【40代の妊娠】自然妊娠できる確率は?リスクはある?

40代になると、自分の年齢でも妊娠できるの?と不安になる方が多いのではないでしょうか。

妊娠できたとしても心配になるのはいろいろなリスク。

40代で元気な赤ちゃんを出産する人は珍しくなくなってきていますが、高齢出産はそうでない出産とくらべ、流産や赤ちゃんが障害を持って生まれる可能性が上がり、母体への負担も大きくなります。

周囲に反対されたという声や、生まれてきた子が大きくなるころの自分を想像して子どもを作ることを少し迷う…という方もいるようです。

不安に思うこともあるかもしれませんが、まずは高齢出産についての知識をつけて、40代の妊娠について考えていきましょう。

40代の自然妊娠確率は30%未満…その理由は?

妊娠するために大切な卵子
卵子のもとになる卵母細胞は年齢とともに減少していきます。

卵子の元になる卵母細胞は、女児がまだ母体内にいる胎生5ヶ月頃に最も多く、約700万個作られますが、その後急速にその数が減少し、出生時には、約200万個となり、排卵が起こり始める思春期頃には、30万個まで減少します(図2)。そのうち、排卵する卵子の数は400~500個(1%以下)です。つまり、排卵する卵子の年齢は実年齢とほぼ同じであることになります。このように卵母細胞の数は増加することはなく、37歳頃を過ぎると急速に減少し、卵母細胞の数が約1,000個以下になると閉経します。

引用:一般社団法人日本生殖医学会「Q20.加齢に伴う卵子の質の低下はどのような影響があるのですか?」

卵母細胞の減少によって、妊娠確率も低くなっていきます。

40歳女性が1年以内に自然妊娠して赤ちゃんを無事に出産する確率は30%未満といわれています。

なぜ加齢とともに妊娠確率が低下するのかというと、原因は卵子の老化にあります。
卵子の老化を防ぐために気を付けてほしいことは、このあと詳しくお話しします。

後悔しないために知っておいてほしい…40代で妊娠することのリスクとは?


40代は一般的に高齢出産といわれます。
30歳を過ぎるころから高くなる傾向にある妊娠のリスク

リスクは知っておくことが大切です。
赤ちゃんと母体にわけて、みていきましょう。

赤ちゃんのリスク

高齢出産は母体だけでなく赤ちゃんにもリスクがあります。

妊娠初期の流産

年齢とともに胎児の染色体異常が起こりやすくなり、初期流産が増えます。
これもまた、卵子の老化が原因です。

流産の確率は40代では30~50%と、一般の流産確率の15%より高い傾向があります。

流産という視点から見ると、できるだけはやめの不妊治療の開始が望ましいといわれています。

参考:公益財団法人日本産科婦人科学会

赤ちゃんの染色体異常によるダウン症

ダウン症の原因は染色体異常であす。
ほとんどが卵子や精子が分裂するときに発生するといわれています。

ダウン症には3種類あります。

  • 標準型21トリソミー型
  • 転座型
  • モザイク型

染色体異常は赤ちゃんの0.6%の確率で起こり、21トリソミーがそのうちの0.12%です。
染色体異常は誰にでも起こりえます。

原因はまだわかっていません。
高齢出産になるほどダウン症の発症率が高くなるため、卵子の老化が一因と考えられています。

ダウン症を持つ方は周りが簡単にできることも時間がかかってしまったりする場合もあります。
反面、空間認知能力想像力に優れ、才能を発揮する方もいます。

症状の重さによりますが、特別支援学級でなく普通学級で過ごしたり、高い潜在能力によって一般企業に就職する方もいます。

参考:白雪姫プロジェクト

高齢出産のリスクについてはこちら

母体へのリスク

妊娠は母体への負担が大きいです。
とくに、年齢を重ねると体力の低下も相まって、その負担はより大変なものになります。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは、<妊娠20週以降から分娩後12週間の間に高血圧、高血圧とタンパク尿の症状がみられる場合をいいます。

妊娠高血圧症候群にかかると、合併症の発症リスクが高まります。

妊婦さんの約20人に1人が診断される病気です。
妊娠高血圧症候群では母子ともに危険な状態になることもあります。

母体

  • 血圧上昇
  • 蛋白尿に加えてけいれん発作(子癇)
  • 脳出血
  • 肝臓
  • 腎臓の機能障害
  • 肝機能障害
  • 溶血と血小板減少を伴うHELLP症候群

赤ちゃん

  • 胎児発育不全(発育が悪くなる)
  • 常位胎盤早期剥離(胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる)
  • 胎児機能不全(赤ちゃんの状態が悪くなる)
  • 場合によっては胎児死亡

病気の予防法で確かなものはまだありません。
検診をしっかり受け、適切な周産期管理をすることが大切です。

参考:公益社団法人日本産科婦人科学会

早期発見、治療が重症化を避けるカギになります。
妊娠高血圧症候群の詳しい症状や兆候はこちらをご覧ください。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見した糖尿病をいいます。
妊娠前から診断されていた場合は含みません。

妊娠糖尿病になると、赤ちゃんも高血糖になり合併症が起こる可能性が出てきます。

母体

  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水量の異常
  • 肩甲難産
  • 網膜症
  • 腎症など

赤ちゃん

  • 流産
  • 形態異常
  • 巨大児
  • 心臓の肥大
  • 低血糖
  • 多血症
  • 電解質異常
  • 黄疸
  • 胎児死亡など

妊婦さんの7~9%が診断される病気です。
妊娠したら、先生の指導を受けて生活習慣にも気を配ることが大切です。

参考:公益社団法人日本産科婦人科学会

妊娠糖尿病についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

卵子の老化を防ぐには…気を付けたい2つのポイント


年齢とともに卵子が老化すると先ほどお話ししました。
では、卵子の老化は防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

卵子の老化は食事生活習慣に気を付けることが大切です。

食事

食事は身体を作るもの、とよくいいます。

卵子の質を良くするために3つの栄養素を意識しましょう。

  • タンパク質

タンパク質は卵やお肉、魚などにたくさん含まれています。
脂肪が気になる方は、低脂肪高タンパクな鶏のささみなどがオススメです。

タンパク質は卵子にも必要な栄養素なので、しっかり食べてくださいね。

  • 鉄分

女性は貧血気味の人が多いですよね。
とくに生理時期はなりやすいですから、いつもの食事に鉄分をプラスしましょう。

鉄分はレバーやプルーン、納豆などに豊富です。
飲むヨーグルトなど手軽に取り入れられるものも売っているので、よかったら試してみてくださいね。

  • ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。
アンチエイジングで聞いたことがあるかもしれませんね。
抗酸化作用は卵子の老化防止にも効果的です。

アボカドやアーモンド、大豆、あゆなどに含まれています。
ビタミンと聞くと野菜を連想しがちですが、ビタミンEはナッツや魚類に多いようです。

生活習慣

早寝早起きや適度な運動などの規則正しい生活はもちろんのこと、冷えストレスも大敵です。

身体を冷やさないことを心掛けて、出かけるときには1枚羽織るものをもっておくといいかもしれません。

ストレスがたまると体調を崩しますよね。
卵子も同様です。
ストレスのため過ぎは卵子にもよくないので、無理はしないでくださいね。

これらを試せば妊娠できる!とはいえませんし、卵子の老化がストップする、というわけではありません。

ですが、毎日の過ごし方で卵子が老化しにくい身体作りはできます。
不妊治療を迷っている方は、試してみてはいかがでしょうか。

期間や費用が不安な不妊治療…40代には必要?


40代の自然妊娠確率は30%未満とお話ししました。

お金と時間のかかる不妊治療は、やるべきとは一概にはいえません。
不妊治療をしたからといって必ずしも妊娠できる、というものではないからです。

しかし、加齢とともに不妊治療の成功率も低下していきます。
始めるにはできるだけ早い方が、妊娠確率は上がります。

もし迷っている方はパートナーと話し合って、不妊治療も視野に入れると良いかもしれません。

40代の不妊治療…医師からすすめられることの多い方法は?

不妊治療には下記の種類があります。

  • タイミング法
  • 人工授精
  • 体外受精
  • 顕微授精

上から順に段階を踏むことが多いです。
40代の場合は、治療初期から確率の高い体外受精顕微授精をすすめられることもあります。

レディースクリニックの医師に実際にインタビューしてきた記事です。
不妊治療と年齢の関係や治療法についてまとめています。
30~40代女性が多く通院しているクリニックなので、病院選びに迷っている方もみてみてください。

不妊治療の費用についてはこちらの記事がわかりやすくまとめてあります。

心配な不妊治療費には「助成金」が使えることも!

40代にすすめられることの多い治療法である、体外受精と顕微授精は特定不妊治療といいます。

特定不妊治療は高額な医療費が保険の対象外なので助成金が受けられます。

注意点として、43歳になるまでに治療を始めていないと対象外になります。

地方自治体によっても受けられる金額が違うので、住民票のある市町村のホームページを確認しましょう。

東京都にお住まいの方はこちらをご覧ください。
参考:東京都福祉保健局

不妊治療の助成金の詳しい条件や申請方法は、こちらの記事でチェックしてみてくださいね。

40代で妊娠を望むなら時間を大切に…夫婦で話し合いを


40代の妊娠は20代のころと比べると確率が低く、妊娠できたとしてもリスクがあることをお話ししました。

不妊治療を行う場合は、費用と時間がかかり、心身ともに負担が大きいです。

40代で赤ちゃんを望んだら、まずはパートナーと話し合ってみてください。

養子という選択肢もあります。
里親の資格は愛情をもって育てられるかです。
子供が欲しい、と本気で思う方ならばきっと良い家族になれるのではないでしょうか。

参考:赤ちゃんマッチング コウノトリ

赤ちゃんはとてもかわいいですし、赤ちゃんのいる生活はにぎやかで楽しいでしょう。
ですが、無事妊娠できたとしても、そこから何十年も子育ては続きます。
子育ては体力も必要ですから、周りにサポートしてくれる人がいるかどうかも重要です。

これからの夫婦の生活がガラリと変わることですから、じっくり考えてみてください。

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...