ベビーマッサージに効果はある?いつからOK?やり方や注意点まとめ

ベビーマッサージは、赤ちゃんとのスキンシップのひとつとして、人気があります。
ベビーマッサージは、赤ちゃんやママにとってメリットが多いので、「試してみたい!」というママも多いでしょう。

新生児を対象とした、ベビーマッサージ教室も増えていますが、自宅でも簡単におこなえます。

ここではベビーマッサージの効果や、マッサージの方法、注意点などを紹介しましょう。

「ベビーマッサージをしたいけど、やり方がわからない!」というママは、参考にしてくださいね。

ベビーマッサージにはどんな効果があるの?


ベビーマッサージとはその名のとおり、赤ちゃんに対しておこなうマッサージのことです。

やさしく赤ちゃんと触れ合い、スキンシップをとることで、赤ちゃんにとってもママにとっても、よい影響が期待できます。

ベビーマッサージにどのような効果があるのか、紹介しましょう。

赤ちゃんが心身ともに健康になる

赤ちゃんの肌にふれることで、赤ちゃんは心身ともに満たされ、成長を促したり、健康を維持できます。

  • おなかを刺激することで、便秘や下痢が解消できる
  • マッサージの適度な圧が、筋肉の発達をたすける
  • マッサージのリラックス効果によって、ストレスホルモンが抑えられ免疫機能がUPする
  • マッサージでリラックスできれば、赤ちゃんがよく眠るようになり、夜泣き対策にも効果的
  • 十分なスキンシップによって、ママの愛情を確認でき、赤ちゃんの情緒が安定する

このように、ママとたくさん触れ合えるベビーマッサージは、赤ちゃんの発育にとても大きな影響をあたえます。

ママのストレスも解消できる

赤ちゃんとスキンシップをとることで、赤ちゃんだけでなくママにとっても、うれしい効果があるようです。

赤ちゃんに触れることで、ママの母性はより活発になり、オキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。

オキシトシンには、気持ちをリラックスさせる効果があるので、産後疲れや日頃のストレスを癒せるでしょう。

参照:西条中央病院「タッチケアのすすめ」

ベビーマッサージはいつからOK?


ベビーマッサージは、いつからならしてもいいという決まりはありません。

ただ、生後まもない赤ちゃんは皮膚がとても薄く、肌も敏感です。
1ヶ月検診で成長に問題なければ、そのころから始めるといいでしょう。

ベビーマッサージは病院での体験会や、教室などいろいろな場所でおこなわれていますが、多くの場合、生後2~3ヶ月以上の赤ちゃんを対象としているようです。

マッサージは大人になっても、リラクゼーションとして人気があるように、いつまでという決まりもありません。
2歳や3歳になっても、たくさんスキンシップをとりましょう。

ベビーマッサージの方法

ではベビーマッサージの方法を説明します。

実際にマッサージをするときは、マッサージの基本の流れを頭にいれておきましょう。
赤ちゃんとのコミュニケーションが一番の目的なので、携帯やテレビを見ながらのマッサージは控えてください。

赤ちゃんに声かけをしながら、静かな落ち着いた時間を過ごしましょう。

準備するもの

  1. マッサージオイル(100%植物性)
  2. タオル(コットン生地がオススメ)
  3. 着替え・オムツ
  4. おしり拭き(マッサージ中におしっこをする可能性があります)

ステップ1:前準備をする

マッサージは赤ちゃんを裸にしておこないます。
そのため部屋の温度は25度くらいに設定し、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

またリラックスできるよう、テレビや携帯などは遠ざけておきます。
クラシックやオルゴールなど、小さな音で音楽をかけると、よりリラックス効果が得られるでしょう。

ステップ2:オイルを手につける

赤ちゃんをタオルの上に、裸で寝かせます。

オイルをたっぷりと手にとり、オイルを人肌の温度に温めましょう。
オイルがすくないと、赤ちゃんの肌が引っ張られたり、摩擦がおきて刺激となります。

オイルが多すぎることはないので、少ないと感じたら、足しましょう。

ステップ3:足のマッサージ

体の中心から、遠い部位からマッサージを始めると赤ちゃんも安心できるでしょう。
まずは足のマッサージからおこないます。

左足から始めると心臓に負担がかかりません。

  1. 片手で赤ちゃんの足首をおさえながら、もう片手でオイルを片足ずつ、やさしく伸ばす
  2. 足の付け根から足の先まで、内側から外側にくるくると撫でる
  3. 反対の足も同じようにおこなう
  4. 手のひらに赤ちゃんのかかとを乗せ、もう片手の指で、赤ちゃんの足の指の間をすべらせる
  5. 親指の腹で、足の裏をやさしくなでる
  6. 足首をやさしくまわし、両手で足首をはさんで、足全体をやさしくゆらす

ステップ4:股関節のマッサージ

足のマッサージができたら、股関節のマッサージにうつります。

  1. 手で赤ちゃんの足首を支えながら、膝を曲げ、おへそに近つけるようにゆっくり屈伸する
  2. 両手で赤ちゃんの両足首を持ち上げ、左右にやさしくゆらす

赤ちゃんはM字開脚が自然な姿勢なので、ムリに足を伸ばそうとする必要はありません。

ステップ5:おなかのマッサージ

おなかのマッサージは、力を入れずに、ソフトタッチでおこなうことを心がけましょう。
力をいれると、赤ちゃんの気分が悪くなったり、吐いたりする可能性があるので、注意してください。

  1. 赤ちゃんの両脇腹に、ママの手を片手ずつやさしくおく
  2. 外側からおへそに向かって、交互に撫でる
  3. おへそのまわりを時計回りにやさしく撫でる
  4. 最後におなかを温めるように手をあてる

おなかのマッサージをおこなうことで、腸の動きが活発になります。
赤ちゃんがおしっこをすることもありますが、汚れをふいて、そのまま続けて問題ありません。

ステップ6:胸や腕のマッサージ

  1. 赤ちゃんの胸に両手をあてて、温める
  2. 乳房のまわりを、円を描くように撫でる
  3. 肩まで撫で上げ、肩を温める
  4. そのまま腕の付け根から手首に向かって撫でる
  5. 赤ちゃんの手のひらをやさしく揉む

手のひらは、意外と汚れていることが多いので、この機にチェックしてあげましょう。
赤ちゃんが手をギュッと握っているときは、ムリに開く必要はありません。

また適切なオイルを使用していれば、赤ちゃんが多少舐めても心配ありません。
気になる場合は、直後に手のひらを拭いてあげましょう。

ステップ7:背中、おしりのマッサージ

赤ちゃんが嫌がらないようであれば、うつぶせにして、背中のマッサージをおこないます。
うつぶせが苦手な赤ちゃんは、ムリにおこなう必要はありませんよ。

  1. 赤ちゃんの肩甲骨あたりに手を置き、あたためる
  2. おしりに向かって交互に撫でる
  3. おしりを中心に円を描くように、撫でる

マッサージを終わるときは、「終わったよ」、「気持ちよかったね」などと声をかけてあげましょう。
きっと赤ちゃんもリラックスできて、ゴキゲンのはずです。

オイルが気になるようであれば、軽くタオルで拭いて服を着せます。
お風呂やシャワーでオイルを洗い流す必要はありません。

ベビーマッサージに適したオイルとは?


ベビーマッサージに使うオイルは、赤ちゃんにとって安全であることが第一条件でしょう。

植物性のオイルが、赤ちゃんの肌にはオススメです。

また化粧用オイルとして販売されているオイルを選びましょう。
雑貨品や食用のオイルは精製されていないので、繊細な赤ちゃんの肌に使うと刺激となり、肌トラブルの原因になることがあります。

またママの好みにもよりますが、サラッとしたタイプのオイルなら、マッサージ後のオイルのふき取りも簡単です。

赤ちゃんに使うものなので、しっかりと成分表示なども確認して、安全な製品を選びましょう。

使う前にパッチテストをしよう

はじめてのオイルを使用するときは、赤ちゃんの肌にあうかどうかパッチテストをおこなうと安心です。

赤ちゃんの太ももや二の腕の内側に、オイルを少量塗り、15~20分程度様子をみましょう。
赤くかぶれるなどの異常がなければ、問題ありません。

参照:日本インファントマッサージ協会「Q&A」

ベビーマッサージの注意点は?


マッサージをおこなうときの注意点や、よくある疑問について解説します。

マッサージをするときの注意事項

マッサージをおこなうときに、注意したいポイントを紹介しましょう。

必ず清潔な手でマッサージをおこなう

マッサージは赤ちゃんの素肌に直接触れるので、赤ちゃんの繊細な肌を傷つけないよう注意が必要です。

指輪などの装飾品ははずし、マッサージ前には手を石鹸でしっかりと洗い、清潔な状態で始めましょう。

赤ちゃんの空腹や満腹時は避ける

マッサージをおこなうときは、おなかがすきすぎていても満腹でもよくありません。
うつぶせにしたり、おなかを刺激するので、体調が悪くなる可能性があるためです。

マッサージは、授乳後や食事後1~2時間経ってから、おこなうといいでしょう。

マッサージの後はしっかりと水分補給をする

マッサージをおこなうと、血行がよくなり、新陳代謝も活発になります。

マッサージが終わった後は、水分補給をおこないましょう。

ストレッチや揉んだりする必要はない

過去にベビーマッサージ教室で死亡事故があったことは、記憶に新しいかもしれません。
ストレッチや、首・肩を揉むような行為による窒息が原因だと、推測されています。

ベビーマッサージでは、ストレッチや体を揉むような行為は不要です。
あくまで赤ちゃんとのスキンシップのひとつです。

赤ちゃんの肌にやさしく触れるだけで、赤ちゃんは十分にマッサージの効果を得られますよ。

予防接種の前後はマッサージしていいの?

予防接種前は、赤ちゃんが疲れすぎない程度のマッサージであれば、問題ありません。

マッサージも赤ちゃんにとっては、全身運動なので、予防接種前は、赤ちゃんの体調に注意しながらおこないましょう。

いっぽうで予防接種後は、24~48時間はマッサージを控えたほうがいいようです。

予防接種後は、赤ちゃんの体内でも変化が起きやすく、肌もより敏感になっています。
また注射した部分は、すこし腫れた状態になっているので、刺激しないほうがいいでしょう。

また風邪をひいていたり、熱があるときのマッサージは控えてくださいね。

はじめてのマッサージは教室にいくとベター!

当然ですが、ベビーマッサージは赤ちゃんの健康や体調が最優先です。

うつぶせが苦手な赤ちゃんは、ムリにおこなう必要はありません。

はじめてのマッサージはベビーマッサージ教室などで、体験して、おおまかな流れをつかむといいでしょう。

なかには資格がとれる教室もあるので、興味があるママは探してみるといいかもしれません。

ベビーマッサージで赤ちゃんとの絆を強めよう!


ベビーマッサージは、慣れるととても簡単で、赤ちゃんもママも、至福の時間を過ごせます。

ママの愛情をたくさん感じられて、赤ちゃんは心身ともに健やかに成長するでしょう。

ママも、日ごろのストレスを忘れて、赤ちゃんとの時間を思いきり楽しめるといいですね。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...