腹帯はいつから?絶対に必要?人気のおすすめ腹帯5選

妊娠5ヶ月ごろにお義母さんから腹帯が贈られたものの、お腹もそんなに大きくないし、巻き方もわからないし面倒!と思うママは案外多いようです。

腹帯は日本の古くからの習慣のひとつですが、妊婦さん全員が絶対につけなくてはならないものではありません。

実際のところ、妊娠5ヶ月では腹帯の必要性を感じないママも多く、出産まで使わなかったという声も聞かれます。

そのいっぽうで、腹帯を使って楽だった、よかったというママもいるようです。

そこで今回は、腹帯の必要性や種類、メリット・デメリットに加え、おすすめの商品もまとめました。

腹帯とは?

腹帯とは、妊娠5ヶ月ごろから妊婦さんがお腹に巻く帯のことです。

日本では安産祈願の一環として、妊娠5ヶ月ごろに腹帯を巻く風習があります。
しかし、これは日本特有の文化であり、海外では妊婦さんが腹巻きをする習慣はありません。

古くは、白い木綿の細長い布を帯のように巻きましたが、着物を着る習慣のない現代では、うまく巻けない人がほとんどでしょう。

そのため最近では、はらまきタイプやベルトタイプなど簡単に着用できる腹帯が使われるようになりました。

腹帯はいつからが正解?巻かないといけないの?

腹帯を着けはじめる時期は、とくに決まっているわけではありません。

習慣として、お腹が大きくなり重く感じられる、妊娠5ヶ月以降につける人が多いようです。

腹帯を巻く目安は妊娠5ヶ月、戌の日

日本では昔から、妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、安産を願って腹帯を巻く習慣がありました。
犬は多産のうえにお産が軽いことに由来している、日本独特の風習です。

妊娠5ヶ月を過ぎれば、お腹の大きさがだんだん目立ってきます。
お腹が重くなり、腰や背中に負担がかかりはじめるのもこの時期です。

このころから腹帯をすることで、妊婦さんの身体の負担を少しでも軽減しようとしたのでしょう。

ムリに腹帯を巻かなくともOK

腹帯は、絶対に巻かなければならないものではありません。

「腹帯は全然使わなかったけど、なんの問題もなかった」というママもいます。

そもそも腹帯は日本固有の文化であり、安産祈願の意味合いも大きく、海外の妊婦さんの間では使われていません。

ただ妊婦さんによっては、さまざまなメリットもあります。

腹帯は義務ではなく、必要な人が必要な場面で使えばよいでしょう。

腹帯のメリット・デメリット

「腹帯を着けたほうがいい」「着けなくても問題ない」
それぞれに、違った見方があるものです。

まずは、腹帯を着けることのメリットとデメリットをみてみましょう。

腹帯を着けるメリット

腹帯を着けることには、以下のようなメリットがあります。

腰や背中への負担を軽減

お腹が大きくなるにしたがって、腰痛に悩まされる妊婦さんも増えてくるようです。
腹帯を着けることで、腰や背中への負担が軽減されます。

お腹を冷えから守る

冷えは妊婦さんの大敵です。
腹帯を着けることで、お腹を冷えから守れます。

赤ちゃんを衝撃から守る

妊娠中は、お腹への刺激や衝撃は避けたいものです。
腹帯をすることで、転んだりぶつかったときの衝撃からお腹を守ります。

安産祈願

安産を願う気持ちが込められている腹帯を着けていると、安心感があるという人もいます。
安産祈願のお守り的な役割もしてくれるようです。

腹帯を着けるデメリット

腹帯を着けることには、以下のようなデメリットもあげられています。

圧迫感

大きなお腹を支える腹帯ですが、人によっては圧迫されて苦しく感じることもあります。

腹帯を着けていると圧迫感があり苦しい場合は、腹帯を外しましょう。

暑くて蒸れる

寒い季節にはお腹を冷えから守る腹帯ですが、暑い季節にはかえって暑苦しく感じるママもいるようです。

暑くて蒸れるような場合は、ムリに腹帯をつける必要はありません。

血行が悪くなる

妊婦さんをサポートするはずの腹帯ですが、使い方によっては腹部が圧迫され、血行が悪くなることもあるので、注意が必要です。

不安な時は担当の先生に相談しよう

腹帯を着けるべきか、着けないべきか、妊婦さんそれぞれ体調や状況も違うので、どちらがよいかは一概にはいえません。

とはいえ腹帯を着けることで、なんらかの不快症状を感じるのであれば、担当のお医者さんに相談してみましょう。

産婦人科の先生のなかには、腹帯をはじめとするサポートアイテムの使用を推奨しない先生もいます。

病院や担当医によって判断は異なるようですが、不安な方は一度、担当の医師に相談するとよいでしょう。

腹帯の種類と着用方法

腹帯には昔ながらのさらしタイプから、今風のショーツタイプなど、さまざまな種類があって、どれがよいのか迷うママも多いようです。

どんな目的で腹帯をつけるのかによってもおすすめのタイプは異なります。

ここでは5つの異なるタイプの腹帯について、着用方法や特徴を説明したので、目的にあった腹帯を選ぶための参考にしてください。

さらしタイプ

着用方法 一枚の長い布をお腹にぐるぐると巻いて着ける
特徴
  • 帯祝いの儀式に使われる
  • 帯状なのでどんな大きさのお腹にも合わせられる
  • コットン100%だから吸汗性がよくお肌に優しい

安産祈願の帯祝いの儀式に使われてきたのが、さらしタイプの腹帯です。

帯状の細長い白い綿の布で、お腹の大きさや形のに合わせて巻けます。

帯祝いに、義理のお母さんから贈られる人や、安産祈願のときに神社でもらうことが多いのではないでしょうか?

巻き方次第でどんなお腹にも合わせて巻けるので融通がききますが、巻き方のコツをつかむが難しいというデメリットもあります。

巻くのに時間がかかったり、きつく締めつけて苦しくなる人もいるので、使い慣れない人や普段使いには向きません。

さらしタイプの腹帯の巻き方

さらしタイプの腹帯の基本的な巻き方は、以下の通りです。

  1. さらしを半分に折って丸めておく
  2. 半分に折った輪になっている部分を下側にして、端を左下腹部にあて、骨盤の位置に一周巻く
  3. お腹の丸みに沿うように、前でさらしをねじりながら、お腹を持ち上げるような感覚で、下から上へ向けて数回巻く
  4. 最後は、布の端を三角におり、帯の上部に挟み込んで完成

引用:サイト:マタニティウェアの犬印オンラインショップ【公式】

お腹が大きくなる妊娠後期の場合は、さらしを半分に折らずに巻いてください。

基本的な巻き方は、妊娠初期~中期と同じです。

引用:サイト:マタニティウェアの犬印オンラインショップ【公式】

お腹を押さえつけるのではなく、下から持ち上げるように巻くのがポイントです。

はらまきタイプ

着用方法 普通のはらまきと同じように履くタイプ
特徴
  • お腹を冷やしたくない人に
  • お腹が小さい妊娠初期から着用できる
  • 圧迫感がないので、リラックス時や、つわり時、就寝時におすすめ

お腹を締めつけないはらまきタイプは、妊娠初期からお腹を冷やしたくない人におすすめです。

伸縮性のある素材で、普通のはらまきのように脱ぎ着ができるので、誰でも簡単に着用できます。

腰や腹部への圧迫感がないので、自宅でくつろいでいるときや、就寝時、つわりの時期にもお腹を温めてくれるアイテムとして活躍してくれるでしょう。

締めつけ感は苦手だけど、お腹が冷えるのが気になるというときには、はらまきタイプを着けてください。

ショーツタイプ

着用方法 ショーツのように履くだけのタイプ。
特徴
  • はらまきタイプと違って動いてもずれにくいので出勤や外出時におすすめ
  • ベルトタイプのようにもたつかないので、スッキリとパンツスタイルが楽しめる

ショーツの上に履くガードルタイプと、ショーツなしではけるショーツ兼用タイプのものがあります。

動いてもずれず、ボディラインがスッキリして見えるので、通勤など外出時のパンツスタイルによいでしょう。

はらまきタイプのように伸縮性のある素材で、お腹をすっぽり包んでくれるので、お腹が冷えるのを防いでくれます。

脱ぎ着も簡単で、はらまきタイプよりもしっかりとお腹を支えてくれるのは嬉しいところです。

サポートベルトタイプ

着用方法 お腹に巻いてワンタッチテープで調節
特徴
  • お腹が重く感じるようになる中期以から後期にかけて活躍
  • 重いお腹をしっかり支えて腰痛予防
  • さらしタイプに比べて装着が簡単で、締め具合をテープで調節可能

大きくなったお腹を支えて、腰への負担を軽減するのがこのタイプ。

腰痛や恥骨痛の予防や緩和には、サポートベルトタイプがおすすめです。
お腹が大きくなる妊娠6~7ヶ月ごろから活躍します。

ベルト型なので自分で簡単に装着できますし、ワンタッチテープで締め具合の調節もできます。

お腹の冷えが気になる場合は、はらまきタイプと一緒に使うとよいでしょう。

骨盤ベルトタイプ

着用方法 骨盤の周りに巻いてワンタッチテープで止める
特徴
  • 産前・産後と長く使える
  • 骨盤の緩みをサポート
  • 腰への負担を軽減
  • 産後は産褥ベルトとして使用可

産前&産後は骨盤が緩むものですが、そのために恥骨痛や腰痛に悩まされるママもいます。

そんなママにおすすめなのが、骨盤周りをしっかりと支えて骨盤の緩みをサポートする骨盤ベルトです。

産後には、緩んだ骨盤を引き締める産褥ベルトとして使用できます。

ただし、保温効果はあまり期待できないので、冷えが気になる人は、はらまきタイプやショーツタイプと併用してください。

おすすめの腹帯5選

赤ちゃん本舗や西松屋などマタニティー&ベビー専門店では、さまざまな腹帯がそろっているので、自分にぴったりのものが見つかるでしょう。

近くにマタニティー専門店がない場合や、外出が難しい場合は、ネットショップでも購入できますよ。

ここでは、たくさんの腹帯のなかから、選りすぐりの腹帯5選を紹介します。

犬印本舗/妊婦帯いわた

犬印本舗 妊婦帯 岩田帯タイプ いわた

犬印本舗 妊婦帯 岩田帯タイプ いわた

1,285円(01/19 00:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
種類 さらしタイプ
価格(税抜) 1,200円
公式サイト 公式サイト

昔から使われてきた、さらしタイプの妊婦帯です。
綿100%の無蛍光のさらしなので、お肌に優しく吸汗性にも優れています。

縁起のよい犬や鶴亀のイラスト入りで、帯祝いの儀式用としてもおすすめです。

ピジョン/はじめてママの妊婦帯セット

ピジョン はじめてママの 妊婦帯セット M~L ピンク

ピジョン はじめてママの 妊婦帯セット M~L ピンク

2,680円(01/19 00:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
種類 はらまきタイプ
価格(税抜) 2,600円
公式サイト 公式サイト

ふわふわでやからか、コットン100%素材が2枚重ねになっているので、お肌に優しいのに温かい、はらまきタイプの腹帯です。

サポート用のベルトもセットでついてくるので、お腹の大きさに合わせて、単品とセットで使い方を変えられます。

犬印本舗/ラクばきパンツ妊婦帯

種類 ショーツタイプ
価格(税抜) 2,200円
公式サイト 公式サイト

「一枚ばきできる」
「羽根つきおりものシートに対応」
「肌に優しい素材」
「ウエストを締め付けない」
「足の付け根に食い込みにくい」

そんなママたちの声を集約した、犬印との共同開発商品だから、妊娠中のママに優しく嬉しい機能がぎゅっとつまっています。

青葉/とこちゃんベルトⅡ

産前 産後 トコちゃんベルト2 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

産前 産後 トコちゃんベルト2 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

6,128円(01/19 00:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
種類 骨盤ベルトタイプ
価格(税抜) S・M/6,000円、L/7,000円、LL/8,000円
公式サイト 公式サイト

お尻側をキュッと寄せ、骨盤を前から後ろへ支えるタイプの骨盤ベルトです。

緩んだ骨盤を、心地よい強さで正しい位置に支えることで腰痛を軽減します。

妊娠中から産後はもちろん、骨盤の緩みが気になるときや、トイレが近くなったと感じるときにも使用できるでしょう。

ワコール/産前&産後骨盤ベルト

種類 骨盤ベルトタイプ
価格(税抜) 4,500円
公式サイト ワコール公式サイト

産前も産後も使える骨盤ベルトを、(公社)日本助産師会とワコール人間科学研究所が共同開発したのがこの商品です。

大きなお腹を圧迫することなく、骨盤周りをしっかりとサポートします。

出産前から出産後まで、長く使える人気商品です。

腹帯で快適なマタニティライフを送りましょう

腹帯は、冷えからお腹を守ったり、腰への負担を軽減するなど、妊婦さんをサポートするアイテムです。

とくに必要のない人は、ムリに使うことはありませんし、いつから着けるという決まりもありません。

お腹の冷えが気になったり、腰がツラいと感じたときに、自分のスタイルに合った着用しやすいタイプを購入するのがいいようです。

マタニティ専門店やオンラインショップでも、さまざまなタイプの腹帯がでていますので、自分にぴったりのものを探してみましょう。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...