【生後6ヶ月】の赤ちゃんの成長や注意点は?

生後6ヶ月の赤ちゃんは、ぐらぐらしていた身体に安定感が出てくる時期です。

首も完全にすわり、ママが支えれば少しのあいだ、おすわりもできる子もいるでしょう。
表情も今までよりもぐんと豊かになるころなので、お世話もより楽しくなります。

身体の成長だけでなく人見知りが始まったり、自我が芽生えるなど、心も大きく成長します。

このようにさまざまな面で、大きく成長していく月齢なので、お世話のしかたや気をつけるポイントなども、これまでとは異なります。

今回はそんな生後6ヶ月の赤ちゃんの成長や特徴などについて、紹介します。

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について


生後6ヶ月になると、ほとんどの赤ちゃんの首がすわり、寝返りがうてるようになります。
またまだまだ一人ではムリですが、支えてあげるとおすわりができる子もいるでしょう。

手や腕の筋肉も発達するので、両手でおもちゃを持って遊ぶなど、動きがより活発になるので、今までより体重の増加ペースは穏やかになります。

個人差もありますが、この時期に離乳食を始める赤ちゃんが多いでしょう。
心の成長としては、人見知り、泣き方に感情がともなっていたり、奇声をあげて自己主張することもあります。

そして生後6ヶ月になると、生まれたときにママからもらった免疫力がなくなる、といわれています。
風邪や病気にも罹りやすい時期なので、注意しましょう。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:63.6~72.1cm、体重:6.44~9.57kg
女の子 身長:61.7~70.4cm、体重:6.06~9.05kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

成長のスピードは穏やかになり、個人差はもちろんありますが、月に300グラム程度の増加が平均です。
1日に計算すると約10グラム~20グラムほどです。

ただこの時期は離乳食が始まり、赤ちゃんによって始める時期や食べる量も違うので、増え方にはかなり個人差があります。

ほかにも寝返りなど身体の動きが活発になり、赤ちゃんの運動量も今までより増えるため、体重が思ったほど増えていなくても、神経質になる必要はありません。

成長曲線はあくまで目安なので、元気があって曲線のカーブに沿って成長していれば問題ないでしょう。
それでも心配な場合は各自治体でおこなわれる6ヶ月検診や、かかりつけ医で相談しましょう。

どれくらい寝るようになる?

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、1日13時間~15時間程度です。
個人差はありますが、睡眠リズムもついてきます。

お昼寝は1日平均2回から3回になり、1~2時間程度まとまって眠れるようになるため、昼寝だけでなく夜も朝までぐっすり寝る子もでてきます。

ただ同時に夜泣きが始まる時期でもあるので、赤ちゃんによっては以前より頻繁に起きることもあるでしょう。

赤ちゃんの脳が急速に発達する時期なので、昼間の刺激で脳が活発になり夜泣きにつながっているといわれたり、乳歯が生え始める時期なので歯茎のむず痒さが原因ともいわれています。

はっきりとした原因はわからないことが多く、赤ちゃんも訳がわからず、寝ぼけながら泣いている場合もあるので、泣いているときは、一度赤ちゃんの目を覚ましてあげましょう。

ママがそばにいると感じると、安心してまた眠りにつくかもしれません。

また寝るときの添い乳がクセになり、おっぱいが口にないと不安になって起きる子もいるようなので、添い乳を辞めるのも効果的かもしれません。

参照:ムーニーユニ・チャーム「赤ちゃんはなぜ泣くの?夜泣きとは?」

授乳量や回数はどうなる?

生後6ヶ月になると、授乳間隔も空き、一度に飲める量も増えてきます。

同時に離乳食も始まるころで、赤ちゃんによって食べる量も飲む量も違うので、あまり数字にこだわらないようにしましょう。

母乳育児の場合

母乳育児の場合、授乳回数は1日5~6回くらいが平均です。

赤ちゃんの離乳食の進むスピードにもよりますが、まだまだ母乳からの栄養が必要な時期なので、離乳食後も赤ちゃんが欲しがれば、欲しがるだけ授乳してくださいね。

混合育児の場合

混合育児の場合も離乳食の進み具合によりますが、離乳食を与え、その後母乳を与えます。

母乳が足りないようなら、ミルクを足すという具合で、すすめましょう。

ミルク育児の場合

ミルクの場合は1日5回、1回200mlが平均です。

離乳食のスピードにもよりますが、まだミルクからの栄養を必要とする時期なので、数字に神経質にならず、赤ちゃんが離乳食後もミルクを欲しがる場合はあげるようにしましょう。

離乳食は10倍粥からゆっくりと始めよう

生後5~6ヶ月になると、離乳食がはじまります。
離乳食は赤ちゃんにとってはじめて、口に入れる食べ物です。

離乳食をはじめるにあたって、知っておきたいポイントを紹介します。

離乳食で、母乳で補えない栄養を与えよう

離乳食をこの時期に始めることには、きちんとした理由があります。

生後6ヶ月ごろから、赤ちゃん成長に必要な鉄分が、母乳だけでは補えなくなります。
そのため離乳食をとおして、鉄分を補わないと鉄欠乏性貧血になる可能性があるのです。

鉄分は脳の働きに大切な栄養なので、脳が活性化しているこの時期の鉄欠乏貧血は、知的能力・コミュニケーション・感情表出などに関係します。

赤ちゃんのすこやかな成長のためにも、しっかりと離乳食で栄養補給しましょう。

参照:ニコニコこどもクリニック「赤ちゃん」韓国仁荷医科大学「Iron deficiency anemia in infants and toddlers(乳幼児の鉄欠乏貧血)」

離乳食を始める目安は?

離乳食のスタートはとても大切な節目ですが、月齢でスタート時期を決めるのではなく、赤ちゃんの成長にあわせて、見極めましょう。

一般的な目安としては、赤ちゃんに下記の様子があれば離乳食を開始する時期であると判断していいようです。

  • 首がしっかりとすわっている
  • 支えると少しの間座れる
  • 食べものに興味のある反応を見せる
  • スプーンなどを口に入れても舌で押し出したりしない

このような様子がみられたら、赤ちゃんも離乳食を受け入れる準備が整っています。
ゆっくりとムリのないように、離乳食をスタートしましょう。

離乳食の始め方

5~6ヶ月は離乳食の初期に当たる時期なので、1日1回の授乳を離乳食に変えます。

大事なのは食べ物の味や舌触りになれ、飲み込む練習をすることです。

まだ食べないからといって、心配する必要はありません。
まずは少しずつ慣れていくことが大切です。

  1. 水:お米 10:1の10倍粥からスタートします。
    はじめの一週間はおかゆのみをあたえます。
    まだまだ量は食べられないのでスプーン1杯からで大丈夫です。
  2. そして野菜を1種類ずつ増やしていきます。
    アレルギーがある可能性もあるので食材を増やす際は小さじ1杯づつにし、必ず赤ちゃんの様子を確認するようにしてくださいね
  3. 3週目になったらタンパク質を取り入れます。
    オススメはさっぱりしているお豆腐や白身魚です。
    食材によってはすりつぶしただけでは飲み込みにくいものもあるので、水で溶いたり工夫してあげましょう。

アレルギー症状が出る子もいるので、新しい食材をあげる場合は小児科が開いている午前中がいいですよ。

離乳食が進んできたら少しずつ量を増やし、スタートして1ヶ月程たったら2回食に進めていきましょう。
赤ちゃんに手づかみをさせたり、食事を楽しんでもらう工夫をすることも離乳食がすすむポイントです。


排泄について

このころの赤ちゃんの排泄回数は、生後5ヶ月同様で1日4回くらいが目安です。

便の状態もおっぱいやミルクだけを飲んでいたころのような黄色っぽい色から、離乳食の影響で、大人と同じような色や匂いに変化してくるこです。

離乳食が始まっているので、赤ちゃんによっては下痢気味になる子や、逆に便秘になる子もいます。

元気で食欲があれば、特に問題ありません。
便秘の場合は、麦茶や野菜スープなど、水分を与え、下痢の場合は、離乳食の量を減らしたり、炭水化物をメインで与えるなどして、様子をみましょう。

あきらかに様子がおかしい場合は、すみやかに病院の先生に相談しましょう。

生後6ヶ月の発達・特徴


生後6ヶ月になると、完全に首がすわり、寝返りができるようになる子が多くなります。

1人で支えがなくても座れるようになるのはまだちょっと先ですが、ママが支えてあげれば少しのあいだ、座れる子もいるでしょう。
はやい子は、ハイハイやズリバイ、つかまり立ちをしようとするする子もいるかもしれません。

また感情も豊かになり、人見知りや、赤ちゃんの要求内容で泣き方も変化します。
夜泣きが始まる子もいるなど、成長過程での変化が多い時期です。

これまで以上にできることが増え、ママやパパもわが子の成長を実感できるでしょう。
そのぶん目が離せないころなので、危険がないよう、しっかりと対策しておくことが大切です。

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」厚生労働科学研究(子ども家庭科学研究)「お母さんと子どものコミュニケーションのために」

生後6ヶ月の予防接種や検診は?


生後半年には、6ヶ月検診があります。
各自治体で実施する場合や、個人でかかりつけ医へ予約をとっておこなうう場合があります。
わからない場合は、各自治体に確認しましょう。

予防接種も生後2ヶ月からの一般的なスケジュールに沿って摂取した場合、B型肝炎が終了し、ヒブワクチン、小児科肺炎球菌の3回目までが終了しているころです。

4種混合の3回目、そしてBCGの接種(生後5ヶ月~8ヶ月の間に摂取) をおこなうころでしょう。

予防接種は赤ちゃんの体調などによっては摂取できない場合もあります。
スケジュールを変更しないように体調に気を付けるのが一番ですが、変更になる場合は再度スケジュールを立て直し、確実に実施できるようにしましょう。

また生後6ヶ月になると、インフルエンザのワクチンも摂取可能になります。
赤ちゃんが罹ると重症化する恐れがあるので、流行る時期は家族みんなで摂取するといいですね。


生後6ヶ月のお世話のポイント


赤ちゃんは日々どんどん成長するので、お世話のポイントも変わってきます。
生後6ヶ月の赤ちゃんをお世話する時のポイントを紹介します。

6ヶ月のお風呂の入れ方は?

首がすわると、バスチェアが大活躍します。

ママ1人でも赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることができます。

ママが身体を洗ったり、着替えをする際も赤ちゃんを遊ばせながら、安全に待たせておくことができるのでオススメです。

6ヶ月だとこんな抱っこができる

ほとんどの子が首すわりが完了している時期なので、頭を支えなくても脇やお尻を支えると抱っこができます。

横抱っこより、まわりがよく見える縦抱っこを好む赤ちゃんが多いので、縦に抱っこしてあげましょう。
おんぶもできるようになるので、おんぶ紐などを活用してもいいですね。

おんぶには赤ちゃんの心身成長におけるメリットが、たくさんがあります。
ママも両手が開くので、家事がはかどるのでオススメですよ。


生後6ヶ月お出かけにオススメの場所


生後6ヶ月になると、少しづつ行動範囲も広がります。
同時に風邪や感染症などにかかりやすい時期でもあるので、注意も必要です。

近くの公園などへお散歩

決まった時間にお散歩することは、生活リズムを立てる面でも効果的なのでオススメです。

外の空気、匂い、音などに触れるだけでも赤ちゃんには刺激になり、脳の発育にもいいとされています。

感染症や風邪の心配がある人混みに比べて公、園ならあまり神経質にならなくていいですね。
ほかにも赤ちゃんが急にぐずっても、外ならあまり周りにも気を使わずにすみます。

支援センター

支援センターなども活用するといいでしょう。

赤ちゃんにとっても、刺激になるほか、ママにとってもよその子を見てこれからの赤ちゃんの成長を実感したり、ほかのママと交流できるチャンスになります。

自治体によっては保健師さんや看護師さんがいる場合もあるので、心配なことや育児の悩みなども質問できますよ。

ただ感染症が気になる時期などは、避けた方がいいかもしれません。

長距離の移動も可能

生後6ヶ月ごろになると、赤ちゃんもまわりに興味津々なので、外出を喜びます。
同時に身体がしっかりしてくるので、長距離の移動もできます。
今は0歳から遊べるテーマパークなどもあるので、家族でそういった場所へお出かけするのもいい思い出になるので、オススメです。

公共機関では赤ちゃんが急に泣き出しすることもありますが、焦らず、落ち着いて対応しましょう。
お気に入りのおもちゃを持参しておくといいですよ。

服装はどういうものがいい?


生後6ヶ月の洋服のサイズは下記のようになります。

  • サイズ70
  • 帽子46cm
  • 靴下9~10cm

あくまでも目安なので、必ず赤ちゃんのサイズに合うものを選びましょう。
どうせ成長するからと大き目のサイズを選ぶと、動きにくくなる場合もあるので注意が必要です。

この時期は、おすわりができる赤ちゃんもおり、頭からかぶるタイプのロンパースなども着させやすくなります。

ほかにも、上下セパレートの洋服なども取り入れてると服の幅が広がり、選ぶのも楽しくなりますよ。

まだまだオムツ替えが頻繁な時期なので、股下にボタンやスナップのついたものを選ぶのがオススメです。

このタイプならママが赤ちゃんを抱っこしてもお腹が出る心配がありません。

春・秋

短・長肌着+セパレートのトップスとボトムス(もしくはロンパース)が最適です。

ときにまだ寒かったり、暑かったりするので、外出時は温度調整ができるよう羽織れるアイテムを持参しましょう。

短肌着+セパレイトのトップスとボトムス(もしくはロンパース)がオススメです。

外出時のエアコンや日差しが気になるときは、帽子や薄手のカーディガンなどを使用しましょう。
肌負担の少ないトップスを選べば、肌着は着なくてもいいので、より涼しく過ごせます。

長肌着+カバーオールでしっかり防寒しましょう。

その日の寒さによっては、カーディガンなどを着用するといいですね。
外出時はジャケット、帽子なども活用しましょう。。

生後6ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


生後6ヶ月になると、赤ちゃんは手の動きが活発になり、おもちゃなどを両手で掴んで遊ぶようになります。

手でいろいろなものを触るということ自体が、赤ちゃんの脳にはとても刺激になるのです。
手で触ったり、握ったりすることで思考力や記憶力などが活発し、脳の発育にいいとされています。

できるだけさまざまな形や手触りのものを、触らせてあげてくださいね。

ほかにも鏡で赤ちゃんに自分の顔を見せたり、絵本などを読み聞かせることも脳に刺激になるようです。

今は絵本の種類もたくさんあり、りますよね、布製のものや、仕掛けがあるものなどさまざまです。
赤ちゃんが触っても見ても楽しめますし、
読み聞かせすることで立派なコミュニケーションツールとしても大活躍してくれますよ。

このころはとくに、音を正確に聞き分ける能力も備わるので、音楽を聞かせたり、積極的に話しかけてあげることも効果的でしょう。そうです。

参照:東京大学大学院教育学研究科・准教授 「乳児における発達脳科学研究 」

生後6ヶ月で注意したいこと


生後6ヶ月の赤ちゃんをお世話するさいに、気をつけたいポイントを紹介します。

目を離さないようにする

今までは寝返りもできないので、興味のあるものがあっても自ら取りに行くことはできませんでしたが、この時期になると、寝返りやズリバイで移動が可能します。

思っているよりも素早く移動することがあるので、すこし離れているからといって油断せず、誤飲の危険があるようなものは、手が届かない場所におきましょう。

腕や手の力がつき、なんでも手にもつことができるので、興味のあるものはなんでも、口にいれる恐れがあります。

お座りしているときは目を離さないで

少しづつお座りが上手になりますが、まだまだすぐに転んでしまいます。

少し目を離したときに、身体がぐらっとして頭を打つと大変です。

安定するまでは、お座りをしている赤ちゃんから目を離さないようにしてください。

寝返りやズリバイ

今まではと違い、寝返りができると、赤ちゃんの行動範囲が広がります。
危険なものが多い場所には、赤ちゃんが近づかないようにベビーゲートを使用するなど工夫しましょう。

コンセントにもキャップをしたり、テーブルの角にガードをつけるなど、安全面に気をつけてください。

風邪をひきやすくなる

生後6ヶ月をすぎると、ママからもらった免疫がなくなるころです。
実際にこのころから、風邪や感染症にかかる子も増えるので、注意が必要です。

赤ちゃんは自分で感染予防対策ができないので、ママやパパが手洗いうがいを徹底するようにしましょう。

大人が罹っても大したことじゃない病気でも、赤ちゃんがかかると重大な病気に発展する可能性もあります。

また感染症などが流行る時期は、できるだけ外出も控える方が無難かもしれません。

様子がいつもと違うと感じたら、その内容と日時をメモしておくといいでしょう。
あとでかかりつけ医に診てもらう際に、状況を把握しやすくなるので、的確な診断につながります。

夜間などに急な発熱や、いつもと様子違うなと感じる場合は、小児救急でんわ相談(#8000)で小児科医師や看護師に相談できるので、活用しましょう。

生後6ヶ月の行事は?


最近では、生後半年のハーフバースデーを祝う人が増えてきました。

お祝いの仕方はさまざまですが、離乳食で誕生日プレートをつくり祝ったり、自宅でお部屋をデコレーションして写真をとったり、他写真館で記念撮影する人もめずらしくありません。

ママにとっても、ママ歴6ヶ月の節目です。
とくに決まりはないイベントなので、思い出に残るように、工夫するのも楽しいでしょう。

6ヶ月の赤ちゃんは日々の変化が楽しみ

赤ちゃんから、少しずつ子どもらしく変化するこの時期は、たくさんの成長がみられるので、赤ちゃんに接していて本当に飽きません。

日々変化する様子に目が離せなくなるでしょう。
後追いや人見知りが始まり、ママを求めて泣く姿は本当に可愛いものです。

感情面でも豊かになってくるころ、たくさん話しかけ、積極的に遊んであげることも大切ですね。

ハーフバースデーを家族で盛大に祝ったり、赤ちゃん連れの旅行なども計画して、ママもパパも日頃の疲れを癒してもいいでしょう。

離乳食のスピードや、発育のペースなどほかの子と比べたり、育児本などの情報で心配になることもあるかもしれません。
あまり考えすぎず、心配なときはかかりつけ医で相談してくださいね。

<PR>
注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク