赤ちゃんの行事はなに?1歳までの行事カレンダー!

日本の風習では、赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでに、驚くほどたくさんの行事があります。

ささやかに夫婦だけでおこなう場合もありますが、両家の両親や親戚を呼んで、盛大にお祝いする家庭もあるでしょう。

ただ「どんな行事があるの?」「どうやって準備をするの?」と悩むママも多いようです。

そこで今回は、赤ちゃんが1歳になるまでのお祝い事を紹介します。

1歳までのイベント一覧


赤ちゃんが1歳を迎えるまでにあるお祝いを、まずは一覧にまとめました。
赤ちゃんの誕生日から計算し、日程を組む参考にしてください。

行事名 お祝い日
戌の日 妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日
お七夜 生後7日目
お宮参り 男の子:生後31日目
女の子:生後32日目
お食い初め 生後100日目
初節句 男の子:はじめて迎える5月5日
女の子:はじめて迎える3月3日
初誕生 満1歳の誕生日

名前だけではピンとこない行事もあるでしょう。
どのようなお祝いなのか、詳しく紹介します。

戌の日


赤ちゃんが生まれる前にも行事があります。
妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に、ママとおなかの赤ちゃんの無事を祈って安産祈願をおこないます。

戌の日自体は、十二支の11番目にあたり、12日に1回巡ってきます。
戌(犬)は、一度にたくさんの子どもを出産しますが、お産が軽いことから、「安産の守り神」とされてきました。
それにあやかって、戌の日に安産祈願をするのです。

神社で祈祷をおこない、祈祷が済んだ腹帯を受け取ります。

妊娠中は、安産祈願のために遠出するのも大変なものです。
安産祈願で有名な水天宮は、日本各地にあるので、近い所を探してみましょう。
腹帯は、持ち込みを禁止しているところもあれば、持参可能なところもあります。
事前に確認しておきましょう。

こちらの記事もあわせてチェック!

お七夜


お七夜は、生まれた日を1日目として、7日目の夜に健やかな成長を祈願し、お祝いします。
赤ちゃんの名前を決め、命名書に書いてお披露目する命名式も一緒におこなうのが一般的です。

両親や親戚を招いて、命名書を飾り、祝い膳を囲みお祝いしましょう。

ただこの時期は、ママと赤ちゃんが退院する前後で慌ただしく、体調も万全ではないことも多いので、パパママのみでおこなうこともあります。

命名紙は、さまざまなデザインがあり、手形や写真が一緒に残せるタイプもがあるので、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

命名式は7日目の夜におこなうものですが、現在の法律では生後14日目までに出生届を提出する必要があります。
こちらの手続きも忘れずにしましょう。

こちらの記事もあわせてチェック!

お宮参り


地元の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、無病息災を願うのがお宮参りです。
男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が一般的ですが、地域によって異なる場合があります。
日数にこだわらず、ママや赤ちゃんの体調や天気、季節に合わせておなうことが多いようです。

祝い着を着た赤ちゃんを、父方の祖母が抱っこするのが正式ですが、最近では形にとらわれずにママが抱っこしたり、ベビードレスにケープなど洋装を選ぶ人も増えています。

こちらの記事もあわせてチェック!

お食い初め


お食い初めは、生後100日目ころに、「一生食べ物に困らないように」と願いを込めて、赤ちゃんに食事の真似をさせる儀式です。
生後120日目ごろにお祝いする地方もあります。

お食い初め用に、新しい食器(白木の三方・土器の碗皿・柳の白木箸)を新調します。
男の子用は朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りの膳で、一汁三菜の料理を盛りつけるのが正式なやり方です。

最近では、離乳食用の食器で代用する家庭も増えています。
お食い初め用の食器はレンタルもできるので、正式な方法にこだわるのであれば検討してもよいでしょう。

メニューは、尾頭付きの鯛・赤飯・お吸い物・煮物・香の物などを用意します。
「丈夫な歯が生えるように」と願い、氏神様の神社で拾った石を歯固めの石として添えましょう。

こちらの記事もあわせてチェック!



初節句


赤ちゃんが生まれてはじめて迎える節句を初節句といいます。
初節句は健やかな成長を祈願する日です。
男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句を祝います。
生まれてから、節句までの期間が短い場合は、翌年の節句にお祝いしてもよいでしょう。

端午の節句には、武者人形・よろいかぶと・こいのぼりを飾り、柏餅やちまきを食べます。
桃の節句には、ひな人形や桃の花を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒などの祝い膳を用意します。

初誕生


満1歳の誕生日には、無事に1歳を迎えられたことを感謝するとともに、これからの健やかな成長を願いましょう。

「一生食べ物に困らないように」と縁起を担いで、一升餅を背負わせる風習があります。
地域によっては、餅を踏ませたり、ぶつけたりすることもあるようです。

選び取りという儀式をおこなうこともあります。
意味をもったものやカードを用意し、子どもが選んだものによって、将来を占うのです。

こちらの記事もあわせてチェック!

いつから準備をすればいいの

赤ちゃんとの生活は、授乳にオムツ替えなど毎日慌ただしいものです。
これだけたくさんある行事の準備は、いつからおこなえばよいのでしょうか?

招待される人の都合もあるので、遅くても1ヶ月前には日程を決めておきましょう。

まずは日にちや招待する人、場所などを決めます。
神社への参拝や祈祷は、予約が必要な場合もあるので事前に問い合わせましょう。

日程が決まったら、早めに招待する人に知らせます。

行事によっては、赤ちゃんの服の準備や、食事の手配が必要です。

地域や家によって、やり方が異なる場合もあるので夫婦双方の親に相談しておくとよいでしょう。

せっかくのお祝いごとなので、盛大に祝いたいところですが、赤ちゃんやママの体調を優先してスケジュールを立てましょう。

お祝いをいただいたらどうすればいいの?


赤ちゃんのお祝い行事の際に、お祝いとしてお金をいただくことがあります。

お祝いの席に招待することでお返しとするケースもありますが、いただいた金額の1/2〜1/3ほどの品物を内祝いとしてお返しするのが一般的です。
お祝いをいただいたら、1ヶ月以内を目安に、子どもの名前でお返しをします。

高額なお祝いをいただいたときは、相場にこだわらず、「お祝いしてくれてありがとう」と感謝の気持ちを込めてお返しをするとよいでしょう。

赤ちゃんの成長をみんなでお祝いしよう


赤ちゃんが生まれてから1歳までの間には、たくさんの行事があります。

すべておこなうのは大変なものですが、正式なやり方にこだわらず、ライフスタイルに合わせて、ムリなくおこなうことが大切です。

家族で楽しめる素敵なお祝いにしてくださいね。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...