お食い初めをするときの服装は?赤ちゃん・親は何を着る?人気の衣装と選び方

お食い初めは赤ちゃんが生後100日を迎えたあたりで、「子どもが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、お祝いの料理を与える伝統行事です。

お食い初めの儀式には「お色直し式」という意味合いも含まれています。

「お色直し式」とは、白い産着を着ていた赤ちゃんが、色付きの晴れ着を着るという意味が込められた儀式です。

家庭によって、お食い初めの儀式をする場所はさまざまで、親族を集めて料亭やホテルで行うケースや、パパ・ママ・赤ちゃんだけで自宅で行う場合もあります。

いずれにせよ、赤ちゃんには、どんな服装をさせたらいいのでしょうか。

また新米ママ、パパは「自分たちの服装もどうすべきか、決まり事があるのなら知っておきたい」と思うこともあるようです。

この記事では、お食い初めでの赤ちゃんの服装だけでなく、ママ・パパの服装についても紹介します。

参考にしてみてくださいね。

お食い初めの「お色直し式」とは?


お色直し式とは、今まで白い産着を着ていた赤ちゃんが、初めて色ものの晴れ着を着る儀式です。

地域によって風習は異なり、実家から贈られた小袖を着る家庭もあります。

最近では、お食い初め自体、家庭によって考え方が変化し、ワンピースやタキシード風の洋装を選ぶことも多いのだとか。

晴れ着といっても、赤ちゃんに着せるだけで一苦労です。

お食い初めを行う時期や、ママ・赤ちゃんの体調を考慮して、最近ではちょっとフォーマルにおしゃれをさせるくらいの感覚で十分のようです。

まずは赤ちゃんのお食い初めの衣装には、どのような種類があるかみていきましょう。

お宮参りの衣装を使う


お宮参りで使った和装やドレスは、お食い初めの儀式でも使えます。

和装の場合、赤ちゃんをバウンサーに乗せ、晴れ着を上からかけて着ているように見せることが多いようです。

お宮参りの衣装を着せることのメリットは、見栄えが良く、写真映えし、特別感がでます。

またお正月や初節句など、ほかの伝統行事のときに使いまわせるのもよい部分ですね。

とはいえ、生後3ヶ月ごろの赤ちゃんは、おむつ替えが多い時期。

デメリットは、おむつ替えがしにくいことでしょう。
また、よだれなどの汚れも気になってしまいます。

最近増えてきているのは、和装風のカバーオールや、タキシード風のロンパースタイプです。

赤ちゃんへの負担が少なく、見た目を華やかににできるので人気があります。

あらゆるシーンを想定してロンパースタイプの正装でもOK

生後100日くらいの赤ちゃんは、おむつ替えやよだれなどお世話がなにかと大変なものです。

ロンパースタイプなら、おむつ替えがかんたんに行えます。

また、和装のように服装の管理に、敏感になる必要がなく、洋装タイプのロンパースなら伝統行事以外でも使えます。

しかし、和装ほど写真映えや見栄えがしないので、物足りなさを感じてしまうママもいるようです。

ロンパースタイプの正装は、タキシード風や和装風など種類も豊富です。

特別感がほしいママは少し凝ったデザインにするといいかもしれません。

ロンパースタイプの正装は、ベビザラス赤ちゃん本舗で購入することができます。

赤ちゃんにお食い初め用の衣装を準備する5つの方法


お食い初めの衣装は、早めに用意しておくと直前に慌てずに済みます。

ここではお宮参りで使用したものではなく、新たに用意する場合のママにむけて準備方法を紹介します。

1:お店で買う

お店に行き、直接商品を見て、試着をしたうえで選べるので、後悔することがありません。

「すぐ着られなくなるのにもったいない」と思うママもいるようですが、初節句や正月などでも着られるようにワンサイズ大き目を選んでもよいでしょう。

2:ネットで効率よく手に入れる

ネットなら、スマホで好きな商品をたくさん見ることができ、玄関まで届きます。

注文してから到着までにかかる時間は、早ければ翌日、ショップに在庫があれば比較的早く届くので、とても便利です。

商品を触るわけではないので、生地の触り心地やサイズ感がわかりにくいのがデメリットといえます。

口コミやレビューなどを参考に、慎重に選んでくださいね。

3:レンタルする

「購入するのはもったいないし…」と思うママは、レンタルにしてみてはいかがでしょうか。

レンタルをすると、「次に使うのはいつだろう」と考えながら選ぶ必要がありません。

お食い初めのためだけに「特別な衣装」を赤ちゃんに着せられるので、写真を残したい方にはオススメです。

また衣装の貸し出しと、写真撮影がセットになっているサービスあるので、ネットなどで探してみてください。

4:手作り衣装で注目の的

ハンドメイドや裁縫が得意なママは、手作りに挑戦してみてもいいかもしれません。

オリジナリティあふれる衣装は、親族の注目を集めることになること間違いなしです。

また写真に残すことで、後日、当時を振り返ったときに思い出が華やかによみがえります。

5:上の子や知り合いのおさがり

お食い初めは一生に一度しかない行事なので、同性のおにいちゃんやおねえちゃんがいる場合は、おさがりで十分です。

知り合いや親戚に借りれる場合やおさがりとしてもらえる場合は、ぜひ活用しましょう。

オススメのお食い初めの衣装

ここでは、男女別に赤ちゃん用のお食い初め衣装を紹介します。

和装にしようか、洋装にしようか迷っているママ、参考にしてみてくださいね。

男の子のお食い初めの衣装

男の子のお食い初めの衣装は、基本的に和装なら袴洋装ならタキシードなどです。

元気な赤ちゃんのために、動きやすさを重視するといいですね。

ベビーキッズ 袴風 ロンパース

ベビー キッズ 子供服 袴風 カバーオール ロンパース 男の子 黒 95cm 10667506BK95

価格 1,980円
サイズ 60~95サイズの4展開

※2018年5月Amazon調べ

袴風のロンパースで、和装の可愛さはそのままに、おむつ替えや着替えなどのお世話がしやすいのが特徴です。

ママにとっては、和装と洋装のいいとこどりできます。

洗濯で丸洗いできるので、忙しいママにとっても保管しやすいですね。

ベビーフォーマル ロンパース

エルフ ベビー(Fairy Baby)ベビーフォーマルカバーオール 赤ちゃんセレモニーロンパース 重ね着風 結婚式服 男の子80cmひし形 紺色蝶ネクタイつき

価格 1,522~1,556円
サイズ 59~90サイズの5展開

※2018年5月Amazon調べ

アマゾンでも、ベストセラーに認定されている人気の商品です。

蝶ネクタイ付きで凝ったデザインですが、ロンパースになっているので、おむつ替えがスムーズに行えます。

女の子のお食い初めの衣装

ベビーキッズ 袴風 ロンパース

ベビー キッズ 袴風 カバーオール ロンパース 女の子 茜色 80cm 10623609RE80

価格 2,480円
サイズ 80~95サイズの3展開

※2018年5月Amazon調べ

累計販売数が3万枚突破した大人気の袴風ロンパース。

ロンパースタイプは、着崩れの心配がないため和装であっても安心です。

ベビードレス フォーマルワンピース

S'Mベビードレス女の子フォーマルワンピースロンパース出産祝い結婚式宮参り6h

価格 2,680円
サイズ 60~80サイズの3展開

※2018年5月Amazon調べ

結婚式やイベントごとで使えそうなデザインのワンピースです。

ワンピースは、おむつ替えが頻繁なこの時期の赤ちゃんには最適。
また肩にはスナップボタンがついているため、着脱もかんたんに行えます。

大人の服装は儀式を行う場所で変えよう


大人のお食い初めの服装は、基本的に場所によって異なります。

基本的には「正装」で、儀式に臨みたいところです。
とはいえ、結婚式レベルの正装ではありません。

ホテルや料亭で行う場合と自宅で行う場合とでは、服装で気をつけるポイントは違います。

ここでは、場所に応じた大人の服装選び方について紹介します。

ホテルや料亭で行うときは正装が基本

お食い初めを自宅以外で行う場合は、場所にあった正装で臨むのが一般的です。

ママ向けの正装は、フォーマルなものが理想です。

といっても和装ではなく、洋装をオススメします。

和服は、一度着てしまうと授乳をしにくく、歩く、座る、しゃがむ、トイレなど日常生活の動作に不便を感じるでしょう。

赤ちゃんを抱っこするのも、大変です。

和装だと、ただでさえお食い初めの食事の準備で忙しいにも関わらず、着付けや髪のセットに大きな手間がかかります。

子育てで大変な時期なので、ママの無理のない範囲で行いましょう。

ワンピースやスーツが便利

授乳服のフォーマルワンピースだと、急な授乳にも対応でき、安心して過ごせます。
オススメの授乳服は下記を参照ください。

パパ向けの正装は、スーツがベストでしょう。

手持ちのスーツがある場合は、それで十分です。

おじいちゃん、おばあちゃんが来る場合も、ある程度服装の格をそろえることで、写真でも統一感が出ます。

せっかく写真に残すなら、いい形で残したいですよね。

お家で行うときは授乳ワンピがおすすめ

お食い初めの儀式をお家で行う場合は、比較的ラフな格好で大丈夫です。

とはいえ、写真を撮ったときに、恥ずかしくない程度の格好が望ましいですね。

家の中でも、授乳服が便利でストレスがありません。

さらに授乳ケープがあると、来客があっても授乳できるので便利でしょう。

ママは儀式の準備で忙しいので、無理のない範囲で服装に気をつけるとよいですね。

お食い初めを通して家族と大切な時間を過ごそう


赤ちゃんが成長したことに感謝し、これからの健やかな成長を祈願する大事な行事が、お食い初めです。

はじめての行事だからこそ「ちゃんとしないと」と思いがちですが、一番大切なのは、赤ちゃんの成長を祝うことです。

そのために、赤ちゃんを中心にママやパパが楽しく、リラックスして行うことが楽しく記憶に残る行事になるでしょう。

お食い初めの儀式を通して、一生に一度しかない大切な時間を過ごしましょう。