【生後8ヶ月】の赤ちゃんの成長や発達は?生活のポイントは?

生後8ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイができるようになり、どんどん活発に動き回るようになる時期です。

呼びかけに反応するなど、精神的な成長がますます楽しみになる時期でしょう。

生後8ヶ月は、赤ちゃんにとってどんな時期なのでしょうか?
とくに注意すべき点には、なにがあるのでしょうか?

生後8ヶ月の赤ちゃんの成長や生活のポイントについてまとめました。

生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について


前の月と比べて、あまり身長が伸びていなかったり、体重が増えていない場合もあるかもしれませんが、緩やかにでも成長しているのであれば心配ありません。

体重が減っているなど、心配なことがあったら、小児科のお医者さんに相談してください。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:66.3~75.0cm
体重:6.96~10.14kg
女の子 身長:64.4~73.2cm
体重:6.53~9.63kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

どれくらい寝るようになる?

生後8ヶ月になると、赤ちゃんは1日当たりだいたい13時間ほど眠ります。

朝は起きるまで眠らせるのではなく、ママが起こしてあげるようにしてあげましょう。
そうすることで、睡眠のリズムが整います。

お昼寝は一日2回くらいにとどめ、夕方まで眠ることのないようにしてください。
昼寝の時間が長すぎると、夜眠れなくなってしまいます。

夜なかなか寝ないという赤ちゃんには、眠りやすい環境を作ってあげてください。

  • 子守歌を歌う
  • 絵本を読み聞かせる
  • テレビを消したり静かにしたり、部屋を暗くする

毎日同じリズムで寝かしつけることで、すんなりと眠りにつけるようになります。

授乳量や回数はどうなる?

授乳回数は1日4~5回、量は1回200~220mlくらいが目安です。

この時期の赤ちゃんは、ミルクや母乳で60~70%の栄養を補っています。

まだ、離乳食だけでは栄養補給できませんので、赤ちゃんが飲みたい分だけ授乳もしましょう。

離乳食中期

生後8ヶ月は、1日2回の離乳食を定着させる時期です。
味や舌触りを楽しめるように、食材の種類を増やしてあげましょう。

一回当たりの目安量

この時期の赤ちゃんは、どの程度の離乳食を食べるのでしょうか。

  • 穀類全粥:50~80g
  • 野菜果物:20~30g
  • たんぱく質:魚10~15g・肉10~15g・豆腐40~50g・卵(卵黄)1~(全卵)1/2個・乳製品50~70g(いずれか1品)
    ただし卵は、必ず火を通したものを与えてください。

あくまで目安なので、赤ちゃんのペースを優先にすすめましょう。

離乳食のメニューは?

穀類と野菜や果物、たんぱく質を組み合わせた食事メニューが基本です。
白身魚や豆腐から脂肪の少ない鶏肉や豆類、海藻へと食べ物の種類を増やしていきましょう。

乳児ボツリヌス症を予防するため、はちみつは、満1歳を迎える前の赤ちゃんに与えないようにしてください。

離乳食の食べさせ方

赤ちゃんは、舌と上あごでつぶしてものを食べます。
離乳食のかたさは、舌でつぶせるくらいが目安です。

離乳食を赤ちゃんに与えるときは、スプーンを下くちびるにのせます。
スプーンは平らなものを使いましょう。

参照:授乳・離乳の支援ガイド

排泄について

離乳食中期となる8ヶ月になると、排泄物は大人のうんちと同様に、茶色でかたくなっています。

食べたものがそのまま出てくることもあります。
赤ちゃんの消化器官はまだ未発達なので、消化しにくい食材や形が大きすぎると消化できないこともあるのです。

食べたものがそのまま排泄された場合、離乳食を細かくしたり、柔らかくするなど工夫してあげましょう。

生後8ヶ月の発達・特徴


生後8ヶ月の赤ちゃんは、どんなことができるようになるのでしょうか。

運動能力の発達

生後8ヶ月には腰もすわり、体幹もしっかりしてきます。
赤ちゃんの動きが活発になるころです。
運動能力も発達、行動範囲もぐっと広がります。

  • 寝返り
    両面に寝返りがうてるようになります。
  • おすわり
    ひとりでしっかりお座りができ、姿勢も安定します。
  • ずりばい
    うつぶせの状態で頭を上げ、手や足を使って前や後ろに這って進みます。
  • ハイハイ
    四つん這いで移動するのが、ハイハイです。
    全身を動かして、一生懸命はいはいしている赤ちゃんは、本当にかわいいでしょう。
  • 手足の発達
    両手でものをつかめるようになります。

赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、できないからといって心配することはありません。
ずりばいをスルーして、いきなりハイハイをする子どももいるようです。

乳歯の発達

乳歯が生え始めたら、お口のケアもおこないましょう。

離乳食を始めると、食べかすが歯に残ることも多いので、歯ブラシによる歯磨きが必要です。
そのままにしておくと、虫歯になりやすくなってしまいます。

赤ちゃんが嫌がるとストレスにもなるので、歌を歌ったり、歯磨きの時間を楽しく演出するのもよい方法でしょう。

上手な歯磨きのポイント

しっかりした歯磨きは、1日1回で大丈夫です。
離乳食の後におこないましょう。

赤ちゃん用の小さいヘッドでやわらかい毛先の歯ブラシと、飲み込んでしまっても大丈夫な、赤ちゃん用の歯磨き粉がオススメです。

あまり力を入れてしまうと赤ちゃんが痛がることもあるので、やさしく磨きましょう。


喃語をはなしはじめる

喃語(なんご)とは、2文字以上の意味のない言語を話すことです。

8ヶ月くらいになると、「あーあー・まんま・ばぶばぶ」など声に出して喃語を話しはじめます。
本格的に話す前の段階の言葉と考えてよいでしょう。

赤ちゃんの喃語に反応してあげることは、とても大切です。
会話・コミュニケーション能力の向上に役立ちます。

人見知り・夜泣きのピーク

脳が発達し、個性が出てくる生後8ヶ月は人見知りと夜泣きのピークです。

人見知りや夜泣きはいずれも一時的なものです。
成長する過程で、誰もがとおると割り切って、付き合ってあげましょう。

参照:乳幼児保健指導の手引

生後8ヶ月の予防接種や検診は?


生後8ヶ月以降で受けられる予防接種は、以下の通りです。

  • B型肝炎
  • ジフテリア
  • 百日咳
  • 破傷風
  • ポリオ

それぞれ3回目の接種時期です。
2回目から4週以上あけて接種してください。

生後6ヶ月からは、インフルエンザの予防接種を受けられますが、日本小児科学会は1歳以上の接種を推奨しています。

参照:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

生後8ヶ月のお世話のポイント


生後8ヶ月の赤ちゃんが生活するうえで、気を付けるとよいポイントをまとめました。

8ヶ月のお風呂の入れ方は?

生後8か月の赤ちゃんはよく動くし、じっとしていないので、お風呂に入れるのが大変になる時期です。

赤ちゃん用のバスマットやバスチェアがあると、安定して洗えます。

ほかにもお風呂にお気に入りのおもちゃがあると、赤ちゃんもゴキゲンです。その間にママも身体を洗えるので、とても便利でしょう。


8ヶ月だとこんな抱っこができる

首もすわりしっかりするので、新生児期のように首を意識した抱き方をしなくても大丈夫です。

生後8ヶ月になると、体重が10キロ近くになるので、抱っこするだけでママは大変です。
腰骨にのせる腰抱きや、ママの胸にもたれさせるような抱き方であれば、手や腕の負担を軽減できますよ。

いろいろな抱き方ができるようになるので、自分が楽だと感じる抱き方を探してみましょう。

どんなところにお出かけする?

いろいろなものに興味津々な赤ちゃん、パパママとのお散歩やショッピングなどのお出かけもよいでしょう。

地域の子育て支援センターを利用するのもオススメです。
コミュニケーションが活発になるので、ほかの子どもとの交流する環境を作ってあげましょう。

またママ同士で、子育ての不安や悩みを相談できるので、活用してくださいね。

参照: 厚生労働省「地域子育て支援拠点事業について」

服装はどういうものがいい?

生後8ヶ月の洋服のサイズは70センチが目安です。

動きが活発になるので、大きいサイズだと洋服がはだけてしまうかもしれません。
ジャストサイズのものを着せてあげましょう。

ずりばいやはいはいをする赤ちゃんは、お家ではロンパースなどのつなぎ服がオススメです。

生後8ヶ月のオススメファッション~春・秋

一年中使える、フライス素材がオススメです。
肌触りもやわらかで着心地は抜群、伸縮性が高いのでよく動く赤ちゃんにぴったりでしょう。

オススメファッション

ボディ肌着(半袖)

ロンパースorセパレート服

アウターとして、ベスト・薄手のカーディガン

生後8ヶ月のオススメファッション~夏

暑い夏は、薄手で通気性のよい素材がオススメです。
ガーゼや天竺素材は、さらっとした肌触りで汗もしっかり吸収します。

オススメファッション

ボディ肌着(ノースリーブ・半袖)

ロンパースorセパレート服

生後8ヶ月のオススメファッション~冬

スムース素材やパイル地は、厚手で保温性が高いので冬の定番素材です。

冬でも赤ちゃんは汗をかきやすいので、着せすぎるのもよくありません。
すぐに体温調節ができるような、重ね着スタイルにしてあげてください。

オススメファッション

ボディ肌着(長袖)

ロンパースorセパレート服

アウターとして、カーディガン・ポンチョ・コート

生後8ヶ月の遊びは?脳を育てるには?


運動量が増える生後8ヶ月には、身体を使ったすこしダイナミックな遊び方もオススメです。
親も一緒に身体を動かすことで、親子間でのスキンシップにもなります。

  • 飛行機あそび
    大人が仰向けに寝て、膝を立てます。
    赤ちゃんの脇の下を支えながら、すねの上にのせて、ゆっくり動かしましょう。
  • ボール遊び
    床でボールを転がしてキャッチする遊びです。
    ボールは両手でキャッチするので、手の運動の発達にも効果があります。

    ボールの行方を予測する能力も発達します。

  • いないいないばあ
    顔をかくしてパッと見せるいないいないばあ遊びは、誰もが知っている遊びでしょう。

    赤ちゃんはいないいないばあが大好きです。

    大好きな人の顔が隠れて、またパッとあらわれる喜びだけでなく、記憶力の向上にもつながるそうです。

生後8ヶ月で注意したいこと


生後8ヶ月の赤ちゃんをお世話するうえで、注意したいことをまとめました。

まずは、安全対策

行動範囲が広がると、事故の危険性が増えてきます。
安全には、十分配慮することが大切です。
以下の対策がオススメですよ。

  • ベビーゲートを設置する
  • ベビーサークルの中で遊ばせる
  • コンセントカバーをつける

誤飲を防ぐために、赤ちゃんの手に届くところにものを置かないようにしましょう。

生活のリズムを整える

朝起きて、昼寝して夜眠るという生活リズムを整えてあげましょう。

離乳食の時間も、毎日同じ時間にします。
夜しっかり眠るリズムを作ることで、夜泣きが減るという効果も期待できますよ。

体調管理もしっかりと

生後6ヶ月をすぎると、ママからの免疫がなくなることが原因で、ウィルスなどに感染することがあります。

あまり人の多い場所には出かけないようにするなど、赤ちゃんの健康に気を配りましょう。

また離乳食による、下痢や便秘にも注意してください。

かかりつけ医を見つけよう

「急に具合が悪くなった」、「成長について不安がある」など赤ちゃんの健康でトラブルがあったときは、信頼できるかかりつけの病院があると安心です。

かかりつけなら、スムーズに診察してもらえ、成長について不安なときにアドバイスも受けられます。

定期検診などで小児科医などを訪れた際に、雰囲気や通いやすさなどをチェックしておくのもいいでしょう。

8ヶ月の赤ちゃんはコミュニケーションも活発に!


生後8ヶ月の赤ちゃんの、育児のポイントについて紹介しました。

自己主張も始まるこの時期の赤ちゃんには、積極的に話しかけてコミュニケーションをとりましょう。
いないいないばあで、きゃっきゃと声を出して喜ぶ赤ちゃんの様子は、かわいいものです。

成長に関して不安があるときには、一人で悩まずにお医者さんなどに相談してくださいね。