次女出産の体験談(ぎゅうにゅう/ブログ「ぎゅうにゅう日記」)

この記事のコミックエッセイスト
ぎゅうにゅう

長女とうにゅうちゃん、次女れんにゅうちゃんの日常を綴った「ぎゅうにゅう日記」が大人気! その脱力感に、子育て中のママだけでなく、幅広い世代が夢中に。 書籍「ぎゅうにゅう日記 わりとどうでもいい育児のキロク」も大好評発売中。

今回は大人気ブログ「ぎゅうにゅう日記」の著書ぎゅうにゅうさんに、次女れんにゅうちゃんの出産時の体験について寄稿していただきました!

初めまして、ぎゅうにゅうと申します。
普段子どものことを描いてツイッターやブログにのせたりしています。
今回は2人目出産時のことを描かせていただきました。

2人目のとき、陣痛が始まった!
と思って痛みが10分間隔なのを確認して、意気揚々と病院に向かったものの、それからのお産がなかなか進みませんでした。

微弱陣痛だったみたいで、なかなか痛みが強くなって来ず、時に痛みが遠のいたりして。

途中で音が途切れるとこがあって赤ちゃんが苦しんでる可能性があるのでNST付けて管理しますね、と言われそれからずっとNSTを付けては休憩の繰り返しでした。

※NST(ノン・ストレス・テスト)陣痛などお産が始まる前に、赤ちゃんが出産に向けて健康であるかどうかをしるための重要な検査のひとつ。機械をおなかにつけて赤ちゃんの様子をチェックします。

「どうですか?痛くなってきましたか?」と何度も聞かれ
「ちょっと痛くなってきた気が…」と答えながらも、

1人目のときに陣痛を経験してるので(痛いけど全然こんなもんじゃない…全然痛くなってこない…)と思っていました。

陣痛室でNSTを付けてる間隣の部屋から陣痛を苦しむ声、そして赤ちゃんが生まれる声が何度も聞こえてきて、本当に気が滅入りそうになりながら(このままお産が進まなかったらどうしよう…)と考えて何度も泣きました。

個室では旦那がめちゃくちゃのんびりしてて
「おめぇもちったぁ心配しろー!!!」
となりました。
そして2日くらい全然痛くなってくる気配がなく全くお産が進みませんでした。

先生「診察しますね〜。あれ…?赤ちゃん……寝てますね」
「寝るなーーーーー!!!!!」

>>痛い陣痛はいつ来るの……?!

次の日の明け方少し寝て目覚めると、ついに痛い陣痛が襲ってきて、即ナースコールを押しまくりました。

この時の気持ちは本当に痛いとかよりも
「そうそうこれこれ!!よかったー!痛くなってよかったー!」
というものでした。

そして内診しますね〜と言われて診るなり先生が「もう頭出てきてる!」と焦って準備を始め、その後陣痛が2回でするっと産まれてきてしまいました。

上の子の時は
「ぎゃー!いってー!なんじゃこりゃー!」
になってから8時間かかりましたが、下の子のときは
「ぎゃー!いってー!なんじゃこりゃー!」
になってから30分で産まれてきました。

その後みんなから「ちょう楽なお産だったんだね〜!」と散々言われて、結果的に確かにそうなんだけど、こんな気持ちになるのはもうこりごりだー!と思いました。

出産っていうのは、本当にその子その子で全然違うんだな〜ということを痛感したお産になりました。

(ぎゅうにゅう)

ぎゅうにゅうさんご寄稿いただきありがとうございました!

1度陣痛を経験しているからこそ、2度目の出産でなかなか陣痛の痛みが来ないのはとても不安になりますよね…。

ぎゅうにゅうさんと同じように、兄弟を持つママで1人目と2人目で陣痛の感じ方が全然違ったという方は多いようです。
これから出産を控えている方は、ぜひ陣痛・出産について下記記事もチェックしてくださいね!

記事でも登場したNSTってなに…?↓

陣痛って実際どんな感じ?↓

 あの人気漫画ブロガーの描きおろし!4コマ漫画体験談はこちら /

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク