではなく、赤ちゃんの様子をみて、すすめるとよいでしょう。

離乳食開始の目安としては、赤ちゃんに以下のような様子がみられたら、開始してもいいといわれています。

  • 首が座っている
  • 支えてあげると座れる
  • 食べ物に興味を示している
  • スプーンなどを口に入れても、舌で押し出すことが少ない

生後5ヶ月の離乳食は、食べ物を飲み込むことに慣れさせるのが目的です。
すぐには食事に興味を示さない赤ちゃんもいるため、まずは赤ちゃんと食事の時間を楽しむことから始めましょう。

参照:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」

まずは10倍粥からスタート

赤ちゃんを少しずつ固さや形のある食べ物に慣れさせるため、まずは「10倍粥」から始めましょう。

10倍粥は、米1/2カップに対して水5カップを目安に作るおかゆです。

その10倍粥をすりつぶして、どろどろにしましょう。
固さの目安はヨーグルトのようなペースト状です。

初日は、赤ちゃんのペースにあわせてあげながら、1日1回1匙だけ食べさせます。
続けるうちに赤ちゃんが慣れてきたら、野菜、豆腐、白身魚などをすりつぶしたものをあげていいでしょう。

しかしこの時期の赤ちゃんは消化機能がまだ発達していないため、はちみつ、卵、牛乳は与えてはいけません

くわしい原因や、そのほかの危険な食材については「はちみつは離乳食でNG!赤ちゃんに危険がある食べ物とは?」をチェックしてみてくださいね。

2:授乳量はどうなる?

生後5ヶ月になると、授乳量や授乳時間が整い、赤ちゃんは1回に多くの母乳やミルクを飲めるようになります。

もしも、離乳食を開始したとしても、授乳量を意図的に減らす必要はありません。
まだまだ食べる量が少ないので、主な栄養は母乳とミルクから摂取するからです。

母乳育児の場合

母乳はミルクより消化がよく、おなかが空きやすくなるため、ほしがる分だけ与えてください。

集中して飲まなくなったり、急に顔をそむけるようであれば、遊びのみをしているかもしれません。
赤ちゃんが集中して飲めるように、テレビを消して静かな環境にするとよいでしょう。

混合育児の場合

混合授乳でも、母乳を飲ませ続けていれば分泌量が安定してくると言われています。

ミルクの量については医師や助産師からの指示に従いましょう。

ミルク育児の場合

ミルク育児の場合は、以下のような回数・量が目安です。

  • 1日の総量:1,000~1,100ml
  • 回数:4~5回ほど(1回あたり200~220ml)

ミルクは一度に大量を飲ませるのではなく、5回程度(約4時間に一度)に分けて、1日のトータル量が1,000~1,100mlになるよう調節してください。

体重が減ってきたり、あまり飲まなくなった場合は病院に相談しましょう。

参照:和光堂はいはい「粉ミルクの作り方」

3:排泄物はどうなる?

離乳食を始める前の便は、赤ちゃんが母乳とミルクのどちらを飲んでいるかによって変わりますが、黄色や緑色をしています。
しかし離乳食が始まると、便に変化がみられ、色がやや茶色っぽくなったり、匂いも大人の便に近くなります。

まだ消化機能が未熟なため、食べたものや体調によって、色や固さが変わったり、食べたものがそのまま出るケースもあります。

食べたものがそのまま出てくる場合は、より小さく切ったり滑らかにすり潰すなど工夫してください。

4:お風呂の入れ方は?

毎日、ある程度同じ時間帯にお風呂タイムをとりましょう。

ある程度決まった時間にすることで、生活リズムがとりやすくなります。
入浴時間の目安は、20~30分間程度で問題ありません。

入浴をする時間は、寝かしつけの1時間前には済ませましょう。
寝かしつけ直前の入浴は、寝つきが悪くなることがあるので注意が必要です。

生後5ヶ月にもなると、お風呂で目を離したすきに水の事故が起きる危険性があります。
パパやママが一人で入れる場合は、バスチェアなど便利なグッズを活用するといいでしょう。

5:抱っこの仕方は?

首がすわったら、頭を支えなくても安定した抱っこができます。

家事をするときは抱っこひもやおんぶ紐を使うなど、赤ちゃんの安全を優先しましょう。

5:赤ちゃんとの遊び方は?

生後5ヶ月の赤ちゃんは、自分のまわりの物に興味津々です。
手を伸ばして物をつかんだり、蹴ったり、口に入れたりして確かめることもあるでしょう。

また、音を聞き分けることも、できるようになります。
これらの特徴を生かした、「五感を育てる」ための遊びがオススメです。

ガラガラのなるおもちゃ、布絵本、手遊びしながら歌を歌ったり、積極的に散歩に連れて行くのもいいでしょう。
おもちゃや絵本に触れることで適度な刺激を受け、五感を刺激するため、夜もぐっすり眠ってくれるようです。

生後5ヶ月の予防接種や健診は?


生後5~生後8ヶ月にかけて、うけておくといい予防接種が、BCGワクチンです。
BCGは、結核を予防するワクチンの通称です。

生後12ヶ月未満までに1回接種可能なので、早めに接種しておきましょう。

生後5ヶ月で注意したい7つのこと


生後5ヶ月の赤ちゃんをお世話するときには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

1:生活リズム

生後5ヶ月の時期は、赤ちゃんの生活リズムが決まってくるころです。
早寝早起きの生活を心がけ、赤ちゃんに一日の流れを定着させてあげましょう。

朝は7時ごろまでに起こして太陽の光を浴び、夜は20時くらいまでには部屋を暗くし寝かせるのが理想です。

というのも、体内時計が整い始めるこの時期に、しっかりと昼夜の区別をつけておくと、生活リズムが整いやすくなるからです。

また夕方に寝ると、夜の睡眠に影響が出てしまうため、夕方のお昼寝は早めに起こしたほうがよいでしょう。
一定の時間に離乳食を与えたり、お散歩をしたりと、規則正しい生活を意識してください。

2:夜泣き

生後5ヶ月ごろになると、「夜泣き」を始める赤ちゃんもいるでしょう。
ただし夜泣きには個人差があり、ひと晩につき2~3回泣くという赤ちゃんもいれば、夜泣きがなかったという赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの夜泣きの原因は、現時点でははっきりと分かっていませんが、一般的によいとされている対策には、さまざまなものがあります。

夜泣きの対策方法は「夜泣きはいつからいつまで?泣き続ける原因と対策は?」の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3:赤ちゃんの手が届く範囲

生後5ヶ月になると、赤ちゃんの行動範囲が広がります。
寝返りをしたり、色々なものに手をだしたり、触れたものを口に入れたりするようになるので、赤ちゃんの手が届く範囲には注意が必要です。

赤ちゃんの行動範囲に、硬いものやするどいものなど、触れたり口に入れたりすると危険なものがないか、しっかりチェックしておきましょう。

4:突然、発する大きな声

生後5ヶ月の赤ちゃんは、耳が発達して自分の発した声を認識できるようになるため、とつぜん大きな声を出すことがあります。

外出先でも、喃語を大きな声で話し始めたり、泣き出すことが多くなります。
赤ちゃんが泣きだすのは、仕方のないことですが、公共の場だと困ることもあるでしょう。

公共の場で泣き出したときには、なるべく静かな場所へ移動すると、赤ちゃんもママもラックスできますよ。

ミルクやおむつが原因でないときは、抱っこをしたり、それでも難しいときはスマホアプリなどで対応するママもいます。

5:おっぱい・ミルクの遊び飲み

生後5ヶ月になると、まわりの物や音が気になって、赤ちゃんがおっぱいを飲みながら遊ぶことがあります。

遊び飲みの対策として、テレビを消すなど静かな場所でママと2人きりのときに飲ませてあげると、集中できるようです。

6:ずりばい

生後5ヶ月ごろの赤ちゃんのなかには、ずりばいができるようになる子もいます。
ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせの状態で、ほふく前進のように動く動作のことです。

テーブルやタンスなどの角に、顔や頭をぶつけないよう早めに安全対策をしておきましょう。
コンセントの差し口やストーブ、扇風機、階段なども、赤ちゃんにとっては危険です。

安全対策のグッズは、赤ちゃん本舗や西松屋・ベビザらスなどだけでなく100均などでも購入できます。
赤ちゃんにとって、安全なお部屋作りをするように心掛けてください。

7:赤ちゃんのよだれ対策

生後5ヶ月は、よだれの量が増える時期です。

よだれを放置していると、皮膚かぶれなどの肌荒れの原因になります。
よだれの量には個人差がありますが、たくさんよだれが出る赤ちゃんの場合は、こまめに拭いてください。

また、生まれてから5ヶ月ほど経つと、そろそろ電車や車、飛行機に乗って遠出ができるようになります。

お出かけするときは、赤ちゃんのよだれに備えて、スタイを多めに持ち歩く、ガーゼやタオルを用意するなどの工夫をしてください。
赤ちゃんが自分のよだれで服を汚したときのために、新しい着替えを準備しておくと安心でしょう。

8:お出かけするときの服装

生後5ヶ月にもなると、生まれたてに比べて体のサイズが、ずいぶんと大きくなっています。
洋服のサイズは60~70、靴下は8~11cm、帽子は44cmが目安です。

メーカーによって多少の差はありますので、目安のサイズでまずは1枚だけ購入してみるとよいでしょう。

季節 室内 屋外
春・秋 コンビ肌着+ロンパースが一般的。 ジャケット・靴下・帽子などを持っておくと安心。
コンビ肌着・ロンパースなどの薄着。 帽子・カーディガンを持っておくと安心。
暖かい素材のコンビ肌着+ロンパース。 ジャンプスーツ・靴下・手袋などのアイテムを追加。

赤ちゃんは汗かきなので、夏の暑い時期は、汗をこまめにふいたり、新しい服に着替えさせてあげましょう。

また寒い冬にお出かけするときには、上記のような防寒アイテムをしっかり準備しましょう。

5ヶ月の赤ちゃんは食べ物や行動の変化が楽しみ


生後5ヶ月ごろから首も安定し、腰がすわったり、はいはいの手前のずりばいを始めたりする赤ちゃんもいます。

また赤ちゃんが夜に何度も起きて、集中した睡眠がとれずに悩むママも少なくありませんが、生活リズムを整えると少しずつ改善していくでしょう。
離乳食は早く進めたらいいというものではないので、赤ちゃんの発達に合わせてすすめるとよいですね。

赤ちゃんの成長や発育段階にどうしても不安を感じる場合には、保健センターや小児科医に相談して、ひとりで悩まないようにしてください。

さまざまなものと触れ合ったり、見聞きすることで、赤ちゃんは毎日新しい発見があります。
遊びや日常の発見を通して、赤ちゃんの脳も体も成長をするのです。

遊ぶ時間を十分にとり、赤ちゃんと積極的に触れ合いましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...