【助産師が教える】断乳・卒乳の進め方と職場復帰の工夫

母乳をいつまで飲ませていいのか、正直よくわからないママが多いのではないでしょうか。

母親や姑、またはご親せきや近所の方から「そろそろおっぱいをやめたら?」と言われるのは1歳ごろの方が多いかもしれません。

そこでこの記事では、断乳・卒乳の時期や方法、心がまえについて紹介します。

赤ちゃんがおっぱいから卒業するのは、成長の大切な過程です。
同時にママの生活によって、卒業までの流れも変わってきます。

記事のなかで、実際に断乳や卒乳を進めるうえでのリアルな悩みへの対処法も細かくお伝えしますので、ぜひ参考にして下さい。

断乳/卒乳とは?望ましい時期はあるの?

1歳の女の子の画像
断乳/卒乳は、どちらも赤ちゃんがおっぱいから離れる状況を指します。

言葉の使い分け方や、望ましい断乳/卒乳の時期についてみていきましょう。

断乳と卒乳の違いは「ママの意思」があるかどうか

赤ちゃんのおっぱい離れを指して、以下の3つの表現がよく使われます。

  • 断乳:ママの意思でおっぱいを断つこと
  • 卒乳:赤ちゃん自身が自然におっぱいから離れていくこと
  • 乳離れ:おっぱい以外にも関心を持ち始めること(離乳食のはじまり)

参照:日本助産師会「赤ちゃんとお母さんにやさしい母乳育児支援」

断乳/卒乳が指す状況はどちらもほぼ同じであり、おっぱい離れがママの意思によるものかどうかで、使い分けられているようです。

おっぱいを卒業させるべき時期はとくにありません

最近はおっぱいを卒業させるべき時期について、さまざまなウワサがありますよね。

しかしもともと、「1歳前後でおっぱいをやめた方がよい」などという言説があったわけではありません。

たとえば日本で初めて「断乳」という言葉が使われたのは昭和61年と、まだ最近のことです。

昭和30年代後半ごろから「1歳でやめた方がよい」という情報が広まったと考えられています。

母子健康手帳にも「断乳」という言葉は使われておらず、「離乳の完了」という言葉が使われているのです。

世界的な機関も、授乳について下記の通りに述べています。

世界保健機構(WHO)

生後6カ月までは母乳だけで児を育て、補完食(離乳食)を始めたのちも2歳かそれ以上まで母乳育児を続けることを勧める

引用:日本WHO協会「母乳育児のガイダンス」

アメリカ小児科学会

「少なくとも12か月、それ以後は母と子が望む限り長く授乳を続けることが勧められる」と主張しています。

引用:米国小児科学会「『母乳と母乳育児に関する方針宣言(2012年改訂版)』のEXECUTIVE SUMMARY」

あき先生
あき先生

おっぱいは、栄養補給だけではなく、子供にとっては安心と癒しの存在。
丸くてやわらかくて、ママのぬくもりを感じ、いいにおいがする…。

私たち大人と比べて、赤ちゃんにとっての毎日は想像以上の大変化です。
授乳時間は「ここだけは変わらない」と、安心して癒される場かもしれません。

赤ちゃんがおっぱいをやめるのは「おっぱいが嫌だから」ではありません。

大好きなおっぱいよりも、楽しいことやおいしいものが見つかり、おっぱいがなくても安心して生活できるようになれば自然と欲しがらなくなっていきます。

1歳を過ぎたら、おっぱいよりも楽しいものやおいしいものをたくさん教えてあげたい。
食べ物や飲み物、お友達との遊び、絵本やおもちゃ…。

おっぱいを求めてきたときに、「おっぱいもいいけれどこの食べ物はいかが?」「おっぱいも良いけれどお出かけしない?」と気持ちを他のものにそらしていきます。

それでも「おっぱいがいい!」と主張されたら、その赤ちゃんの価値観では、まだまだおっぱいが最優先と考えているのでしょう。
提案をして少しずつ気持ちをそらしていくことで、少しずつ回数が減っていきます。

「断乳」と「卒乳」のどちらが「正しい」ということではありません。
まわりと同じにしなくてはいけないこともなく、わが子に合わせてママが決めてよいのです。

卒乳Q&A!断乳/卒乳の悩みを細やかに解決

テーブルの上にあるQとAの置物
卒乳でよく受ける質問を紹介します。

先輩ママ

長く飲ませても母乳の栄養が減るのかな?

あき先生
あき先生

おっぱいの成分は朝と夕方、飲ませ始めと飲み終わりなどで、脂肪量や味も多少変わります。
しかし全体的に見て、母乳の栄養成分は1年を過ぎてもほとんど変わりません。

先輩ママ

長く飲んでいると甘えん坊になるの?

あき先生
あき先生

「甘える=わがまま」ではありません。甘えることと甘やかしは違います。甘えることができるのは安心することであり、おっぱいという安心基地があるから新しい所に出ていけるのです。

先輩ママ

歯が生えたら虫歯になるのでは?

あき先生
あき先生

母乳は虫歯の原因になりません。
虫歯の原因は食べ物のカスです。

母乳の中に含まれているラクトフェリンは、むしろ虫歯菌の増殖を抑えるといわれています。

先輩ママ

長く飲ませるとママの体に影響があるのでは?

あき先生
あき先生

母乳だけで育てた場合、平均的な月経の再開は14.6か月後。
1年たっても月経が来ないから母乳をやめると考えるのはやや早いのです。

むしろ母乳期間が長い方が、乳がんや卵巣がんのリスクを減らすことも分かってきています。

先輩ママ

授乳回数がなかなか減らず心配です…

あき先生
あき先生

授乳回数は、月齢とともに減っていきます。
「1歳を過ぎたらママと二人のときだけね」と、いつでもどこでもおっぱいを与えるのは控えてもいいと思います。

おっぱいを飲む期間は、こどもの一生の中でほんのいっとき。
思春期になっても飲んでいる子はいません。
おっぱいバイバイの時期を赤ちゃん自身のペースに合わせてのんびり決めてもいいのかな、と思います。

職場復帰するママは授乳できない?母乳育児を続けるための工夫を紹介

ママの顔を見ながらおっぱいを飲む赤ちゃん
「できれば子供が欲しがるうちはおっぱいを飲ませたいけれど、お仕事にも戻りたい」というママが増えています。

「保育園に預けるから断乳をしなくてはいけない」と考えているママが多いのですが、実は必ずしもおっぱいをやめなくてはいけないわけではありません。

保育園に通うようになってママと過ごす時間が短くなるのであれば、ママと一緒のときは濃い時間を過ごしたいですよね。

「おっぱいを吸わせる」という濃いスキンシップは保育士さんには真似できないのです。

保育園に通わせながら母乳育児を続ける工夫をご紹介します。

1:昼間はミルク/夜はおっぱいという変則的な授乳方法を取り入れる

6ヶ月を過ぎればおっぱいの勢いもおちついてくるので、昼間に吸わせなくなれば、夜だけ出るおっぱいに変わっていきます。

始めの数日はおっぱいが張って痛むこともあるので、入園の数ヶ月前から準備が必要です。

昼間はおっぱいが張ってきたら、圧抜き程度に軽く搾乳をして、夜はたっぷり飲ませる授乳習慣をつけていく方法にしていきましょう。

2:冷凍母乳を与える方法

仕事の休憩時間におっぱいを絞り、冷凍(または冷蔵)保存をして保育園で飲ませてもらいましょう。
冷凍した母乳を預ける場合は、保育園と相談をしてくださいね。

冷凍母乳パックを準備し、入園までに搾り方を練習しておくとよいですね。

「不衛生な気がする」と冷凍母乳が何となく不安な方がいたら、冷凍パックを使用すれば密閉保存できます。

なにより母乳は食品なので、食品としての取扱いをすることが前提です。

あき先生
あき先生

もちろんいつまでも、冷凍母乳を与え続けるのも考えものです。

保育園の生活に慣れて、しっかり食べられるようになったら夜間授乳だけにして、保育園の食べ物や飲み物を楽しんでほしいですよね。

1歳頃になったら、昼間は園の食事で夜はたっぷりおっぱい

そんな方法はいかがでしょうか?

子育てと仕事の両立は確かに大変です。
どちらも中途半端にできないという気持ちだと思います。

しかし、母乳育児を続けながら働いているお母さんの多くは「おっぱいがあったから乗りきれた」と話しています。

というのは、お母さんが仕事で疲れているときや大変なときは、ママの代わりにおっぱいが赤ちゃんを慰めてくれます。

そして赤ちゃんにとっても、保育園でママをず~っと待っていて、寂しい時やつらくてがまんしていた心が、おっぱいによって解消されるからです。
赤ちゃんがぐずったときの天然の眠り薬です。

母子にあわせたタイミングでおっぱいを卒業させよう

紙パックの牛乳を飲んでいる幼児
卒乳/断乳を進めるときに、心に留めておくべきポイントについて紹介しました。

基本的にはママと赤ちゃんのペースにあわせて卒業するのが一番です。

「この時期までに卒乳していないといけないのでは」と焦らず、子育てを楽しんでくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...