【生後11ヶ月】の赤ちゃんの知っておきたい発達や注意点

成長著しい11ヶ月の赤ちゃんは、まわりの赤ちゃんと比べても、成長具合にばらつきが出てきます。

わが子の成長具合も、気になるところでしょう。

生後11か月の赤ちゃんの心や体の成長や、体重、離乳食や服装、お世話するときに気をつけるポイントなどをまとめました。
育児の参考にしてください。

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について

11ヶ月の赤ちゃんは、体も心も大きく成長していきます。

身体の成長

11ヶ月の赤ちゃんは、つかまり立ちができ、つたい歩きも少しずつできるようになります。
なかには、ひとりでたっちしたり、あんよし始める子もいるでしょう。

動き回ったり、触ったりと、好奇心も旺盛です。
ハイハイをする子は、スピードが速くなります。

指先も器用になるので、小さなものをつまんだり、蓋の開け閉めや絵本をめくることができるようになります。

小さな米粒サイズも拾えるようになるので、誤飲への注意が、これまで以上に必要です。

心の成長

「おいで」「ありがとう」などの言葉が理解できるようになります。

また「ちょうだい」というと、ものを渡すやりとりができる子もいるでしょう。

なかには「パパ」「ママ」「ワンワン」など、意味のある言葉を発せるようになる子も出てきます。

家族とコミュニケーションをとる中で成長していくため、赤ちゃんがしゃべっているときは何を言っているか分からなくても、あいづちを打ってあげるといいですね。

「これは嫌」「あれが欲しい」など自分の意思を表現し、かなわないと暴れたり泣いたりすることがありますが、成長の証なので、温かく見守りましょう。

笑顔も増え、音楽に合わせて体を動かしたりと、可愛い時期でもあります。

また真似っこができる子も増え、「バイバイ」や「ぱちぱち(拍手)」「バンザイ」など、ママやパパの真似をして覚えていきます。

赤ちゃんの成長には個人差がかなりあるので、できないことがあっても、焦らないようにしましょう。

それでも心配な場合は、かかりつけ医に相談して、悩みすぎないことも大切です。

身長や体重はどれくらいになる?

男の子 身長:69.4~78.5cm
体重:7.51~10.82kg
女の子 身長:67.4~76.7cm
体重:7.02~10.27kg

参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

つかまり立ちなどができるようになり、運動量が増えるので、体重の増え方も緩やかになります。
体重・身長ともに個人差は、大きくなります。

そのため「うちの子ども小さいな」「大きいな」と感じても、成長曲線に沿って増加しているようなら、問題ありません。

しかし心配な場合はかかりつけ医に相談してください。

どれくらい寝るようになる?

1日2回だったお昼寝が、1日1回になる子が増えてきます。
お昼寝が減ったり、日中の活動量が増える分、夜ぐっすり寝てくれる子も多いでしょう。

ただなかには、夜泣きが続く子もいるようです。

生活リズムを整え、毎日同じ時間に寝る習慣をつけると、夜泣きしにくくなるといわれています。
また赤ちゃんにはテレビの刺激が強すぎるため、寝る前は見せないようにするのが最善です。

しかしどんなに夜泣き対策をしても、夜泣いてしまうこともあります。
毎日夜泣きの対応をするのは大変です。

しんどくなる前に家族に協力してもらったり、地域の一時保育を利用して、睡眠時間やリフレッシュの時間を作れるよう工夫しましょう。

授乳量や回数はどうなる?

離乳食が進み、栄養の多くを離乳食からとります。
そのためおっぱいやミルクの量は、減少する傾向です。

母乳育児の場合

離乳食の回数が増えるので、授乳回数は減っていきます。

目安としては、3回の離乳食後と午前中、午後、寝る前に1回ずつなど計5~6回程度です。
ただ夜泣きで頻回授乳になる子もいます。

ミルク育児の場合

1回200mlを1日5回程度が目安です(ミルクのパッケージにかいてある量を参考にしてください)。

離乳食の進み具合や体調に個人差があるため、作った分をすべて飲ませる必要はなく、赤ちゃんが欲しがる量あげるとよいようです。

参照:明治「赤ちゃんに必要なミルクの量を知ろう」

離乳食は家族一緒に食べよう

離乳食後期(9ヶ月~11ヶ月)は3回食に進めていく時期です。
歯茎でつぶせる固さの離乳食を用意しましょう。

1回あたりの食事量は、以下が目安です。

  • 全がゆ90~軟飯80g
  • 野菜・果物30~40g
  • 魚15~20g、または肉15~20g、または豆腐50~55g、または全卵1/2~2/3、または乳製品100g

家族で一緒に食卓を囲むと、赤ちゃんは食べる楽しさをより感じられます。
なるべく、時間を合わせて一緒に食べるようにしてみましょう。

参照:厚生労働省ホームページ「授乳・離乳の支援ガイド3離乳編」

離乳食後期オススメメニュー

主食:そうめん入りほうとう汁

材料:
そうめん(乾)…5本
かぼちゃ…薄切り1枚
人参…2cm厚1枚
小松菜…2枚
みそ…少々

作り方

  1. 1.そうめんは1cm長さに切ってやわらかくゆでる。
  2. 2.かぼちゃ、人参、玉ねぎ、小松菜を切る。
  3. 3.鍋に材料とだし汁を入れて加熱する。
    煮立ったら、柔らかくなるまで(約15分ほど)煮る。
  4. 4.材料がやわらかくなったら、みそを加える。

排泄について

1日のおしっこの回数は成長につれて徐々に減っていきますが、その分1回あたりの量が増加します。

うんちは、離乳食が進むにつれて大人のうんちに近づいていき、形ができはじめます。

個人差がありますが、うんちは1日1~3回、おしっこは1日10~16回程度が目安です。

参照:ユニ・チャーム「うんち2」

生後11ヶ月の発達・特徴

生後11ヶ月になると、つかまり立ちができる子が増えます。
また一人で立てるようになる子や、ひとり歩きができる子もいるでしょう。

「パパ・ママ」など、意味のある言葉を話すようになる子もいます。

しかしまだまだ言葉が出ない子の方が多い時期なので、よその子と比べて焦る必要はありませんよ。

参照:厚生労働省「お母さんと子どものコミュニケーションのために」
参照:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査の概況について」

生後11ヶ月の予防接種や検診は?

生後11ヶ月の赤ちゃんの予防接種や、乳児検診を確認しましょう。

予防接種のスケジュールは?

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール通りに進めている場合、新たに摂取する予防接種はありません。

予防接種スケジュールを参考にして、摂取間隔が十分に空いているのに摂取していないものがあれば、医師と相談し受けておきましょう。

予防接種は予防接種法で定められている予防接種対象年齢をすぎると、自費で注射を打たねばなりません。

受け忘れているものがないか、1度確認してみてはいかがでしょうか。
参考:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

生後11ヶ月の定期健診はある?

乳幼児健診で定期健診としてどの自治体でもおこなわれるのは、4ヶ月、1歳半、3歳の検診です。
そのため11ヶ月の赤ちゃんの定期健診はありません。

しかし自治体によっては、公費で10ヶ月検診や11ヶ月検診がうけられます。

お住まいの自治体がいつ公費での乳幼児健診をおこなっているのか忘れてしまった場合は、チェックしてくださいね。

生後11ヶ月のお世話のポイント

11ヶ月の赤ちゃんを育てるうえで、押さえておきたいポイントを紹介します。

11ヶ月のお風呂の入れ方は?

11ヶ月の赤ちゃんは好奇心旺盛で、行動範囲や手の届く範囲も広がっています。

そんな赤ちゃんにとってお風呂場の中には、誤飲の危険がいっぱいです。

ちょっと目を離したすきに、口に入れてしまわないよう、物の置き場に注意しましょう。

11ヶ月だとこんな抱っこができる

赤ちゃんの体重が重くなってくるので、腰や肩に負担がかかり抱っこがしんどい、と感じるママもいるでしょう。

そんなときは、おんぶを試してみてください。
前抱きするよりも、抱っこひもやおんぶひもを使っておんぶする方が、ママの重心が安定し肩や腰への負担も軽くなります。

また広い視界で、普段見られないママと同じ高さの景色を見られるので、赤ちゃんにとってもいい刺激になりますよ。

お出かけするときに気を付けたいこと

11ヶ月の赤ちゃんは、お散歩だけでなく公園や児童館など、遊びに行ける場所も増えます。

いろいろなものに、触れたり見たりすることで、よい刺激を受けることでしょう。

しかし6ヶ月を過ぎたころから、母親からもらっていた免疫力が落ち感染症にかかりやすくなるので、インフルエンザなど感染力が強く重症化しやすい病気が流行っている時期は、注意が必要です。

どうしても外出する必要があるときは、人ごみを避けたり、人通りの少ない時間を選ぶのがオススメですよ。

服装はどういうものがいい?

服のサイズの目安は70~80、靴下の目安は9~12cmです。

赤ちゃんの体型や体格に個人差があるため、あくまで目安とし、赤ちゃんに合ったサイズを選んでくださいね。

春・秋

かぶり式のボディ下着とセパレートのトップス・ボトムスがオススメです。

外出するときは体温調節用の羽織れるアイテムと、紫外線対策帽子を持参すると快適に過ごせます。

ランニング式のボディ下着とセパレートのトップス・ボトムスがオススメです。

トップスの素材と気温によっては、下着なしでもOKです。

お出かけ先によってはクーラーの風が強い場合があるので、カーディガンなど薄手のはおりものがあるとより安心ですね。

かぶり式ボディ下着とセパレートのトップス・ボトムスに、外出時はジャケットなど防寒具を着用しましょう。

手袋や帽子など小物を活用して、寒さから守ってあげるとよいですね。

生後11ヶ月の遊びは?脳を育てるには?

生後11ヶ月になると、このあと起きることの予測が立てられるようになるため、「いないいないばあ」「おもちゃを隠して赤ちゃんに見つけてもらう」などの遊びを楽しめます。

また「シールはがし」「新聞を破る」遊びも、手先を使って発達を促すため、オススメです。

シールが手元にないときは、マスキングテープを切って赤ちゃんでも剥がしやすいよう端っこを浮かせて貼ってあげると、よいですよ。

絵本も赤ちゃんの五感を刺激し、脳を育ててくれます。
音の出る絵本や、仕掛け絵本も喜んでくれることでしょう。

生後11ヶ月で注意したいこと

11ヶ月の赤ちゃんと生活するうえで、注意したいことをまとめました。

階段に注意

11ヶ月の赤ちゃんのなかには、階段を登れる子もでてきます。

リビングの階段など、赤ちゃんが階段に近づける環境ならとくに要注意です。

いずれ必要になる物なので、まだ設置していなければ、早めにゲートを階段に設置しておきましょう。

手の届く範囲が広がり、誤飲の危険性もアップ

つかまり立ち、伝い歩きができるようになると、行動範囲も広がります。

今まで、手が届かなかった場所にも届くようになるので、今一度、ものの置き場を見直しましょう。
また手先が器用になり、フタを開けられるようになります。

まだまだ何が危ないか自分では判断できず、何でも口に入れてしまう時期なので、大人が注意しましょう。

11ヶ月の赤ちゃんは出来ることがいっぱい増える

11ヶ月の赤ちゃんは、日に日にできることが増えていきます。
簡単な意思疎通ができるようになり、ママ・パパもうれしい時期でしょう。

行動範囲が広がり、言葉を理解し、真似っこもするようになります。
ただし子どもの成長には個人差があるので、できないことがあっても大丈夫です。

もちろん不安や心配があるときは抱え込まず、かかりつけ医に相談してくださいね。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...