授乳クッションのおすすめ10選!インフルエンサーが愛用する商品も紹介!

授乳時の体の負担を軽くする授乳クッションは、あるととても便利です。
産後の育児アイテムとして人気が高いですが、妊娠中から活用できるのをご存知でしょうか?

今回は授乳クッションについて、どういう使い方ができるのか、選び方、妊娠中から使える人気の授乳クッションランキングや代用できる品について調査しました。

授乳クッションとはどういうもの?

授乳クッションとは、授乳するときに体を支え、ママの腕の負担を軽くする育児グッズです。

授乳クッションを膝の上に乗せ、体に巻きつけることで、赤ちゃんを抱いているママの腕ごとクッションに置けます。

「授乳クッションがないと授乳できない」と、外出先に持ち運ぶママもいるようです。

授乳するときに活躍するだけではなく、妊娠中は抱き枕として、赤ちゃんが成長しておすわりを始めたころにはお座りの補助として、長く使える授乳クッションも発売されていますよ。

授乳クッションは必要?


授乳クッションは育児に必須というわけではありませんが、多くのママが「かなり楽になる」「買ってよかった」と口コミしています。

育児はママの腕や肩、腰への負担が大きく、授乳するときに赤ちゃんを支えようとして、腱鞘炎や肩こりになるママもいるようです。

授乳が大変なのは、下記の様な理由があります。

  • 産まれたばかりの赤ちゃんでも、2kg~3kg前後と重さがある
  • 授乳を2~3時間おきに10分~20分と、長い時間しなくてはならない
  • 授乳だけでなく寝かしつけなど、抱っこが必要な場面が多くある
  • 首座り前の赤ちゃんの首はぐらぐらしており、デリケートである

授乳クッションを使うことで、ママと赤ちゃんが快適に授乳の時間を過ごせるようになりますよ。

授乳クッションの選び方


続いて、授乳クッションを選ぶときにチェックしておきたいポイントを紹介します。

以下の3つのポイントに注目して、授乳クッションを選びましょう。

授乳クッションの選び方

  • ポイント1:厚みと固さがあるものを選ぶ
  • ポイント2:妊娠中から使えるものが便利
  • ポイント3:肌に優しい素材で洗えるものだと○

ポイント1:厚みと固さがあるものを選ぶ

まずは、授乳クッションの厚みと固さをチェックしましょう。

十分な厚みと固さがあれば、赤ちゃんが沈み込んでママが前かがみになることがなく、楽な体勢のまま授乳できます。

また、柔らかすぎると赤ちゃんの重みで下がってしまうので、ある程度の固さがあり、しっかりしたクッションを選んでください。

ポイント2:妊娠中から使えるものが便利

妊婦さんにオススメしたいのが、多用途の授乳クッションです。

妊娠中期以降お腹が大きく重くなり、寝にくいと感じる妊婦さんが増えます。
そんなときは、授乳クッションを抱き枕として使えば負担が和らぎますよ。

抱き枕は、シムスの体位という、妊婦さんが楽だとされている体勢を取るのにも欠かせません。
産前は抱き枕として、産後は授乳クッションとして使えるものであれば、1つですむのでかさばらずお財布にも優しいです。

またお座りの補助としても使える機能がついていれば、なおよいでしょう。

腰がすわりはじめ、一人でお座りを始めたばかりの赤ちゃんは、突然ころんと後ろに倒れることがあります。
補助として後ろにクッションがあれば、倒れても頭を打つことがなく、安心ですよ。

下記の記事では、オススメの抱き枕と寝方について紹介しています。
ぜひチェックしてみてください。


ポイント3:肌に優しい素材で洗えるものだと○

授乳クッションは肌に優しく、簡単に洗えるものを選びましょう。

妊娠中のママの肌や赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。

また、生後数ヶ月の赤ちゃんは吐き戻しといって、母乳やミルクを吐くことがよくあります。

カバーを外して洗えるものなら、清潔に保てますよ。

クッション自体を丸洗いできれば、より衛生的です。

インフルエンサーはるぴとぐらむが選ぶ授乳クッションはコレ!

はるぴとぐらむ新生児

はるぴとぐらむ
はるぴとぐらむ

サンデシカの「妊婦さんのための洗える抱き枕」です。
妊娠後期、寝苦しさが限界で購入したのですが、出産後も活躍しています!
新生児のときは授乳後にしばらく頭をあげてあげたいときに使っていました!

はるぴとぐらむ9ヶ月

はるぴとぐらむ
はるぴとぐらむ

生後9ヶ月の今は、転倒防止まくらとして使っています!
買ったときは仕方なく買った感じでしたが、使い方のバリエーションが多く長く使えていて、値段以上の価値があったなーと思っています(*^^)

サンデシカのクッションをさらに詳しく

編集部オススメの授乳クッション10選

オススメの授乳クッションを厳選して紹介します。
クッション選びの参考にしてください。

NAOMIITO ママ&ベビークッション ロングフレックス(足しわた付き)

ナオミイトウ NAOMI ITO ママ&ベビークッション ロングフレックス アメザイク 9634

金額(税抜) 7,000円(メーカー希望価格)
用途 授乳クッション、抱き枕、読書時の背もたれ、赤ちゃんのお座りの補助など

長さ149cm×幅24cm×高さ26cmと長さ、厚さともにボリュームのある授乳クッションです。
長さがあるので背の高いママでも、抱き枕として使いやすいかもしれませんね。

足し綿つきのシリーズなら、中綿の量を変えて自分に合ったボリュームに調節できます。

カバーのデザインもおしゃれで、種類もたくさんあるので、1度サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

エールべべ ギュット4wayマシュマロ

【滑らか肌触りの抱き枕】カーメイト(エールベベ) ギュット4WAY マシュマロ パステルピンク BB804

金額(税抜) オープン価格(メーカー希望価格)
用途 抱き枕、くつろぎ枕、授乳クッション、お座りの補助など

おなかにフィットしやすいスロープ形状が魅力の、妊娠中の眠りをサポートしてくれる4WAYクッションです。

腰を支えるサポートクッションも、ついています。
サポートクッションを挟むことで、背骨の曲がりを押さえて腰の負担も緩和するようです。

最大部の厚みは18cmあります。
カバー、本体ともに洗濯機で洗えるのがうれしいですね。

BOBO ママ&ベビークッション ロング

ボボ BOBO ママ&ベビークッション ロング

金額(税抜) 7,000円(メーカー希望価格)
用途 抱き枕、授乳クッション、お座りの補助、読書時の背もたれなど

およそ長さ149cm×幅24cm×高さ(厚み)26cmとボリュームのあるクッションです。

上面はパイル地、下面は洋服にも採用されることのある天竺ニット地でできており、さわり心地がいいです。

カバーは洗濯機洗え、本体は手洗いできますよ。

こだわり安眠館 ベビママ 抱き枕 3way

ベビ★ママ 抱き枕 3way 授乳クッション 腰まくら 足まくら お座りサポートクッション 日本製 森とクマ

金額(税抜) 3,500円(メーカー希望価格)
用途 抱き枕、授乳クッション、お座りの補助、肘置きなど

三日月型のカーブが体にフィットする授乳クッションです。

安心の日本製で、カバーが綿100%なのがうれしいですね。
シムスの体位も取るのにも重宝するでしょう。

両端のマジックテープを留めると、授乳クッションに変身します。
カバーは洗濯機で洗え、本体は手洗いが可能です。

HashkuDe 抱き枕授乳クッション(ロングクッション)

抱き枕《CIRCUS》ロングクッション【日本製】【ダブルガーゼ】 (サーカス:イエロー)

金額(税抜) 3,400円(メーカー希望価格)
用途 抱き枕、授乳クッション、お座りの補助

日本製でカバー綿100%の、ボリュームのあるクッションです。

両端についているポンポンを通すと、授乳クッションやお座りの補助として使えます。
綿がしっかり入っており、「分厚くへたりにくい」とレビューで高評価です。

シンプリーグッド カドリースネイリー

シンプリーグッド simply good カドリースネイリー ピンク 751002

金額(税抜) 6,400円(参考価格)
用途 抱き枕、添い寝枕、授乳枕、ベビーのお遊びクッションなど

イスラエル発のロングクッションです。
長さはなんと2m超

自在に形を変えられるので、妊娠中から授乳後まで長く使えます。

お部屋がぱっと明るくなるような、独特でおしゃれなデザインも魅力的ですね。

サンデシカ 妊婦さんのための抱き枕

サンデシカ 妊婦さんのための 洗える抱き枕 ミントドット 【日本製】4251-8888-54

金額(税抜) 3,686円(メーカー希望価格)
用途 抱き枕、授乳クッション、お座りの補助など

カバー、クッションともに丸洗いできるサンデシカの抱き枕。

ゆるやかなカーブがおなか、頭、足をサポートし、シムスの体位もとりやすいです。

へたりにくいテイジンクリスターという中綿が使われています。
レビューでも「寝やすくなった」という妊婦さんの声が多く、人気の1品です。

ECOレシピ♪抱き枕(マルチピロー)『オーガニックコットン・ダブルガーゼ』

ECOレシピ♪抱き枕(マルチピロー)『オーガニックコットン・ダブルガーゼ』【柄:ボーダー(ストライプ)】

金額(税抜) 6,463円(参考価格)
用途 抱き枕、授乳クッション、お座りの補助など

生地にこだわりたいママにオススメなのが、農薬や化学肥料を使っていないオーガニックコットンを、カバーに使用しているこの授乳クッションです。

通気性のよいWガーゼなので、1年通して快適に使えるのではないでしょうか。

1つの大きな綿が入っているのではなく、3つの節に分かれているので、好きな位置に調節できますよ。

エルゴベビー・ナチュラルカーブ・ナーシングピロー

エルゴベビー(Ergobaby) 【授乳まくら】 ナチュラルカーブ・ナーシングピロー グレー FDEG101015 【日本正規品保証付】

金額(税抜) 9,000円(参考価格)
用途 授乳クッション

抱っこひもで人気のエルゴの授乳クッションです。

快適に授乳できるよう、助産師と共同開発しています。

残念ながら抱き枕としては使えませんが、独自のカーブ形状や高密度で固めの材質など、快適に授乳できるような工夫がつめこまれていますよ。

MARNA(マーナ) なかよしおやこクッション コッコ

マーナ なかよしおやこクッション コッコ S223

金額(税抜) 4,800円(メーカー希望価格)
用途 授乳クッション、読書時の腕置き、背もたれなど

にわとりの可愛いデザインで、置きっぱなしでも気にならないと人気の授乳クッションです。

高さを卵形のクッションで調節できます。
抱き枕としては使えませんが、読書時の腕置きや背もたれとして長く使えますよ。

中綿、カバーともに丸洗いできます。

授乳クッションの正しい使い方は?

授乳クッション基本的な使い方は、以下の通りです。

  1. ソファや椅子に浅めに座るか、あぐらをかく
  2. 授乳クッションを腰に巻き、赤ちゃんを乗せる土台をつくる
  3. クッションに赤ちゃんの体重を預け、授乳する

ポイントは授乳クッションに赤ちゃんの体重を預けて腕に力を入れないことと、猫背にならないことです。

猫背など授乳時に姿勢が悪いと、腰や肩を痛める原因になります。

クッションに赤ちゃんを乗せたとき、赤ちゃんの口元がママの乳首と同じ高さになるようにするとよいでしょう。

授乳クッションは授乳以外にも活用できる!

授乳クッションは授乳だけではなく、様々な場面で役に立ちます。

主な活用法は以下の通りです。

  • 抱き枕
  • 赤ちゃんの寝かしつけ
  • 赤ちゃんのお座りの練習

2WAY・3WAYの授乳クッションも多く販売されているので、授乳以外の用途でも使ってみてください。

授乳クッションの代用品ってあるの?


妊娠中の抱き枕や授乳クッションの代用品として、ソファーのクッションを使ったという先輩ママもいるようです。

高さや長さがあり、汗や汚れがついても清潔に保てる枕やクッションが家にあれば、活用してもいいかもしれませんね。

授乳クッションは手作りもできるってホント?


授乳クッションは手作りもできます。
シンプルなものであれば、材料として布と縫い糸と綿があれば作れますよ。

そのほかに裁縫道具として、フェルトペン、断ちばさみ、ミシンまたは針を使います。

「授乳クッション 型紙」で検索すると、無料で使用できる型紙が見つかるので、好みの形を探してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

授乳クッションを使って、快適なマタニティ&育児ライフを送ろう


授乳クッションは、赤ちゃんの体重を支えママの体の負担を減らします。

授乳以外にも様々な使い道があるので、育児がより楽になりますよ。

今回紹介した授乳クッションの中に気になったものがあれば、ぜひ使ってみてくださいね。

育児アイテムを上手く活用して、素敵なマタニティ&育児ライフを送りましょう!

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...