お食い初めは鯛がベスト!焼き方や飾り、敷き紙などは?

お食い初めは、祝い膳と呼ばれる料理を用意します。

祝い膳の献立のひとつに魚があり、よく使われるのが鯛です。

そもそも、なんで鯛なのでしょうか。

また「鯛の調理ってどうしたらいいの?」と思う方も多いでしょう。
ここでは、お食い初めで使う鯛の下準備や、焼き方を紹介します。

祝い膳を豪華に見せる鯛の飾りも紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

お食い初めの魚はなぜ鯛がいいの?


お食い初めは、赤ちゃんの生後100日頃に行う儀式です。

赤ちゃんが「一生食べることに困らないように」と願いを込めて食事のマネをします。

お食い初めのメニューは基本的に5品と、ある程度決まっており、そのひとつに「魚を使ったもの」があるのです。

そこで、一般的には「鯛」を使います

お食い初めの魚には、なぜ鯛がよく使われるのでしょうか。

お食い初めのやり方はこちらの記事を見てみてください。

鯛を使うのは「めでたい」から

お食い初めの魚は、必ず鯛と決まっているわけではありません。

地域によっては、別の魚を用意するところもあります。
鯛が手に入りにくい場合は、ほかの魚で代用しても問題ありません

鯛を使う理由として、「めでたい(目出度い)」「鯛」をかけた語呂あわせから、縁起が良いという意味があります。

また、鯛の体の色は「お祝いの紅白」を想像させ、鯛は40年生きるといわれていることから「長寿」の意味合いもあり、お祝いの席ではよく使われる魚です。

縁起が良いだけでなく、良質なたんぱく質、DHA・EPAを多く含み、栄養価が高いのもうれしいポイントですね。

せっかくのお祝いなので、縁起がよくて栄養価も高い鯛を使うとよいでしょう。

下記の記事では、自宅で簡単に作れるお食い初めメニューを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

鯛は天然と養殖がある

鯛には天然養殖があり、多少違いがあります。

養殖の鯛は、浅いいけすのなかで育つため、日焼けしていて少し黒っぽい色をしています。
尾びれが丸みを帯びているのも特徴です。

天然の鯛は、きれいなピンク色をしており、尾びれが鋭くとがっています。

色も形も、天然の鯛のほうが美しいのですが、漁獲量に左右されるため、いつでも手に入るわけではありません。
そのため、価格は高くなりがちです。

最近では、養殖の鯛でもこだわって作られているものがあり、天然と差を感じないくらいクオリティが高い養殖の鯛もあります。

養殖の鯛は、天然の鯛に比べて価格が安いので、リーズナブルに抑えたい方にオススメです。

尾頭付きの鯛はどこで買えばいい?


お食い初めに使う鯛は、「尾頭付き」を選ぶのが一般的です。

尾頭付きの鯛は、「首尾一貫(初めから終わりまで全うする)」という長寿を願う意味があります。

では、切り身ではなく尾頭付きの鯛は、どこで買うのがいいのでしょうか。

ここでは、鯛を買う2通りの方法について説明します。

  • スーパーやデパ地下で買う
  • 宅配で買う

スーパーと宅配それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

スーパーやデパ地下で買う

鯛は、スーパーやデパ地下でも売っています。

鯛を宅配ではなく、スーパーやデパ地下で買うメリットとデメリットは何があるでしょうか。

メリット

  • 普段の買い物と一緒に買える。
  • 宅配よりも安く買えることが多い。
  • 生も調理済の鯛もある(予約必須)

スーパーやデパ地下は、普段の食材を買うついでや、お食い初めに使うほかの食材も一緒に買えるので自分で作りたい派の方にはよいですね。

欲しい日に入荷していないと買えないこともあるので、あらかじめ店に予約をしておきましょう

調理済みの鯛が欲しいときは、お店に確認し予約をすることが大切です。

店によっては、調理しないお店もあるので、注意しましょう。

デメリット

  • 欲しい鯛がないことがある。
  • 生の鯛は自分で調理する必要がある。
  • ついいらないものまで買ってしまう。

スーパーやデパ地下に、天然の鯛が必ずあるとは限りえません。

事前にどんな鯛を入荷しているのか、店に確認しましょう。

また、生の鯛は自分で調理しなくてはなりません

「鯛の調理まで手が回らない!」
「焼くのは大変そう」

という方は事前に店に調理済みの鯛を予約をするか、宅配がオススメです。

いちいち店に確認・予約をし、当日取りに行くのが面倒な方は、宅配のほうが便利かもしれませんね。

また店舗に買いに行くと、「お祝い事だしあれもこれも」と、気付いたら、ついつい買うはずじゃなかったものまで買ってしまうこともありそうです。

宅配で買う

最近では、お食い初めの料理や鯛を、宅配で頼む方が増えているようです。

スーパーやデパ地下で買うことと比べて、宅配のメリット・デメリットはなにがあるのでしょうか。

メリット

  • スマホですぐに買える。
  • お食い初めに必要なものが過不足なくそろう。
  • 天然物の鯛にこだわれる。

宅配は、スマホさえあれば、いつでもどこからでも注文をでき、取りに行く必要がないので楽ちんです。

玄関まで届けてくれるので、忙しいパパ・ママにはピッタリといえます。

また、お食い初めの料理で必要なものを、すべて宅配でそろえられるのも嬉しいですね。

天然の鯛にこだわりたい方は、ネットショッピングのほうが確実に買えるようです。

デメリット

  • スーパーより高いケースが多い

宅配は送料がかかるので、スーパーで食材を買うよりも高くなりがちです。

お食い初めを、なるべくリーズナブルに行いたい方や、手作りにこだわりたい方はスーパーで買うのがオススメですが、なるべく手軽で簡単さを求めるなら宅配を選らぶとよいでしょう。

自分で鯛を調理する


生の鯛を買った場合は、自宅で鯛を塩焼きにします。

お店によっては、うろこや内臓を取るなどの下処理をしてくれる場合もあります。

事前に、どんなサービスがあるかを確認しておきましょう。

焼くにあたって、「鯛の焼き方がわからない」という方もいるでしょう。
ここでは、鯛の焼き方紹介します。

鯛の焼き方は?

鯛の調理の仕方を、ポイントともにみていきましょう。

下準備

鯛を焼く前に、まずは下準備をしていきます。

手順1

  1. 鯛のうろこを取ります。(ビニール袋の中で取ると、うろこが飛び散りません)
  2. 鯛の頭を右にして、身の部分に切り込みを入れ、内臓を取りだしてください。
  3. 内臓を取り出した鯛を、丁寧に水でよくすすぎましょう。

鯛の頭を左向けたときの表面には、切り込みを入れないようにしましょう。

これは、焼きあがったときに、頭を左に向けるためです。

手順2

踊り串という串うちをします。

  1. 串を、鯛の頭を右にした状態(裏側)の尾から表面に通してください。
  2. 裏返すと左が頭になり、尾から串が出た状態になります。
  3. 通した串を、鯛がS字になるようにして、頭の上から下に通します。

焼きあがったときに鯛が躍るように見える、縁起のよい打ち方です。

焼くのに必要ということではなく、見栄えをよくする方法なので、余裕があればやってみましょう。

手順3
  1. 鯛の全体に、まんべんなく塩をふります。
  2. 焦げて崩れるのを防ぐため、背びれ、胸びれ、尾びれには塩をたっぷりぬりこんでください。

ひれに塩をぬることを「化粧塩」といい、ひれがきれいな形を保ち、見栄えがよくなります。

焼き方

  1. 鯛を表面(頭を左に置いた状態)から、200℃で30分ほど焼いていきます。

オーブンや、魚焼きグリルの機種、鯛の大きさによって焼き加減が変わるので、25分ほどで様子をみつつ焦げ目に注意しながら焼いてください

焦げすぎないように調整するには、ある程度焼けたらアルミホイルで鯛を覆って焼くとよいでしょう。

ひれはとくに焦げやすいので、ひれだけでもアルミホイルで包むと焦げずに美しく焼けます。

鯛めしでもいい?

鯛を買う場合、どうしても尾頭付きのものがないケースもあるでしょう。

尾頭付きの鯛が手に入らなかった場合は、鯛めしでも問題ありません
お食い初めの後もおいしく食べられますね。

また、切り身で代用する方もいるようです。

焼いてあるものを買う


焼いてある鯛は、スーパーで予約して買う場合と、宅配で買う場合があります。

ここでは、オススメの宅配ショップを紹介します。

お祝い膳.com

お祝い膳.com公式サイトはこちら

鯛の種類 天然 養殖
金額 2,980円(税込) 4,980円(税込)
重さ 400g 1㎏

お祝い膳.comでは、鯛だけの注文もできますが、お食い初めの料理が全部そろったセットもあります。

料理セットは、歯固めの石もついているので、準備をする必要がありません。

鯛は、鮮度を保った天然の鯛か、品質にこだわった養殖の鯛から選べます。
天然の400gは約2人前、養殖の1㎏は約5人前が目安です。

こだわりや、欲しいサイズに合わせて、選べるのは嬉しいポイントですね。

公式サイトを見る

冷めた鯛のままでいい?

お食い初めをするときの鯛は、食事もマネをするだけなので、冷めたままでも大丈夫です。

気になる場合は、オーブンで温めましょう。

鯛を温める方法

冷凍保存した鯛は、約24時間冷蔵庫で解凍してください。
解凍を急ぐ場合は、冷凍の鯛を袋に入れたままボウルに入れて、流水解凍をすると、風味が落ちにくいのでオススメです。

温める場合は、オーブンやグリルで軽く焼きましょう
アルミホイルに包むと焦げにくく、温めやすいです。

電子レンジを使って温める場合は、軽くお酒をふりかけて温めます。
約300~400gの鯛は、500wで2~3分を目安に温めてください。
温めすぎると、固くなったり、パサパサするので注意しましょう。

鯛の飾りは何をつかう?


日本の伝統的な「左上位」の考えから、頭が左を向くように鯛をおくと、縁起がよいといわれています。

鯛を置く食器は、漆器の大皿を使うのが一般的ですが、離乳食用の大皿や竹ざるを使う方も多いようです。

鯛の飾りつけは、お皿と鯛の間に敷き紙や敷き葉と呼ばれる紙や葉っぱを敷くと、鯛に豪華さがプラスされます。

この記事では、お食い初め料理を華やかに盛り付けるための食器を紹介しています。ぜひ読んでみてください。

敷き紙の折り方

敷き紙を自分で折るときは、どのように折ればいいのでしょうか。

  1. 敷くときに、表になる面を裏側にしておきましょう。
  2. 次に、敷き紙は角がずれるように、半分に折ります。

折ったときに、上になる紙の辺が右下がりになるよう折ってください。
逆に折ってしまうと、弔事に使う折り方になるので気を付けましょう。

縁起物の敷き葉を使ってみよう

縁起物の葉っぱを敷いたり、添えると色どりがよくなります。
よく使われる葉っぱ松の葉は、長寿の象徴の意味があり、笹は、殺菌効果もあります。

季節に合わせて、紅葉や桜を使うのもきれいですね。

敷き葉は、アマゾンや楽天で買えます。
お正月近くになると、ホームセンターや100均で買えるケースもあるようです。
タイミングが合えば、お店を見てみてくださいね。

水引を添えるだけでも豪華に

水引とは、ご祝儀や不祝儀のときに使う飾りで、贈り物や封筒につける紅白や白黒の帯紐です。

ご祝儀袋についている水引を使って、鯛に添えるだけでも華やかになります。
使わないご祝儀袋があれば使ってみるのもいいですね。

宅配で買うと、敷き紙や水引が付いてくる場合があります。
注文するときにチェックしてみてください。

お食い初めが終わったあとの鯛はどうするの?

お食い初めが終わったあとは、鯛をおいしく食べましょう。

ここでは、鯛のアレンジメニューを紹介します。

鯛めし

余った鯛をアレンジして鯛めしを作る方法です。

ちょっとしょっぱい鯛でも、鯛めしにすると、塩分がほどよく美味しくなることが多いようですよ。

ほかにもアレンジレシピは、たくさんあります。
お祝い膳.comでは、鯛めしのほかにもアクアパッツァなどのアレンジレシピを紹介しています。

ほかのアレンジレシピもチェックしてみてください。

お祝い膳.com公式サイトはこちら

お食い初めの料理は鯛で豪華に


お食い初めの魚には鯛を使うと、縁起をかつぐだけでなく、華やかなご膳になります。

お食い初めは大切にしたいけど、忙しいママにとって、鯛の準備までするのは大変です。

あらかじめ焼いてあるものを、宅配で買う方法がもっとも手間がかからないので、ママへの負担がありません

予算や準備の手間を考えたうえで、鯛を準備するとよいでしょう。

お食い初めの儀式が終わったら、鯛をほかのメニューにアレンジして食べるのも、楽しみのひとつですね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク