妊活にヨガは効果あり?おすすめのポーズやタイミング

「ヨガは妊活に効果があると聞いたけれどどうやって取り入れたらいいかわからない…。」

「妊活ヨガはどんな効果があるの?」

そう感じている方もいると思います。

妊活ヨガとは、女性機能体の不調を改善し、妊娠しやすいカラダ作りを目的としたヨガのことです。

今回は妊活ヨガの効果と自宅で簡単に実践できるおすすめのポーズをご紹介します。

妊活ヨガにはどんな効果があるの?


妊活ヨガには妊活中の女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

今回は主な3つの効果をご紹介します。

骨盤のゆがみを正し、子宮周りの働きを改善させる

姿勢が悪かったり、足を組んで座ったりなど、生活習慣のちょっとした癖が骨盤のゆがみが生じる原因になってしまうことも少なくないようです。

そしてそれが、骨盤や子宮の働きを低下させて、妊活に良くない影響を与えてしまうかもしれません。

ヨガは骨盤周辺の筋肉をほぐしゆがみや血行を改善させて妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれます。

ホルモンバランスを整え、冷えの解消や月経周期を安定させる

ホルモンバランスの乱れは、生理や妊娠、体や心の状態に大きな影響を及ぼし、さまざまな不調を引き起こすことがあります。

また、下半身の冷え卵巣の機能を低下させることにつながるかもしれません。

ヨガのゆったりとしたポーズと呼吸には体内のホルモンバランスを整えてくれる力があります。

ストレスの緩和

パートナーが妊活にあまり協力的ではなかったり、思ってたよりうまくいかないと感じたりと、女性はいろいろな精神的ストレスを受けることが多いですよね。

そのストレスが心身ともにさまざまな不調を引き起こしてしまうこともあるかと思います。

ヨガの深い呼吸瞑想はそういった心を開放し、リラックスした、余裕のある心を取り戻してくれます。

妊活ヨガの始め方

では、自宅での妊活ヨガの始め方をご紹介します。

自宅でのヨガは分の好きな時間にできるので普段の生活に取り入れやすいという利点があります。

また、忙しくて運動する時間がない人と感じている人におすすめです。

Youtubeの動画を見る

お金をかけずに行うことができるのはYoutubeでヨガの動画を検索することです。

しかし、Youtube上にはたくさんの動画があって、どれを見ればいいか戸惑う方も多いと思います。

そんな時は初心者向けで音楽やナレーションが自分にとって心地いいものを選ぶようにしましょう。

リラックスできるBGMを流しながら行ってもよいです。

オススメのBGM↓

DVD付きのヨガ本を買う

DVD付きのヨガ本は1000円~売られていることが多く、プロの手本を見ながら体を動かすことができるので、簡単でわかりやすいものが多いです。

ヨガの基本知識や呼吸方法など、ヨガ初心者にとって役に立つ情報が載っていることが多いです。

実際に人気の妊活ヨガの本をご紹介します。

オススメの妊活ヨガの本


ヨガを行うときに用意するもの

「ヨガをするんだったらヨガマット買わなきゃ…!」
と思っている方も多いと思います。

もちろん、ヨガマットは用意するに越したことはないですが、
必ず買わなければいけないわけじゃないんです。

大きなバスタオルでも代用可能ですし、体が沈まなければ布団の上でやってもOKです。

妊活におすすめのポーズ


実際に妊活に効果がある代表的なポーズをご紹介します。

自分がポーズを取りやすいものからチャレンジしてくださいね。

合蹠(がっせき)のポーズ

骨盤を正しい位置に導き、血行を促進して子宮の働きを良くすると言われています。

子宮の血行が良くなると、子宮内膜が厚くなり、着床しやすい身体づくりを手助けしてくれます。

股関節の柔軟性が高まって、自律神経の働きを活発にしてくれる効果も期待できます。

橋のポーズ

足腰や骨盤の筋肉を鍛えることで骨盤内の血行を活発化させ、女性ホルモンの分泌が増え、子宮の働きを良くする効果があります。

また、腸の動きを促す効果もあるので、お通じの改善にもおすすめです。

リラックス効果もあり、質のよい睡眠へと導いてくれるので、お風呂あがりや就寝前に行ってみてもいいですね

月のポーズ

子宮の働きを良くすることで、血行を促進する効果が期待できます。

気持ちが穏やかになるポーズなので、リラックスしたいときや気持ちが沈みやすい月経前にオススメです。

前屈ポーズ

内臓の機能を整えて、消化を促進するとされているポーズです。

腰を伸ばすことで、下半身の血の巡りを良くして、要らなくなった子宮内膜を排出する効果が期待できるので、子宮をきれいな状態に保つことができます。

また、腰痛改善にもおすすめです。

シャバアーサナ

なんとなく気分が乗らない時や疲れているときでもリラックスすることができるポーズです。

全身の力を抜いて、目を閉じ、深呼吸を繰り返すだけで十分な効果が期待できます。

ヨガを行うときの注意点

簡単に行うことができる妊活ヨガですが、ヨガをするうえで気を付けてほしい点もいくつかあります。

正しく健康的に妊活をするためにも、注意点はしっかり守ってくださいね。

不妊治療中の方は医師に相談する

不妊治療中の方は時期によってはヨガが治療に影響することもあるので、かかりつけの医師に必ず相談しましょう。

食後すぐは避ける

ヨガのポーズの中で内臓にひねりを与えるポーズや腸の動きを活発にするポーズもあります。

食後すぐ満腹状態でのヨガは控えましょう。

適度に空腹な状態で行うと体に負担がかかりづらいのでオススメです。

生理中はポーズを制限する

生理中に避けた方がいいポーズは、足や腰を高く上げることで血が逆流するポーズです。

このようなポーズは婦人科系の不調の原因になることもあるといわれています。

生理中にヨガをしていて体がだるくなったりお腹が痛くなったら仰向けに寝て「シャバアーサナ」のポーズでリラックスしてみましょう。

ムリは禁物!自分のペースでコツコツと!

ヨガは体と心をほぐして穏やかな心地よさを感じるもの

疲れている時は沢山ポーズをとったりしないで、自分ができるものだけで十分です。

また、痛さを感じるところまでやらず、体が気持ちいいところでキープしましょう。

ヨガは楽しんですることが一番大事です。

ムリをせず、上手にヨガを妊活に取り入れてくださいね。

注目記事
      

夫婦で飲める妊活サプリのおすすめ12選!ベビ待ちは体質改善が吉

手軽にはじめられて、夫婦で飲める妊活サプリを一挙紹介!結果にコミットするサプリはあるのか要チェックです★

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク