【生後7ヶ月】の赤ちゃんの成長や発達、離乳食や子育てのポイント

生後7ヶ月の赤ちゃんは、寝返りやおすわりがしっかりできるようになり、運動能力も発達します。
人見知りがはじまるのも、この時期です。

7ヶ月だとどのくらい成長してるの?
どんなことに気を付ければよい?

そんな生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について、気になる疑問を解説します。

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について


急激に成長してきた赤ちゃんも、生後7ヶ月くらいからは成長の速度が緩やかになります。

赤ちゃんがあまり成長していないと、不安になる方もいるかもしれませんが、心配はありません。

6~12ヶ月の乳児については、1日当たり10~15gの体重増加が期待されるようですが、コンスタントに体重がフエルトは限らないので、長期的に赤ちゃんの成長を観察してあげましょう。

体重が減っているなど、心配なことがあったら、小児科のお医者さんに相談してください。

参照:厚生労働省「乳幼児身体発育評価マニュアル」

身長や体重はどれくらいになる?

生後7ヶ月の赤ちゃんは、どの程度成長しているのでしょうか。
男女別の、平均体重と身長は以下のとおりです。

男の子 身長:63.6~72.1cm
体重:6.44~9.57kg
女の子 身長:61.7~70.4cm
体重:6.06~9.05kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

どれくらい寝るようになる?

7ヶ月になると、長い時間眠ることができるようになり、1日当たりおよそ13時間眠ります。

朝起きてお昼寝をはさみ、夜に就寝する、という睡眠のリズムを整えることが大切です。

朝は、カーテンを開け日光を浴びさせたり、外に出かけるわけではなくても着替えをさせる、など生活リズムを整える工夫をしましょう。

とくに夜は、しっかり眠れるようにしてあげてください。
なかなか眠らない場合は部屋を暗くしたり、眠りやすい静かな環境作りを心がけましょう。

授乳量や回数はどうなる?

授乳回数は1日5回、量は200~220mlくらいが目安です。
まだミルクや母乳からの栄養補給も欠かせないので、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげてください。

離乳食がはじまると、「授乳の回数を減らしたほうがいいの?」と思うママもいるかもしれませんが、回数はそのままで大丈夫です。

離乳食が進むにつれて自然と回数や量が減っていくので、ムリに減らす必要はありません。
赤ちゃんのペースに任せましょう。

離乳食にも慣れてくるころ

生後5~6ヶ月ごろから、離乳食をスタートします。

7ヶ月になると、離乳食にも少しずつ慣れてくるころでしょう。
まずは1日2回の離乳食で、食事する習慣をつけていきます。

離乳食の固さはどのくらい?

この時期の離乳食の固さは、舌でつぶせる固さが好ましいでしょう。

豆腐くらいのやわらかさ、手で押すと形が崩れるくらいが目安です。

いつまでももぐもぐしている場合は、食べものが赤ちゃんにとって、まだ少し固いのかもしれません。
赤ちゃんが食べものを噛む様子を見ながら、固さも調節しましょう。

一回当たりの目安量

生後7ヶ月の赤ちゃんが食べる、離乳食の目安量は、1回あたり以下のとおりです。

  • 穀類全がゆ:50~80g
  • 野菜果物:20~30g
  • たんぱく質:魚10~15g・肉10~15g・豆腐40~50g・卵(卵黄)1~(全卵)1/2個・乳製品50~70g(いずれか1品)

ただし卵は、必ず火を通したものを与えてください。

あくまでも目安なので、赤ちゃんのペースに合わせて離乳食はすすめましょう。

参照:厚生労働省「離乳食の進め方の目安」「授乳・離乳の支援ガイド」


排泄について

食事のリズムが整う段階では、赤ちゃんの排泄は1日に1~3回ほどが一般的です。

離乳食がはじまると、大人と同じような硬くて臭いうんちになりますが、慣れないうちは、便秘や下痢になることもあります。

食後に水分を補給したり、消化がよく繊維が豊富な食材を選び、腸内環境を整えてあげることが大切です。

生後7ヶ月の発達・特徴


生後7ヶ月の赤ちゃんはできることが増え、行動範囲も広がります。

一方で赤ちゃんの成長には個人差があり、早い子もいればゆっくりな子もいます。
焦らず、わが子のペースをゆっくり見守りましょう。

運動量が増える

手足の運動機能が発達し、動きが活発になる時期です。

おすわりがしっかりできるようになり、ずりばいや、早い子どもだと、つかまり立ちができる子もいます。

興味をもったものやおもちゃを、両手でしっかりつかめるようにもなります。

乳歯が生え始める

乳歯は、下の歯から生え始めます。

違和感や痛みを感じて、機嫌が悪くなる子どももいます。
そろそろ、歯がためのおもちゃを与えましょう。

夜泣きが始まる

生後7ヶ月くらいから、夜泣きが始まるといいます。
日中の外出が刺激となって興奮したり、寝苦しかったりと、夜中の理由には様々な可能性があり、なかなか原因をつきとめられません。

「そういう時期だからしょうがない…」とはいっても、毎晩続くとママも参ってしまいます。

泣き止まないときは、授乳間隔に関係なく、おっぱいをあげてみましょう。
赤ちゃんは、ママの母乳やミルクを飲むことで安心するので、眠りやすくなるそうです。

人見知りになる

このころから、他人を認識して人見知りをするようになります。
いつも一緒にいる人とそうではない人との、顔の区別がつくためです。

ちょっと話しかけられただけで、大泣きしてしまう子どももいるようですね。

人見知りは、心の発達による成長のひとつです。
やさしく話しかけたり、ぎゅっと抱きしめて安心させてあげてくださいね。

参照:乳幼児保健指導の手引

生後7ヶ月の予防接種や検診は?


生後7ヶ月以降で受けられる予防接種は、以下のものがあります。

  • B型肝炎
  • ジフテリア
  • 百日咳
  • 破傷風
  • ポリオ
  • BCG

生後7ヶ月からは、インフルエンザの予防接種を受けることができますが、日本小児科学会は1歳以上の接種を推奨しています。

参照:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

6~7ヶ月健診の健診内容

必須の乳幼児検診はありませんが、自治体によっては6~7ヶ月の健診をおこなっているところもあります。

検診でチェックする項目は、7ヶ月ごろの成長に合わせた以下の点です。

おすわり 身体的な発達としてお座りができるかどうかを確認。
立たせたときの、身体の状態などもあわせてチェックする。
手の運動機能 手にものを握らせたりして、手の運動機能や脳の働きなどをチェック。
人見知り 赤ちゃんが、知っている人と知らない人を認識しているかどうかで、精神的な発達を確認する。

生後7ヶ月のお世話のポイント


生後7ヶ月の赤ちゃんの育児のポイントをまとめました。

7ヶ月のお風呂の入れ方は?

体つきがしっかりするので、お風呂もママと一緒に入れます。

バス用のおもちゃなどで一緒に遊べば、スキンシップの時間にもなるでしょう。

ベビー用のバスチェアもオススメです。
赤ちゃんを座らせておけば、ママもゆっくり身体を洗えますよ。


7ヶ月だとこんな抱っこができる

低月齢の赤ちゃんは首もすわらず、とてもデリケートなので、横抱きで頭をしっかりと支える必要があります。

首がすわれば、たて抱きもできるので、抱っこ紐でのお出かけもOKです。
生後7ヶ月ころは腰もすわるので、腰抱きもできるようになります。

お出かけするときに気を付けたいこと

感性が豊かになるこの時期には、外遊びさせてあげることも大切です。

身体を使って、たくさん遊ばせてあげましょう。
混雑した人混みよりも、空気のきれいな公園などがオススメです。

服装はどういうものがいい?

おすわりがしっかりできるようになるので、上下に分かれた服も着せやすくなります。
7ヶ月の赤ちゃんの標準サイズは、70センチです。

よく動きまわるので、肌着は股をスナップで留める、ボディタイプがオススメです。
お腹を冷やさないようにしてあげてくださいね。

7ヶ月のオススメファッション:春・秋

  • 半袖肌着にロンパースなどのつなぎ服
  • トップス&オーバーオールなどのセパレート服

がおすすめです。

建物のなかや、公共機関のなかではエアコンがきいていることもあるので、温度調節ができるよう、薄手のカーディガンを持っておくと、便利でしょう。

7ヶ月のオススメファッション~夏

半袖・ノースリーブの肌着ロンパースなどのつなぎ服がオススメです。

トップス&オーバーオールなどであれば、活発に手足を動かしても安心でしょう。

お家ではコンビ肌着1枚でもOKですが、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないように気をつけましょう。

7ヶ月のオススメファッション~冬

  • 長袖肌着にロンパースなどのつなぎ服
  • トップス&オーバーオールなどのセパレート服

が便利です。

まだまだ温度調整は苦手な月齢なので、カーディガン・ポンチョなどでしっかりと防寒対策をしてあげましょう。

生後7ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


身体だけでなく、心や知能が発達する時期となる生後7ヶ月の赤ちゃんは、遊ぶことが大好きです。
パパママも、赤ちゃんと一緒に、たくさん遊んであげてくださいね。

オススメの遊び

7ヶ月は、少しずつ自分の手で、ものを掴むことができるようになります。
そのため空の箱にティッシュを何枚か入れておき、赤ちゃんがティッシュを引っ張り出す、ティッシュ遊びがオススメです。

またこの時期には、絵本に興味を持ちはじめます。
布絵本は音が出たり、赤ちゃんの興味を引く仕掛けがいっぱいです。

好みや個性が出てくる時期なので、赤ちゃんのお気に入りの絵本を読み聞かせるのもよいでしょう。

知能を伸ばす

ベッドメリーやプレイジムなど、赤ちゃんの知能を伸ばす知育玩具もオススメです。

色が鮮やかなものや、触り心地などを楽しめるおもちゃを選んであげてください。

ママも一緒に遊んであげることで、コミュニケーションやスキンシップ、興味や知能の発達につながります。


生後7ヶ月で注意したいこと


赤ちゃんは成長するにつれて、いろいろなことができるようになるため、ケガや病気やへのリスクも増えます。

7ヶ月の赤ちゃんを育てる中で、注意しておきたいことを、まとめました。

事故を防ぐ

誤飲や転倒など、事故にはくれぐれも注意してください。

赤ちゃんの安全のために、家具などにはガード材を設置することもオススメです。

赤ちゃんはなんでも口に入れてしまうので、部屋の床に物を置いたり、手の届くところに危険なものを置かないようにしてください。

下痢・便秘に気をつける

赤ちゃんの消化器官がまだ発達していないため、おなかの調子を崩すこともあります。

離乳食がはじまるこの時期には、食べものがうまく消化できずに、下痢便秘になることもあるでしょう。

下痢や便秘になったときは、離乳食の量や内容をチェックし直したり、水分量を調整してください。

生活のリズムを整える

朝起きて昼寝して夜しっかり睡眠をとることが、赤ちゃんの健やかな成長には必要不可欠です。

なるべく夜は早めに寝かせて、生活のリズムを整えてあげましょう。

生後7ヶ月の行事は?


初節句は、赤ちゃんが生まれてはじめて迎える節句です。

初節句では、祖父母や親せきを招いて、赤ちゃんの健やかな成長を願い、お祝いします。

女の子は3月3日(桃の節句)、男の子は5月5日(端午の節句)です。

桃の節句(ひなまつり)には雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物などでお祝いします。

端午の節句には、鯉のぼりやよろい兜を飾り、チマキや柏餅を食べてお祝いするのが一般的です。

<赤ちゃんの部屋編集部より>
産後ケアに葉酸がおすすめ

葉酸は、次のような産後のマイナートラブルに対する効果が期待できます。

母乳を改善する 「造血のビタミン」と呼ばれる葉酸は血液の量・質を改善する効果があり、血液からつくられる母乳への効果も期待できます。
肌・髪のトラブル対策 葉酸は細胞やたんぱく質の合成をサポートし、肌のターンオーバーの促進や、髪のハリ・ツヤを生み出す効果が期待できます。
産後うつの改善 血中の葉酸濃度が低いとうつ病リスクが約1.4倍高まるという研究結果があり、産後うつの改善に葉酸が役立てられる可能性があります。

参考:国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所「葉酸解説」
参考:「うつ病と食生活の関係」

授乳期は通常より100㎍多い340㎍の葉酸摂取が、厚生労働省から推奨されています。

必要量がしっかり摂れる葉酸サプリを飲む習慣をつけると、健康維持に役立てられるでしょう。


7ヶ月の赤ちゃんは好奇心も旺盛!


7ヶ月の赤ちゃんの成長の様子について、紹介しました。
赤ちゃんの動きが活発になり、感情も豊かに発達します。

7ヶ月の赤ちゃんの特徴には個人差がありますし、赤ちゃんの成長は周りとペースが違うのが当然です。
赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

もし心配なことがあれば、自分一人で悩みを抱えずに、かかりつけのお医者さんなどに相談してくださいね。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...