赤ちゃんの指しゃぶりの原因は?いつまでにやめるべき?おすすめグッズ6選!

赤ちゃんが指しゃぶりをする姿は、とてもかわいいですね。

しかし指しゃぶりを、見守るべきか、やめさせるべきかを悩むママは多いようです。

そもそも指しゃぶりは、赤ちゃんの成長のために大切な行動。

赤ちゃんはにとって、指しゃぶりは楽しい遊びのひとつであり、自分の気持ちを落ち着かせているアイテムなのです。

そのため、ムリにやめさせる必要はありません。

とはいえ年齢が、上がって長く指しゃぶりをすると、歯への影響がでることもあるようです。

そこで指しゃぶりの、原因やメリット・デメリット、やめさたいときの対処法や指しゃぶり防止グッズを紹介します。

この記事を読めば、赤ちゃんの年齢に応じて、指しゃぶりにどう対処すればよいかがわかるようになりますよ。

指しゃぶりなぜするの?原因は?


指しゃぶりは、なぜ行うのでしょうか。

指しゃぶりの原因は3つあります。

  • 吸啜反射
  • ストレス
  • 歯がかゆい

この3つを詳しくみていきましょう。

原因1.吸啜反射

ひとつめの原因は、吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)です。

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)とは、口に触れたものを吸おうとする行動で、赤ちゃん独自の反射行動をいいます。

赤ちゃんに吸啜反射があるから、母乳やミルクを飲むことができるんですね。

はじめての指しゃぶりは、赤ちゃんにとってはまだ、指という認識なく、ただ触れたものに吸い付いているだけです。

何度も繰り返すうちに、赤ちゃんは指や手を認識するので成長に必要な行動といえるでしょう。

月齢が低い場合は、吸啜反射による指しゃぶりの可能性があります。

原因2.自分の身体を認識するため

ふたつめの原因は、ストレスと考えられています。

赤ちゃんは、眠いとき・おなかすいたとき・イライラしているときにストレスを感じて、自分の気持ちを落ち着かせるために指しゃぶりをします。

指しゃぶりをする理由でもっとも多いのが、眠いときです。

お腹が空いていないときの指しゃぶりは、添い乳を求めていたり、眠気が増してきたサインだと思いましょう。

また、赤ちゃんはおなかがすくと、指しゃぶりをして、授乳の準備を始めます。

授乳時間が空いている場合の指しゃぶりは、おなかが空いているサインかもしれません。

赤ちゃんはイライラしているときや、気持ちを落ち着かせるために、指しゃぶりをします。

原因3:歯がかゆい

赤ちゃんは乳歯が生えるときに、歯茎がむずむずしてかゆくなるようです。
かゆみを抑えるために、指しゃぶりをしたり、おもちゃを噛み始めます。

歯固めを与えると、指を噛まなくなるので、オススメです。

なにもないときに指しゃぶりをするのは、歯が生え始めているのかもしれませんね。

この3つの原因は、すべて赤ちゃんの成長のために必要な行動なので、温かく見守ってください。

指しゃぶりは見守ってOK?やめさせるべき?


指しゃぶりは、赤ちゃんの成長・発達に必要な行動なので、温かく見守りましょう

なぜなら、指しゃぶりを行うことによって、さまざまなメリットがあるからです。

指しゃぶりのメリット

指しゃぶりのメリットは大きく2つあります。

  • 気持ちを安定させる
  • 赤ちゃんはの遊びのひとつ

この2つをみていきましょう。

気持ちを安定させる

指しゃぶりをすることで、赤ちゃんは気持ちを安定させます。

赤ちゃんは、大人が考えられないほどの新しい刺激に毎日触れており、ちょっとしたことでも不安になるからです。

赤ちゃんは不安になると、自分の気持ちを落ち着かせるために、指しゃぶりを行います。

不安そうな顔でずっと指しゃぶりをしていたら、手をつないであげるなど、スキンシップを取るとよいですよ。

赤ちゃんの遊びと学び

指しゃぶりは、赤ちゃんにとって遊びのひとつです。

赤ちゃんは指しゃぶりをして感触を確かめ、指が濡れていることや、吸い付く力の感触を学んでいくからです。

最初は、手の指からしゃぶり始めますが、徐々に範囲を広げて足の指までしゃぶるようになります。

生後2~3ヶ月の指しゃぶりは、赤ちゃんにとって楽しい遊びのひとつで、発達にも関わる大切な行動です。

デメリットは2つ

指しゃぶりのデメリットは2つです。

  • 歯並びが悪くなる
  • 滑舌(かつぜつ)が悪くなる

この2つを詳しくみていきましょう。

歯並びが悪くなる

指しゃぶりをずっとしていると、歯並びが悪くなる可能性があります。

歯医者さんでは歯列不正といわれるもので、歯並びが正常な位置からズレるのです。

歯への影響がでる指しゃぶりは下記といわれています。

  • 指しゃぶりのやり方が悪い
  • 歯への圧力がかかりすぎている
  • 指しゃぶりを長時間している

指しゃぶりをしても、乳歯しか生えていない3歳くらいまでなら、歯並びに影響はでないといわれています。

しかし日本小児科学会によると、永久歯が生えてくる4歳くらいからは、歯並びやかみあわせに影響がでる可能性があるようです。

参照:日本小児歯科学会「おしゃぶりについての考え方」

滑舌(かつぜつ)が悪くなる

指しゃぶりを長期間続けていると滑舌(かつぜつ)が悪くなり、舌ったらずな話し方になる可能性がでてきます。

話をするときに、前歯の隙間に舌が入ってしまうため、サ行、タ行、ナ行、ラ行などを正しく発音しにくくなるのです。

指しゃぶりのクセで歯と舌の位置によって、滑舌が悪くなる可能性があるので、3歳前後からの指しゃぶりは注意しましょう。

指しゃぶりはいつからいつまで


赤ちゃんは、いつから指しゃぶりを始めるのでしょうか。

じつは、お腹のなかにいる胎児のときから指しゃぶりを始めています。

だいたい3歳くらいまでをめどに、ほとんどの子どもが指しゃぶりをしなくなるようです。

時期別の指しゃぶりをまとめました。

これらを詳しくみていきましょう。

お腹のなかにいる胎児のときから指しゃぶりをしているらしい

お腹のなかにいる胎児の指しゃぶりは、生まれてからおっぱいを上手に吸うための練習をしているといわれています。

赤ちゃんは胎児のときから、指しゃぶりをしているんですね。

赤ちゃんの指しゃぶりは生まれてすぐから

指しゃぶりは生まれてすぐ、0ヶ月や生後1週間で始めます。

これは、赤ちゃんにもともと備わっている原始反射の影響が大きいようです。

生まれてすぐから指しゃぶりを始めますが、はじめはまだ指という認識がなく、ただ触れたものに吸い付いているだけです。

そのうちに、指や手を認識し、自分の意志で指しゃぶりをし始めます。

2~3歳頃の指しゃぶり

2~3歳頃の指しゃぶりは、自分の気持ちを落ち着かせるために行っています。

  • 不安
  • 緊張
  • ストレス

主に上記のようなときに、指しゃぶりをするようです。

2~3歳頃の指しゃぶりは発達期の行動です。

子どもが自分で精神を安定させるために行っているので、ムリにやめさせる必要はありません。

3歳以降の指しゃぶり

3歳以降の指しゃぶりは、乳児からのくせがそのまま習慣化してしまっているだけです。

歯並びや発音への影響を考えると、そろそろやめさせてもよいかもしれません。

4~5歳になってもまだ、指しゃぶりをしている場合は、保護者が積極的に働きかけたり、歯医者に行って相談するなどしましょう。

突然指しゃぶりが始まることもある

今までは、まったく指しゃぶりをしていなかったのに、突然指しゃぶりをはじめるケースがあります。

  • 卒乳・断乳をした
  • 引越しなどで環境が変わった

上記のような変化があった場合は、ストレスが原因で指しゃぶりをしている可能性があります。

このような場合は、コミュニケーションやスキンシップを増やしてみましょう。

指しゃぶりをやめさせい人への対処法


指しゃぶりをやめさせるために、効果的といわれている5つの対処法を紹介します。

  • ほかのことに興味を向けさせる
  • 甘えさせる
  • 言い聞かせる
  • おしゃぶり
  • 歯医者で相談する

それでは対処法を、詳しくみていきましょう。

ほかのことに興味を向けさせる

指しゃぶりをやめさせるために、興味を別のことに向けるように誘導しましょう。

子どもは退屈で手持ち無沙汰の状態になると、指しゃぶりをしがちです。

外に遊びに連れて行ったり、新しい遊びをしましょう。

遊びに夢中になると、自然と指しゃぶりは減りますよ。

甘えさせる

スキンシップをしたり、甘えさせることも指しゃぶり対策になるのです。

子どもは寂しさや不安、ストレスを感じると指しゃぶりをします。

抱っこや、手を握る、添い寝をするなど、スキンシップを積極的に取りましょう。

パパやママとのスキンシップを増やすことで、子どもが安心感を得られるので、指しゃぶりが治ることもあります。

歯が変形することを伝えて言い聞かせる

指しゃぶりが習慣化してしまっているときは、一度パパやママから、歯が変形することを話し、言い聞かせるのも効果的です。

3歳以降の指しゃぶりは、乳児からのくせが習慣化していることが多く、子どもはなぜ指しゃぶりがダメなのかを理解していません。

なぜ指しゃぶりがダメなのかを、子どもにわかりやすく説明しましょう。

先輩ママ

ずっと指しゃぶりをしていると歯がでちゃって、かっこわるくなっちゃうよ

先輩ママ

歯がガタガタになってご飯を食べにくくなるよ

先輩ママ

指には、ばい菌がたくさんついているから汚いよ

注意しておきたいのは、本人がショックを受ける言い方をしないことです。

子どもがショックを受けると、パパやママに隠れて指しゃぶりをしてしまうことがあるので、気を付けましょう。

おしゃぶりは公共の場でどうしようもないときだけ使うとOK

おしゃぶりは、必殺アイテムとして常備しておくと安心です。

おしゃぶりは賛否あり、使うべきかをか迷ったり悩むママさんも多いのではないでしょうか?

そこでおしゃぶりのメリットとデメリットを、簡単に紹介します。

おしゃぶりのメリット

  • 入眠がスムーズ
  • 泣き止む

おしゃぶりのデメリット

  • 依存しがち
  • 長期間の使用は歯に影響も

参照:日本小児歯科学会「おしゃぶりについての考え方」

おしゃぶりは、きちんとデメリットを把握したうえで、公共の場など、どうしようもないときだけの必殺アイテムとして使いましょう。

歯医者で相談する

4歳を過ぎても指しゃぶりをしていたら、歯医者さんに相談しましょう。

4歳以降の指しゃぶりは、歯並びに影響が出てきます。

パパやママからより、第三者である医師から指しゃぶりをやめるように言ってもらうと、子どもが素直に守る場合があるようです。

「先生と○○君/ちゃんだけの秘密だよ」のように医師から言ってもらうと、より効果があるようですよ!

指しゃぶりをやめさせたいときは、歯医者さんに相談してみましょう。

指しゃぶり防止に効果があるオススメグッズ6選!


指しゃぶりをやめさせたいのに「何回言ってもやめてくれない…気付いたらちゅぱちゅぱ指しゃぶりをしているのよね」と悩むママは、あなただけではありません。

そこで、「指しゃぶり防止に効果がある」と先輩ママの口コミで人気のグッズを紹介します。

指しゃぶり防止オオスメグッズは、この6つです。

  • 第1位:バイターストップ
  • 第2位:おしゃぶりガード
  • 第3位:BYE BYE スキンクリーム
  • 第4位:ゆびたこ(絵本)
  • 第5位:テーピングや絆創膏
  • 第6位:ドクターサム(シリコン製の矯正器具)

今回はインターネットで人気のある、この6つの商品をランキング順でご紹介します。

バイターストップ

サイズ・内容量 10ml
対象年齢 4歳~
原産国・製造国 スイス

マニキュアのトップコートのようなアイテムです。
バイターストップを爪に塗った後に、指をしゃぶると独特の強い苦みを感じます。

ギネスブックに掲載されるほど苦いので、子どもが嫌がり、指を舐めなくなるようです。

なかには、苦すぎて吐いてしまう子もいるので、塗りすぎには十分注意してください。

とはいえ、厚生労働省の認可も得ており、舐めても体に害はありません。
安心して、使用できます。

2~3日くらいで苦みは弱まるそうなので、効果を持続させたい場合は2日に1回を目安に塗るとよいでしょう。

「今すぐ辞めさせたい!」と切羽詰まっているママにはおすすめです。

おしゃぶりガード

対象年齢 2~5歳
原産国・製造国 日本

親指を隠す手袋で、簡単に装着できます。

直接口に入る薬品は、できれば使いたくない…!というママさんにオススメの商品です。

布製で、汚れても簡単に洗えるので、衛生的に使えます。
万が一口に含んでしまっても、布製でやわらかいので問題ありません。

また指しゃぶりでできた吸いだこや、指にキズができるのを防ぎます。

親指を隠す手袋なので、安全面重視のママさんにオススメの商品です。

BYE BYE スキンクリーム

サイズ・内容量 83×22×150mm・10g
原産国・製造国 日本

苦み成分を配合したクリームタイプの商品です。

バイターストップに比べると苦みは少ないですが、子どもは嫌がり、指しゃぶり防止に役立ちます。

BYE BYE スキンクリームは、保湿できるため指しゃぶりで荒れがちな指や手のアフターケアとしても使えるそうです。
また乳離れを、はじめたばかりのママのバストケアにも使えるみたいなので有能なクリームですね!

99%以上食品原料を使用し、無香料、無着色、無鉱物油!安心して使用することができます。

指しゃぶりで荒れてしまった指や手をケアしつつ、指しゃぶりをやめさせたい…!と考えているママさんにオススメの商品です。

ゆびたこ(絵本)

ゆびたこ (ポプラ社の絵本)

ゆびたこ (ポプラ社の絵本)

くせさなえ
1,404円(05/26 03:26時点)
発売日: 2013/01/12
Amazonの情報を掲載しています
サイズ・内容量 32ページ
対象年齢 3~5歳
原産国・製造国 日本

ゆびたこは「内容が怖いので、指しゃぶりをしなくなった!」とママたちの間で話題の絵本です。

話の内容があまり理解できないくらい小さなお子さんや、指たこがまだできていない子には、あまり効果がないかもしれません。

試しに読み聞かせてもいいですね。

テーピングや絆創膏

テーピングや絆創膏は、指しゃぶり防止グッズの中で、もっとも手軽に始められるアイテムです。

費用もそれほどかかりません。

絆創膏を口に入れたときの感覚が不快なため指しゃぶりをやめるようです。
また、子どもにとって好きなキャラクターの絆創膏だと、口に入れないでしゃぶりをやめることもあるようですね。

テーピングや絆創膏を使うときのポイントは、お子さんの好きなキャラクターを貼ることです。
ママがお子さんの好きなキャラクターを、テーピングや絆創膏に描くのもいいでしょう。

デメリットは、自分で取ってしまったり、テーピングや絆創膏の上からでも指しゃぶりをしてしまうケースが多いことです。

費用も安くお手軽にスタートできるので、とりあえず試してみたい方にオススメです!

ドクターサム(シリコン製の矯正器具)

Sサイズ Sサイズ 12~36ヶ月
  • 親指部分の最狭部:円周3.8cm
  • 親指部分の最広部:円周5.7cm
  • 親指部分の長さ:3cm
Lサイズ 3~7歳
  • 親指部分の最狭部:円周4.7cm
  • 親指部分の最広部:円周6.3cm
  • 親指部分の長さ:3.5cm
  • 手首用バンドの長さ:最長20cm (調節可能)

ドクターサム 親指しゃぶり矯正器は、人間工学にのっとったデザインで、親指をしゃぶるくせを自然に治せるアイテムです。

装着すると指をしゃぶる感覚を味わえないので、自然と興味がなくなり、指しゃぶりをしなくなります。

デメリットは、ほかの防止グッズと比べると、値段が高いところです。

少し値段は高いですが、試してみたいという方にこの商品をおススメします。

防止グッズ比較表

防止グッズを、わかりやすく表にまとめました。

1位 2位 3位 3位 3位 4位
商品名 バイターストップ おしゃぶりガード BYE BYE スキンクリーム ゆびたこ(絵本) テーピングや絆創膏 ドクターサム(シリコン製の矯正器具)
画像 マヴァラ バイターストップ/10ml 指しゃぶり防止てぶくろ おしゃぶりガード ハローキティ柄 チュチュベビー 手・からだ用クリーム BYE BYE スキンクリーム 10g ゆびたこ (ポプラ社の絵本) ニチバン ケアリーヴ キャラクター ハローキティ ジュニアサイズ 16枚入 ドクターサムシリコーン親指しゃぶり矯正器科学的な原理で効率的に矯正 S, L サイズ【並行輸入品】 (L サイズ)
参考金額 1,350円~ 1,620円~ 1,117円~ 1,404円~ 300円~ 2,900円~
特徴 ギネスブックに載るほどの苦み 安全
衛生的
防止はもちろん、保湿効果もある ネットで話題内容が怖い お手軽
安い
おしゃぶり強制器具

使い勝手や特徴を比べて、お子さんに合った防止アイテムをゲットしましょう!

指しゃぶりは焦らずに温かく見守ろう!


赤ちゃんの指しゃぶりは、成長・発達に必要な行動です。

3歳頃までは、ムリにやめさせる必要はありません。
あまり神経質にならないで、温かく見守りましょう。

永久歯が生えてくる4歳くらいからは、歯並びやかみあわせに影響がでてしまう可能性がでてきます。

そのため3歳を過ぎたら、徐々に言い聞かせはじめ、歯医者さんでも相談するとよいでしょう。

指しゃぶり防止グッズの購入もよい方法です。

3歳頃までは見守り、少しずつ指しゃぶりを卒業できるように、ご家庭にあった方法をいろいろ試してみてくださいね。

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...