母乳だけの子に哺乳瓶の練習は必要?

哺乳瓶が飲めなくなると困るから」という理由で、ミルクを飲ませているママによく出会います。
母乳量が少なくて本当に必要なミルクなら問題ないのですが、母乳のみで十分に足りている関わらず、不必要なミルクを 追加する時はやり方を考えた方がよさそうです。

母乳とミルクのタイミング

母乳育児が軌道に乗ってくると、ママと赤ちゃんはまるでつながっているかのような現象が起こります。
ママのおっぱいが張ってくるタイミングに赤ちゃんが泣き出して、赤ちゃんが泣きはじめるタイミングでママのおっぱいは張りはじめるというような。

このリズムを大切にしていたら、ママも赤ちゃんもとてもラク。理想的な流れです。

しかしミルクの練習をすると、このタイミングにずれが生じます。
ママのおっぱいは張っているのに赤ちゃんはおなかがいっぱいで飲みたがらない。

おっぱいホルモンは「もしかしたらかわいい赤ちゃんのおなかがすいているのではないか」と作り続けます。
このおっぱいは行き場をなくし、つまりしこり、時には乳腺炎を引き起こすことも。

つまり、母乳だけで育っている赤ちゃんに哺乳瓶の練習をする必要はないのです。

この記事もチェック!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー