卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?

子どもがおっぱいを卒業することを「卒乳」といいます。
卒乳は、子どもの成長として嬉しい反面、寂しさも感じて複雑な気持ちになるママは多いようです。

卒乳の時期は、いつごろがベストなのでしょうか。

「早めに卒乳したほうがいいの?」
「卒乳って簡単にできなさそうだけど、どうやればいい?」

と悩むママは多いようです。

卒乳は、いつまでにしなければならないという決まりはありません

ここでは、完全母乳・ミルク育児の方が、卒乳する目安や方法について説明します。

卒乳の時期っていつごろなの?

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
卒乳をする一般的な時期は、1~2歳の間にする子どもが多いようです。

子どもが1歳をすぎると、栄養のほとんどを離乳食からとります。

1歳を過ぎてからのおっぱいは、ママとのスキンシップや精神的な支えという意味が大きいでしょう。

卒乳のタイミングは、個人差が大きく影響します。
周りの子が卒乳してるからといって、ムリに卒乳しなくてよいでしょう。

子どもとママが納得できるタイミングで、卒乳を行ってくださいね。

卒乳と断乳の違い

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
ここでは、卒乳と断乳の違いを説明します。

「卒乳」は子どもが自然におっぱいから離れること

卒乳とは、子どもが自分から母乳やミルクを欲しがらず、自然に飲むのをやめることです。

子どもが自分から自然と欲しがらなくなる場合と、ママが計画的に、母乳やミルクを少しずつ遠ざけてやめる方法があります。

「断乳」はママの意思でやめる方法

断乳は、ママの意思で母乳やミルクをやめることです。

断乳の日を決めたら、子どもが泣いたとしても授乳をしません。

子どもがおっぱいを欲しがって泣くのを見ると、ママは「かわいそうなことをしているのでは」と、ついつい母乳やミルクをあげたくなるでしょう。

断乳は、精神力がかなり必要かもしれません。

そのため、自然な卒乳を目指す方が多いようです。

思い切って断乳もOK

「自然に卒乳ができそうにない」と悩む方は、思い切って断乳してもいいでしょう。

子どもが3食しっかり離乳食から栄養が取れていれば、母乳をやめても心配ありません。

ママの体調がよくないのをきっかけに、やむを得ず断乳するケースもあります。

「母乳量が少なく、授乳がつらい」
「卒乳してほしいけど、いつになるかわからない」

と悩んでいる方は、断乳を考えてはどうでしょうか。

卒乳や断乳は、子どもだけではなく、ママの体調もよく考えて行いましょう。

完全母乳の人がスムーズな卒乳をする6つのコツ

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
完全母乳の方が、スムーズに卒乳するためのコツを6つ紹介します。

1:卒乳のタイミングはいつがいい?

子どもが卒乳する目安として、3つのポイントがあります。

  • 1日3食離乳食を食べ、母乳以外から栄養をとっている
  • 母乳以外の水分補給ができる
  • 1人でマグやコップを使って飲み物を飲める

上記3点を子どもができれば、いつ卒乳しても問題ありません

子どもの栄養と水分が、母乳中心ではないか確認しましょう。

子どもの体調がよいときに行う

卒乳は、子どもの体調がよいときに行いましょう。

体調がよくないときは、3食しっかり離乳食から栄養がとれているとは限りません。

子どもにとっては、おっぱいが心の支えになっているケースが多いようです。

また体調が悪いときにおっぱいから離れることは、子どもが精神的に不安を感じるかもかしれません。

子どもが元気なときに、卒乳を行うのがよいですね。

2:子どもに卒乳することを伝えよう

卒乳することを、子どもへ事前に伝えておくことが大切です。

「○日になったらおっぱいバイバイね」
などと、事前に言葉にだして卒乳を伝え、子どもに心の準備をさせます。

事前に卒乳を伝えておくことで、子どもはおっぱいから離れるのを納得しやすくなるようです。

カレンダーなどに予定を書き、日にちをチェックしながら「あと〇日だよ」と伝えるのもいいですね。

3:1回の授乳時間を短くする

卒乳を決めたら、まずは、1回の授乳時間を短くしましょう。

授乳にかかる時間が15分なら10分に、10分なら5分と少しずつ短くしていきます。

1日に子どもがおっぱいと触れる時間が減るので、おっぱいから離れやすくなるでしょう。

また、少しずつ授乳時間を短くすることで、母乳の分泌量を抑えられます

母乳がつくられる量が減ると、出る量が少なくなるので、結果的に卒乳が近づくでしょう。

4:1日の授乳回数を減らす

授乳時間が短いことに慣れたら、1日の授乳回数を減らします

授乳回数が1日に、3回なら2回、2回なら1回夜寝る前だけにしましょう。

夜中に授乳がある場合は、「まず夜中の授乳をやめる」という先輩ママの意見もあります。

夜泣きをしたときは、抱っこをしたり、フォローアップミルクやほかのあたたかい飲み物をあげてみましょう。

夜中の授乳をやめると、子どもが夜にまとめて寝る時間が増え、ママの負担も大きく減らせますね。

いっぽうで、夜に母乳を飲まない分、お腹を空かせて朝早く起きることがあるようです。

授乳していた分おやつや食べ物をあげたり、抱きしめるなどほかのスキンシップをすると、おっぱいに気が向きにくいでしょう。

1日の授乳回数を減らすと、さらに母乳の分泌量が減ります

5:授乳する日数を減らす

1日の授乳時間と回数が減り、1週間ほどたったら、1週間に授乳する日を減らしましょう

1週間に3日、月・水・金のみや、2日おきなどにします。

あげないと決めた日は、母乳を絶対にあげません。

おっぱいに触れない日が増えると、子どもは必要性を感じなくなってくるようです。
参照:主婦の友社「はじめてのママ&パパの育児」

6:日中はお出かけをしよう

子どもの気持ちがおっぱいに向かないよう、日中は家族で外にお出かけしましょう。

公園などにお出かけし、遊びなど夢中になるものがあると、子どもはおっぱいを忘れられます。

休日であれば、パパにたくさん遊んでもらうのもいいですね。

卒乳のメリットとデメリット

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
そもそも卒乳は、したほうがよいのでしょうか。

卒乳のメリット・デメリットをみていきましょう。

卒乳にどんなメリットがある?

卒乳のメリットは、下記の3点があります。

  • 保育園に預けやすい(仕事復帰しやすい)
  • ママの負担が減る
  • 乳腺炎のリスクが減る
  • 薬やお酒が飲める

仕事復帰を考えているママは、子どもが卒乳してから、職場へ戻ることにする人が多いようです。

卒乳をしていれば、子どもを保育園に預けても、母乳やミルクをあげる心配がありません。

また、乳腺炎は乳首の傷口から菌が入ったり、母乳が乳腺にたまって炎症をおこすことでなります。

授乳をやめると、乳腺炎の原因である母乳の詰まりや細菌感染のリスクが減るでしょう。

卒乳したあとにたまった母乳は搾乳して、おっぱいから出してください。

卒乳していれば、ママの体調がよくないときに、母乳を気にせず薬が飲めます

卒乳のデメリットはなに?

卒乳のデメリットは下記のことが考えられるでしょう。

  • 寝かしつけが大変な場合がある

卒乳をしたあと、夜に子どもを寝かしつけることが大変になるケースがあります。

授乳で子どもを寝かしつけしていた場合、おっぱいがなくなることで、子どもは寂しく感じるかもしれません

卒乳後の寝かしつけはどうしたらいいの?

卒乳したあとも、寝かしつけをスムーズするには、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、卒乳の少し前から子どもの生活リズムをしっかり整えるのが大切です。

食事やお風呂、寝る時間は、なるべく決まった時間におこないましょう。

寝付きをよくするために、お昼寝の時間が長くなりすぎないように気を付けてください。

外でたくさん遊ぶのも、疲れて眠りやすくなるのでオススメです。

また、おっぱいにかわる、寝る前の習慣を作りましょう。

抱きしめる、絵本を読むなど寝る前の習慣をつくると、子どもは「これをしたら寝る」という準備になり、スムーズに寝やすくなるようです。

親子のスキンシップ時間をとり、いつでも安心させることが大切です。

卒乳の後はおっぱいのケアをしよう

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
卒乳したら、ママはおっぱいのケアが大切です。

授乳のタイミングが少なかったとしても、やめるとおっぱいには母乳がたまります。

たまった母乳が原因で、乳腺がつまったりすると、乳首トラブルにつながる可能性を否定できません。

軽く絞って、母乳が乳腺にたまりすぎないように調整するなど、おっぱいのケアをしておけば、トラブルが減るので、次の妊娠をしても授乳がスムーズになるでしょう。

参照:主婦の友社「はじめてのママ&パパの育児」

おっぱいが張ったら搾乳すると◎

卒乳した後に、おっぱいが張る場合は、搾乳をしましょう

卒乳をすると、授乳回数が少なかった場合でもおっぱいが張るママがいます。

おっぱいが張って痛く、我慢できないときは、搾乳をして痛みをやわらげてください。

しかし、搾乳しすぎると母乳の分泌が多くなります。

毎日ではなく3日に1回、1週間に1回など、徐々に搾乳の回数を減らして母乳の分泌を減らしましょう。

痛みがあるときは、保冷剤などでおっぱいを冷やすのも効果的です。

下記の記事では、詳しい搾乳のやり方を紹介しているので、参考にしてみてください。

母乳外来へ行くと安心

おっぱいのケアは、自分が出産した病院やお近くの産婦人科にある母乳外来で相談すると安心です。

母乳外来はおっぱいトラブルやケアについて、助産師や医師がマッサージや食事指導などを行い解決していきます。

医師がおっぱいのマッサージを行うと、自分では出しきれなかった母乳がでることがあります。

母乳外来に必ず行くべき、というわけではありません。

家でもおっぱいのケアはできます。

しかし、自己流のケアに不安や悩みがある方は、母乳外来に行くとよいでしょう。

完全ミルク育児の卒乳はいつしたらいい?

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
粉ミルクで育児をしている場合は、1歳をすぎると卒乳をする子どもが多いようです。

離乳食をしっかり3食食べていると、自然とミルクから離れる子もいます。

卒乳を決めたら、少しずつ粉ミルクの量を減らしていきましょう。

基本的には、母乳育児の卒乳と同じように卒乳のステップを踏んでいきます。

まずは、ミルクの量と飲む回数を減らしてください。

ミルクのかわりに、フォローアップミルクやお茶・牛乳などに置き換えてみましょう。

下記で粉ミルクの卒乳ステップを紹介しているので、チェックしてくださいね。

焦らずタイミングのよい卒乳をしよう

卒乳はいつ?断乳とは違う?自然な方法、みんなの卒乳時期は?
卒乳は、ママと子どもが納得できるように行いましょう。

周りに合わせて、ムリに卒乳することはありません。

子どもやママ自身の体調も考えて、卒乳を計画してくださいね。
卒乳後のおっぱいのケアは、忘れずに行いましょう。

卒乳するにあたって、子どもの生活リズムをしっかり整えるのが大切です。

また、卒乳をしても「ママの愛情は変わらない」と感じられるくらい、言葉やスキンシップで愛情を伝えると、子どもも安心します。

ママも子どもも、安心して卒乳できるとよいですね。