【生後5ヶ月】の赤ちゃんの変化や特徴は?離乳食はいつ?まだ?

慣れない育児で忙しい毎日を過ごしていると、あっという間に生後5ヶ月にまで成長していく赤ちゃん。
生まれてから、もう100日以上過ぎて、だんだんとできることも増えてきます。

ぐんぐんと成長して体つきがしっかりするので、首がすわったり、寝返りをしたり、いろいろなものを握ることを覚えます。

なかには離乳食を食べ始める子もいるでしょう。

「離乳食ってもうはじめていい?」、「この時期に必要な予防接種ってなにがある?」、「どんな遊びをしたらいい?」など、疑問はつきないものです。

そこで今回はさまざまな変化が生まれる「生後5ヶ月の赤ちゃん」の成長や特徴、お世話のポイントなどについ、まとめました。

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について


生後5ヶ月にもなると、生まれたばかりころと比べて、体重は約2倍、身長は約1.3倍にまで成長します。
生まれたばかりのころは成長のペースが早いですが、生後5ヶ月ごろからだんだんと緩やかになるようです。

体型としてはぽっちゃりで、ぷにぷにとしてとっても触り心地のいい体つきになります。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:61.9~70.4cm、体重:6.10~9.20kg
女の子 身長:60.1~68.7cm、体重:5.74~8.67kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後5ヶ月は、肉付きのいい赤ちゃんや、、華奢な赤ちゃんなど個人差が大きくなるので、よその赤ちゃんと比べて、心配になるママもいるでしょう。

赤ちゃんの機嫌がよく、顔色も排便回数も問題なければ、心配いりません。

どうしても心配であれば、検診の際に医師に相談しましょう。

どれくらい寝るようになる?

生活リズムが整う時期になり、お昼寝や睡眠時間が安定します。

夜にまとめて眠るようになり、睡眠時間は1日15時間程度です。
お昼寝の目安は日中に2~3回、1回につき2時間程度が目安です。

また生後5ヶ月ごろから夜泣きが始まることが多く、ひと晩につき2~3回泣くという赤ちゃんもいれば、夜泣き自体なかったという赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの夜泣きの原因は現時点でははっきりとは、分かっていません。

対策として効果的だといわれているのが、朝は7時までに起こして太陽の光を浴び、夜は20時くらいまでに、部屋を暗くし、寝かせてあげることです。

夕方に寝てしまうと夜の睡眠に影響するので、17時ごろには、一度起こしましょう。

参照:武田薬品工業株式会社「体内時計と睡眠のしくみ」

授乳量や回数はどうなる?

授乳量や授乳時間も整い、短時間でたくさんの量の母乳やミルクを飲むようになります。

おすわりができる5ヶ月~6ヶ月ごろから離乳食を始めますが、まだまだ食べる量が少ないので、主な栄養は母乳とミルクから摂取します。

母乳育児の場合

母乳の場合は、ほしがる分だけ与えましょう。

ミルクより母乳のほうが消化がよく、おなかが空きやすくなるからです。

集中して飲まなくなったり、急に顔をそむけるようであれば、遊びのみをしているかもしれません。
テレビなどを見ながら授乳すると、集中の妨げとなるので、静かな環境で授乳しましょう。

混合育児の場合

混合授乳でも、母乳を授乳していれば自然と母乳分泌量は増えていき、離乳食を始めるこの時期には完全母乳になるケースが多いようです。

今まで通り、母乳を与えて足りない分をミルクで補いますが、ミルクの量については病院からの指示に従いましょう。

ミルク育児の場合

ミルクは1日200ml~220mlを4~5回程が目安で、1日のトータルが1000ml~1100mlになるよう調節してください。

4時間おきに1日当たり5回が、基本です。
体重が減ってきたり、あまり飲まなくなった場合は病院に相談しましょう。

参照:和光堂はいはい「粉ミルクの作り方」

離乳食は10倍粥から始めましょう

離乳食を始める目安としては、

  • 首が座っているか
  • 支えてあげると座れるか
  • 食べ物に興味を示しているか
  • スプーンなどを口に入れても下で押し出すことが少ないか

などの様子が、みられたら開始しましょう。

離乳食は少しずつ固さや形のある食べ物に慣れさせるため、まずは「10倍粥」から始めます。

10倍粥は米1/2カップに対して水5カップを目安に作るおかゆであり、固さはヨーグルトのようなペースト状が目安です。

赤ちゃんのペースにあわせてあげながら、1日1回1匙ずつ与えます。
慣れてきたら野菜、豆腐、白身魚などをすりつぶしたものをあげていいでしょう。

しかし食物アレルギーのあるものや、はちみつ、卵、牛乳はこの時期には与えないように注意しましょう。


排泄について

離乳食が始まると、排泄物に変化がみられ、特徴としては色がやや茶色っぽくなったり、匂いも大人のものにちかくなります。

まだまだ消化機能が未熟なため、食べたものや体調によって色や固さが変わったり、食べたものがそのまま出てきたりすることがあるでしょう。

食べたものがそのまま出てくる場合は、より小さく切ったり滑らかにすり潰すなど工夫しましょう。

生後5ヶ月の発達・特徴


では生後5ヶ月の赤ちゃんは、どんなことができるようになるのでしょうか。

生後5ヶ月の赤ちゃんにみられる特徴を紹介します。

首すわりができる

生後5ヶ月ごろには、多くの赤ちゃんが首がすわります。
はじめての育児の場合、本当に首がすわっているのか見分けがつかないかもしれません。

うつぶせに寝かせて、頭を持ち上げることができたら、首の筋肉は発達しています。
また赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、赤ちゃんの両手をゆっくり引っぱり、身体と一緒に首が持ち上がれば、首がすわっていると判断できます。

5ヶ月を過ぎても、首がすわっていなければ、離乳食ははじめられないので、月齢ではなく、赤ちゃんの成長をよく観察しましょう。

早い子はねがえりもできる

自分の力で、うつぶせの状態から仰向けになることを「寝返り返り」といいます。

生後5ヶ月ごろから、寝返りをしはじめる赤ちゃんもいるようです。
身体的にも骨や筋肉が発達したり、好奇心から自分で動きたいという自我が芽生える時期なので、ゆっくりと見守りましょう。

この時期に寝返りができないからといって、練習させたり、慌てる必要もありません。
赤ちゃんの成長は個人差が大きく、「ハイハイの前に寝返りしないとダメ」なんてことはまったくないので、安心してくださいね。

感情豊かになり、喃語が増える

感情が豊かになり、喜怒哀楽を示すようになります。

嫌なことや、なにか伝えたいことがあるときに、大きな声で泣いたり、笑ったり、喃語を使って感情を表現します。

パパやママのことをしっかり認識できる時期なので、ほかの人が抱くと泣くのに、ママやパパに抱っこされると泣き止むなど反応がみられますよ。

赤ちゃんは言葉が話せない分、ママの表情や声のトーンなどに敏感です。
この時期は赤ちゃんとたくさん触れ合って、一緒に楽しむようにしましょう。

生後5ヶ月の予防接種や検診は?


生後5ヶ月~生後8ヶ月にかけて、うけておくといい予防接種が、BCGワクチンでしょう。

BCGは、結核を予防するワクチンの通称です。
生後12ヶ月未満までに1回接種可能なので、早めに接種しておきましょう。


生後5ヶ月のお世話のポイント


生後5ヶ月の赤ちゃんは、好奇心が旺盛です。
そのため気になったものは、口にいれる傾向があるため、危険なものは手の届かないところに置きましょう。

そのほか生後5ヶ月になった赤ちゃんの抱っこの仕方や、お風呂の入れ方や服装、外出の際に気を付けたいポイントについてみていきましょう。

5ヶ月のお風呂の入れ方は?

毎日18~20時ごろに20~30分間程度お風呂タイムをとりましょう。

寝かしつけの1時間前には、入浴を済ませておかないと、寝つきが悪くなることがあるので注意が必要です。

生後5ヶ月にもなると、目を離したすきに思わぬ事故が起きる可能性があります。
ママが一人で入れる場合は、バスチェアなど便利なグッズを利用するといいでしょう。

5ヶ月だとこんな抱っこができる

首がすわったら、頭を支えなくても安定して抱っこをすることができます。

ただし首がすわっているからといって、まだ片手で抱っこをすることは避けてください。
縦抱きでも横抱きでも、しっかり両手で抱っこしましょう。

家事をしたいときは抱っこひもを使うなどして、赤ちゃんにとってムリな体勢にならないようにします。

お出かけするときに気をつけたいこと

電車や車、飛行機に乗っての遠出も、そろそろできるでしょう。
ただしなるべく混雑時は避けて、移動する方がいいです。

5ヶ月にもなるとよだれの量が多くなるので、スタイを少し多めに持ち歩くといいでしょう。

外出時は、気温に対応できるように気をつけたり、服を汚した場合の着替えなど、赤ちゃんにできるだけ負担のないように、万全の準備をして出かけましょう。

服装はどういうものがいい?

生後5ヶ月にもなると、生まれたてに比べて体のサイズも、ずいぶんと大きくなっています。

洋服のサイズは60~70、靴下は8~11cm、帽子は44cmが目安です。

しかし赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、洋服のサイズは平均サイズで買うのではなく、実際にサイズを測ってからの購入がオススメです。

春・秋

室内では、コンビ肌着+ロンパースで十分でしょう。
お出かけのときは、コンビ肌着+ロンパースに、温度調節ができるよう、ジャケット・靴下・帽子などをプラスすると安心です。

室内では、コンビ肌着やロンパースなど薄着がいいでしょう。
お出かけのときは、エアコンで冷える場所もあるので、日よけの帽子と、音頭調節のできるカーディガンを持っておくといいですね。

赤ちゃんは汗かきなので、汗をこまめにふいたり、あまりに汗で濡れているときには、着替えさせてあげましょう。

室内では、暖かい素材でできたコンビ肌着+ロンパースがオススメです。
お出かけのときは、コンビ肌着+ロンパースに、しっかり防寒できるジャンプスーツ・靴下・手袋などのアイテムを準備しましょう。

生後5ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


生後5ヶ月の赤ちゃんは、自分のまわりの物に興味津々で、手を伸ばして物をつかんだり、蹴ったり、口に入れたり、また、音を聞き分けることも、できるようになります。

これらの特徴を生かした、「五感を育てる」ための遊びがオススメです。

たとえば「いないいないばあ」や、ガラガラのなるおもちゃ、布絵本、手遊びしながら歌を歌ったり、積極的に散歩に連れて行くのもいいでしょう。

外界に触れ合うことによって、五感を刺激し、適度に疲れるため夜もぐっすり眠ってくれるようです。

生後5ヶ月で注意したいこと


生後5ヶ月の赤ちゃんをお世話するときには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

夜泣きが始まるので睡眠時間に注意

朝は7時までに起こして太陽の光を浴び、夜は20時くらいまでには部屋を暗くし、寝かせてあげるのが理想です。

夕方に寝ると、夜の睡眠に影響が出るので、17時ごろには起こしましょう。
お風呂も就寝の1時間前には済ませてください。

体内時計が整い始めるこの時期に、しっかりと昼夜の区別をつけておくと、夜泣きの改善につながります。

急に大きな声を発することがあるので周りの配慮に注意

公共の場であったとしても、赤ちゃんは喃語を大きな声で話し始めたり、泣き出すことはよくあります。

赤ちゃんが泣きだすのは、仕方のないことではありますが、まわりの人への配慮は忘れないようにしましょう。

赤ちゃんに優しく声をかけ、あやしたり、、赤ちゃんとゆっくりとできる場所に移動すると、赤ちゃんもママもラックスできますよ。

おっぱいの遊びのみに注意

まわりの物や音が気になって、急に赤ちゃんがおっぱいを飲まなくなることがあります。

遊びのみの対策として、静かな場所でママと2人きりのときに飲ませてあげると、集中できるようです。

またママ側が原因の場合は、食生活を見なおすことやおっぱいマッサージを試すのもいいですね。

はいはいの手前の「ずりばい」に注意

ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせの状態でほふく前進のように動く動作のことです。

テーブルやタンスなどの角に、顔や頭をぶつけないよう早めに安全グッズを揃えておきましょう。

またコンセントの差し口やストーブ、扇風機、階段などそれぞれに対しての安全グッズも確認し、赤ちゃんにとって安全な家作りをするように心掛けましょう。

生後5ヶ月の行事は?


生後5ヶ月で生後はじめての節句の祝い「初節句」をむかえる場合には、子どもの健やかな成長を祈願します。
男の子は5月5日、女の子は3月3日が節句の日です。

5月5日の「端午の節句」は、鯉のぼりや武者人形を飾り、チマキや柏餅を食べてお祝いします。
3月3日の「桃の節句」には、雛人形を飾り付け、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒を食べてお祝いしましょう。

5ヶ月の赤ちゃんは食べ物や行動の変化が楽しみ


生後5ヶ月ごろから首も安定し、大人への第一歩として、離乳食を始めたり、はいはいの手前のずりばいを始めたりする赤ちゃんもいます。

また赤ちゃんの夜泣きで、悩むママも少なくありませんが、メリハリのある生活をこころがけると、改善するでしょう。

まわりと比べて、自分の子の成長に不安を感じる場合は、1人で悩まず、かかり付けのお医者さんに相談してください。

さまざまなものと触れ合う発見の時間が、赤ちゃんにとって一番の楽しみです。
たくさん遊んで笑顔で笑う時間を、積極的にとりましょう。

あまりママもムリをせず、パパや周りに頼れる人がいれば甘えてしまうのもいいですね。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...