妊婦の肌荒れには原因があった!症状別の対策方法まとめ

妊娠してから体調はどんどん変わるなかで、よくあるマイナートラブルが肌トラブルです。

カサカサしたりニキビができたり…今までなかった肌荒れが起こるのは、気になります。

妊娠中は、普通の化粧品や市販薬でケアをしてもよいのでしょうか?

そこで今回は妊娠中の肌荒れの原因起こりやすい時期、症状などを調査

プレママにもお腹の赤ちゃんにも優しい妊婦中の肌荒れ対策法についてまとめてお伝えします。

ニキビ・吹き出物に悩む方へ対処法とオススメのアイテムはコチラ
乾燥・敏感肌のスキンケア法はコチラ
すぐにシミ予防の仕方とオススメのアイテムを知りたい方はコチラ
シミの対処法とアイテムはコレ
肌にやさしいファンデーションはコレ

妊娠中の肌荒れ5つの原因


妊娠前は肌トラブルと無縁な方でも、いままでにない肌荒れが起こることがあります。

なぜ、妊娠中は肌が荒れやすいのでしょうか。

原因をみていきましょう。

1:ホルモンバランスの変化

妊娠をすると、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが活発に分泌されます。

妊娠前とくらべて、ホルモンバランスが変化することで、肌荒れがおきやすくなるのです。

プロゲステロンが増加すると肌荒れする?

妊娠初期に大量分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、「肌荒れのホルモン」とも呼ばれることがあります。

プロゲステロンは、生理前に分泌量の増えるホルモンと同じです。

そのため、生理前と同じような肌荒れ症状が起こりやすくなります。

プロゲステロンが増えることで、皮脂分泌を活発にするといわれているので、脂っぽくなったり、ニキビができやすくなったりするのです。

シミの原因メラニンも生成

妊娠中は、シミができやすくなります

プロゲステロンは、色素細胞「メラノサイト」を刺激するので、シミの原因になる「メラニン」が作られます。
メラニンが集まると、色素沈着が起こりやすくなるのです。

便秘の原因にも

プロゲステロンには、子宮の収縮を防ぐ働きをするため、胃や腸などの消化器官の動きを鈍らせ、便秘を引き起こす原因になります。

便秘によって排出すべき老廃物が体の中に留まるようになり、有害物質が皮膚から排出されることで肌荒れにつながるのです。

妊娠の継続にもっとも重要なホルモン

肌のことだけを考えると、プロゲステロンを増やしたくないかもしれません。

しかし、プロゲステロンは、赤ちゃんが成長するように、子宮を整える役割を持つ必要不可欠なホルモンです。

子宮内の環境を整える・体温を高める・乳腺を発達させるなど、妊娠を継続させるにはもっとも重要な役割があります。

赤ちゃんのためのホルモン分泌なので、妊娠中はプロゲステロンとうまく付き合っていく必要があります。

2:栄養や水分の不足

肌の健康に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養分が、妊娠中は優先的に赤ちゃんに運ばれます。

妊娠中にママの体重が増加して汗をかきやすくなったり、赤ちゃんにとって心地よい環境にするために体の水分が子宮に集めらることで、水分不足にもなりやすいのです。

つわりでの栄養不足

妊娠初期はつわりで食事ができないことが多いので、栄養不足や水分不足が進みがち

するとますます、肌荒れや乾燥という肌トラブルがおこります。

食べつわりで栄養がかたよる

空腹になると吐き気をもよおすため、ずっとなにかを食べ続けなければならない、ツライ状態になるのが食べつわり。

食べつわりによって甘い物や油物の摂取量が多くなるのが、肌の状態を悪化させる要因にもなります。

3:睡眠不足によるターンオーバーの乱れ

人は睡眠を始めてから、3時間くらいの間に深く熟睡することで、成長ホルモンが分泌され肌の再生が行われます。

しかし、妊娠中はさまざまな心身のストレスから睡眠不足になったり、眠りが浅くなりがちです。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌がうまく行われずに、肌を再生させるターンオーバーが滞りがちになります。

そのため、古い角質が肌の上に残ったままになり、肌荒れがおきるのです。

妊娠中は、8時間ほどの睡眠が理想です。

妊娠中に眠れないときの対策を説明しているので、下記の記事を読んでみてください。

4:自律神経の働きが鈍くなり体内循環が悪化

ストレスは、自律神経の働きに影響を与えます。

自律神経は意識しないで呼吸をしたり、内臓を動かく大切な神経です。

自立神経のバランスが崩れ、肌への血流が滞ったり、充分な栄養や酸素が届かなくなることで、肌荒れの原因となります。

肌荒れは、いつまで続くの?


ツライ肌荒れの症状に「妊娠中ずっと続くのかな?」「もしかしてもう治らないのかな…」と不安になる方も多いようです。

いつまで症状が続くのでしょうか。

妊娠中期で落ち着く場合がほとんど

胎盤が完成する妊娠中期(妊娠5~7ヶ月・16週~27週)に入ると、肌荒れを引き起こすプロゲステロンの分泌が安定してきます。

妊娠15週目以降になると、徐々に美肌作用のあるホルモン、エストロゲンの分泌量が上昇します。

それと同時期に、肌トラブル症状も落ち着いてくるようです。

しかし原因がいくつか重なることで、肌荒れが長引くケースも多くあります。

妊娠後期まで肌荒れが長引くケースは?

妊娠中期に入ると、より一層ママの水分や栄養がお腹の赤ちゃんにとって必要になります。

水分や栄養が足りなくなることで、肌が乾燥しやすくなります。

妊娠後期(8~10ヶ月・28~40週)は、お腹がかなり大きくなり、寝苦しくて睡眠不足になることも。

睡眠不足になることで、ターンオーバーのサイクルが乱れます。

このように、妊娠後期でも肌荒れ状態が続くママも少なくないようです。

妊娠中の肌荒れ5つの基本対策


肌荒れをを少しでもやわらげたり、悪化しないよう予防するには、日常生活での基本対策や予防法が必要です。

1:水分補給をしっかりこまめに

美肌のために、水分補給をしっかりしましょう。

妊娠をすると、羊水や血液をつくるために充分な水分が必要です。

摂取目安は最低で1日2リットル。

冷たい飲み物は血行を悪くし、肌荒れ・冷えの原因になるため、常温や温かいものを飲みましょう

「水ばかりそんなにたくさん飲めない…」という人は果物や野菜など水分が多い食べ物を多く取り入れるようにします。

オススメの飲み物

  • ジンジャーレモン

ジンジャーは、つわりの解消や血流・代謝をよくして体を温める効果があるので人気です。

  • ローズヒップティー

ローズヒップには免疫力アップ・鉄分吸収を促進、ホルモンバランスを整えるといわれています。

どちらも、美肌に欠かせないビタミンC含有量が多く、ノンカフェインで子宮収縮などの心配がないため、安心して飲むことができます。

ただし、1日に何十杯も飲むなど、摂りすぎに注意してください。

妊婦のカフェイン摂取量について説明しているので、下記の記事もチェックしてください。

2:妊娠前よりも紫外線対策を


妊娠中は、シミができやすくなるため、紫外線対策が大切です。

低刺激性の日焼け止めを使用したり、帽子や日傘などでUVケアをしましょう。

目から入る紫外線の影響も大きいので、サングラスをかけるとよいですね。

ここでは、妊娠中にも使えるおすすめ日焼け止め商品を3つ紹介します。

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー公式サイトはこちら

 

金額(税込) 2,350円
内容量 80ml
UVカット SPF15

アロベビーは、100%天然由来成分でできており、新生児から使えるくらい低刺激なのが特徴です。

SPFが15なので、近所のお出かけをするときに全身にかけて出かけても、肌への負担は少ないため安心です。

日焼け止めだけでなく、虫よけもできます

赤ちゃんが生まれてからも、長く使えるアイテムです。

アロベビー公式サイトを見る

ロベクチン プレミアムUVディフェンス

ロべクチン公式サイトはこちら

  

金額(税込) 4,800円
内容量 50ml
UVカット SPF50+ PA+++

ロべクチンは、ノンケミカルの肌に優しい日焼け止めです。

低刺激ながらSPF50+と、しっかり紫外線をカットできます。

ウォータープルーフなので汗に強く、夏の暑い日のお出かけやアウトドアにピッタリです。

天然の保湿成分が入っているため、UVケアしながら肌の保湿もできるアイテム。

ウォータープルーフにもかかわらず、石鹸で簡単に落とせるのも嬉しいポイントです。

ロべクチン公式サイトを見る

WELEDA(ヴェレタ) エーデルワイスUVプロテクト

ヴェレダ公式サイトはこちら

金額(税込) 2,484円
内容量 50ml
UVカット SPF38 PA++

SPF38と毎日の日常的な紫外線対策には、申し分ない日焼け止めです。

天然由来の成分が100%で、生後1ヶ月の赤ちゃんから使えるほど、肌に優しいのも特徴。

赤ちゃんが生まれてからも一緒に使えるので人気があります。

公式サイトを見る

3:湿度管理も大切

冬の乾燥する時期は乾燥予防に、加湿器を使うとよいでしょう。

産後も赤ちゃんのために湿度管理は必要になるので、この機会に加湿器を備えておくとよいですね。

外出時はマスクをすると、自分の吐く息で口回りの湿度を保てます。

マスクは、感染症の予防にもなるので、おすすめです。

4:食事で改善

妊娠中の体にも肌のためにも、バランスのよい食事を意識しましょう。

胃に負担をかけないよう、できるだけ決まった時間に食事をとるのが大切です。

つわりなどで取れない場合は、食べられるものを、少しずつ小分けにして食べましょう。

「妊娠中に摂取したいもの」「肌によいけど、気を付けなければならないもの」を紹介します。

オススメの食材

ビタミンB群・ビタミンC・鉄分を多く取り入れるようにしましょう。

ビタミンB群


ビタミンB群に含まれる葉酸は、妊娠初期に欠かせない栄養素です。

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすだけではなく、肌の健康にもよいといわれています。

【葉酸を多く含むオススメの食べ物】
ほうれん草・アスパラ・インゲン・にんじん・さつまいも・大豆・果物・牛乳・卵黄・レバーなど

葉酸を多く含む食べ物について詳しく紹介しているので、下記の記事をチェックしてください。

ビタミンC


美肌に欠かせない栄養素、ビタミンCには抗酸化作用があるので、免疫力をアップしたり、メラニン色素を作りにくくする働きがあります。

ビタミンCをとることで、鉄分や葉酸といった、妊娠中に必要な栄養素の吸収を高めるので、積極的に取り入れましょう。

【ビタミンCを多く含むオススメの食べ物】
みかん・グレープフルーツ・オレンジ・レモンなどの柑橘類、アセロラ・イチゴ・キウイ・ピーマン・パセリ・ブロッコリーなど
鉄分


鉄分不足は、貧血を引き起こすだけでなく、肌荒れや乾燥にも影響します。

鉄分は、ビタミンCやタンパク質と一緒にとると吸収率がアップするので、ほかの食材とあわせて取りましょう。

【鉄分を多く含むオススメの食べ物】
牛や豚の赤身・イワシなどの小魚・あさりやしじみなどの貝類・ほうれん草・小松菜・切り干し大根・納豆・高野豆腐など

下記の記事では、妊婦さんに必要な鉄分と葉酸について説明しています。

便秘対策にオリゴ糖も

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌とくっつき、そのビフィズス菌を活性化します。

そのため、腸内環境をさらに整えてお通じをよくする効果があります。

【オリゴ糖を含む食べ物】
いんげん・玉ねぎ・ゴボウ・ハチミツ・ヤーコン・きな粉・甜菜(てんさい)・大豆・とうもろこしなど

プレママに注意の食材もある

「栄養をとらばければ!」と思いがちですが、過剰にとってはいけない栄養素もあります。

ビタミンA

ビタミンAの過剰摂取は、胎児奇形発生の危険度が高くなるため注意が必要です。

ただし、不足するのもいけません。

サプリメントなどでの過剰摂取を気を付けるようにします。

食べ物で注意したいのが、うなぎやレバーといった動物性食品です。

うなぎは100g、レバーは10g以下なら毎日食べても安全とされています。

大豆イソフラボン

妊娠中は、大豆イソフラボンの摂りすぎも注意が必要です。

大豆イソフラボンの摂取がどれくらいまでなら大丈夫なのか、科学的に明らかではありません。

そのため、厚生労働省では普段の食事にプラスして、大豆イソフラボンを摂るのを推奨していません。

納豆・みそ・豆腐などの大豆食品を、バランスよく食べるようにしましょう。

サプリで栄養を摂る場合は?

基本は、必要な栄養は食事からとりましょう。

しかし葉酸のように、とりにくい栄養素や、つわり中で食べれない場合は、サプリを利用するといいですね。

サプリは、天然素材100%・添加物のないもので、なるべく信頼できる日本製のものを選ぶようにします。 

下記の記事では、オススメ葉酸サプリを紹介しているので、ぜひチェックしてください。

5:適度に体を動かす

妊娠中は、どうしても運動不足になりがちです。

軽いストレッチや散歩などを取り入れるとよいでしょう。

体を動かすことが、代謝を促進させます。

ただし、体調が悪いときや、お腹が張っているときはムリをしないで安静にしましょう。

下記の記事は、妊娠初期の運動について説明しています。

妊娠中におこる4つの肌荒れ症状と対処法


妊娠中は肌荒れがおきやすくなりますが、なかでも多い症状と対策をみてみましょう。

  • ニキビ・吹き出物が出て、脂っぽくなる
  • 乾燥してカサつく、かゆい
  • シミができたり、色素沈着をして黒ずむ
  • 敏感になって化粧品が痛い

これらは、とくに妊娠初期に多くみられます。

顔・首のようによく見える部分だけではなく、全身に肌荒れがでるケースもよくあるようです。

それぞれの対策を、妊娠中の肌荒れ基本対策を参考にみていきましょう。

1.ニキビ・吹き出物ができる


ニキビができたときは、下記の4点ができているか見直しましょう。

  • スキンケアをしっかりする
  • 栄養のとれた食事
  • 十分な睡眠をとる
  • ファンデーションを控える

ニキビになるとしっかり洗顔しがちですが、洗顔で皮脂をとりすぎるのは、NGです。

皮脂がなくなりすぎると、肌は「もっと皮脂を出さないと!」と、どんどん皮脂が分泌されます。

そこで、優しい洗顔と保湿がポイントです。

メイクはできるだけ控えるようにしましょう。

ニキビを隠したくなりますが、悪化させないためには、ファンデーションなどで刺激を与えないことが大切です。

メイクをする場合は、できるだけ無添加・低刺激のファンデーションを選びましょう。

プライマリー Non.A

Non.A公式サイトはこちら

金額(税込) 2,940円

ノンエーは医薬部外品のニキビ専用薬用洗顔ソープです。

有効成分と、もっちりときめ細かな泡立ちで素肌を包み込み、ニキビの原因を洗い流します。

肌に必要なうるおいを保ちながら、赤ニキビができやすい肌をしずめます。

満足できなかった場合の返金保証もあり。

Non A.公式サイトはこちら

FUJIFILM ルナメアAC

ルナメア公式サイトはこちら

トライアルセット 1,080円(税込)

ルナメアACは、ニキビケア用のスキンケアアイテムです。

毛穴の汚れをからめとって優しく洗い流し、きゅっと肌がひきしまるような洗い上がりです。

また、富士フィルム独自のナノ化技術「アクネシューター(R)」が配合された化粧水とジェルクリームで、ベタつかないのに、うるおう肌に整えます。

ルナメアACは、大人ニキビの原因となる乾燥から、肌をしっかり守りつつケアできるので、ニキビに悩んでいる方にはオススメです。

ルナメアACトライアルセットの詳細はこちら

妊娠中のニキビの直し方について、詳しく説明しているのでチェックしてみてください。

2.シミの対策は?


シミができたときは、下記の4点ができているか見直します。

  • バランスのとれた食事
  • 日焼け対策
  • 美肌効果の化粧品を使う
  • 十分な睡眠

食事は、ビタミンC(オレンジ、グレープフルーツやパプリカ、ブロッコリーなど)に美白効果があるので、緑黄色野菜や柑橘類を積極にとりいれましょう。

化粧品は、無添加で低刺激のものがよいですね。

妊婦さんにオススメの美白化粧品を紹介します。

米肌 澄肌美白

米肌公式サイトはこちら

 

トライアルセット 1,500円(税込)

ビタミンC誘導体が、シミの原因になるメラニンをつくりにくくし、曇りのない肌に近づけます。

また、角質層をしっかり保湿することで、くすみや毛穴の目立たなくし、透明感をアップできるアイテムです。

透明感のある素肌を目指せます。

米肌公式サイトを見る

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン公式サイトはこちら

 

通常購入 3,996円
定期購入 2,430円

美白の有効成分「トラネキサム酸」「アルプチン」が配合されている美白に特化したオールインワンジェルです。

シミができるメカニズムに着目して開発されているので、美白ケアにはピッタリといえるでしょう。

パーフェクトワンひとつだけで、洗顔後のスキンケアをワンステップで完了できます。

パーフェクトワン公式サイトを見る

ディセンシア サエル

サエル公式サイトはこちら

 

トライアルセット 1,480円(税込)

美白成分は刺激が強いものが多く、敏感になっている肌だとヒリヒリすることもあります。

サエルは敏感肌のための美白化粧品なので、シミへのアプローチをしつつ、弱った各層をうるおし、くすみのない美しい肌を目指せるでしょう。

何度もベストコスメを受賞している、実力派アイテムです。

サエル公式サイトを見る

3.乾燥


肌が乾燥しているときは、下記の4点に気を付けましょう。

  • こまめな水分補給
  • ビタミン・ミネラルの補給
  • 乾燥予防
  • 肌の保湿

水分は、1日2リットルを目安に飲みましょう。

水分の多い果物や野菜でも、体に水分を取り入れられます。

緑黄色野菜や果物、魚介類や海藻を意識して食べましょう。

乾燥予防のために、加湿器を準備してもよいですね。

メディプラス メディプラスゲル

メディプラスゲル公式サイトはこちら

 

定期初回特別価格 2,996円(税込)

メディプラスゲルは、1本で化粧水・乳液・美容液・クリームの働きがあるオールインワンタイプのスキンケアアイテムです。

保湿力の高いヒト型セラミドを使っているので、敏感肌やしっかり保湿したい方にはピッタリです。

スキンケアが1本で済むため、時短になるだけではなく、コスパが高いアイテムといえるでしょう。

メディプラスゲル公式サイトを見る

エトヴォス モイスチャーライン

エトヴォス公式サイトはこちら

 

トライアルセット 1,900円(税込)

エトヴォスのモイスチャーラインは、保湿力に特化しているので、敏感肌にピッタリの基礎化粧品です。

ヒト型セラミドを配合しているので、しっかりと保湿し、肌のバリア機能を整えることを目的にしています。

モイスチャーラインは、全商品にセラミドが配合されているので、乾燥しがちな肌にしっとりうるおいを与えられるでしょう。

エトヴォス公式サイトを見る

アスタリフト ベーシック

アスタリフト公式サイトはこちら

 

トライアルセット 1,000円(税込)

アスタリフトは、うるおい・ハリにこだわって開発されています。

成分をナノ化することで、角質層に成分が届きやすくなっているため、うるおいを実感しやすいといえるでしょう。

美容雑誌などのコスメ大賞を何度も受賞している、実力派で人気のスキンケアコスメです。

アスタリフト公式サイトを見る

乾燥は妊娠線の原因にもなる

乾燥をすると、皮膚が伸びにくくなります。

皮膚がおなかの成長に間に合わないため、妊娠線がでてしまうようです。

妊娠線は保湿をすることで、予防できるといわれています。

専用のクリームやオイル、美容液で優しくマッサージしながら潤いを与えましょう。

妊娠線クリームについて詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

肌が敏感で今までの化粧品で刺激を感じる

妊娠初期は肌が敏感になって、今まで使っていた化粧品で刺激を感じることもあります

なるべく刺激の少ない化粧品に、変えてみるとよいでしょう。

使ったことがない化粧品を使うときは、パッチテストを行ってから使用してください。

妊娠中におすすめのファンデ


妊娠中は、肌への負担が軽いファンデーションを選びましょう

ミネラルファンデといわれるものは、天然成分で作られているものが多く、肌への負担が少ないので妊婦さんにはピッタリです。

石けんでオフできるので、クレンジングによる肌への負担を減らせます。

おすすめのミネラルファンデを、3つピックアップしました。

エトヴォス ミネラルファンデーション

エトヴォス ミネラルファンデーション公式サイトはこちら

 

スターターキットお試しセット 1,800円(税込)

エトヴォスは、つけたまま眠れるほど肌に優しいファンデーションです。

紫外線をカットするSPF30++なので、日常の紫外線から肌を守ります。

毛穴をしっかりカバーし、崩れにくいため、ストレスフリーで妊婦さんにピッタリといえるでしょう。

エトヴォス公式サイトを見る

レイチェルワイン ミネラルファンデーション

レイチェルワイン公式サイトはこちら

 

トライアルセット 1,980円(税込)

レイチェルワインは、乾燥や皮脂・汗などが原因の化粧崩れをおこしにくいのに、肌への負担は少ないファンデです。

日本字の肌に合わせた12色から、自分にあった肌色を選べます。

レイチェルワイン公式サイトを見る

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

ヴァントルテ公式サイトはこちら

 

初回限定セット/th>

3,564円(税込)

ヴァントルテは、肌に「トントン」とのせるだけで毛穴やシミをしっかりカバーできるミネラルファンデです。

無添加処方で肌に優しく、時間がたっても美肌をキープします。

ヴァントルテ公式サイトを見る

ひどい場合はムリせず、かかりつけの産科へ


妊娠中は使える薬も制限されているので、安易に市販薬を使わないようにしましょう。

しかし、ムリに我慢してストレスをためると、余計に悪化することもあります。

このような肌トラブルにあったら、まずはかかりつけの産科医に相談することが大切です。

皮膚科に行く際の注意事項を教えてくれます。

産科によりますが、直接、薬を処方されるケースもあるようです。

赤ちゃんのためにも優しい肌ケアを根気よく


「本当に肌荒れが治る日が来るの?」と不安に思う人は多いようです。

一般的には妊娠中期以降や産後、生理が再開する頃に、肌は落ち着くといわれています。

個人差がありますが、正しいケアをすることで肌の状態は徐々によくなるでしょう。

大切なのはあまり悩まずストレスを溜めないことです。

肌荒れの原因であるプロゲステロンが機能しているということは、順調に胎盤が育っている証拠と考えると気持ちが楽になるかもしれません。

お腹の赤ちゃんに負担をかけない、優しく丁寧なケアを根気よく続けて、妊娠中を乗り越えましょう。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...