出産祝いのお返し(内祝い)の時期・金額・ギフトの選び方は?

出産祝いをいただいた方へは、お返しをするのがマナーです。

しかし
「いつごろお返しを贈ればいいんだろう」
「いくらくらいのものをお返しすればいいんだろう」

と悩む方は多いようです。

ここでは、出産祝いのお返しを贈る時期や、金額の相場をみていきましょう。

さらに、お返しに贈るギフトの選び方や、よく選ばれるギフトを紹介するので、悩んでいる方必見です!

喜びを分かち合う出産内祝い


出産祝いをいただいた方に、お返しを贈るのがマナーです。

最近では、「出産内祝い」「出産祝いをいただいた方へお返しをする」という意味で使います。

しかし本来は、お祝い事があった本人が、「喜びをわかちあうために身内や親しい人へ贈りものをする」とういう意味がありました。

本来の「出産の喜びを分かち合う」ためにも、失礼の無いように、お返しをしっかり選んで贈りましょう。

お返しを送るのは1ヶ月以内がマナー


内祝いは、赤ちゃんの生後1ヶ月以内に贈るのがマナーといわれています。

だいたいの目安として、お宮参りの頃に贈るのが一般的です。

産後は忙しいので、贈りものを考えるのは、できるだけ出産前にしておきましょう。

出産の報告が遅れたり、相手の都合によって出産祝いをあとからいただいた場合は、受け取った日から1ヶ月以内にお返しを贈ります。

下記の記事では、お宮参りや赤ちゃんの行事を詳しく説明しているので、チェックしてみてください。


お返しの時期がずれるときは?

内祝いを贈る時期が遅くなってしまうときは、お詫びの言葉を添えた、お礼状・カードをつけます。

産後はどうしても忙しく、お返しを贈るのが遅れてしまうケースはよくあることです。

出産が11~12月の場合は、年内にお返しを贈ります。

お正月になると、お互いが忙しい時期なので、早めに内祝いを贈るのことが思いやりといえるでしょう。

先方が喪中のときはどうするの?

もしも先方が喪中の場合は、「四十九日」を過ぎたころに贈ります。

お返しの表書きは、「内祝」から「御礼」に変えて贈りましょう。

お返しの金額はどれくらい?


内祝いにかける金額の予算は、頂いた金額や物の半額程度が一般的です。

お返しは現金ではなく、品物を贈ります。

高額な金額や物をいただいた場合は、金額の3分の1程度の品物で問題ありません。

出産祝いをいただいた方全員へ、一律の品物を贈る場合は、頂いたなかでもっとも多い金額を目安に考えましょう。

いただきものより高額な場合や、安すぎるときは相手に失礼です。

出産祝いが現金でなかった場合でも、品物の相場を考え半額程度の、お返しを選びしょう。

出産祝いの相場について、下記の記事で紹介しています。

のし紙やカードの書き方は?


内祝いを贈るときは、品物にのし紙や挨拶状・カードを添えるのがマナーです。

のし紙や挨拶状・カードの書き方を、詳しく説明します。

のし紙をつけよう

内祝いには、のし紙をつけて贈るのが一般的です。

のし紙は、贈り物につける紙のことを指します。

一般的に内祝いに使うのし紙は、のしと水引が印刷された紙です。

「紅白蝶結び」の水引が印刷されたのし紙を使います。

表書きは、「内祝」と書きましょう。

水引の下に、赤ちゃんの下の名前を書きます。
出産祝いをいただいた親戚や友人などへ、赤ちゃんの名前をお披露目する意味があります。

必ず赤ちゃんの名前に、ふりがなを書きましょう。

お返しの品物を宅配で送る場合は、のし紙が汚れる可能性があります。

その場合は、品物のパッケージに直接のし紙をつけ、上から包装紙で包む「内のし」を使うことが多いようです。

挨拶状やカードを添えよう

内祝いには、必ずお礼の言葉を添えた挨拶状やメッセージカードをつけましょう。

品物だけ送るのは、失礼と思う方もいるようです。

挨拶状やメッセージカードには、下記の3点を書きます。

  • 出産祝いのお礼と感謝
  • 赤ちゃんについて(生年月日・性別・身長・体重など)
  • 相手を気遣う1文(健康・これからの付き合いなど)

出産祝いをいただいた感謝の気持ちをしっかり伝え、赤ちゃんの様子を知らせましょう。

お返しの選び方のコツは?


内祝いの品物を選ぶコツと、おすすめの品物をみていきます。

お返しの品物は、相手の好みや趣味に合わせて贈りましょう。

自分がよいと思った物でも、相手にとって必要な物ではないかもしれません。

とはいえ、相手の好みや趣味を考えるのは難しいこともあります。

好みや趣味がわからない場合

  • 石鹸、洗剤セット
  • タオルセット
  • お菓子
  • お茶、コーヒーなどの飲料
  • カタログギフト

相手の好みや趣味がわからない場合は、いくつあっても困らない、日用品や消耗品が定番です。

お菓子やお茶・コーヒーなど、気軽に楽しめる食品も喜ばれます。

贈りものに困ったときや、一律の品物を贈ろうと考えている方にはカタログギフトがおすすめです。

カタログギフトは、相手が好みの品物を選べるようカタログを贈れます。

贈られた相手も好きなものを自分で選べるのは、嬉しいポイントでしょう。

会社の同僚にまとめて贈る場合

  • お菓子の詰め合わせ

会社の同僚にまとめて贈る場合は、詰め合わせの品物にすると、数が多いものを贈れます。

おすすめのギフトは?

内祝いで人気のギフトは、どういうものでしょうか。

下記は、よく選ばれているギフトです。

  • カタログギフト
  • 洗剤、タオルなどの日用品(消耗品)
  • コーヒー、お茶、ジュースなどの飲料品詰め合わせ
  • お菓子やスイーツ
  • お酒

カタログギフトは、自分にとっても送りやすく、相手も選びやすいギフトです。

カタログにのっている商品の種類も豊富で、日用品から食品・小物まで選べます。

食品系は、賞味期限を考えて贈りましょう。

夏ギフトはとくに、食品の衛生面を考えることが基本です。

賞味期限をしっかり確認し、長く持つ品物を贈りましょう。

内祝いを贈るときの注意点はあるの?


内祝いを贈るときは、下記の4点に注意します。

  • 現金や金券は贈らない
  • 赤ちゃんの写真を贈るのは身内だけ
  • 「お返しをいらない」と言われたときは、家族でどうするか話し合う
  • 連名でお祝いをいただいたときは、人数によってお返しを考える

出産祝いのお返しに、上司や目上の方々に現金・金券を贈るのはマナー違反です。

お返しは品物を選びましょう。

赤ちゃんの写真を品物と一緒に贈ると、相手が写真の処理に困ります

写真を贈るのは、両親や親族のみがよいでしょう。

また、出産祝いをいただくときに、「お返しはいらない」と言われることがあります。

「お返しはいらない」と言われた場合は、家族でどうするか話し合いましょう。

旦那さんの職場の方に、「いらない」と言われたからといって、本当にお返しをしないのは失礼かもしれません。

よく考えて、どうするべきか決めてください。

会社の同僚や友人グループなど、連名でいただいた場合は下記の2点を参考にお返ししましょう。

  • 3~5人の少人数なら個別
  • 6人以上の大人数はまとめて

連名の人数によってお返しを考えてみてください。

お返しは余裕をもって準備しよう


内祝いは、赤ちゃんが生まれてから生後1ヶ月以内に贈れるよう、時間に余裕をもって準備しましょう。

産後は、寝不足が続き、育児に忙しくなりがちです。

贈り物を宅配で考えている方は、早めの注文をしましょう。

あらかじめ贈り物によさそうなギフトに目星をつけておくと、すぐに贈れます。

出産祝いをいただいた相手に、しっかり感謝の気持ちや思いが伝わるよう、のし紙や挨拶状・カードは忘れずにつけてくださいね。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...