哺乳瓶の消毒方法はどれがいい?人気のおすすめグッズ12選

粉ミルクは栄養価が高いため、使った哺乳瓶を放置すると雑菌が繁殖しやすいのが気になるところです。
そのため、哺乳瓶を使ったら必ず消毒しましょう。

「哺乳瓶の消毒は面倒…カンタンな方法はどれ?」
「おすすめのグッズってある?」

と思うママ・パパが多くいます。

ここでは、消毒方法のパターン3つとそれぞれのメリット・デメリット、編集部が厳選したおすすめのグッズを紹介します。

さらに「消毒って本当に必要?やるならいつまですべき?」
と疑問に思うママ・パパもいるでしょう。
この記事では、哺乳瓶の消毒の必要性と期間・注意点も合わせて説明します。

この記事を読めば、忙しいママやめんどくさがりのママにも、ぴったりな消毒方法とグッズが見つかりますよ!

哺乳瓶の消毒方法は3つ


哺乳瓶の消毒方法は、以下の3つがあります。

それぞれの方法と、メリット・デメリットを説明します。

消毒方法 メリット デメリット
煮沸消毒
  • コストが安い
  • 一度に多くの消毒ができる
  • 時間がかかる
  • 火傷のリスク
電子レンジ消毒
  • 時短で消毒できる
  • 簡単
  • 一度に消毒できる数が少ない
薬液消毒
  • 一度に多くの消毒ができる
  • 簡単
  • ニオイが気になる
  • コストがかかる

消毒方法を比較して、自分にピッタリの方法を見つけましょう。

それぞれの消毒方法について、さらに詳しく説明します。

コスト重視の人は煮沸消毒がおすすめ!


煮沸消毒は家にある鍋を使うため、グッズを買う必要がないので、コストを抑えたい方におすすめです。

しかし、煮沸消毒は、大きな鍋に水を入れて沸騰させ、沸騰後から5~7分煮沸するため、時間と手間がかかります。

「消毒にかかるコストをなるべく抑えたい」と考えているママ・パパは、自宅にあるものを使えばいい煮沸消毒を試しましょう。

こんなに人におすすめ

  • コストを抑えたい方

煮沸消毒の手順

煮沸消毒は、熱湯を利用して除菌する方法です。

  1. 大きめに鍋に水を入れて沸騰させる
    ※哺乳瓶本体が、ガラス製は水から、プラスチックは沸騰してから入れる
  2. 約5~7分煮沸(乳首は3分ほどで取り出す)
  3. 自然乾燥させる

上記を参考に、煮沸初毒をしてください。
熱湯を扱うため、哺乳瓶の素材や火傷に注意しましょう。

時短重視の人は電子レンジ消毒がおすすめ!


時短重視の方には、容器を使ってスチーム除菌をする、電子レンジ消毒がおすすめです。

1度に消毒できる哺乳瓶は1~3本、消毒にかかる時間の目安は3~5分ほどです。
容器をそのまま哺乳瓶ケースとしても使えるので、収納に困りません。

しかし容器によっては、一度にまとめて消毒できる本数が少ないため、ミルク育児で頻繁に哺乳瓶を使うママには手間かもしれません。

簡単で、時間をかけずに哺乳瓶を消毒できます。

こんな人におすすめ

  • 混合育児
  • 働くママ
  • なるべく簡単でコストを抑えたい方

まとめて消毒したい人には薬液消毒がおすすめ!


哺乳瓶だけでなく、野菜・おもちゃをまとめて簡単に消毒したいと考えている方には、薬液消毒がおすすめ。

薬液消毒は、1日1回液体を作れば24時間使え、消毒したいものを漬けおきするだけなので、もっとも簡単で手間がかからない方法です。
専用の容器や、大きめの蓋つき容器を使えば多くのものをまとめて消毒できます。

いっぽうで、薬液を定期的に購入するため、薬液消毒はコストがかかります。
また薬液につけておく時間が1時間以上かかる薬液が多いため、すぐに消毒したいときには向いていません。

ほかにも薬液のニオイが気になる方もいます。

簡単に哺乳瓶をまとめて消毒できるのが薬液消毒のメリットです。

こんな人におすすめ

  • ミルク育児
  • いろんなものを消毒したい
  • なるべく簡単なのがいい
  • 火傷をしたくない

薬液消毒の手順

薬液消毒は、自分で薬剤と水を混ぜて消毒液を作り、その中に哺乳瓶を入れて除菌する方法です。

  1. 薬液消毒用の専用ケースに水と薬を入れる(タッパーでも可)
  2. 乳首や哺乳瓶ボトルを、約1時間つけておく
  3. 時間がたったら、取り出して乾燥させる。(水洗いしてもいい)

薬液消毒は薬が、液体タイプ・顆粒タイプ・錠剤タイプのがあります。
メーカーや種類によって、水との比率が変わるので、表示をよく読んで薬液を作りましょう。

それぞれの消毒方法について、さらに詳しく知りたい方は以下の動画を参考にしてください。

【タイプ別】哺乳瓶の消毒おすすめグッズ10選


電子レンジ消毒と薬液消毒のタイプ別に、哺乳瓶のおすすめ消毒グッズ10選を紹介します。

【編集部よりタイプ別おすすめグッズ】

電子レンジ消毒のおすすめグッズ5選はコチラ
薬液消毒のおすすめグッズ5選はコチラ

電子レンジ消毒用おすすめグッズ5選

時間をかけずに、簡単に哺乳瓶の消毒をしたい方に、おすすめしたい電子レンジ消毒グッズ5選を紹介します。

コンビ 除菌じょ~ずα

【日本製】コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα バニラ

【日本製】コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα バニラ

1,836円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
哺乳瓶収納数 3本
消毒時間 5分
サイズ 幅253×奥行125×高さ205mm
重さ 570g
カラー バニラ・カスタード・ぷーさんタイプ
製造国 日本

コンビの除菌じょ~ずαは、哺乳瓶が3本入り、消毒後はそのまま保管ケースとして使えます。
哺乳瓶と水を容器にセットして、5分間チンするだけなので簡単です。

1つあれば長く使えるので、迷っている方は評判が高く哺乳瓶の収納に困らない「コンビ 除菌じょ~ずα」がおすすめです。

参照:「コンビ 除菌じょ~ずα」

メデラ 電子レンジ除菌バッグ

哺乳瓶収納数 1~2本
内容量 5パック
消毒時間 3分
カラー ワンカラー
製造国 スイス

メデラは容器ではなく、除菌バッグに哺乳瓶と水を入れて消毒します。
ほかの電子レンジ消毒グッズと違い、コンパクトなバッグのため旅行や外出先で使うのに便利です。

除菌バッグ1枚につき、20回まで繰り返しで使えます。

海外製品なので、購入するときは日本語説明書つきか確認しましょう。

旅行や帰省をよくするママ・パパにおすすめです。

先輩ママ

帰省のときに使っています!バッグのマチを広げたら意外と大きくて使いやすです。
赤ちゃん連れの旅行に必須のアイテム!

レック Dream Collection

レック Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器

レック Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器

1,101円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
哺乳瓶収納数 1本
消毒時間 3分
サイズ 幅20.5×奥行12×高さ12.5cm
重さ 286 g
製造国 日本

レックのDream Collectionは、電子レンジ消毒タイプの中でもコンパクトな容器です。
電子レンジで3分チンするだけで、消毒が完了します。

授乳終了後は、蒸しパンやシュウマイなど、簡易蒸し器としても使えるアイテムです。
しかしコンパクトな容器のため、1本ずつしか消毒ができません。

母乳が中心のママや、混合育児でたまに哺乳瓶を使うママにおすすめです。

ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース

哺乳瓶収納数 3本
消毒時間 電子レンジ:5分
薬液消毒:1時間以上
サイズ 幅24.8×奥行21.1×高さ13.4cm
重さ 690g/td>
製造国 日本

ピジョンの電子レンジスチーム&薬液消毒ケースは、電子レンジだけではなく、薬液消毒用のケースとしても使えます。

哺乳瓶を3本まとめて消毒でき、電子レンジ消毒であれば5分で完了です。

薬液消毒する場合は、薬液を別に購入しましょう。

電子レンジ・薬液消毒のどちらもできるので、その日のスケジュールに合わせてフレキシブルに使いたい方におすすめです。

ベルコット ミッフィー 哺乳瓶消毒ケース

ベルコット miffyミッフィー 哺乳瓶消毒ケース BS-036

ベルコット miffyミッフィー 哺乳瓶消毒ケース BS-036

2,314円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
哺乳瓶収納数 2本
消毒時間 5分
サイズ 幅23×奥行18×高さ7cm
重さ 390g
製造国 日本

ベルコットの哺乳瓶消毒ケースは、ミッフィー柄の電子レンジ消毒用ケースです。
ケースはコンパクトですが、2本同時に哺乳瓶を消毒できます。

かわいいデザインが好きな方におすすめです。

先輩ママ

シンプルで使いやすいケースです。コンパクトに邪魔にもならず、かわいらしいので大満足!

薬液消毒用のおすすめグッズ5選

まとめて簡単に消毒したい方におすすめの人気薬液消毒グッズ5選を紹介します。

Milton CPチャイルドプルーフ

ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 (哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤)

ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 (哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤)

1,515円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 36錠・60錠
成分 ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム
タイプ 錠剤

ミルトンは口コミでも評価が高く、おすすめの薬液です。

ミルトンのチャイルドプルーフは、錠剤タイプなので計量がいりません。
水4Lに2錠入れるだけで、簡単に薬液ができます。

ミルトン専用容器もあるので、合わせて買うのもいいですね。
薬液で悩んでいる方は、まずはミルトンを使ってみるとよいでしょう。
参照:ミルトン公式サイト「Milton CP」

先輩ママ

1:洗う2:時間つけ置き消毒除菌3:軽くすすぐ
で簡単!

先輩ママ

おもちゃとかもつけておくだけで消毒できる!

チュチュベビー つけるだけ

チュチュベビーつけるだけ  1100ml

チュチュベビーつけるだけ 1100ml

613円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 1,100ml
成分 次亜塩素酸ナトリウム・水
タイプ 薬液

チュチュベビーのつけるだけは、大容量なので比較的コスパがよい薬液です。

液体を薄めると除菌消毒スプレーとして、ノロウイルス対策にも使えます。

薬液タイプでなるべくコスパのよいものを探している方におすすめです。

参照:チュチュベビー「つけるだけ」

先輩ママ

安くて経済的です!ニオイもあまり気になりません。

雪印ビーンスターク ピュリファンS

ピュリファンS 1000ml

ピュリファンS 1000ml

672円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 1,000ml
成分 次亜塩素酸ナトリウム・水
タイプ 薬液

ピュリファンSは、哺乳瓶を直前までつけておいても、すすがずに調乳できる、安全性の高さがおすすめポイント。
すすがなくても塩素のニオイが少なく、気にならない方が多いようです。

とはいえ、薬液からそのまま使うのに抵抗があったり、ニオイに敏感な方は、消毒後に水ですすいでから使いましょう。

ニオイに敏感な方は試してみてはいかがでしょうか。

参照:ビーンスターク「ピュリファンS」

先輩ママ

塩素のつーんとしたニオイが少ないので、子どもも嫌がらなかったです。

ピジョン ミルクポンS顆粒タイプ

内容量 760mg×60袋
成分 ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム
タイプ 顆粒タイプ

ピジョンのミルクポンSは、顆粒タイプの消毒剤です。
サッと水に溶け、個包装になっているので持ち運びにも向いています。

旅行先や帰省中に薬液消毒をしたい方におすすめです。
参照:ピジョン「ミルクポンS」

先輩ママ

コスパがいい!個包装で使いやすい顆粒タイプに。

先輩ママ
除菌液の匂いが残ったまま哺乳瓶を使うのは少し抵抗がありましたが、問題ないそうなので気にしないようにしてます!

ミルトン 1,000ml

【第2類医薬品】ミルトン 1000mL

【第2類医薬品】ミルトン 1000mL

1,178円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 1,000ml
成分 次亜塩素酸ナトリウム
タイプ 薬液

ミルトンの薬液タイプは、安全性も高く、人気が高いのでおすすめです。

哺乳瓶に残った薬液は、ミルクと混ざると少量の食塩に分解されるため、安心して使えます。

錠剤タイプのミルトンと効果は変わりませんが、コスパは薬液タイプのほうがよいでしょう。

ミルク育児などで毎日哺乳瓶を使うなら、液体タイプのミルトンがおすすめです。

参照:ミルトン

【番外編】哺乳瓶を消毒するときにあると便利なグッズ

哺乳瓶の消毒は必要とはいえ、手間がかかります。

そこで、より簡単に消毒できる便利グッズを3つ紹介します。

ピジョン 哺乳びん野菜洗い

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml

599円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
内容量 800ml
成分 界面活性剤(5%しょ糖脂肪酸エステル)・金属封鎖剤(クエン酸塩)・安定剤(エチルアルコール)
原産国 日本

ピジョンの哺乳びん野菜洗いは、落としにくいミルク汚れをしっかり落とせる、食品用の原料で作られた洗剤です。
油汚れにも強く、離乳食用食器の洗浄にも向いています。

安全性の高い原料なので、野菜も洗えるんですよ。

スポンジの除菌もできるので、ひとつあれば大活躍するアイテムです。

安全性の高い食器洗い洗剤を探している方は、試してみてください。

参照:ピジョン「哺乳びん野菜洗い」

ピジョン 消毒はさみ

ピジョン 消毒はさみ

ピジョン 消毒はさみ

660円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
大きさ 幅100*高さ325(mm)
重さ 118 g

ピジョンの消毒はさみは、煮沸消毒・薬液消毒をするときにあると便利なアイテムです。
熱湯や薬液から、哺乳瓶を取り出すときに使います。

はさみの素材がやわらかいので、哺乳瓶や小物を傷つける心配がありません。

哺乳瓶を掴んで取りだすときに、普通のトングや箸だと落とす可能性がコワイという方におすすめです。

参照:ピジョン「消毒はさみ」

先輩ママ

ガラス哺乳瓶もしっかり掴めます!大きめなので存在感がすこしあります。

コンビ teteo哺乳瓶&乳首洗浄ブラシセット

コンビ テテオ teteo 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

コンビ テテオ teteo 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

639円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
大きさ 哺乳びんブラシ:W65×D50×H270mm
乳首洗浄ブラシ:W30×D33×H100mm
重さ 36g / 6.5g

コンビのテテオ洗浄ブラシは、哺乳瓶用と乳首専用のブラシセットです。

ブラシの持ち手が回転するので、哺乳瓶を楽に洗えます。

哺乳瓶の底まで届くので、しっかり洗えるアイテムです。

参照:コンビ「テテオ 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット」

先輩ママ

持ち手がくるくる回って簡単に洗えます。ぶら下げて置いておけるので、衛生面も気になりません。

哺乳瓶の消毒は必要?いつまで?


そもそも哺乳瓶の消毒は、本当に必要なのでしょうか。
また、消毒はいつまでするべきなのかを説明します。

赤ちゃんを雑菌から守るために必要

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんを雑菌から守るために必ずおこないましょう。

赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれてきますが、生後すぐ急激に減ってしまいます。
3ヶ月を過ぎた頃から自分で免疫を作れるようになりますが、1歳になってもまだまだ大人の半分程度。

引用:ミルトン「ミルトンの消毒は何歳くらいまで必要ですか?」

生まれてすぐの赤ちゃんは、ママからもらった免疫を持っていますが、少しずつ免疫が減っていくので、雑菌に対抗する赤ちゃんの力はとても弱い状態なのです。

そのため、雑菌がついた哺乳瓶を使うと、赤ちゃんは消化不良や病気になりやすくなります。

赤ちゃんを雑菌から守るために、しっかりと哺乳瓶の消毒をしましょう。

生後3~4ヶ月ごろまでは必ず消毒しよう

哺乳瓶の消毒は、生後3~4ヶ月ごろまでは必ずおこないましょう。
生後3~4ヶ月ごろになると、赤ちゃんが自分でなんでも口に入れて確かめます。

そのため、「消毒してないおもちゃを口に入れてしまうのなら、哺乳瓶の消毒をやめてもいいのでは?」という見解があるようです。

とはいえ「生後3~4ヶ月になったから、もう消毒しなくていいや」と消毒を完全にやめるのはおすすめできません。
雑菌が繁殖しやすい梅雨や夏場には、月齢があがってもしっかり消毒をしてください。

さらに、赤ちゃんの体調が悪いときは、免疫力が低下しているので月齢に関係なく哺乳瓶を消毒することをおすすめします。

メーカーによっては、1歳ごろまで消毒するように指導しているので、季節や体調、月齢に合わせて消毒しましょう。

参照:ピジョンお客様サポート「消毒用品に関するQ&A」

旅行や帰省中の哺乳瓶の消毒は持ち運びに便利なものを使おう


旅行中や帰省中の哺乳瓶の消毒は、持ち運びに便利なタイプを使いましょう。

旅行や帰省のときは荷物が多くなるので、なるべくコンパクトな消毒グッズを選ぶと、かさばらずに持ち運べます。

電子レンジ消毒は、メデラの消毒バッグが1枚あれば、繰り返し使えて、かさばらないのでおすすめです。

薬液消毒は、ミルトンCPが錠剤タイプのため、小さくて持ち運びに向いています。
しかし、薬液タイプは哺乳瓶をいれる容器が必要なので外出先に容器の替わりになるものがあるか確認してください。

旅行や帰省に合わせた消毒法やグッズを考えて、準備しておきましょう。

哺乳瓶の消毒で気を付けたいことは?


哺乳瓶の消毒をするときに、気を付けたいポイントを説明します。

消毒の前にしっかり洗う

哺乳瓶は、消毒の前にしっかり洗いましょう。

乳首の溝や哺乳瓶の底は、とくに汚れがたまりやすいので、きちんと落としてから消毒してください。

哺乳瓶を洗う洗剤は、大人と同じで大丈夫です。
洗剤の安全性が気になる場合は、専用の洗剤を使いましょう。

【気を付けたいポイント】

  • 哺乳瓶の底
  • 哺乳瓶のふたの溝
  • 乳首の穴
  • 乳首の溝

ミルクかすの洗い残しがないよう、しっかり哺乳瓶や乳首を洗ってください。

哺乳瓶の素材を確認する

哺乳瓶の素材が、ガラス・プラスティック・シリコンのどれかを確認しておきましょう。

哺乳瓶の素材によっては、消毒できない方法があります。

  • 電子レンジ消毒NG:プラスティックのトライタン素材
  • 薬液消毒NG:ポリプロピレン

消毒方法を決める前に、哺乳瓶の素材を確認しておきましょう。

下記の記事では、おすすめの哺乳瓶と素材の種類を説明しているので参考にしてください。

【体験談】哺乳瓶の消毒グッズはこれで代用!

哺乳瓶の消毒グッズを、さまざまなグッズで代用しているママがいます。

先輩ママの代用体験談を紹介します。

View this post on Instagram

@mi.a.taがシェアした投稿

先輩ママ

米びつケース¥100
(専用の除菌ケースやと¥1400~)
コップスタンド¥100
(専用の保管ケースやと¥1500~)
哺乳瓶洗うスポンジ¥100
(アカチャンホンポでは¥700~)
とても安く揃えられました!

先輩ママ

ダイソーの米びつケースを購入!
片手で開けられるし、密封感もあって使い勝手がいい!

先輩ママ
ドンキで買った、スリムドライスタンド。
哺乳瓶を乾かすのにぴったり

先輩ママ

セリアの保存容器で代用
十分使えます!

100均グッズや別のものを消毒グッズとして、代用しているママが多いようです。

工夫すると安く消毒グッズをそろえられるので、参考にしてみてください。

まとめ:自分に合った消毒方法を考えよう


哺乳瓶の消毒方法と、おすすめの消毒グッズについて説明しました。

哺乳瓶を使うたびに消毒をおこなうため、どうしても手間がかかります。

自分にあった消毒方法はどれか、考えましょう。

「哺乳瓶の消毒グッズをどれいいか決まらない!」というママ・パパには、下記のグッズがおすすめです。

【編集部よりタイプ別おすすめグッズ】

コンビ除菌じょ~ずαは、電子レンジ消毒グッズの中で人気のアイテムです。

長く使えるので、ひとつあればすぐに消毒できて便利でしょう。

コンビ電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょーずα くまのプーさん

コンビ電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょーずα くまのプーさん

2,717円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

Milton CPチャイルドプルーフは、薬液消毒の中で先輩ママからの評判が高く人気があります。
計量いらずで、水にいれるだけなので消毒が簡単です。

ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 (哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤)

ミルトン Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 (哺乳瓶・搾乳器用 洗浄剤)

1,515円(10/17 11:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

哺乳瓶の消毒は、生後3~4ヶ月ごろまで必ずおこないましょう。
消毒前の洗浄も、丁寧におこなうのが大切です。

消毒は手間がかかる作業なので、ライフスタイルに合った消毒方法とグッズを見つけましょうね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...