【小児科医監修】「2歳」はどれくらい成長する?魔の2歳児?接し方のコツは?

【小児科医監修】「2歳」はどれくらい成長する?魔の2歳児?接し方のコツは?

2歳の子どもは、脳や心、体の機能が大きく発達します。
言葉をたくさん覚えたり、身の回りのことができるようになってくるでしょう。

「言葉の発達は遅れてない?」
「イヤイヤ期が始まったけどどうすればいい?」
と思う方もいるようです。

ここでは、2歳の発達についてや、イヤイヤ期の子どもとの関わり方を説明します。

2歳児にオススメの遊びやおもちゃ、習い事についても紹介していますので、参考にしてくださいね。

2歳の成長について


2歳になると、体の成長スピードが落ち着きます。

いっぽうで、体の機能や脳、心は大きく発達します。

身長や体重はどれくらいになる?

2歳の子どもの、平均身長と体重目安は以下の通りです。

男の子 身長:81.1~97.4cm
体重:10.06~16.01g
女の子 身長:79.8~96.3cm
体重:9.30~15.23g

2歳になると、成長曲線は身長や体重の幅が大きくなります。

それだけ個人差があるということなので、成長曲線から大きく離れなければ、小さい?大きい?と心配することはありません。

お昼寝はやめても大丈夫?

2歳児の理想的な睡眠時間は、12~14時間です。
子どもが睡眠不足のときだけ、お昼寝の時間をとるようにしましょう。

しっかり睡眠時間を確保できているなら、毎日のお昼寝をムリにする必要はありません。

お昼寝の時間が長くなると、夜の寝付きが悪くなり、夜の睡眠時間に影響が出やすくなるのです。

毎日同じ時間に食事や睡眠をとると、生活リズムが崩れにくくなります。
子どもの睡眠時間や夜の寝付きによって、お昼寝の時間を調節してみてくださいね。

卒乳や断乳はそろそろ完了してOK

2歳児の栄養は、ほとんど食事からとるようになるので、卒乳や断乳はすすめて問題ありません

しかし、赤ちゃんが欲しがるようならムリにやめる必要はないです。

赤ちゃんの成長や様子にあわせて進めてください。

ご飯のバランスを考える

偏食にならないよう、嫌いな食べ物も食事に混ぜて食べさせましょう。

2歳児の食べ物の好き嫌いや運動量は、体重の増え方に関係します。
あまり食べずに体重が増えなかったり、逆に食べ過ぎて太るケースがあるようです。

そのため、子どもにとって適切な量や栄養バランスを考えながら、ご飯を与えることが大切です。

食の細い子どもは、たくさん遊び、体を動かしておなかを空かせるようにしましょう。

スプーン

2歳ごろになったら、手づかみ食べは卒業し、スプーンやフォークを使いましょう。
ママがスプーンやフォークで食事をして、子どもに見本をみせると、自ら真似をする子が多いようです。

慣れてきたら、3本の指でスプーンを支える、鉛筆持ちの練習を始めましょう。

しかし、子どもはまだ、食べ物を口までうまく運べなかったり、口で上手に受け取ることができません。
スプーンやフォークを正しい持ち方で食べられるようになるのは、3歳を過ぎたころといわれています。

焦らず、お子さんのペースに合わせて、食事をすすめてくださいね。

お箸の練習を始めてもOK

お箸の練習は「いつはじめるべき」という決まりはありません。
2歳の子どもは手先が発達し、できることが増えるので、なかにはお箸の練習をはじめる方もいます。

最初は、練習用の箸やサポートグッズを使うと、スムーズに練習をすすめられるでしょう。

しかし、お箸を上手に使えるようになるのは、3歳を過ぎてからといわれています。
スプーンやフォークが上手に使えるようになったばかりなので、子どもの興味に合わせてお箸の練習をするとよいですね。

幼稚園の入園前にトイレトレーニングを始めると◎

おしっこの間隔が、2時間以上あくようになったら、トイレトレーニングを始めましょう。

2歳になると膀胱の機能が発達し、だんだんとおしっこを溜められるようになります。

3歳から幼稚園や保育園に入園する予定があれば、入園前にトイレトレーニングを始めておくと、子どもが園での生活に戸惑うこともないでしょう。

おしっこの間隔が2時間以内の場合は、しばらく様子をみて、2時間以上の間隔になってからトレーニングを開始してください。

トイレトレーニングのやり方を詳しく説明しているので、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

2歳の発達・特徴

2歳の発達イラスト育児あるある
2歳の子どもの発達は、どのくらいかみていきましょう。

運動機能が高まり、走れるようになる

2歳ごろになると運動機能が発達し、子どもはしっかりとした足取りで歩きます。
また、走ったり、両足でジャンプもできるようになります。

ボールを転がしたり、自分の体を回転させて動くこともできるようになるでしょう。

公園など、外で遊ぶ機会が増えそうですね。

手先が器用になってくる

手先が器用になってくるので、洋服や靴を着たり、脱いだりを少しずつ自分で、できるようになります。

食事をするときも、子どもが自分でスプーンやフォークを持って上手に食べれるようになるでしょう。

身の回りのことが、どんどん自分でできるようになってくるので、できたことは、親がたくさん褒めてくださいね。
子どものチャレンジする意欲が上がります。

お絵描きでは、なぐり書きばかりだったものから、線や丸も書けるようになり、子ども自身の「想像」を形にしやすくなるでしょう。
ほかにも、ハサミで紙を少し切ったり、紙を丸めることができます。

さまざまなことで、成長を感じやすい時期といえるでしょう。
子どもを少しずつ、いろんなことにチャレンジさせてみるといいですね。

言葉が2語に増える

2歳の子どもは、言葉を理解するスピードがどんどんはやくなっていきます。
単語だけ話していたのが、2語に増え、会話らしいコミュニケーションがとれるでしょう。

多くの言葉を覚えていく時期なので、子どもにたくさん話しかけて、言葉を教えてください。

絵本を読んだり、ご飯のときに食べ物の名前を言うと、理解しやすくなります。

言葉が遅くても大丈夫

子どもが言葉を発するのが遅くても、心配ありません。
言葉の発達は、子どもによって個人差があるからです。

ママやパパの言ったことを理解していても、子どもによっては、言葉を発するのが遅い場合もあるようです。
言葉の理解ができてれば問題ないので、少しずつ言葉を覚えていきましょう。

子どもが言葉につっかえる場合は、「【専門家が教える】2歳ごろにみられる言葉のつっかえは成長のあかし」を読んでみてくださいね。

長時間のテレビは言葉の発達に影響する

長時間テレビを見るのは、子どもの言語の発達に影響があるといわれています。
2005年には、日本小児科学会が2歳までのテレビ・ビデオ視聴を控え、メディアの接触時間を1日2時間までに制限するよう提言しています。

しかし、科学的根拠はまだはっきりしておらず、テレビの視聴が、子どもの言語発達に直接的に影響を与えるとは言い切れないようです。

食事中はテレビを消して、親子の会話の時間にするとよいですね。
料理中など、子どもがひとりでテレビを見る場合には、なるべく声をかけてコミュニケーションをとりましょう

参照:サイト:旦 直子「メディアと子どもの発達」

2歳のお世話は大変?先輩ママ・パパの体験談

「イヤイヤ期」や「魔の2歳児」に奮闘するママたちの声を集めてみました。

やはり、2歳児に手を焼いているママやパパは多いようです。

しかし「手がかかるのも今のうち」「むしろ可愛さが増した」という声も多くみられました。

「魔の2歳児」「イヤイヤ期」の関わり方はどうすればいい?


イヤイヤ期は、「魔の2歳児」「第一次反抗期」とも呼ばれます。

ここでは、イヤイヤ期についてや、2歳の子どもとの関わり方と対処法を説明します。

イヤイヤ期とは

「イヤイヤ期」とは1歳半ごろから始まる、第一次反抗期のことです。
なんでもかんでも、イヤイヤと反抗することが多いため、イヤイヤ期と呼ばれています。

1歳半を過ぎると、子どもは自我が芽生えることで、自己主張をはじめます。

そのため子どもは、自分でやりたいことができなかったり、伝えたいことがうまく伝わらないと、ぐずったり、かんしゃくを起こすことがあるのです。

一般的にイヤイヤ期は、3歳ごろに落ち着き始め、4歳ごろにかけて終わるといわれています。
しかし、子どもが嫌がる度合いや期間など、イヤイヤ期には個人差があるようです。

イヤイヤ期の子どもには、主に以下のような行動が見られます。

  • 食事中に遊び始めて、ご飯を食べない
  • 片付けをしない
  • 歯磨きを嫌がる
  • 自分で歩かない
  • 時間になっても帰りたがらない
  • できないことを自分でやりたがる
  • 公共の場で泣き叫ぶ
  • スプーンなどの物を投げる
  • 友だちとおもちゃの取り合いが起こる

「ご飯を食べない」「スプーンを投げる」など、食事中にイヤイヤ行動をする子どもが多いようです。

また、2歳になると、子どもは少しずつ友だちと一緒に遊ぶようになります。
しかし、まだ独占欲や所有欲が強いため、おもちゃの取り合いがおこることもあるでしょう。

参照:サイト:博報堂「イヤイヤ実態調査 第二弾」

イヤイヤ期のしつけはどうしたらいい?

それでは、イヤイヤ期の子どもには、どのような関り方で対処すればよいのでしょうか。

声かけで子どもの「自立」をサポートする

イヤイヤ期は「なんでも自分でやりたがる時期」です。

2歳児のしつけでは、子どもの「なんでもやりたがる」気持ちを上手く活かし、自立をサポートするとよいでしょう。

例えば、

  • 子どもにあらかじめ予定を伝え、選択させる
  • 子どもに見本をみせて「やりたい」という気持ちにさせる

などがオススメです。

子どもにあらかじめ1日の予定を伝えておくと、次になにをするかが分かるので、子どもは心の準備ができます

予定を伝えるときは、「子どもがなにがしたいのか」を親が考えて、子どもに「〇と〇、どっちをしたい」と選択肢を与えてください。

子どもが自分でなにをするか選べるので、納得しやすくなるでしょう。

おともだちとおもちゃの取り合いになったら?

おもちゃの取り合いになったときは、ママやパパが「おもちゃを貸してあげようね」見本を見せてください。
子どもは親のマネをして、少しずつダメなことが理解できるようになります。

いつもおもちゃを取られてばかりで、自分の気持ちを伝えられない子には、「イヤと言ってよい」ことも教えましょう。

友だちの輪に入れないときは、ムリして入る必要ありません。
子どもが、ゆっくりなじんでいくのを待ってください。

出典:株式会社ベネッセコーポレーション ひよこクラブ「育児新百科」

自ら行動させて子どもの「自立」を促す

なんでも自分でやりたがる2歳児には、親が子どもの「自立」を促す対応をしましょう。

例えば、

  • 頭ごなしに怒るのではなく、まずは「理由」を聞く
  • 子どもが自分でやりたがるときは、ひとりでできるまで待つ

などがオススメです。

子どもが良くない行動をしたときや、嫌がってなかなか行動しないときは、頭ごなしに怒るのではなく、まず「どうしてその行動をとったのか」という理由を聞きましょう。

つぎに「どの部分が間違っていたのか」を、子ども自身に考えさせます。
ママやパパの質問に上手く答えられたときは、子どもをしっかりとほめてくださいね。

親にできたことをほめられると、子どもは「こうすればほめてもらえる、いいことがある」という感覚を覚えます。
ママやパパに「認めてもらえた」と、自分に自信がつくようになるでしょう。

自分でできないのに「やる」というときは?

また、子どもが自分でやりたがるときは、できるだけ子どもがひとりでやりきるのを待ちましょう

子どものペースが遅いと、親はイライラしがちです。
しかし親が割り込んでしまうと、子どもがさらに「イヤイヤ」となる可能性もあります。

自分のことを自分でできるようになれば、保育園や幼稚園の入園に向けて、生活習慣の自立も進められます。

子どもにやらせると時間がかかり、どうしてもイライラしてしまうのであれば、休日だけでも思いっきり自分でやらせてみましょう。

出典:主婦の友社「はじめてママ&パパの育児」

イヤイヤ期は成長している証拠と考えよう

イヤイヤ期は、誰もが通る時期なので、「子どもの心が成長している証拠だ」と思ってください

子どもの気持ちや行動を、成長として理解するのは大切です。
とはいえ、なんでもかんでも「イヤ」と言われると、ママやパパも疲れてしまいますよね。

子どものイヤイヤと、すべて向き合う必要はありません。
ときには、周りに協力を求めるのも大切です。

また、パズルやビデオなど、子どもが集中して行えるものがあると、親が落ち着いて過ごす時間が増えます。

2歳はなんでも自分でやりたがる時期なので、子どもに料理のお手伝いをお願いするのもよいでしょう。

子どもがイヤイヤをするときは、甘えたいだけのときもあります。
子どもの「甘えたい」という意思が見えたら、添い寝をしたり、たくさんのスキンシップの時間をとって、甘えさせましょう。

そうすれば、子どもの心にも余裕ができ、「イヤイヤ」も収まりやすくなるかもしれません。

【イヤイヤ期】どんなもの?ひどい時期はいつまで続くの?

下記の記事では、イヤイヤ期についてさらに詳しく説明しています。

歯科健診を受けよう


子どもの虫歯に早く気付けるよう、口の健康状態や発達状態を歯科健診でチェックしてもらいましょう。
乳歯は永久歯に比べてもろく、歯に痛みがでるころにはかなり虫歯が進行しています。

健診時期は住む地域によって変わるため、注意してください。

【小児歯科医が教える】「一生むし歯ゼロ」のために大切な2つの時期とは?」では、むし歯になりにくい歯にするための、大切な時期について紹介しています。

普段の歯磨きは?

2歳の子どもは、奥歯や歯と歯のあいだまで、ひとりでキレイに磨くことはできません。
ママやパパが、しっかり仕上げ磨きをしてください。

イヤイヤ期の歯磨きは、子どもがなかなか口を開けなかったり、暴れる、歯ブラシを噛むなどして抵抗することから、苦労する方が多いようです。

子どもが歯磨きを嫌がるときは、

  • 「上手だね~」と声をかける
  • 歯磨きをしている絵本を見せる
  • 子どもに好きな歯ブラシを選んでもらう
  • 子どもが好きな歯磨き粉を使う

などの対策が効果的だと言われています。

どうしても上手く磨けない場合は、歯磨きシートや子ども用マウスウォッシュなどを併用するのもよいでしょう。

にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包

にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包

469円(08/21 22:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

クリニカKid'sデンタルリンス グレープ 250ml (医薬部外品)

クリニカKid'sデンタルリンス グレープ 250ml (医薬部外品)

309円(08/21 22:36時点)
Amazonの情報を掲載しています


予防接種はなにを受けるべき?


まずは今までうけた予防接種を確認し、次にどの予防接種を受けるべきかを考えましょう。

2歳では、任意で受けられる予防接種が多くあります。

予防接種のスケジュールを立てよう

2歳で受けられる任意接種は以下のとおりです。

      

2歳の任意接種

  • A型肝炎
  • 髄膜炎菌
  • インフルエンザ
  • おたふくかぜ

これからどの予防接種を受けるかを考え、スケジュールを立てるとよいでしょう。
計画的に予防接種を受けて、子どもを病気から守ることが大事です。

NPO法人VPDでは、予防接種をうけるベストなタイミングの提案をしています。

2歳の誕生日はどうする?

2歳の誕生日は、1歳のときよりも「特別な日」としてお祝いするママが多いです。
そのため子どもは、2歳ごろから、誕生日が特別な日であると分かり始めるようです。

子どもの記憶に残る日になるよう、プレゼントやケーキなどを準備し、豪華に演出してみてください。

プレゼントは、2歳児の発達に合わせたものを選びましょう。
運動機能を高める自転車や、折りたたみの滑り台、手先を動かして遊べるお絵描きグッズ、想像力を伸ばす人形などがオススメです。

1歳半ごろに離乳食が完了するため、初めての誕生日ケーキを用意するのもいいですね。

しかし、子どもが美味しいものを覚えて、偏食になる可能性もあります。
子どもの健康を考えて、脂質や糖質、添加物の少ないものを選びましょう。

また、家族で記念写真を撮るのもオススメです。
フォトスタジオを利用し、より記憶に残る日となるよう、おめかしして撮影するのもいいですね。

2歳のおもちゃ・遊びはなにがいい?


2歳の子どもは、運動機能が発達し、手先も器用になってきています。

子どもの発達を手助けする遊びには、一体どんなものがあるのでしょうか。

積み木や人形で想像力・創造力をつける

お米のシリーズ お米のつみき いろどり

お米のシリーズ お米のつみき いろどり

7,320円(08/22 16:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

2歳になると、積み木や人形をなにかに見立てて遊べるようになります。
お城やおうちなどの建物を作ったり、ごっこ遊びができるでしょう。

積み木あそびは、積み木をなにかに見立てて積むことで、子どもの創造力を伸ばせると言われています。

ごっこ遊びは、人形をなにかに見立て、妄想の世界で遊ぶことで、子どもの想像力を伸ばすこともできるでしょう。

お絵描きで創造性を養う

2カラーせんせい

2カラーせんせい

37,868円(08/22 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

自分の感じたことや、思ったことを絵に描くと、子どもの創造性を豊かにできるようです。

2歳になると線や丸を上手に描けるようになり、表現の幅が広がります。
子どもが自分なりに絵を描くことで、感性や表現力を養うこともできるでしょう。

ボールを使っていろんな力をつける

アンパンマン カラフル7号ボール オレンジ

アンパンマン カラフル7号ボール オレンジ

615円(08/21 22:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

ボールを蹴ったり投げたりすることで、足や腕の筋力をつけることができます

また、飛んでいるボールを叩いたりつかまえることで、物体と自分との距離や、物の大きさなどが分かるようになり、空間認識能力が高まるでしょう。

自転車を選ぶなら?

2歳から、自転車の練習をはじめる子は多いようです。

自転車のサイズは、12インチがおすすめです。

自転車にはペダル付き補助輪付きペダルがないタイプがあります。

ペダル付きの自転車は、自転車の後ろに押し棒がついています。
自転車のハンドル操作を、ママやパパがサポートできるので、子どもがうまく操作できなくても安心です。

ストライダー 12インチ スポーツモデル ブラック 日本正規品

ストライダー 12インチ スポーツモデル ブラック 日本正規品

14,560円(08/22 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

ペダルのないタイプは、自分の足でバランスを保つので、バランス感覚や反射神経が養えるようです。
バランス感覚がつくことによって、補助輪なしの自転車への移行がスムーズだといわれています。

では、遊びではなく、2歳におすすめな習い事はあるのでしょうか。

習い事を始めるのもOK


最近は、0歳児から習い事をはじめるケースが増えているようです。

2歳から始めるのに人気な習い事を、平均月謝が高い順に並べました。

習い事 月謝の平均 ポイント
英会話 約7,500円
  • 正しい発音
スイミング 約5,300円
  • 肺活量が増え、喘息対策
  • 体力作り
体操 約3,500円
  • バランス感覚怪我をしにくい体や体力作り
サッカー 約3,500円
  • 体力がつく
  • 協調性が身につく
お絵描き 約3,300円
  • 感性を養う描いた絵が成長の記録として残る
リトミック 約2,400円
  • 心と体のバランスを整える

英会話は月謝の平均額が高額ですが、非常に人気の高い習い事です。

言葉の発達がすすむ2歳のうちから英語を聞くことで、正しい発音を身に着けられる可能性が高くなります。
日本語の言葉が発達する時期に、英語に慣れていると、抵抗がないまま英語を覚えられるでしょう。

また、最近は習い事をはじめる年齢が早いため、2歳児以下のクラスがあるスイミングスクールやサッカークラスが増えています。
2歳からスポーツをはじめると、健康で丈夫な体を作るのに役立つでしょう。

習い事がどんなことに役に立つのか、月謝の金額などを参考に習い事を考えてみてくださいね。

たくさん褒めて得意なことを作ろう


自我が芽生え、なんでも自分でやりたがったり、うまく自分の気持ちを伝えられずに感情をぶつけてしまうのが「イヤイヤ期」です。

イヤイヤ期は2歳児にあらわれることが多いですが、子どもの心が成長している証拠だと考えると、ママも受け止めやすいかもしれません。
子どもと向き合うのが大変なときは、自分を責めたりせず、周りの人にも協力してもらいましょう。

2歳の子どもは、たくさんのものと触れ合い、さまざまなことを感じて成長しています。
親が言葉を教えたり、あいさつの見本や、人とのかかわりの見本を子どもに見せることが大切です。

子どものチャレンジ意欲を高めるためにも、子どもができるようになったことを見つけたら、たくさん褒めてあげましょう。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...