赤ちゃんの肌荒れ、原因と対処法は?悪化を防ぐスキンケアも紹介!

赤ちゃんの肌トラブルは、思った以上に頻繁に発生します。

たとえ「子どもの顔に湿疹ができた!」などと症状が心配になっても、うまくケアする方法がわからず不安になるママも多いです。

そこでこの記事では、よくある赤ちゃんの肌荒れの原因や対処法を紹介していきます。

子どもの肌トラブルに向き合ううえで、正しい対応法の基礎を知っておくと冷静な判断ができるため安心です。

赤ちゃんの肌荒れに落ち着いて向き合うために、参考にしてくださいね。

よくある赤ちゃんの肌トラブル、時期別に症状と原因を紹介!


生まれた直後、赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。
その原因は、肌の薄さが大人の半分ほどしかないからだとされます。

赤ちゃんの肌が成長し、強くなっていく過程で、しばしば肌トラブルが起こるようです。

肌トラブルには赤ちゃんによって個人差がありますが、主に1歳までの乳児が、湿疹などの症状に悩まされることが多いようです。

特定の時期に赤ちゃんが引き起こしやすい肌荒れは、以下の通りです。

  • ~生後3ヶ月:新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹
  • ~生後1歳:乾燥性湿疹

それぞれの原因や対処法をみていきましょう。

~生後3ヶ月:新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹

新生児にきび
おでこや頬に湿疹ができます。乳児脂漏性湿疹
まゆ毛や紙の生え際に、黄色っぽいかさぶたのような湿疹ができます。

生まれたての赤ちゃんは、顔や頭皮から皮脂が盛んに分泌されます
皮脂の汚れが毛穴に詰まると、菌が繁殖するため、肌トラブルが起こるようです。

両方とも赤ちゃんのに症状があらわれます。

痒みはないので、赤ちゃんがツラい思いをする心配はないようです。

対処法:まずは保湿を徹底しましょう

お風呂上がりに赤ちゃんの肌が乾燥すると、ニキビや湿疹が悪化する原因となります。
お風呂から出た後の保湿を徹底して、いつも清潔な肌を保ってあげましょう。

保湿の具体的な方法はこちら

また布団を抗菌・防臭加工・撥水加工のものにしてあげると、布団の上にいる時間が長い赤ちゃんの肌を、きれいに保ちやすくなりますよ。

参照:鹿児島大学病院小児医療センター「赤ちゃんの洗顔」

~生後1歳:乾燥性湿疹

乾燥性湿疹
肌の乾燥が原因で炎症が起こる。
全身に症状がでることもある。

生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が少なくなるため、急激に水分量が少なくなります。
そのため肌が乾燥してバリア機能が崩れ、肌に炎症やかゆみを引き起こすのです。

症状がかゆみを伴うため、赤ちゃんが炎症部分をひっかいて、肌荒れを悪化させるケースが多いです。

見た目が痛々しくなりがちので、赤ちゃんを見ているだけで不安になりますよね。

赤ちゃんの肌の状態についても、下記のような体験談がありました。

  • やけどで皮がむけたような感じ
  • 小さなデコボコの湿疹がでていて、汁っぽいものもでている
  • 肌がカサカサして、けば立っている

症状はさまざまですが、親としては気になるものです。

対処法:肌の乾燥を押さえましょう

乾燥肌が引き起こしている湿疹なので、とにかく肌の乾燥をおさえましょう

お風呂の後に保湿してあげるのはもちろん、朝起きたときや、お出かけの前後にも保湿すると、赤ちゃんの肌に効果があるとされています。

生後1歳~:肌の安定期へ

個人差はありますが、赤ちゃんが1歳を迎えるころになると、赤ちゃんの肌が成長して、乾燥が原因で肌荒れを起こすことも減ってくるようです。

暑いシーズン:あせも

あせも
汗腺が詰まってできる湿疹

あせもは、大量の汗をかいたときに、汗がうまく体外に排出されきれず、皮膚の内側にたまってしまうことが原因で起こる湿疹です。

そのため汗をかきやすいからだの部位には、あせもの症状が出やすいといわれています。

あせもを放置すると「とびひ」の状態にまで悪化し、炎症の範囲が広がるケースもあるので、注意が必要です。

対処法:入浴時に汗を洗い流しきりましょう

汗が皮膚の表面にたまることによって、あせもが発生します。
そのため入浴時に、赤ちゃんの肌についている汗を洗い流してあげましょう

また汗を吸い取りやすい、天然素材で通気性がよい肌着を着せてあげるのも効果的です。

参照:岡山大学医学部歯学部付属病院薬剤部「『あせも』ってなに??」

赤ちゃんの肌荒れ、ほかの原因は何がありうるの?アトピーの心配は?


赤ちゃんの肌荒れがなかなか治らなかったり、症状が重いと、何が原因なのか悩むママもいるかもしれません。

ほかに考えられる、小さい子どもの肌が荒れる原因を紹介します。

また皮膚の病気としてよく聞くアトピー性皮膚炎の特徴や、対処法についての疑問についてもあわせてみていきましょう。

赤ちゃんの肌荒れ・意外な原因4選

まずは簡単に取り除くことができる肌荒れの原因がどこかにひそんでいないか、確認しましょう。

よだれ、ミルクのかぶれ

赤ちゃんの顔にかぶれがあるときは、よだれミルクが赤ちゃんの口から垂れたままだったことが原因で炎症になっているケースがあります。

布団などの布擦れ

赤ちゃんがうつ伏せになったまま動くと、顔が布に擦れてかぶれの原因になりやすいです。

また寒い時期に裏起毛の服を着せることもありますが、毛が肌に当たってかゆいと感じる原因となることもあります。

カビ(オムツかぶれの深刻化)

蒸れたオムツの中は、カビが繁殖しやすい環境です。

カビが原因で、オムツが直接当っていない、広い範囲にわたって「カンジダ」と呼ばれるかぶれが生じることがあります。

アレルギー

各種のアレルギーが原因で肌に悪い影響が出ているかもしれません。
アレルギー検査を受けてみましょう。

実際アトピーの症状は、生後すぐの赤ちゃんに多い、乳児脂漏性湿疹とよく似ているため、多くのママは子どもの肌荒れの原因がわからず困ってしまいます。

アトピー性皮膚炎は通常の肌荒れとどう違うの?

アトピー性皮膚炎は肌に炎症を起こす病気として有名ですね。

症状が通常の赤ちゃんにみられる肌荒れと似ているため、自分の子どもがアトピーなのではないかと不安になるママも多いでしょう。

乳児のアトピー性皮膚炎がもつ特徴として、下記が挙げられます。

  • 顔や頭を中心に発疹(赤いものや盛り上がったもの)がある
  • 耳切れが見られることが多い
  • 患部の皮膚に掻き傷の痕が残っている

赤ちゃんの肌荒れがひどく、症状がアトピー性皮膚炎に特有だと感じるときは、まずは皮膚科を受診しましょう

参照:厚生労働省「学童・成人アトピー性皮膚炎の臨床像・病態・経過」

ステロイドは赤ちゃんに使っても大丈夫?

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎の患者に処方される、代表的な軟膏です。

短期間で肌の炎症を抑えるため、有効な薬として赤ちゃんに処方する皮膚科も多いでしょう。

基本的に用法や用量を守れば赤ちゃんの症状が緩和されることが多いですので、服用されたらまずは試してみましょう。

ステロイドを使わないほうがよいケースってあるの?

もし使用量を守って服用したうえで、症状が悪化するなどステロイドが子どもの肌に合っていないと感じたときは、他の薬を使った方がよいかもしれません。

一度使用中止し、別の薬を服用できないか医師に相談するとオススメです。

医師によってステロイドをよく使う人、あまり処方しない人と差がありますので、できれば口コミなどで医師の評判を調べてから出向くと安心ですね。

参照:岡山大学「薬の窓口」

自宅でできる赤ちゃんの肌荒れ対策は?


子どもの肌が少々荒れてしまうのは仕方のない部分もありますが、痛々しい赤ちゃんの肌を見るのは心が痛みますよね。

少しでも子どもの肌トラブルを改善するために、ママが家でできる基本的なケア方法をまとめました。

赤ちゃんの肌を守ってあげましょう

清潔を保つ

赤ちゃんの肌に汚れがついたままだと、かゆみの原因となり、肌トラブルが起きやすくなります。

お風呂で汗や汚れを流しきりましょう。

赤ちゃん肌にダメージを受けさせない

デリケートな肌に炎症が起きる原因を作らないよう、ダメージから守ってあげることも大事です。

  • ツメをきり、自分をひっかかせない
  • 赤ちゃん用の日焼け止めクリームを塗って日焼け防止

上記のような工夫が、子どもの肌を刺激から守るために役立ちます。

日焼け止めを塗ったときは、お風呂でクリームを落としきることを徹底してくださいね。

お風呂の入り方は?石鹼を使わないのはOK?

赤ちゃんの肌をケアするうえで、お風呂の入り方はとても重要です。

赤ちゃんをお風呂に入れるときに抑えたいポイントを知っておきましょう。

お湯はぬるめがちょうどよい

熱めのお湯に入れてしまうと、肌を保湿する成分が流れ出てしまうので、湿疹が悪化するリスクがあります。

38~39度の、ぬるめのお湯で洗ってあげてください。

石けんは使ってOK?

石けんで肌についている汚れを落とすのはよいことです。
一方で石けんを使って肌をごしごし洗ってしまうと、肌を傷つけてしまいます。

おむつで隠れているお尻などに石けんを使うのはよいですが、それ以外の部分はお湯で丁寧に洗い流すだけでも大丈夫です。

石けんを使いたいときは、刺激が少ないものを選んだうえで、しっかりと泡立てることを徹底してください。
最初からポンプを押すと泡が出てくるポンプタイプはおすすめですよ。

保湿を忘れずに徹底しましょう

赤ちゃんの肌は、生後3ヶ月ごろを境に急激に乾燥します。

乾燥は肌トラブルの大きな要因なので、入浴後すぐに丁寧な保湿ケアを赤ちゃんにしてあげることが、とても大事だといえます。

お風呂からあがってすぐに保湿するのがポイントです。

保湿剤を選ぶポイントは?最適なタイプの保湿剤を選びましょう

保湿剤といっても、さまざまなタイプがあり、どれを赤ちゃんに塗るべきか迷いがちですよね。

医療機関で診察を受けたのであれば、お医者さんから処方された保湿剤を使うのが一番でしょう。

一方で病院に行くほどひどくはないけれど、赤ちゃんの肌荒れが気になるママもいますよね。

市販で購入でき、赤ちゃんの肌にも優しい保湿剤の種類を紹介します。

ローションタイプ

伸びが良くべたつきにくいので、広い範囲にまんべんなく塗れます。
普段使いに最適です。

  • アロベビー ミルクローション

アロベビー公式サイトはこちら

価格(税抜) 初回:980円
2回目以降:2,070円

新生児から使える保湿剤では、99%以上天然素材で作られているアロベビーのミルクローションがオススメです。

ホボバオイルやシアバターなど、低刺激で保湿力の高い天然成分を使っており、もちもちとしたうるおいが長続きします。

公式サイトを見る

クリームタイプ

部分使いにぴったりの、とろみが強いタイプです。

  • ママバター フェイスアンドボディクリーム

価格(税込) 1,296円

天然由来の保湿成分であるシアバターだけでつくられた、人肌でとろけるクリームです。

乾燥が気になるところなら、顔や唇など、からだの敏感な部分に塗って、保湿することもできます。

ママバタ―公式サイトを見る

ワセリンタイプ

油分で肌に膜を作り、肌を柔らかくします。
湿疹の上からでも使用可能です。

  • 健栄製薬 ベビーワセリン

ベビーワセリン 60g

価格(税込) オープン価格

無香料・無着色・パラペンフリーなので、赤ちゃんから大人まで、乾燥から肌を守ってくれます。

オイルタイプ

油分が多く含まれるので、カサつきがひどいときにピッタリです。
馬油も、赤ちゃんの肌を優しく保湿してくれる天然素材として、よく使われています。

 

  • アロベビー アンジュ マッサージオイル

 

アロベビー アンジュ マッサージオイル 80ml

価格(税込) 2,970円

天然由来成分だけを使った、国産オーガニックのスキンケアです。

香りもついておらず、赤ちゃんの肌の健康を一番に考えて作られました。
ベビーマッサージにも使うことができます。

肌荒れの理由がわからない…そんなときは病院へ


肌荒れの症状がどのように移り変わっていくのか、一般的な流れを説明しましたが、もちろんすべての赤ちゃんが同じ症状を同じ段階・同じ度合で発症するわけではありません。

「周りの赤ちゃんはこんな症状が出ていないのに、うちの子どもは大丈夫なの?」と不安になるママも多いでしょう。

赤ちゃんに肌トラブルがおきたら、まずは自宅でケアすることが大切です。

ただし以下のような症状の悪化が見られるようなら、小児科か皮膚科を受診しましょう。

  • かさぶたが厚くなってかゆみが出る
  • 膿みがジクジクしている

プロである医師の判断を受けると、子どもが適切な治療を受けやすくなりますし、ママの不安も解消されやすくなります。

「自分が心配しすぎなのではないか…?」と思っても、赤ちゃんの病状に不安を覚えたら、思い切って受診するのがおススメです。

薬があわないときは、ほかの専門家に相談してみましょう

赤ちゃんの肌荒れで病院に行くと、症状にあわせて軟膏を処方されることが多いです。

しかし赤ちゃんによっては、処方された薬が体に合わず、逆に症状が悪化してしまうケースもあります。

処方された薬が赤ちゃんに合っていないと感じたときは、ほかの医療機関に一度相談に向かうことも検討してみましょう。

赤ちゃんの肌荒れは自然なこと!落ち着いて向き合いましょう


赤ちゃんの肌荒れは、見ているだけで痛々しく心配になってしまいますよね。

でも手軽にできるケアを家で施していれば、少しずつ症状が改善するケースもあります。

また医療機関から皮膚炎の診断を受けたとしても、プロの助けを借りて、子供の肌荒れと向き合っている家庭もたくさんありますよ。

焦ることなく、赤ちゃんの肌荒れと向き合っていってください。