【助産師監修】「生後6ヶ月」の赤ちゃんの成長や、お世話のポイント・注意点は?

【助産師監修】「生後6ヶ月」の赤ちゃんの成長や、お世話のポイント・注意点は?

生後6ヶ月の赤ちゃんは、ぐらぐらしていた身体に安定感が出てくる時期です。

身体の成長だけでなく人見知りが始まったり、自我が芽生えるなど、心も大きく成長します。

生後6ヶ月はさまざまな面で大きく成長する月齢なので、お世話のしかたや気をつける点なども、これまでとは異なります。

今回は、そんな生後6ヶ月の赤ちゃんの成長や特徴、お世話のポイントをまとめました。

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について

生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝返りなど身体の動きが活発になり、運動量が増加します。
そのため、体重が思ったほど増えていなくても、神経質になる必要はありません。

生後6ヶ月の赤ちゃんの身長・体重の目安を、くわしくみていきましょう。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:63.6~72.1cm
体重:6.44~9.57kg
女の子 身長:61.7~70.4cm
体重:6.06~9.05kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後6ヶ月ごろになると、成長のスピードは穏やかになります。

個人差はありますが、月に400~500g程度の増加が平均的でしょう。
1日に計算すると約15g~20gほどです。

ただし、生後5~6ヶ月ごろになると離乳食が始まります。
そのため、赤ちゃんによって離乳食を始める時期や食べる量がことなり、体重の増え方には個人差があります。

成長曲線はあくまで目安なので、元気があって、曲線のカーブに沿って成長していれば問題ないでしょう。

生後6ヶ月の発達・特徴

6monthbaby

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達について、くわしくみていきましょう。

生後6ヶ月になると、体だけでなく心も発達し、感情がより豊かになります。

自己主張をするようになるので、自分をアピールするために泣いたり、奇声や喃語(なんご)を発するようです。

首がすわり、早ければお座りができるように

生後6ヶ月になると、完全に首がすわり、寝返りができるようになる子が多くなります。

また、生後6ヶ月の赤ちゃんのなかには、ママやパパが支えてあげると、おすわりができる子もいるでしょう。

支えなしで座れるようになるのは、7~8ヶ月ごろとされているため、最初のうちはママやパパがしっかり見守りましょう。

人見知りがはじまる

6ヶ月ごろの赤ちゃんは、ママやパパと他人との区別がつくようになり人見知りをする子もいます。

生後6ヶ月になると、体だけでなく心も成長して、感情が豊かになります。
そのため、近所の人や久しぶりに会った人を見て、泣きだすこともあるでしょう。

同時に生後6ヶ月は、ママやパパが大好きになる時期でもあるため、赤ちゃんと積極的にコミュニケーションをとり、親子の中を深めるとよいでしょう。

赤ちゃんの人見知りは、成長のひとつとしてとらえてくださいね。

早ければ歯が生えてくる

生後6ヶ月ごろになると、早ければ1本目の歯が生えてくる赤ちゃんもいます。

ただし、1歳になっても歯が生えてこない子がいるなど、生える時期には個人差があるものです。

まだ歯が生えていなくても焦らずに待ちましょう。

歯が生えてきたら、赤ちゃん専用の歯ブラシで磨くなど、ケアを怠らないようにしてください。

手先の動きが発達する

生後6ヶ月になると、手や腕の筋肉が発達するので、手先の動きがより活発になります。

両手でおもちゃを持って遊んだり、興味のあるものに自分から手を伸ばすようになるでしょう。

生後6ヶ月の授乳量・回数はどうなる?離乳食は?

生後6ヶ月になると、授乳間隔が空き、一度に飲める量も増えてきます。

同時に離乳食が始まる時期であり、赤ちゃんによって食べる量や飲む量は変わってくるようです

そのため、ミルクの量・離乳食の量など、細かい数字にこだわりすぎないように注意しましょう。

授乳量や回数の目安

おおよその授乳量や回数の目安を、種類ごとに紹介します。

母乳育児の場合

母乳育児の場合、授乳回数は1日5~6回くらいが平均です。

離乳食初期は、まだまだ母乳からの栄養が必要です。

離乳食後も赤ちゃんが欲しがれば、欲しがるだけ授乳して問題ありません。

混合育児の場合

離乳食を与えてから、母乳を与えます。

母乳が足りないようなら、ミルクを足すという具合で、すすめましょう。

ミルク育児の場合

ミルクの場合は1日5回、1回200mlが平均です。

離乳食初期は食べ物に慣れる時期なので、、まだミルクからの栄養を必要です。

数字に神経質にならず、赤ちゃんが離乳食後もミルクを欲しがる場合はあげるようにしましょう。

離乳食の始め方は?

厚生労働省によれば、離乳食の開始時期は、生後5~6ヶ月がよいとされています。

離乳食初期にあたる生後6ヶ月では、まず1日1回の授乳を離乳食に変えることから始めましょう。

参照:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」

離乳食を始める時期の目安

離乳食のスタートはとても大切な節目ですが、月齢でスタート時期を決めるのではなく、赤ちゃんの成長にあわせて見極めてください。

一般的な開始の目安としては、赤ちゃんに下記の様子があれば離乳食を開始する時期であると判断していいようです。

  • 首がしっかりとすわっている
  • 支えると少しの間座れる
  • 食べものに興味のある反応を見せる
  • スプーンなどを口に入れても舌で押し出したりしない
  • よだれがよく出るようになる

このような様子がみられたら、赤ちゃんも離乳食を受け入れる準備が整っています。

離乳食を始める手順

離乳食を始めるときの、くわしい手順を見ていきましょう。

  1. まずは10倍粥をスプーン1杯から始める
  2. 野菜を1種類ずつ増やす(小さじ1杯から)
  3. 3週目でタンパク質を取り入れる
  4. 少しずつ量を増やし、開始から1ヶ月程たったら2回食にする

まずは、水:お米を10:1で作った「10倍粥」からゆっくりとはじめます。
最初から量は食べられないので、スプーン1杯のおかゆを食べることからはじめましょう。

3週目になったら、タンパク質を取り入れます。
オススメはさっぱりしているお豆腐や白身魚です。

食材によっては、すりつぶしただけでは、赤ちゃんが飲み込みにくいものもあります。
ペーストにした上で、水を足してなめらかにする工夫をしてください。

アレルギーに注意しよう

初めての食材を食べさせるときは、1種類づつ増やしましょう。

食べたあとに、赤ちゃんに湿疹や下痢などの症状がでた場合は、アレルギーの疑いがあります。

複数の新しい食材を食べさせて、なんらかの反応がでたときに、原因の特定が難しくなるので、食材を増やすのは1種類にしましょう。

赤ちゃんに異変があったときに、すぐに病院にいけるよう、新しい食材に挑戦する場合は小児科が開いている平日の午前中がおすすめです。

食べないときの対処法

赤ちゃんによっては、顔をそむけたり泣いたりして、離乳食をなかなか食べてくれない子もいるようです。

そうした場合は、以下のような方法を試してみてください。

  • 離乳食を2~3日休ませてみる
  • 薄めた味噌汁などで、おかゆにほんのり味をつけてみる
  • スプーンを変えてみる
  • 手づかみをさせてみる
  • 家族が美味しそうに食べている姿を見せる

赤ちゃんが離乳食を嫌がる場合は、2~3日休ませたあと、様子を見て再開します。

それでも食べるのを嫌がる場合は、スプーンが気に入らないのかもしれません。
形状や質感のちがうスプーンに変えて、赤ちゃんの様子をチェックしましょう。

離乳食は赤ちゃんにとって、知らない食材を口に入れるという、はじめての経験です。
すぐに食べないからといって、心配する必要はありません。

大事なのは食べ物の味や舌触りになれ、飲み込む練習をすることです。

赤ちゃんに手づかみをさせたり、ママやパパが美味しそうに食べる様子を見せて、食事を楽しんでもらう工夫をするのもポイントですよ。

母乳では補えない栄養を与えよう

生後6ヶ月ごろから、赤ちゃん成長に必要な鉄分は、母乳だけでは補えなくなります。

そのため、離乳食によって鉄分を補わなければ、鉄欠乏性貧血になる可能性があるのです。

鉄分は脳の働きに大切な栄養なので、脳が活性化しているこの時期の鉄欠乏貧血は、知的能力・コミュニケーション・感情表出などに関係します。

赤ちゃんのすこやかな成長のためにも、しっかりと離乳食で栄養補給しましょう。

参照:ニコニコこどもクリニック「赤ちゃん」韓国仁荷医科大学「Iron deficiency anemia in infants and toddlers(乳幼児の鉄欠乏貧血)」


生後6ヶ月の予防接種や検診について

生後半年になると、6ヶ月健診があります。

6ヶ月健診は、各自治体で実施される場合と、個人でかかりつけ医へ予約をとっておこなう場合があります。

どちらで受ければよいのかわからない場合は、健診を行っているのかどうか、各自治体に確認しましょう。

生後6ヶ月健診の内容は?

生後6ヶ月の健診では、以下のようなことが行われます。

  • 体重・身長、頭囲・胸囲の計測
  • 胸部から背部の聴診、腹部や頭部の触診
  • 聴覚、目の検査
  • 首のすわりの確認
  • お座りや寝返りの様子の確認
  • ハンカチテスト(顔の上にかかったときの反応を確認)
  • 問診

健診内容は、受診する医療機関によって違います。

赤ちゃんの発育について、不安なことがあれば、ママから医師に相談しましょう。

生後6ヶ月の予防接種は?

予防接種は、生後2ヶ月からの一般的なスケジュールに沿って摂取すれば、生後6ヶ月ごろにはB型肝炎が終了し、ヒブワクチン・小児科肺炎球菌の3回目までが終了します

つづいて4種混合の3回目BCGの接種(生後5ヶ月~8ヶ月の間に摂取) をおこなう時期です。

また生後6ヶ月になると、インフルエンザのワクチンも摂取可能になります。
赤ちゃんがインフルエンザにかかると重症化する恐れがあるので、流行る時期には家族みんなで摂取するとよいでしょう。

スケジュールがズレてしまったら?

途中でスケジュールがズレてしまったときは、まず今まで受けた予防接種を確認してください。

終了した予防接種をチェックしたうえで、優先すべきワクチンを医師に相談するとよいでしょう。

予防接種は赤ちゃんの体調などによって、摂取できない場合があります。
スケジュールを崩さないように、体調に気を付けるのが一番です。

どうしても変更になる場合は、再度スケジュールを立て直し、確実に実施できるようにしましょう。


生後6ヶ月のお世話のポイント


赤ちゃんは日々どんどん成長するので、お世話のポイントも変わってきます。

生後6ヶ月の赤ちゃんを、お世話するときのポイントを、5つの点から紹介します。

1:睡眠時間はどうなる?

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、以下が目安です。

  • 睡眠時間:1日13~15時間ほど
  • お昼寝の時間:1~2時間ほど(1日平均2~3回)

お昼寝は、1~2時間程度まとまって眠れるようになります。
昼間だけでなく夜の睡眠時間も伸びるので、なかには朝までぐっすり寝る子もでてきます。

そのため個人差はありますが、赤ちゃんに睡眠リズムついてくるでしょう。

毎日決まった時間に電気を消すなど、赤ちゃんの睡眠リズムを作る工夫をしてくださいね。

夜泣きが始まる赤ちゃんも

生後6ヶ月は、夜泣きが始まる時期です。

赤ちゃんによっては、以前より頻繁に起きたり、泣いたりすることがあるでしょう。

6ヶ月頃の赤ちゃんは、脳が急速に発達する時期になります。
そのため昼間の刺激で脳が活発になり、夜泣きにつながっていると考えられているようです。

また、乳歯が生え始める時期でもあるため、歯茎のむずがゆさが原因ともいわれています。

夜泣きの対処法は?

夜泣きは、はっきりとした原因がわかっていません。

赤ちゃんが泣いているときは、一度赤ちゃんの目を覚ましましょう。

寝ぼけながら泣いてるケースでは、ママがそばにいると感じると、安心してまた眠りにつくかもしれません。

また、寝るときの添い乳がクセになり、おっぱいが口にないと不安になって起きる子もいるようです。
添い乳をつづけている場合は、添い乳を辞めるのも効果的かもしれません。

参照:ムーニーユニ・チャーム「赤ちゃんはなぜ泣くの?夜泣きとは?」

2:服装やサイズはどうなる?

生後6ヶ月の洋服のサイズは、以下のようになります。

  • サイズ:70
  • 帽子:46cm
  • 靴下:9~10cm

あくまでも目安なので、必ず赤ちゃんのサイズに合うものを選びましょう。

「どうせ成長するから」と大き目のサイズを選ぶと、動きにくくなる場合もあるので注意が必要です。

季節 室内 屋外
春・秋 短・長肌着+セパレートのトップスとボトムス。
(またはロンパース)
温度調節用のカーディガン・ジャケットなどを持っておくと安心。
短肌着+セパレイトのトップスとボトムス。
(またはロンパース)
帽子・薄手のカーディガンを持っておくと安心。
長肌着+カバーオール ニット帽・靴下・手袋、ジャンプスーツなどのアイテムを追加。

生後6ヶ月になると、首がすわり、おすわりができる赤ちゃんもいるため、頭からかぶるタイプのロンパースなど、これまで着せにくかったタイプの服でも着させやすくなります。

ほかにも、上下セパレートの洋服なども取り入れてると服の幅が広がり、選ぶのも楽しくなりますよ。

まだオムツ替えが頻繁な時期なので、インナーには抱っこしてもお腹が見えないような、股下にボタンやスナップのついたものがオススメです。

また赤ちゃんは、ママに抱っこされているときは、十分暖かいと感じています。
そのため冬の時期は、赤ちゃんが厚着になりすぎないよう注意しましょう。

3:排泄物はどうなる?

生後6ヶ月の赤ちゃんの排泄回数は、生後5ヶ月と同じく1日4回くらいが目安です。

便の状態は、離乳食が始まると黄色っぽい色から、大人と同じような色や匂いに変化します。

下痢や便秘になったときの対処法

離乳食が始まると、赤ちゃんによっては下痢気味になる子や、便秘になる子もいます。

下痢の場合は、離乳食の量を減らしたり、炭水化物をメインで与える、あまりに下痢が長引くときは一度離乳食をやめるなどして、様子をみましょう。
便秘の場合は、麦茶や野菜スープなどの水分を与えましょう。

元気で食欲があれば、特に問題ありません。

あきらかに様子がおかしい場合は、すみやかに病院の先生に相談してください。

4:抱っこの仕方は?

生後6ヶ月ごろになると、多くの赤ちゃんは首すわりが完了しています。
そのため頭を支えなくても、脇やお尻を支えて抱っこをができます。

まわりがよく見える縦抱っこを好む赤ちゃんが多いようです。
横よりも縦に抱っこするとよいでしょう。

おんぶもできるようになるので、おんぶ紐を活用してもいいですね。

おんぶには赤ちゃんの心身成長におけるメリットが、たくさんがあります。
ママも両手が開いて、家事を同時に進められるため、オススメですよ。

5:お出掛けするならどこがいい?

生後6ヶ月になると、赤ちゃんは少しずつ行動範囲が広がります。

同時に風邪や感染症などにかかりやすい時期でもあるので、注意も必要です。

近くの公園までお散歩

自宅近所の公園へのお散歩は、気軽に行えるのでおすすめです。

決まった時間にお散歩することは、生活リズムを立てる面でも効果的でしょう。

外の空気や匂い、音などに触れるだけでも、赤ちゃんには刺激になります。

感染症や風邪の心配がある人混みに行くよりも、人のまばらな公園の方が心配が少なくなるでしょう。

支援センター

地域の支援センターを活用しましょう。

赤ちゃんにとって、多くの楽しい刺激があります。
ママにとっても、赤ちゃんの成長を実感したり、ほかのママと交流できるチャンスができるのでおすすめです。

自治体によっては保健師さんや看護師さんがいる場合もあるので、育児の悩みや心配なことも質問できますよ。

ただし、感染症が気になる時期などは、避けた方がいいかもしれません。

長距離の移動や旅行も可能

生後6ヶ月ごろになると、赤ちゃんは好奇心やまわりへの興味が強まるため、外出を喜びます。

同時に身体がしっかりしてくるので、長距離の移動もできます。

0歳から遊べるテーマパークや、2~3時間ほどでいける温泉宿などに、家族でお出かけするのもよい思い出になるでしょう。

公共機関では赤ちゃんが急に泣き出し、親が困惑することもありますが、焦らず、落ち着いて対応しましょう。

抱っこで泣き止まないときは、お気に入りのおもちゃを持参しておくと、泣き止むこともあります。

生後6ヶ月の遊びは?おすすめのおもちゃは?

生後6ヶ月の赤ちゃんの遊びは、コミュニケーションがとれる遊びと、おもちゃを使った遊びの2点がポイントです。

一緒にできる遊びはどんなもの?

生後6ヶ月の赤ちゃんは、今までのひとり遊びよりも、ママやパパと一緒に遊ぶことが楽しくなります。

そのため、赤ちゃんと積極的にスキンシップをとりましょう。
具体的には、以下のような遊びがオススメです。

  • いないないばあ
  • 絵本の読み聞かせ
  • お歌あそび

赤ちゃんをヒザの上に乗せながら、絵本の読み聞かせをしたり、手を握りながら歌を歌ったりと、親子でスキンシップを楽しめる遊びがいいですね。

おもちゃはどんなもの?

生後6ヶ月になると、赤ちゃんは手の動きが活発になり、おもちゃなどを両手で掴んで遊べるようになります。

手で物を触ったり握ったりすると、思考力や記憶力などが活発化し、脳の発育によいとされています。

できるだけいろんな形や手触りのものを、赤ちゃんに触らせてあげてください。

生後6ヶ月の赤ちゃんにオススメのおもちゃ

生後6ヶ月の赤ちゃんには、次のようなおもちゃがオススメです。

種類 おもちゃの例
音が出るもの オーボール
指先を動かすもの 積み木
目で追うことができるもの おきあがりこぼし、メリー

活発に動けるようになる時期だからこそ、赤ちゃんの好奇心をくすぐるものを選ぶとよいでしょう。

O'ball オーボール レインスティック (81030) by Kids II

O'ball オーボール レインスティック (81030) by Kids II

1,441円(08/18 21:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

お米のシリーズ お米のつみき いろどり

お米のシリーズ お米のつみき いろどり

7,565円(08/19 13:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

絵本の読み聞かせには、目や耳でも楽しめる「布絵本」がオススメです。

フィッシャープライス めくってモー!おでかけ布えほん M4060

フィッシャープライス めくってモー!おでかけ布えほん M4060

930円(08/19 15:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

ママやパパと一緒に遊ぶときは、指人形を使って、寸劇を行うのもいいですね。

ハーフバースデーを祝おう

最近では「ハーフバースデー」として、生後6ヶ月を迎えた赤ちゃんをお祝いする家庭が増えているようです。

ハーフバースデーは本来、長期休み中に誕生日を迎える子のため、誕生日の6ヶ月前や6ヶ月後にみんなでお祝いするというイギリスの風習です。

その風習が、日本では生後6ヶ月の赤ちゃんをお祝いするイベントとして広まりました。

ハーフバースデーについては「生後6ヶ月にハーフバースデー♪みんなのお祝いアイディアをチェック」でくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生後6ヶ月で注意したいこと

生後6ヶ月の赤ちゃんをお世話するさいに、気をつけたいポイントを紹介します。

1:風邪をしっかり予防する

生後6ヶ月をすぎると風邪や感染症にかかる子も増えるので、日頃の注意が必要です。

赤ちゃんは、自分で感染予防対策ができないため、赤ちゃんの手をこまめに拭くのもよいでしょう。
ママやパパが感染症にかからないように、手洗い・うがいを徹底することも大切です。

大人にとっては小さな病気でも、赤ちゃんがかかると、重大な病気に発展する可能性もあります。
感染症が流行る時期は、できるだけ外出を控えてください。

休日や夜間に急に発熱したり、病院に行くべきか判断に迷ったときは、こども医療でんわ相談(#8000)を活用しましょう

番号を押すと、各都道府県の相談窓口に転送され、小児科医師や看護師に直接相談することができますよ。

2:安全な環境を整える

赤ちゃんが誤って飲み込む危険があるものは、赤ちゃんの手が届かない場所におきましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃんは、腕や手の力がついて、自分の手で物を持てるようになります。
そのため、興味のあるものはなんでも口にいれる恐れがあるのです。

さらに生後6ヶ月になると、寝返りやずりばいで移動できるようになり、赤ちゃんの行動範囲は広がります。
少し離れているからといって、油断は禁物です。

危険なものが多い場所には、赤ちゃんが近づかないように、ベビーゲートを使用するなどの工夫をしましょう。


また、コンセントにキャップをつけたり、テーブルの角にガードをつけるなど、安全対策をしっかりと行ってくださいね。

リッチェル Richell ベビーガード コンセントキャップ R

リッチェル Richell ベビーガード コンセントキャップ R

394円(08/18 21:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

3:お座りしているときは目を離さない

お座りが安定するまでは、赤ちゃんから目を離さないようにしてください。

生後6ヶ月ごろの赤ちゃんは、少しづつお座りが上手になりますが、まだまだすぐに転んでしまいます。

少し目を離すと、身体がぐらっと揺れることがあり、そのまま倒れて頭を打つ危険があるのです。

お座りの練習は、柔らかいマットを用意するなど、安全な環境を整えてから行いましょう。

6ヶ月の赤ちゃんは日々の変化が楽しみ

生後6ヶ月の時期は、たくさんの成長がみられるので、赤ちゃんに接していて本当に飽きません。
日々変化する様子に目が離せなくなるでしょう。

感情面でも豊かになり、脳の成長もすることなので、たくさん話しかけ、積極的に一緒に遊ぶことも大切ですね。

ハーフバースデーを家族で盛大に祝ったり、赤ちゃん連れの旅行なども計画して、ママもパパも日頃の疲れを癒してもいいでしょう。

離乳食のスピードや、発育のペースなどをほかの子と比べたり、育児本やインターネットの情報で心配になることもあるかもしれません。
ひとりで考えすぎず、心配なときは検診のときや、かかりつけの小児科医に相談してくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...