ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

ウォーターサーバーの電気代って、どれくらいするのでしょうか。

水の料金の他にも、サーバーレンタル代や定期的なメンテナンス費用、水の送料などなにかと維持費がかかりますよね。

そのなかでも、ウォーターサーバーを使い続ける間必ずかかるコストが「電気代」です。

毎月のことだからこそ、きちんと知っておきたいと思う方は多いようですね。

今回はウォーターサーバーの電気代についてはもちろん、維持費など総合的にかかる費用を紹介します。

電気代の節約方法もまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウォーターサーバーの電気代、オトク順10選

ここでは各メーカーのウォーターサーバーを1ヶ月使ったときに、電気代を含めた総合的な金額がオトクだった会社を紹介します。

ウォーターサーバーを選ぶときの参考にしてくださいね。

1:コスモウォーター

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 465円
(エコモード1日2回使用)
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:24L) 3,800円(6L×4本)
(1Lあたり約158円)
1ヶ月の総額 約4,265円

※水の送料無料(北海道のみ200円)
※サポート料無料

電気代だけだと格別安いわけではありませんが、1ヶ月の総額に注目すると、とても安いのがわかります。

外出時や深夜のようにウォーターサーバーを使用しないときは、エコモード機能を使うことで電気代の節約ができます。

2:フレシャス

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 330~950円
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:28.8L) 4,322円(7.2L×4本)
(1Lあたり約162円)
1ヶ月の総額 約4,652円

※水の送料無料
※サポート料無料

卓上タイプから床置きタイプまで、幅広い種類のウォーターサーバーがあるフレシャス。

選ぶサーバーによって消費電力が異なりますが、省エネモードが搭載されているので、電気代を比較的抑えることができます。

省エネモード機能を使うことで、月にかかる電気代を最大70%削減します。

3:うるのん

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!うるのん公式サイトはこちら

電気代 390~1,500円
サーバーレンタル代 0~1,060円
水(4本分:48L) 5,540円(12L×4本)~
(1Lあたり約108円)
1ヶ月の総額 約5,930円~

※水の送料無料(北海道・沖縄、離島は、324円/2本)
※サポート料無料

選ぶサーバーによって、エコモードを搭載しているサーバーとされていないサーバーがあり、電気代の差は月で約510円です。

電気代を抑えたい人は、あらかじめエコモードがついているサーバーを選びましょう。

電気代がかかってしまっても、水代が業界トップクラスで安いので魅力的です。

公式サイトを見る

4:南アルプス天然水サーバー

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 700~1,000円
サーバーレンタル代 0円
水(4箱分:31.2L) 4,600円(7.8L×4本)~
(1Lあたり約147円)
1ヶ月の総額 約5,300円~

※水の送料無料
※サポート料無料

電気代は平均的よりは、若干高めといえるでしょう。

とはいえ、他社のウォーターサーバーと、温度設定で特徴があります。

よくある温度設定はお湯と冷水の2段階ですが、南アルプス天然水サーバーは、4段階の温度設定ができます。

粉ミルクを作るときに、粉ミルクが溶けて、赤ちゃんが飲みやすい温度で使えるのは、冷ます手間が省けるのね、ママにとって魅力的です。

また南アルプスの天然水という「水そのもの」の人気が高いので、こだわりたい人にオススメです。

5:アルピナウォーター

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 1,000円
サーバーレンタル代 572~872円
水(4箱分:48L) 4,200円(12L×4本)~
(1Lあたり約94.5円)
1ヶ月の総額 約5,772円~

※水の送料無料
※サポート料無料

金額だけ見ると、電気代は他社上位のウォーターサーバーに比べ、高めです。
また選ぶサーバーの種類によっては、サーバーレンタル代もかかるので、選ぶときはレンタル金額も確認するとよいでしょう。

とはいえ、サーバーレンタル代が高いものはECOモードを使用でき、最大で42%の省エネができます。

6:クリクラ

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 524~1,283円
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:48L) 5,000円(12L×4本)~
(1Lあたり約112円)
1ヶ月の総額 約5,941円~

※水の送料無料
※あんしんサポートパック:417円(必須)/月

選ぶサーバーによって、電気代の幅が広いので契約するときはよく考えて選びましょう。

メンテナンス費用や、故障時の無償対応などが含まれた、「あんしんサポートパック」が毎月必ず417円かかります。

サポート料がほかの会社に比べて安めなので、それほど気にすることはなさそうです。

7:アクアクララ

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 350円~
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:48L) 4,800円(12L×4本)
(1Lあたり約108円)
1ヶ月の総額 約5,150円~

※水の送料無料(一部地域除く)
※安心サポート料(必須):1,000~1,500円/月

電気代と水代は、今回紹介する10選のなかでも、トップクラスの安さです。

しかし、安心サポート料があるため、1ヶ月の総額が比較的高くなります。

安心サポートには、メンテナンス費用やサーバーの配達・設置などが含まれています。

必要かどうかをよく判断して選ぶことが大切です。

8:マーキュロップ

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 約500~800円
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:48L) 7,040円(12L×4本)~
(1Lあたり約146円)
1ヶ月の総額 約7,540円~

※水の送料無料
※安心サポート:462~648円/月

電気代は10選のなかでは、平均的な金額でしょう。

安心サポート料が選んだサーバーごとで異なるので、自分が欲しいサーバーのサポート料を試算して選ぶことをオススメします。

9:ネイフィールウォーター

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

電気代 約500~700円
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:48L) 7,800円(12L×4本)~
(1Lあたり約162円)
1ヶ月の総額 約8,300円~

※水の送料無料
電気代は安くもなく、高くもなく、いたって普通の金額といえるでしょう。

水代は、他社と比較すると、若干高めです。

ウォーターサーバーを使用しない時間帯は、エコモードに設定することで、電気代を最大約60%削減します。

10:プレミアムウォーター

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!プレミアムウォーター公式サイトはこちら

電気代 約620~770円
サーバーレンタル代 0円
水(4本分:48L) 7,840円~(1960円×4本)
(1Lあたり約362円)
1ヶ月の総額 約8,460円~

※水の送料無料(一部地域除く)
※サポート料無料

電気代だけでみると安いメーカーに比べ、2倍ほどかかります。

プレミアムウォーターは、水にこだわっており、採水地を3ヶ所日本国内から厳選し、自分が選んだ天然水が届きます。

天然水だからこそ、品質管理を徹底しているので、安心です。

デザイナーを起用したおしゃれなデザインのサーバーも選べるため、全体的に維持費が高くなるようです。

水質や見た目にこだわりたい人に、人気があります。

公式サイトを見る

ウォーターサーバーの電気代、節約方法は3つ

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!

毎日使うウォーターサーバーの電気代は、どうやって節約すればよいのでしょうか。

すぐに実践できる方法などを含めて紹介しますので、試してみてくださいね。

1:省エネ機能があるウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法で、もっとも効果的といわれているのは、省エネ機能です。

省エネモードの設定方法は、手動と自動の2種類あるので、使い勝手と金額を踏まえて選びましょう。

外出時や就寝時は、積極的に省エネ機能を利用すると節約できます。

2:コンセントを切らない

ウォーターサーバーのコンセントを切っても、節電につながることはありません。

起動させて、一定の水温に調整するときに、多くの電気がかかるので、むしろ電気代が高くなります。

そもそも、電気をつけっぱなしで使うように設計されているので、装置によっては殺菌・滅菌処理を行っているケースもあるのです。

そのため、電源を切ると衛生面で問題がでる可能性を否定できません。

電気代だけでなく、衛生面にも影響するので、電源を切るのはやめましょう。

3:ウォーターサーバーの配置場所を工夫する

節電のために、ウォーターサーバーを、置く場所を工夫しましょう。

温度変化の差が少ないところに置くことで、電気代を節約できます。

水の温度を一定に保つと、電気代はかかりにくくなります。

水温の上下によって、一定の温度にしようと、電力を消費するので、できるだけ温度差が少ないところを設置場所に選びましょう。

また、日光に当たる場所は、ボトル内に雑菌が繁殖しやすくなるので、直射日光が当たらない場所が理想です。

総合的にみて納得のいくウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバー電気代はどれくらい?オトク順10選!
毎日使う物だからこそ、電気代は気になります。

とはいえ、電気代だけに注目するのではなく、水代やメンテナンスなどのサポート代などの維持費を含めて、考えましょう。

家族の使い方に合うものや、品質・見た目が総合的に納得いくものを選ぶことが大切です。