おすすめカフェインレスコーヒー10選!妊娠中や授乳中にも飲める?

妊活や妊娠をすると、「カフェインの摂取はNG」と言われることがあります。

そのため、カフェインを気にしてコーヒーや紅茶を控えてはみたけども、「以前は、コーヒーをよく飲んでいたのに、飲めなくてストレス!」と感じている方も多いようです。

ここでは、妊活中の女性や、妊婦さん・授乳中のママも安心して飲めるカフェインレスコーヒーを紹介します。

お気に入りのカフェインレスコーヒーを見つけて、リラックスタイムを楽しみましょう。

カフェインレスコーヒーってなに?


カフェインをほとんど除去したコーヒーを、カフェインレスコーヒーといいます。

  • 妊活中・妊娠中・授乳中にも安心して飲みたい
  • 夜寝る前に飲みたい
  • カフェインのとりすぎが気になる

上記のように感じている方に、おすすめです。

「カフェインレス」「デカフェ」「ノンカフェイン」に違いはあるの?


カフェインレスや、デカフェとよく耳にしますが、何が違うのでしょうか。
それぞれの言葉について、意味の違いを見ていきましょう。

カフェインレスとは?

カフェインレスとは、カフェインの含有率がほとんどゼロにちかいものの総称です。

日本では、90%以上カフェイン除去したものを、カフェインレスといいます。

デカフェとは?

デカフェとは、もともとカフェインを含むものから、カフェインを抽出したもののことを指します。

カフェインレスのコーヒーは、ほとんどがデカフェコーヒーです。

抽出法には種類があり、水や二酸化炭素、有機溶剤を使用して行います。

カフェインの抽出方法

カフェインの抽出法は、3種類です。
それぞれの抽出法について、紹介します。

二酸化炭素抽出法

二酸化炭素を使って、カフェインを抽出する方法が「二酸化炭素抽出法」です。

二酸化炭素を使うことで、効率よくカフェインを抽出しつつ、ほかの成分を壊さないでおけます。

安全性が高い、優れたカフェインの抽出法です。

有機溶媒抽出

世界で初めてカフェインを抽出した方法が「有機溶媒抽出」です。

コーヒー生豆を有機溶媒に通し、カフェインを溶かし出します。

カフェインとともに、ほかの成分も損失するため、風味が少し劣るようです。
毒性が少ない有機溶媒を利用していますが、安全面の不安が残る方もいるでしょう。

ウォータープロセス

コーヒー生豆を、水に通し、カフェインやほかの成分を抽出する方法が「ウォータープロセス」です。

成分を抽出したあと、水から生豆を取り出し、水から特殊なフィルターを使ってカフェインのみを除去します。

その水に生豆を戻すことで、風味が生豆に浸透します

ノンカフェインとは?

ノンカフェインは、カフェインが全く入っていないもののことをいいます。

ノンカフェインの飲み物は、麦茶やルイボスティーが有名です。

カフェインレスコーヒーのデメリット


カフェインレスコーヒーは、カフェインが少ないため、何杯飲んでも大丈夫です。

しかし、本当に気にせず飲んでも、大丈夫なのでしょうか。

ここではカフェインレスコーヒーの、デメリットを紹介します。

利尿作用はあるかも

カフェインレスといっても、カフェインが完全にゼロではありません。

体質によって、敏感な方は、利尿作用が働く場合もあるようです。
カフェインが原因とは限りませんが、違和感を感じたら、飲むのは控えましょう。

コーヒー好きには物足りない?

ほとんどのメーカーでは、コーヒー本来の香りやコクを再現しています。

しかし、コーヒーが好きでずっと飲んでいた方のなかには、味が薄いという意見がありました。

カフェインを取り除いているため、多少の物足りなさを感じるのは仕方ないようです。

より安全性を高めたい人へのカフェインレスコーヒーの選び方


「カフェインレスコーヒーを飲みたいけど、本当に安全かわからない」と不安に思う方も多いでしょう。

ここでは、安心して飲めるカフェインレスコーヒーの選び方ポイントをみていきます。

ポイント:1 作られた時期が最近

コーヒーは、焙煎されてから2週間以内が新鮮な状態です。

作られた時期を確認し、日付が最近なほど新鮮なコーヒーを飲めるでしょう。

コーヒーは、時間がたつほど酸化します。

酸化が進むと、コーヒー味が酸っぱくなり、腐ってしまう場合もあるようです。

しっかりと日付を確認しましょう。

ポイント:2 コーヒー豆の栽培方法にこだわる

有機栽培のコーヒー豆を選ぶと、農薬などの心配をせずに済みます

メーカーによって、こだわっているコーヒー豆の産地や栽培方法が違うので、表示やメーカーのホームページを確認してみてくださいね。

ポイント:3 カフェインの抽出方法をチェックする

二酸化炭素抽出法は、いっさい化学物質を利用していません

毒性がなく、廃液処理をしなくてよいなど、有機溶媒抽出法の欠点をカバーしている方法といってよいでしょう。

二酸化炭素抽出法は「極めて優れた抽出法」といわれており、安全性が高いことが特徴です。

ウォータープロセスも、化学物質に触れることがありません
豆に風味や香りが残り、安心でおいしいコーヒーができるようです。

ひとことでカフェインレスコーヒーといっても、製法はさまざまなので確認しておくとよいでしょう。

おすすめカフェインレスコーヒーの商品は

ここでは、評判が高い人気のカフェインレスコーヒーを紹介します。

ティーライフ 「ぽぽたん」



≫Tea Lifeのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の詳細はこちら

初回お試しパック(税込) 730円(初回価格)
カップ用30個入りの価格 1,454円(税込)
1杯あたりの価格 45円(30個入り)
61円(初回お試しパック)
タイプ ティーバッグタイプ
カフェインの量 0%(カフェインゼロ)

たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根っこを焙煎して作っているため、厳密にはコーヒーではありません

しかし、コーヒーのような風味があり、妊娠・授乳中に安心して飲めるノンカフェイン飲料です。

ノンカフェインとは思えない、コクや深み・甘味があります。

コーヒーが苦手な方も「これならなら飲める」と評判のようです。
いっぽうで、「クセがあって苦手」という口コミもありました。

子どもが飲んでも問題ないので、子どもが成長したら一緒に飲むのもいいですね。

気軽なお試しパックがあるので、好きな味かを確かめるとよいでしょう。

公式サイトを見る

コトハコーヒー「オーガニックカフェインレス モカ ドリップバッグ」

オーガニックカフェインレス モカ ドリップバッグ BOX (ブルー) 10gバッグ×8袋

内容量 9g×8パック
金額 メーカー希望価格 1,200円(税抜)
1杯あたりの価格 150円
タイプ ドリップコーヒータイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 97%以上

コトハコーヒーは、カフェインレスコーヒーのなかでも非常に人気が高いです。
オーガニック認証を受けた農法で栽培されているので、安心できますね。

1袋ごと小分けにされているので「毎日は飲まないけど美味しいカフェインレスコーヒーを飲みたい」と考えている方には、ピッタリといえるでしょう。

ボックスのデザインが3種類あり、かわいく、ギフトにも人気です。

モカのほかに、コロンビア・ブラジルの2種類もあります。

澤井珈琲「カフェインレス モカ ドリップバッグコーヒー」り

澤井珈琲 コーヒー 専門店 カフェインレス モカ ドリップバッグ コーヒー 50袋入り セット

内容量 8g×50パック
金額 メーカー希望価格 2,000円(税抜)
1杯あたりの価格 40円
タイプ ドリップコーヒータイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 98%

ウォータープロセス法で、化学薬品を使わずにカフェインを98%カットしています。

モカのほかに、コロンビア・ブラジル・マンデリンの3種類があるので、自分好みの味を見つけてくださいね。

味によって、パッケージカラーが違います。
4種類がセットになっているタイプがあるので、味で迷った方におすすめです。

カルディ「【焙煎珈琲】有機 デカフェ エチオピアモカ」

内容量 200g
金額 メーカー希望価格 1,000円(税抜)
1杯あたりの価格 50円(1杯10g計算)
タイプ 焙煎豆タイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 98%

エチオピア豆を深煎りしているため、ローストアーモンドのようなコクがあり、甘い香りが特徴です。

カルディの店舗では、コーヒーを豆のまま販売していますが、購入の際には、その場で挽いてもらえます。

挽きたてのコーヒーを買えるので、鮮度もよく美味しく飲めるでしょう。

辻本コーヒー「デカフェ・コロンビア 」

カフェインレスコーヒー 【デカフェ・コロンビア 200g】 豆のまま

内容量 200g
金額 メーカー希望価格 850円(税抜)
1杯あたりの価格 約42.5円
タイプ 焙煎豆タイプ
抽出方法 二酸化炭素抽出
カフェインの抽出量 99.9%

辻本珈琲のカフェインレスコーヒーは、カフェインの残留率が、0.1%以下(EU規格)のみのコーヒー豆を利用しています。
ほかに、モカ・ハウスブレンドも販売しています。

丁寧に焙煎を行っており、後味のよい苦味が特徴です。
苦みが苦手な方は、ミルクを入れると飲みやすくなります。

レギュラーコーヒーのほかに、ドリップタイプも販売しているので、豆を挽くのが手間な方にもおすすめです。

ウィンドファーム「森林農法・有機栽培グァテマラ産カフェインレスコーヒー」

森林農法・有機栽培グァテマラ産カフェインレスコーヒー 豆150g

内容量 150g
金額 メーカー希望価格 980円(税抜)
1杯あたりの価格 約65.3円
タイプ 焙煎豆タイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 99.9%

グアテマラ産のコーヒー豆は、酸味が特徴です。

カフェインを安全に除去しつつも、上品な酸味を残すために、少し浅めの焙煎を行っています。

産地には、21のバイオ工場があり、工場で作られる有機肥料を使ってコーヒーを育てているのです。

そのため、土壌や作物が健康な状態で育てられます。

粉タイプも販売しているので、飲みやすいほうを選んでくださいね。

マウントハーゲン 「オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー」

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

内容量 100g
金額 メーカー希望価格 1,270円(税抜)
1杯あたりの価格 約127円
タイプ インスタントコーヒータイプ
抽出方法 二酸化炭素抽出
カフェインの抽出量 99.7%以上

マウントハーゲンはドイツのブランドで、カフェインレスコーヒーの人気が高いようです。

カフェイン残留率は、0.3%未満のため、本来の深い味と香りを残しています。

いっぽうで、酸味が足りないという口コミもありました。

UCC「おいしいカフェインレス インスタントコーヒー」

UCC おいしいカフェインレス インスタントコーヒー 45g

内容量 45g
金額 615円(参考価格)
1杯あたりの価格 約136.7円
タイプ インスタントコーヒータイプ
抽出方法 二酸化炭素抽出
カフェインの抽出量 97%以上

ベネッセウィメンズパークでは、1600人中、98%のママが妊娠中・授乳中にオススメのコーヒーだと回答しています。

二酸化炭素抽出法で、豆に負担をかけずにカフェインを除去しているため、カフェインレスでありがら豊かなコクと香りを楽しめます。

インスタントなので手軽に楽しめるのも、妊娠・授乳期には人気が高いようです。

AGF「ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎカフェインレス」

AGF ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎカフェインレス 21本

内容量 10g×21本
金額 718円(参考価格)
1杯あたりの価格 約34.2円
タイプ スティックタイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 97%

フルーティーな香りと、やわらかな口当たりが特徴です。

スティックタイプは、小分けになっているので、酸化の心配もなく、お湯をいれるだけで簡単にすぐ飲めます。

カフェオレタイプなのでミルクや砂糖が入っており、コーヒーを、無糖や微糖で飲みたいという方には、少し甘く感じるようです。

ネスカフェ「ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖」

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖 900ml×12本

内容量 900ml
金額 メーカー希望価格 1本176円
1杯あたりの価格 約39円(1杯200ml計算)
タイプ ボトルタイプ
抽出方法 ウォータープロセス
カフェインの抽出量 97%

ネスカフェでは、味認識装置を利用してカフェイン入りと、カフェインレスの味の違いを調査しました。

その結果、カフェインの有無による、味の差はほとんどないという結果が出ています。

香りや味わいがそのまま楽しめるので、コーヒー好きなママにおすすめです。

なによりも、ペットボトルから注ぐだけなので、煎れる手間がありません。
夏場はアイスコーヒーとして、飲みやすいでしょう。
お手軽にコーヒータイムを楽しめます。

カフェインレスコーヒーによる赤ちゃんへの影響はあるの?

食品安全委員会によると、妊活中や、妊娠中・授乳中の女性は、カフェインを1日300mg以下に抑えたほうがよいようです。

カフェインが3%以下の、カフェインレスコーヒーによる影響は、ほとんどありません。

妊活中や、妊娠中・授乳中の女性に対して、本来のコーヒーの目安は1~2杯です。
そのため、カフェインレスコーヒーの目安を3~4杯としているメーカーもあります。

カフェインレスコーヒーによる影響はありませんが、表示をよく読み指示通りに飲むことがよいでしょう。

お茶にもカフェインが含まれています
ほかにも、カフェインが多く含まれているものや、カフェインの摂取目安を紹介しているので、チェックしてみてくださいね。


カフェインレスコーヒーによる水分補給

カフェインを含む飲料は、水分補給目的にはならないといわれていました。

しかし、最近の研究では、カフェインを含む飲料は、水分補給になることがわかっています。

カフェインレスコーヒーで、適度に水分をとるのもいいですね。

カフェインレスコーヒーの飲みすぎは気を付けよう


カフェインレスコーヒーは、コーヒーを飲むのを我慢していたママにも強い味方です。

カフェインが全く含まれていないわけではないので、自分の体調を気にしながら飲みましょう。

カフェインレスコーヒーで、ストレスをためずにほっと一息ついてくださいね。

注目記事
      

夫婦で飲める妊活サプリのおすすめ12選!ベビ待ちは体質改善が吉

手軽にはじめられて、夫婦で飲める妊活サプリを一挙紹介!結果にコミットするサプリはあるのか要チェックです★

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク