タイプ別オススメベビーバス10選!選び方のポイントは?

子育てに必要なベビー用品はたくさんありますが、なかには「これって本当に必要?」という商品もあるものです。

購入を迷うベビー用品のひとつに、ベビーバスがあります。


「ちょっとしか使わないのにもったいない」
「なにかで代用できないの?」

そう考えるママもいるでしょう。
ベビーバスは購入するべきなのでしょうか?

今回は、ベビーバスの選び方やタイプ別のオススメをまとめました。

ベビーバスって必要?

ベビーバスとは、赤ちゃんの沐浴に使う専用のお風呂です。

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人と同じ湯船に浸かると、雑菌に感染する可能性があります。

たとえ1番風呂でも、首のすわらない赤ちゃんを湯船で洗うのは大変でしょう。

そんなときに便利なアイテムが、ベビーバスです。

ベビーバスにはさまざまな製品があるので、家庭の環境に合わせて選びましょう。

ベビーバスはいつまで使う?

新生児のうちはベビーバスを使用しますが、一体いつまで使えばよいのでしょうか?

生後1ヶ月の検診で問題なければ、湯船に入っても大丈夫といわれているため、1ヶ月検診を目安にベビーバスを卒業する家庭が多いようです。

ただ家庭の状況によっては、もっと長く使うこともあるでしょう。

小さく生まれた赤ちゃんは、沐浴卒業の時期を過ぎても、ベビーバスを使った方が楽な場合もあります。

上に兄弟がいる場合は、ママがひとりで赤ちゃんも一緒に入浴するのは大変です。
このような状況に応じて、3~4ヶ月ころまでベビーバスを使うこともあるでしょう。

メーカーによっては、2歳ころまで使用できる商品もあります。

選び方のポイントは?

ベビーバスは、多くのベビー用品メーカーでさまざまな種類を販売しています。

ここでは、ベビーバス選びのポイントを確認しましょう。

ポイント1:種類で選ぶ

ベビーバスは素材や使い方で、3つの種類に分けられます。

床置きタイプ

昔ながらの、プラスチック製のベビーバスです。
大きめサイズなので、安定感があります。

浴室が寒ければ、リビングでバスマットを敷きその上にベビーバスを置いて使ってもよいでしょう。

ただし場所をとるので、収納スペースを確認してからの購入をオススメします。

ビニール・エアータイプ

空気を入れて使う、ビニールタイプのベビーバスです。

軽くて持ち運びが便利で、使わないときは空気を抜いて折りたためるので、収納場所にも困りません。

素材がビニールなので、ほかの種類と比べて耐久性に不安があります。

シンクタイプ

洗面台やキッチンのシンクに、はめこんで使用するマットタイプのベビーバスです。

ママが立ったまま沐浴できるので、腰への負担もかかりません。

ベビーバスとしての役割が終わったら、オムツ替えようのマットとしても使えます。

洗面台やシンクのサイズに合わせる必要があるので、購入前に確認しましょう。

ポイント2:収納スペースの有無

比較的場所をとるベビーバスは、収納スペースが必要です。

収納スペースが少ない場合は、折りたたみ式タイプや小さいサイズを選びましょう。

ポイント3:ベビーバスを使用する場所

どこで沐浴をするかによっても、選ぶ商品は変わります。

お風呂場・洗面台・シンク・リビングなど、どこで使うのかを決めてから選びましょう。

ベビーバスを使うときの注意点

それではベビーバスを使うときの注意事項を紹介します。

入浴前に着替えやオムツを用意する

肌着とベビーウェアを重ねておき、オムツも広げて用意しておきましょう。

スムーズに着替えられるので、沐浴後の赤ちゃんが湯冷めする心配もありません。

沐浴の直前にお湯を張る

ベビーバスのお湯は冷めやすく、すぐに温度が下がります。

ぬるくなったお湯で沐浴しては、赤ちゃんが風邪をひく原因となるので、お湯は沐浴直前に入れましょう。

こまめなお手入れを

赤ちゃんは、新陳代謝が活発です。

汗や皮脂で、赤ちゃんの体は意外と汚れています。
沐浴に使うベビーバスも使用後は、汚れているものです。

使い終わったら、スポンジで洗って汚れを落とし、乾かしましょう。

人気のベビーバスオススメ10選

デザインや使いやすさなど、口コミでも評判のベビーバスを、厳選して紹介します。

スキップホップ/バスタブ

SKIP HOP(スキップホップ) ホエールバスタブ

本体価格(税抜) 6,000円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 57×40×14cm
ブルー

くじらの形が特徴的なバスタブで、月齢に合わせて3段階に調整できます。

  • 新生児~生後3ヶ月:赤ちゃんの自然な姿勢をキープするハンモックモード
  • 3~6ヶ月:ソファのようにゆったり座れるお座りモード
  • 6ヶ月以上:プールとして使える水遊びモード

フックがついているので、おもちゃをかけておけます。
長く使いたいママにオススメです。

ベビーザらス限定/ふわっと楽らくベビーバス(ゾウ)

<tr本体価格(税抜)2,199円(2018年5月編集部調べ)

サイズ 65×41×30cm
白と黄色のゾウ柄

新生児~生後6ヶ月ころまで使える、エアータイプのベビーバスです。

底面にゆるやかな傾斜があるため、赤ちゃんを楽に支えられます。
底の部分はふわふわの2重構造で、赤ちゃんの身体に負担をかけません。

ティーレックス/Puj Flyte バスタブ

Puj Flyte パジ バスタブ 洗面台やシンクで 立ったまま沐浴 座浴 ライム

本体価格(税抜) 3,963円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 59×23×3.5cm
ホワイト/グレー

シンクや洗面台使える沐浴マットです。

立ったまま沐浴できるので、ママの腰に負担をかけません。
2つ折りにできるので、持ち運びや収納にも便利です。

リトルプリンセス/フォールディングバス

リトルプリンセス Little Princess フォールディングバス ブルー

本体価格(税抜) 5,500円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 46×81×22cm
ブルー/ピンク/オリーブ/イエローグリーン/フューシャピンク

せっけんなどをおけるトレイが2つついており、止水栓の色で温度がわかる機能も便利です。

幅が広めなので、「小さいベビーバスでは洗いにくい」というパパでも楽に使えます。

スイマーバ/マカロンバス

Swimava 【日本正規品60日保証】スイマーバ ふわふわベビーバス マカロンバス 0-24ヵ月 グリーンプレミアム

本体価格(税抜) 3,899円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 48×25×48cm
ライトブルー

全面クッションで、ママやパパが入れるときに腕が痛くなりません。

水の量を一番下の線にあわせると、少ないお湯で沐浴できて経済的です。
沐浴卒業後は、プールとして使ってもよいでしょう。

リッチェル/ふかふかベビーバスW

リッチェル Richell ふかふかベビーバスW グリーン 新生児~3カ月頃まで

本体価格(税抜) 2,500円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 68×47×29cm
グリーン/パープル/ピンク

空気を入れて使用するベビーバスで、つぶれにくい縦横空気層のW構造です。

底面にストッパーがついており、赤ちゃんがずり落ちるのを防ぎます。
小さくたためるので、収納もしやすいでしょう。

リッチェル/ひんやりしないおふろマットR

リッチェル Richell ひんやりしないおふろマットR 新生児~6カ月頃まで

本体価格(税抜) 3,000円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 37×57×13cm
ピンク

赤ちゃんを安定した体勢で寝かせられるので、背中やおしりを両手で洗えて便利です。

冷たさを感じにくい発泡素材なので、赤ちゃんも気持ちよく過ごせるでしょう。
水切れがよいのでお手入れも楽です。

アンパンマン/たためるやわらかベビーバス

アンパンマン たためるやわらかベビーバス

本体価格(税抜) 2,778円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 65×30×38cm
イエロー

子どもに人気のアニメキャラクター、アンパンマンのベビーバスです。

エアータイプで、キッチンのシンクでも使用できます。
使わないときは、小さくたたんで収納できて便利です。

日本育児/ソフトバスチェア

日本育児 入浴補助具 ソフトバスチェア スプラッシュ 新生児~11kg対象 お子様をやさしくお風呂に入れるためのバスチェア

本体価格(税抜) 3,800円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 30×61×27cm
スプラッシュ/デイジー

やわらかいメッシュカバーなので、ママの腕の中にいるような感覚で赤ちゃんを優しく包むバスチェアです。

バスタブやシンクでも使用でき、メッシュカバーを取り外して洗えます。
軽くてコンパクトにたためるのも、魅力のひとつです。

ストッケ/フレキシバス

ストッケ フレキシバス ブルー

本体価格(税抜) 4,500円(2018年5月編集部調べ)
サイズ 34×66×24cm
ホワイト/クリア/ブルー/パステルピンク

プラグがついているので排水も簡単です。

沐浴卒業後は、ビニールプールおもちゃの収納ボックスとしても使えます。

ベビーバスの代用になるものは?

使用期間の短いベビーバスは、代用品で済ませるのもひとつの方法です。

  • プラスチックの衣装ケース
  • 小さめの赤ちゃん用プール
  • 大きめの洗面器

などが代用品として使えます。

ただ沐浴用ではないので、ベビーバスに比べて使いにくさはあるでしょう。

どこで購入できる?

ベビーバスは、西松屋や赤ちゃん本舗などのベビー用品店で購入できます。

忙しいママには、自宅まで届けてもらえるネット通販もオススメです。

楽天やアマゾンなど、たくさんの種類があるので、チェックしてみましょう。

レンタルや中古も検討してみる

使用期間が短いベビーバスは、レンタルや中古を検討してもいいでしょう。

ヤフオクなどのオークションサイトで、新品同様の商品を出品していることもあります。

多少の傷や汚れは気にしないという人にオススメです。

ベビーバスはライフスタイルにあわせて使おう

ベビーバスは、使う期間が短いために「わざわざ買うのはもったいない」と考えがちですが、沐浴の負担を減らす便利アイテムです。

新品にこだわらないのであれば、中古やレンタルも利用しましょう。

便利なアイテムをかしこく使って負担を減し、子育てを楽しんでくださいね。
参考になれば幸いです。


注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

  

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク