赤ちゃんのミルクを作れるウォーターサーバーおすすめ10選

おいしい水が、家庭で手軽に飲めるウォーターサーバーは、あるとかなり便利!
ただ水が飲めるだけではなく、赤ちゃんのミルク作りにも活躍する便利なアイテムです。

ウォーターサーバーは、メーカーによって特徴があり、水の種類や値段にも、さまざまなタイプがあります。

赤ちゃんのミルクを作るには、適している水質があります。
水質によっては、赤ちゃんにはちょっと向いていないものがあるのです。

赤ちゃんのミルクを作るには、どのようなタイプの機種を選べばいいのでしょうか?

今回は、赤ちゃんのミルク作りに必要なウォーターサーバーのオススメを紹介します。

ウォーターサーバーとはどういうもの?メリットを紹介!


水は毎日の生活に欠かせないものだけに、こだわりたいと考えている人は多いようです。

ウォーターサーバーは、専用ボトルから冷水や温水を手間なく給水できるので、自宅で手軽においしい水を飲めます。

紅茶やコーヒーを入れるのはもちろん、ミルクを作るときも、いちいちお湯をわかす必要がありません。
夜中の調乳がスムーズなので、パパ・ママのストレスも少なくなりそうです。

不純物が入っておらず衛生的なので、赤ちゃんのミルクや離乳食にも安心して使えます。

災害時など、水道水が使えないときに、ミルク用の水を確保ができるのもメリットのひとつです。

赤ちゃん用ウォーターサーバーの選び方


赤ちゃんの育児に利用するウォーターサーバーは、どんなタイプがよいのでしょうか。
ウォーターサーバーを選ぶ上で大切な、3つのポイントを紹介します。

ポイント1:水の種類

赤ちゃんに使うウォーターサーバーは、硬度の低い軟水を選ぶのがオススメです。

ミネラルの多い硬水はダイエットには人気ですが、内蔵のはたらきが未熟な赤ちゃんの胃や腸に負担がかかり、下痢になることがあります。

硬水のウォーターサーバーを選ぶのは、避けましょう。

ポイント2:チャイルドロック機能

子どもがハイハイやつかまり立ちをはじめると、ウォーターサーバーを触れるようになります。

チャイルドロックは、熱湯が赤ちゃんの手にかかってしまうような事故を防ぐためにも、必要な機能です。

チャイルドロックがない場合は、チャイルドガードをつけて、ウォーターサーバーに近寄れないようにする配慮も必要になります。
子どもの成長に合わせて設置しましょう。

ポイント3:ボトル交換のしやすさ

ボトルの交換がしやすいかどうかも、チェックポイントです。

高い位置でボトルを交換するタイプだと、腰に負担もかかり、力の弱い方にとっては結構大変な作業になります。
「パパがいないと水の交換は、ちょっと難しい」という声もあるようです。

足元で交換できるタイプであれば、重たい水のボトルを持ち上げる必要がありません。

オススメのウォーターサーバー10選

赤ちゃんのミルク作りに適した、ウォーターサーバーを厳選して紹介します。
子育てママの口コミでも人気の製品をまとめました。

プレミアムウォーター

>>公式サイトを見る

1リットルあたりの金額 126円
サーバーレンタル料金 初月無料・翌月500円(税抜)
メンテナンス 不要(セルフクリーニングセットあり)
水の産地・種類 富士吉田・金城・南阿蘇
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 1本~

チャイルドロックだけでなく、転倒防止ワイヤーもついており、地震対策も万全です。

非加熱処理の天然水で、軟水なのでミルクにピッタリといえるでしょう。

使い終わったボトルの回収を待つ必要もなく、家庭のゴミとして出せるので、使用済ボトルをストックしなくて済むのもいいところです。

下でボトルを交換するタイプで、インテリアになじみやすいデザインを3つのカラバリから選べます。

>>プレミアムウォーターの公式サイトを見る

smartプラス(コスモウォーター)

1リットルあたりの金額 158円
サーバーレンタル料金 無料
メンテナンス 不要
水の産地・種類 天然水(京都・静岡・大分)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 2本~(1本12L)

赤ちゃんに安心の天然水を使用していることが評価され、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で2018年に入賞しました。

A4サイズにおさまるコンパクト設計で、キッチンや寝室など、家のどこにでも置くことができます。

チャイルドロック機能や、水の交換が足元でおこなえるなど、子どもがいる家庭でもストレスフリーで使える製品でしょう。

FRECIOUS dewo(フレシャス)

1リットルあたりの金額 173円(プレシャス富士の場合)
サーバーレンタル料金 初月無料(翌月から500円、2本以上注文すれば無料)
メンテナンス 不要
水の産地・種類 天然水(静岡2種類あり・長野)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 1本~

雑菌を含む外気が触れないつくりなので、衛生的でしょう。

また使い心地だけではなく、デザインにこだわって作った製品だけあって、デザイン性のよさに惚れ込んで購入するママも多いようです。

 

らく楽スタイルウォーターサーバーsmart(ワンウェイウォーター)

1リットルあたりの金額 171円
サーバーレンタル料金 0円
メンテナンス 不要
水の産地・種類 RO水、天然水(静岡、京都、大分)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 RO水のみ月3本~

ボトルが足元交換なので女性でも使いやすく、お手入れも楽です。
省エネモードがついているので、電気代も抑えられます。

カラーバリエーションは全5色で、ポップな色合いがかわいらしい製品です。

エコサーバー(信濃湧水)

1リットルあたりの金額 125円
サーバーレンタル料金 300円
メンテナンス 2年に一度(無料実施)
水の産地・種類 長野
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 トータル配送エリア4本(二箱)~、他は1箱(2本)~

硬度16の超軟水で、赤ちゃんに優しいお水です。
二重のチャイルドロック機能つきで安全に使用できます。

アクアアドバンス(アクアクララ)

1リットルあたりの金額 108円
サーバーレンタル料金 月額1,500円(初月無料)
メンテナンス 3年に一度(無料実施)
水の産地・種類 デザインウォーター
ボトルの種類 回収式
1回の注文本数 1本~

蛇口部分に抗菌処理をしているので衛生的です。

冷水タンク内には、強力な除菌力をもつUV除菌ランプで、クリーンな状態を保ちます。

抗菌性や安全性の基準をクリアしているので、安心して使用できる製品でしょう。

サントリー天然水ウォーターサーバー(サントリー)

1リットルあたりの金額 148円
サーバーレンタル料金 無料
メンテナンス 不要
水の産地・種類 天然水(山梨)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 1セット(3箱)~

「おいしさキーパー機能」で1日1回の熱水循環をし、サーバーから雑菌を守ってくれます。
さらに、4段階の温度調節ができるので好みに合わせられますね。
弱モードに設定すると、省エネ効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

アルピナウォーターサーバー(アルピナウォーター)

1リットルあたりの金額 85円
サーバーレンタル料金 月額617~648円(税込)※北関東地域は600円
メンテナンス 2年に一度
水の産地・種類 RO水(長野)
ボトルの種類 回収式
1回の注文本数 1本/1,050円(税別)または、3本/ 3,150円(税別)~

ほかのウォーターサーバーと比べると、水の価格が安いのが特徴です。

できるだけ費用を抑えたいという家庭にオススメでしょう。

エコサーバー(ピュアハワイアンウォーター)

1リットルあたりの金額 129円
サーバーレンタル料金 872円(税別)/月
メンテナンス 必要(2年に1度)
水の産地・種類 RO水(ハワイ)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 宅配1本~(配送料あり)自社配送2本~(配送料0円)

容器は使い捨て(ワンウェイ方式)タイプですが、配送時に空きボトルを回収するサービスもあります。

数々のカフェやショップでも使用されている実績のある、ウォーターサーバーです。

不純物をしっかりろ過して取り除いた、純度99.9%の安全なお水なので、赤ちゃんのミルクにも最適でしょう。

キララスマートサーバー(Kirala)

1リットルあたりの金額 172円
サーバーレンタル料金 1,296円/月
メンテナンス 不要
水の産地・種類 天然水(山梨)
ボトルの種類 使い捨て(ワンウェイ方式)
1回の注文本数 1本~

日本国内でもっとも厳しいとされる総合衛生管理システム「HACCP」のもとで、生産管理されているため、安全性が高く信頼できます。

スタイリッシュなフォルムで、インテリアとして楽しめるデザインも、魅力でしょう。

別売りの炭酸シェイカーを購入すれば、自宅で簡単に炭酸水が作れるので、赤ちゃんのミルク以外にも家族全員で、重宝するサーバーです。

ウォーターサーバーを使った赤ちゃんのミルクの作り方は?


ウォーターサーバーを使ったミルク作りは、とても簡単です。
手順を確認しておきましょう。

  1. 手洗いをして消毒した哺乳瓶と乳首を用意する
  2. 哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  3. 70度以上のお湯を入れる
  4. 乳首とフードをつけ、瓶をよく振り、ミルクを溶かす
  5. 流水で哺乳瓶を人肌程度に冷ます

お湯をつくる手間がかからず、授乳までの時間が短縮できるのがメリットのひとつです。

注意するポイント

粉ミルクの中には雑菌が入っている可能性があり、70度未満のお湯では殺菌できません。
必ず、70度以上のお湯で調乳してから冷ましましょう。

ウォーターサーバーの冷水は衛生的なので、最後に注いでミルクを冷ますのに使用してもよいでしょう。

その場合は、お湯を少なめに入れておき、できあがりが粉ミルクのメーカーの定めた分量になるよう調節してください。

お手入れ(メンテナンス)の方法


ウォーターサーバーの水は衛生的だから安心だと思いがちですが、コックの部分の汚れは定期的にお手入れが必要です。

クッキングペーパーや、清潔な布巾で汚れを拭き取ります。
細かい部分はブラシなどで掃除しましょう。

ウォーターサーバーとミネラルウォーターのちがいって?


ウォーターサーバーと市販のミネラルウォーターに、違いはあるのでしょうか?

市販のミネラルウォーターでも、ミネラル成分の少ない軟水であれば、赤ちゃんのミルクに使っても問題ありません。

ただ粉ミルクの殺菌が必要なので、一度水の温度を70度以上に加熱してから調乳する必要があります。

市販のミネラルウォーターの場合、水自体は衛生的ですが、使うとき空気に触れるため雑菌が繁殖しやすくなります。
そのため開封後は早めに使い切ることが大切です。

そして一番のポイントは、買い物が大変だということでしょう。

赤ちゃんを連れての買い物は、ただでさえ大変なものです。
それに重たいペットボトルが加わると、ママにかかる負担が増えます。

単純に費用だけを考えると、市販のミネラルウォーターのほうが安くすむでしょう。

ただ調乳の手間や衛生面、そして買い物の負担を考えるのであれば、ウォーターサーバーのほうが便利だといえます。

ウォーターサーバーで安心安全な子育てを


産後、赤ちゃんのお世話がはじまると、ママは疲れやストレスがたまりやすくなります。

手軽にミルクの調乳ができるウォーターサーバーは、ママの頼もしい味方となるでしょう。

安全でおいしい水が飲めるウォーターサーバーは、子育てにも役立つ家電なのです。

紹介したオススメ機種や選び方を参考に、家族の生活に合ったウォーターサーバーを見つけてくださいね。