【生後9ヶ月】の赤ちゃんの成長や発達、生活での注意点は?

生後9ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイやつかまり立ちなど、動きもますます活発になる時期です。

バイバイやパチパチなど、大人の物まねをしたり、後追いもはじまり精神面でもますます発達します。

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントをまとめました。

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について

自由に動き回るようになり、運動量がさらに多くなり、体つきも引き締まってきます。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:67.4~76.2cm
体重:7.16~10.37kg
女の子 身長:65.5~74.5cm
体重:6.71~9.85kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

動きが活発になるので、体重増加は少なくなります。

あまり神経質になることはありませんが、痩せてしまったり、離乳食を食べる量が極端に少ない場合には、小児科のお医者さんに相談してください。

どれくらい寝るようになる?

生後9ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、1日13時間程度です。

夜ぐっすり眠るためにも、散歩や遊びで昼間の運動量を増やしましょう。

夜泣きのピーク

夜泣きがひどい場合は、騒音・暑過ぎ・寒過ぎ・生活リズムの乱れ・昼間の興奮しすぎ・欲求不満などがないかを確認してみましょう。

夜中に赤ちゃんが泣きだしたら、トントンと身体を軽くたたいたり、抱っこしてあげるなど、まずは色々と試しましょう。

あまりストレスをためずに、ゆったりとした気分で赤ちゃんに付き合ってあげることがポイントです。

授乳量や回数はどうなる?

離乳食が増えるので、授乳は徐々に減らしていきます。
授乳は、200~220mlを1日2~3回が目安です。

しっかり離乳食を食べさせるためにも、授乳は離乳食のあとにしてください。

ムリに授乳回数やミルクの量を減らす必要はありません。
水分補給のためにも、母乳は好きなだけ飲ませて大丈夫です。

ミルクは残したりすることがありますが、離乳食を食べているようなら心配いりません。

哺乳瓶でミルクを与えている場合は、そろそろコップから飲む練習をはじめてもいいでしょう。

離乳食は1日3回

生後9ヶ月になると、1日に必要な栄養の60~70%の栄養を離乳食から摂ります。
離乳食も1日2回から3回に増やしましょう。

離乳食は、歯茎でつぶせる固さが目安です。(バナナくらいの固さ)

一回当たりの離乳食量

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食の目安は、以下のとおりです。

  • 穀類全粥:90g~軟飯:80g
  • 野菜果物:30~40g
  • たんぱく質:魚15g・肉15g・豆腐45g・全卵1/2個・乳製品80g
    ただし卵は、必ず火を通したものを与えてください。

楽しく食べる習慣を!

手づかみで食べたり、上手に食べられなくても、一人で食べる習慣をつけることも大切です。

汚しても、しからないようにしましょう。
汚れてもいいように、ビニールを敷いたり、エプロンをしてあげてください。

トーストや野菜はスティック状にカットすると、手に持って食べやすいですよ。

家族で一緒に食事をする時間を楽しむのも、いい経験になるでしょう。

参照:授乳・離乳の支援ガイド

参照:厚生労働省「離乳食の進め方の目安」

排泄について

離乳食が中期から後期になると、うんちも固く大人のうんちの形状に近づき、ペースも定まり、1日1~3回になります。

離乳食が進むと、食べたものが消化されず、うんちと一緒にそのまま排泄されることがあります。
消化が不十分でも、栄養は吸収されているので、神経質になる必要はありません。

生後9ヶ月の発達・特徴

生後9ヶ月になると体幹がしっかりするので、一人でおすわりができ、座ったまま物を取ったり、身体をねじって物を取ったりできます。

ハイハイ~つかまり立ちができるようになる

ハイハイでの移動が上達し、自由に動き回る時期です。
椅子などを利用して、つかまり立ちをはじめる子もいます。

ハイハイの練習

なかなかハイハイしない赤ちゃんには、ハイハイの練習をさせてあげてもいいかもしれません。

  1. まず腹ばいで手を伸ばして、おもちゃを取らせます。
  2. 腹ばいの状態で、方向転換をさせます。
  3. 腕を立てた状態から、腰を後ろのほうに持ち上げて、四つん這いの姿勢を取らせます。
  4. この姿勢を維持します。おもちゃなどを目の前に置いて励ましてあげるのもオススメです。
  5. 四つん這いの姿勢のまま、前後に揺らしてみます。

赤ちゃんの成長のペースには、かなり個人差があるので、自分の子がまだハイハイしないからと、慌てる必要はありません。

どうしても不安な場合は、かかりつけ医に相談してもいいでしょう。

指先の発達

親指とほかの指を使って、はさみ持ちができるようになります。

また以下の動きも、できるようになります。

  • ものを持ち替える
  • 両手にもつ
  • 投げる
  • 掴む

見るものすべてが興味の対象になるこの時期には、ガラガラなどのおもちゃを与えてあげるのも、手指の発達につながります。

後追いがはじまる

生後9ヶ月は人見知りだけでなく、後追いが始まります。

いつも一緒にいてくれる人が、自分から離れると不安になり後を追ってくるのです。
トイレに入るのも苦労するママもいるでしょう。

人見知りや後追いは理解力、記憶力などが発達している証拠なので、前向きにとらえましょう。

子どもの後追いで心がけたいこと

後追いの時期にある赤ちゃんのそばを離れるときには、赤ちゃんを不安にさせないことが大切です。

「すぐに帰ってくるから待っていてね」「すぐに戻ってくるからね」など、そばを離れるときや、戻ってきたときには、声をかけてあげましょう。

参照:乳幼児保健指導の手引

生後9ヶ月の予防接種や検診は?

生後9ヶ月以降で受けられる予防接種には、以下があります。

  • ジフテリア
  • 百日咳
  • 破傷風
  • ポリオ

があります。

3回目の接種は、2回目から4週以上あけてください。

どんなスケジュールで予防接種を受けてきたか、今後必要な予防接種はなにか、今一度振り返るといいでしょう。

参照:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

9~10ヶ月健診の健診内容

  • 身体計測
  • 精神、運動機能の発達状態をチェック

9~10ヶ月検診は、公的なものと自己負担になるものもがあり、自治体によって取り扱いが違います。

身体計測のほか、精神や運動機能の発達状態をチェックできるので、お住まいの地域の検診予定を確認しておきましょう。

わからないことや不安なことを質問できる、いい機会なので、ぜひ受けておきたい検診です。

生後9ヶ月のお世話のポイント

生後9ヶ月の赤ちゃんの生活のポイントをまとめました。

生活リズム

早寝早起きの規則正しい生活のリズムに整えましょう。

日中はたくさん遊ぶことで、赤ちゃんは適度に疲れて、お腹も空いてきます。
寝つきもよくなりますよ。

  • 朝:起床
  • 毎日、決まった時間に起こしてあげます
    離乳食+授乳

  • 昼:午前と午後に2回のお昼寝
  • 離乳食+授乳
    午後のお昼寝の後はおやつ
    お散歩などの外出や遊びの時間

  • 夕方:お風呂
  • 離乳食+授乳

  • 夜:就寝
  • 20~21時くらいには寝かしつけます

このように、できるだけ生活をルーティン化することで、しっかり生活リズムを整えることができますよ。

9ヶ月のお風呂の入れ方は?

おすわりがしっかりできるので、ベビー用バスチェアバスマットがオススメです。
座らせたまま、髪・身体を洗えるのでママも助かります。
洗い方は大人と一緒で大丈夫です。

お湯に浸かったら、出るまで数を数えたり、バス用おもちゃなどで遊んだり、お風呂の時間を楽しく過ごしましょう。


9ヶ月だとこんな抱っこができる

手や腕での抱っこは、肩や腕、腰が痛くなることもあります。

抱っこひもを使うと、ママの身体への負担も少なくなるのでオススメです。

腰ベルトタイプの抱っこ紐は、肩こりや腰痛がひどい人もラクになります。

お出かけするときに気を付けたいこと

外の世界を見るという経験は、赤ちゃんの脳の発達にも刺激になります。

いろいろなことに興味を持ち始めるこの時期には、公園など外へのお散歩、ほかの子どもと一緒に遊べる場所に連れて行くなど、積極的に外出しましょう。

赤ちゃんはとてもデリケートなので、夏の紫外線対策冬の防寒対策もしっかりしてあげてください。

服装はどういうものがよいの?

生後9ヶ月の洋服のサイズは70~80センチが目安です。

長く着せたいというときは、少し大きめのサイズでも大丈夫ですが、あまり大きすぎるサイズは、はだけてしまうので気を付けてください。

伸縮性のある素材で、動きやすいものを着せてあげましょう。
ひっかかりやすいひもや、飾りのついていないものを選んでください。

セパレートタイプの服ですと、おむつ替えがラクですよ。

生後9ヶ月のおすすめファッション~春・秋

一年中使える、フライス素材がオススメです。
肌触りもやわらかで着心地は抜群、伸縮性が高いのでこの時期の赤ちゃんに重宝するでしょう。

(例)
ボディ肌着(半袖)

カバーオールorセパレート服

アウターとして、ベスト・薄手のカーディガン

生後9ヶ月のおすすめファッション~夏

暑い夏は、薄手で通気性のよい素材がオススメです。
ガーゼ天竺素材は、肌触りがよく、汗をしっかり吸収するので、夏場でも快適でしょう。

(例)
ボディ肌着(ノースリーブ・半袖)

カバーオールorセパレート服

お出かけのときは、エアコンや紫外線対策として薄手のカーディガンを持っていると便利です。

生後9ヶ月のおすすめファッション~冬

スムース素材パイル地は、厚手で保温性が高いので冬の定番でしょう。

冬でも赤ちゃんは汗をかきやすいので、こまめに温度調節してあげましょう。
重ね着しておくと、簡単に着脱できるので、ママも楽ですよ。

(例)
ボディ肌着(長袖)

カバーオールorセパレート服

アウターとして、カーディガン・ポンチョ・コート

生後9ヶ月の遊びは?脳を育てるには?

生後9ヶ月の赤ちゃんは好奇心が旺盛で、いろいろ遊びに興味をもっています。
喃語(なんご)の言葉にも、バリエーションが増えてくるのでさまざまな遊び方で、積極的にコミュニケーションをとりましょう。

身体を使った遊び

このころには自分の思うように体を動かせるようになるため、身体を使った遊びは、赤ちゃんも興味深々でしょう。

  • まねっこ遊び
    ママ・パパの動きを見て、まねします。
    バンザイやバイバイ、おててパチパチなど、手足を動かして遊んであげましょう。一緒にできたら、「よくできたね」「じょうずだね」とほめてあげることも忘れずに。
  • 追いかけっこ遊び
    赤ちゃんと一緒にハイハイをしながら、追いかけっこをする遊びです。逃げる赤ちゃんに追いついたときは、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。

脳を育てる遊び

好奇心が強くなると、いろいろなことに挑戦するようになります。
興味を引き出すような、知育おもちゃなどもオススメです。

  • おもちゃをつかった遊び
    積み木は、指先が器用に使えるようになる、生後8~9ヶ月にオススメの知育玩具です。カラフルな色や形のバリエーションが、赤ちゃんの興味を引き出します。
    また積み木を掴んだりすることで、手指の発達にもつながります。
  • 一人遊び
    一人で楽しそうに遊んでいるときは、そのまま遊ばせておきましょう。
    事故など危険のないように、目は離さないでくださいね。

生後9ヶ月で注意したいこと

日々の生活で注意したいことをまとめました。

安全な環境づくり

ハイハイする赤ちゃんの行動範囲は、意外と広いです。

できるだけ広いスペースを作り、床の上にはできるだけものを置かないようにしましょう。
フローリングの上にマットなどを敷くと、赤ちゃんがバランスを崩したり、転んだりしたときの衝撃リスクを軽減できます。

思いっきりハイハイできる、環境を作ってあげてください。

安全対策もしっかり

誤飲転倒などの事故を、防ぐことも大切です。

赤ちゃんの手の届くところに危険な物を置かないようにしましょう。

段差のある所も危険です。
玄関や階段などでは転落事故を起こしやすいので、一人で行かせないように注意してください。

以下のような、便利な安全対策グッズがたくさんあるので、うまく活用しましょう。

  • ベビーゲート
  • コンセントカバー
  • コーナーガード
  • 安全ストッパー

生後9ヶ月の赤ちゃんはハイハイも上達!

生後9ヶ月の赤ちゃんの様子について、紹介しました。

さらに活動範囲が広がり、いろいろなことに興味を示しだす赤ちゃん。
パパママの真似をする姿はとても愛らしいです。親子で楽しめる遊びを通して、赤ちゃんの笑顔をたくさん引き出してあげたいですね。

赤ちゃんの成長には個人差があります。
ハイハイなどができなくても、焦らずにゆっくり成長を見守りましょう。

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...