搾乳はどんなときに必要?方法は?メリットや保存方法まとめ

母乳育児は「ママでないと授乳できない」のがデメリットといえますが、搾乳をするとママ以外の方でも、母乳を赤ちゃんにあげることができます。

普段、育児で寝不足だったり、病院や美容室に行きたいときに、誰かに授乳してもらえるのは助かりますね。

また、ミルクと母乳の混合育児でも、おっぱいの張りや乳首のトラブルが気になるとき、搾乳が大切になるケースがあるのです。

搾乳をしておくと、ママの体に負担をかけずに、いつでもだれでも赤ちゃんに母乳をあげられます

ここでは、搾乳するメリットやデメリット、搾乳の方法を紹介していくので順番にみていきましょう。

搾乳のメリット・デメリットを紹介!


搾乳のメリット・デメリットを細かく紹介します。

搾乳のメリットは5つ

搾乳には、どんなメリットがあるでしょうか。

  1. 哺乳瓶を使って母乳をあげられる
  2. 母乳の分泌が良くなる
  3. 母乳がよく出るときに保存しておける
  4. おっぱいが詰まったときに張りを解消できる
  5. 赤ちゃんの入院時に母乳を届けられる

大きくわけると5つのメリットがあるので、それぞれ必要なタイミングとともに説明します。

1:哺乳瓶を使って母乳をあげられる

搾乳をすると、母乳を哺乳瓶にいれて、ママ以外の人が赤ちゃんにあげられます

たとえば、母乳育児をしたいママが仕事復帰し、保育園に赤ちゃんを預けるときに、母乳をわたすことで母乳育児を続けられますね。

冠婚葬祭やママの体調が悪い日は、パパやおじいちゃん・おばあちゃんが代わりに母乳をあげられるので安心です。

このように搾乳をしておけば、緊急の場合も母乳をあげられるので、母乳育児をすすめたい方にはとくにオススメできます。

2:母乳の分泌が良くなる

母乳は、赤ちゃんにおっぱいを吸われることで、分泌がよくなります。

搾乳機のなかには、赤ちゃんの吸いつきを再現して作られたものもあります。
授乳に近い状態で、ママが搾乳できるので、母乳が出やすいようです。

また、授乳と同じように1日に複数回か搾乳することでおっぱいが刺激されて母乳分泌につながります。

母乳分泌のひみつをさらに読むのはコチラ

3:母乳がよく出るときに保存しておける

母乳の量が多いときは、赤ちゃんの飲む量とバランスが合わず、おっぱいが張ることがあります。

定期的に搾乳し、ママのおっぱいの量を調節しましょう。

搾乳した母乳は、母乳パックを使うと保存できます
搾乳した母乳を冷凍保存しておき、おっぱいが出にくい日やママの外出時に使うと便利ですね。

4:おっぱいが詰まったときに張りを解消できる

乳管や入口が詰まることで、おっぱいが張るケースがあります。
搾乳をして、おっぱいの張りをやわらげてあげましょう。

また、おっぱいを詰まったままにしておくと炎症をおこし、乳腺炎になる可能性があります。
おっぱいの詰まりを解消するためにも、搾乳が大切です。

5:赤ちゃんの入院時に母乳を届けられる

出産した後になんらかの理由があって、「ママは退院できるけど赤ちゃんは入院が必要」というケースは少なくありません。

赤ちゃんだけが入院した場合、搾乳をすれば、母乳を病院に届けられます。

母乳には、赤ちゃんに必要な免疫力を高める成分が入っているといわれているので、病院から母乳を持参するように指導されるケースもあるようです。

搾乳の考えらえるデメリット2つ

搾乳について、2つのデメリットがあります。

  1. 搾乳に時間をかけるとストレスになるかも
  2. 肩こりや腱鞘炎になることも

解決方法と一緒に、詳しくみていきましょう

1:搾乳に時間をかけるとストレスになるかも

搾乳は、母乳の量によって時間がかかる場合があります。
長い時間をかけて母乳を絞るのは、疲れてしまうママもいるでしょう。

時間をかけすぎると、搾乳自体が嫌になり、ストレスを感じやすくなります。
また、乳首や乳腺を痛めることもあるようです。

搾乳の時間目安は、15分から20分ほどです。
母乳が出にくいときや、痛みを感じたときは、ムリをせずにやめましょう。

2:肩こりや腱鞘炎になることも

搾乳を1日に何回もやると、同じ姿勢が続くので、肩や首が凝ることがあります。

また、搾乳の動きを何回もすることで腱鞘炎になる方もいるようです。

搾乳がつらいときは、自分でやるのではなくパパやおばあちゃんに手伝ってもらうのもよいでしょう。

搾乳方法はママの手と搾乳機の2パターン

搾乳方法について手順を説明します。

1:ママの手で搾乳する方法

<手順1> おっぱいを傷つけないよう、爪を切り、手を洗って清潔にしましょう。
<手順2> 母乳入れる容器を片手で持ち、親指と人差し指の指の腹で乳輪の外側を乳頭に向かって赤ちゃんがおっぱいを吸うようなリズムで押していきます。
ほかの指は乳房に添えるようにしましょう。

※上下・左右いろんな方向から押しましょう。
同じ場所をずっと押しているとしこりの原因になる場合があります。

力を入れすぎると乳頭を痛めてしまうので、強く押しすぎないようにしましょう。

大きめのタオルをあてて、吸い込ませるようにすると周りに飛び散らずにできます。

2:搾乳機をつかって搾乳する方法

<手順1> 手を清潔にし、搾乳機も消毒しておきましょう。

<手順2> 搾乳口に乳頭をあてて搾乳します。

搾乳の頻度が多い方は、スピードが速い電動タイプの搾乳機がオススメです。
使用する回数が少なく、乳腺炎予防ていどに搾乳したい方には手動式の搾乳機がオススメです。

メーカーによって細かい使い方がちがうので、説明書をよく読んで使いましょう。

搾乳をやりすぎると、ストレスや乳腺炎の原因となるので、体に負担をかけないようにしてくださいね。

使うと便利なオススメの搾乳機を紹介しているので、チェックしてみてください。

搾乳をスムーズにするために知っておきたいこと2つ


ここでは、搾乳するときのポイントを2つ紹介します。

1:搾乳前に血行をよくしておく

体を温めて血行を良くすると、搾乳をしやすくなります

肩や背中をあたためたり、ふくらはぎのマッサージをするとよいでしょう。

食事の面では、生姜や根菜を多めに食べると血行がよくなります。

また、お風呂に入りながら搾乳するのもオススメです。
体が温まり、血行がよくなるのはもちろん、搾乳することで服が汚れることがないので気になりません。

2:搾乳する時間の間隔は?

搾乳する時間の間隔は、実際の授乳間隔と合わせることが理想的です。

赤ちゃんの成長によって授乳や搾乳の間隔は変わりますが、働くママや体調によっては、間隔の調整が難しいときもあるでしょう。

胸が張りすぎない程度に搾乳してくださいね。

搾乳をして母乳が少ないときはどうすればいい?


ここでは、搾乳しても母乳が出にくいときの対策を説明します。

朝一番に搾乳してみよう

おっぱいは、朝がいちばん張りやすい時間です。

おっぱいが張っているときは、母乳が溜まっている状態なので、ほかの時間帯よりも搾乳しやすいですよ。

朝一番に搾乳してみましょう。

乳頭を刺激してホルモン分泌を促す

母乳は、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで出やすくなります。

ママが赤ちゃんの顔を見たり、赤ちゃんにおっぱいを吸われる刺激を受けると、オキシトシンというホルモンを分泌するからです。

オキシトシンは幸せホルモンの1種で、母乳の分泌を促す作用があります。

そのため、乳頭を刺激するとオキシトシンが分泌され、母乳が出やすくなるでしょう。

赤ちゃんの顔を見ながら搾乳するのもよいですね。

参照:妊産婦・授乳婦の疑問p168「母乳分泌をよくするために、どのようなことが必要ですか?」

乳腺炎のときは搾乳したほうがいいの?


乳腺炎は、母乳の詰まりが原因の場合と細菌の感染からなる場合があり、医師と相談して授乳を行います。

乳腺炎はおっぱいが張り、痛みがあるのでつらいでしょう。

乳腺炎のときは、おっぱいから母乳をしぼりきる必要があります。
母乳がおっぱいに残っていると、乳腺炎が悪化する可能性があるからです。
授乳をしても母乳が残っている場合は搾乳してください。

また、痛みにより授乳がつらいときは搾乳しましょう。

ママの体のためにも搾乳を行うことが大切です。
しかし、痛くてつらい場合はムリをせず行ってくださいね。

搾乳した母乳は保存できる?


母乳は栄養が多いため、「保存が難しいのではないか」と思う方も多いでしょう。
ここでは、搾乳した母乳の保存方法を説明します。

母乳パックを使えばOK

母乳の保存は、母乳パックを使いましょう。
母乳パックは滅菌加工がしてあり、衛生面で安全です。
産院オススメの商品もあるので、チェックしてみてくださいね。

冷蔵と冷凍は保存できる期間が違います
メーカーの表示をよく読んで保存しましょう。

冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合は、24時間以内に使いきってください

ほとんどのメーカーが24時間以内を推奨しています。
24時間を過ぎたものは、そのまま捨てましょう。

冷凍保存の場合

冷凍保存できる期間は、メーカーによって違い、約3週間から長くて3ヶ月保存できるものもあります。

いちど解凍したものをもう一度冷凍したり、新たに母乳をつぎたすのは、雑菌が繁殖するのでやめましょう。

体調やタイミングに合わせて搾乳しよう


搾乳をしておくと、ママは自分の時間を作れます。

体調がよくないときや忙しいときは、家族に授乳を手伝ってもらいましょう。

また、搾乳は母乳分泌を良くしたり、乳腺炎になったときに役立つなど、おっぱいの悩みを解決する手助けをしてくれます。

搾乳のメリット・デメリットを読んでタイミング合わせてやってみてくださいね。

搾乳のメリット・デメリットをもう一度読む