【助産師が教える】母乳育児中に赤ちゃんを預けるときに注意したいのは乳腺炎

母乳育児が軌道に乗ってきたけど「美容院に行きたい」「歯医者さんに行きたい」、または「友人の結婚式がある」などで、赤ちゃんを家族などに預ける機会があるかもしれません。

ママだってひとりになりたいときはあるし、自分の時間を大切にしてほしいものです。

預けることは決して悪いことではありません。

そこで母乳育児と赤ちゃんを預ける上手なバランスの取り方をご紹介します。

赤ちゃんの空腹時と授乳のタイミング

母乳育児が軌道に乗ってくると、ママと赤ちゃんはまるで体がつながっているかと錯覚するような現象が起こります。

というのも、ママのおっぱいが張ってくるタイミングに赤ちゃんが泣き出して、赤ちゃんが泣きはじめるタイミングでママのおっぱいは張りはじめる…という現象が起こるのです。

そのため、赤ちゃんを預けて出かける時には「出かける直前におっぱいを飲ませて、次の授乳時間までには帰宅する方法」が理想です。

ママの留守中に赤ちゃんがおなかをすかせていれば、そのタイミングでママのおっぱいは張ります。

注意したいのは乳腺炎

ママが外出中に、赤ちゃんにミルクをたくさん飲ませておなかいっぱいの状態だと、ママが帰宅しても母乳を飲んでくれません。

これでは、溜まっているママのおっぱいは行き場がなくなり、ときには詰まって乳腺炎になることも。

そのため、赤ちゃんの授乳タイミングに合わせて出かけるとよいですね。

とはいえ、生後3~4ヶ月頃までは授乳回数が頻回のため「次の授乳までの時間が短い」こともあります。

低月齢のときにママがお出かけしている間は、赤ちゃんがお腹が空いたらミルクを少量(50ml前後)だけ飲ませる程度にとどめておきましょう。

ママが帰宅したらすぐに母乳を飲める状態で、赤ちゃんに待ってもらうことで、ママの乳腺トラブルを防げる可能性が高まります。

ただ、基本は「次の授乳までに帰宅する」が大原則ですよ。

長時間外出の時は?

もっと長時間外出しなくてはならないときは、以下のような方法を提案します。

ママの美容院

サロンへ予約時に「赤ちゃんがいるから、最短の時間でお願いしたい」とあらかじめ伝えておきます。

予約が難しいサロンであれば、授乳期は待ち時間の少ないサロンを選びましょう。
そして、赤ちゃんが生後6ヶ月になるころまでは、2~3時間で終えることができるメニューを選ぶことがポイントです。

どうしても低月齢の間に、時間のかるカット+カラー+パーマをしたい場合は

  • カットのみ
  • カラーのみ
  • パーマのみ

と日を分けていくといいですね。

その後、離乳食が始まる時期になってからであれば、授乳間隔があくので時間を要するメニューでも施術を受けられますよ。

結婚式

結婚式に呼ばれた場合、新郎新婦は赤ちゃんがいることを知ったうえで招待してくれているケースが大半です。

生後6ヶ月ごろまでの時期は、中座して授乳することも検討しましょう。

あらかじめ新郎新婦側に途中退室する可能性があることを伝えておくと、理解してくれるでしょう。

式場に授乳室があるケースがあるので、あらかじめスタッフに相談しておくとスムーズです。

授乳室がない場合は、車の中やお部屋を借りるなども視野を入れて準備しましょう。

ママの受診

産婦人科の受診であれば、赤ちゃんがいることが大前提なので連れて行けます。
しかし、産婦人科以外の受診であれば、授乳時間を考えてでかけるか、途中で授乳を行いましょう。

離乳食がはじまれば、おっぱいは張りにくくなる

離乳食ごちそうさま
妊娠中は「今日は赤ちゃんを預けて出かけよう」ということは不可能でした。
同様に、出産後6か月ごろまでは「ママと長時間離れるプラン」を立てること自体が難しいようです。

赤ちゃんが離乳食を食べ始める時期になれば、ママのおっぱいも張りにくくなります。
そのころまでの外出は「次の授乳までに帰宅する」か、もしくは「連れていっしょに出かける」プランにした方が親子双方に負担がないようです。

 

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...