男の子の初節句いつ準備する?誰が買う?伝統的&現代的な祝い方まとめ

5月5日の子どもの日といえば、男の子の節句です。

端午の節句は昔からの伝統的な行事で、しきたりや作法があり、とくにはじめて迎える節句を初節句といい、兜や五月人形を用意したりお食事会をしたりとお祝いをします。

「実際どう祝っていいか分からない」というママもいるでしょう。

今回は、男の子の初節句の準備やお祝いの仕方などをまとめています。

男の子の初節句とは

生まれてはじめて迎える節句を初節句といい、子どもの健やかな成長を願う特別なお祝いの日です。

初節句は、男の子と女の子で日程が異なります。
男の子は「5月5日の端午の節句」、女の子は「3月3日の桃の節句」です。

端午の節句では、兜や五月人形を飾り、鯉のぼりを揚げ、柏餅やちまきを食べ、菖蒲湯に浸かります。

生後間もない場合、赤ちゃんもママも体調が不安定なことも多いため、翌年にお祝いしても問題ありません。

兜やこいのぼりの準備

端午の節句といえば、兜や五月人形、鯉のぼりが思い浮かぶでしょう。

しかし「年に1度しか飾らないのに、高価で、かさばるので購入を悩む」という人もいるのではないでしょうか?
わざわざこれらを飾るのにはそれぞれ意味があるのです。

兜や五月人形を飾る意味

本来、鎧兜は、武士にとって身を守るものです。

これが転じて、赤ちゃんに降りかかるであろう災厄を代わりに引き受けてくれるようにと飾るようになりました。

また五月人形の人物のような、強くたくましく立派に成長してほしいという願いも込められています。

鯉のぼりを飾る意味

中国に「登竜門」という、流れの激しい滝を登った鯉が龍になって天まで登ったという伝説があります。

それになぞらえて、堂々と立派に育つように立身出世の願いが込められて、鯉のぼりを飾るようになりました。

いつからいつまで飾るの?

では節句の飾りはいつごろから飾り、いつごろ片づけるといいのでしょうか。

いつから飾る?

初節句では一般的に春分の日をすぎたころから4月はじめごろまでに、「内飾り」といった五月人形などの飾り物を飾ります。

「外飾り」の鯉のぼりは4月上旬ごろに出すことが多いです。

しかし地域や風習、家庭によって異なる場合があるので、祖父母などに相談するとよいでしょう。

厳密にいつからいつまで飾ると決まっているわけではありませんが、1点注意があります。

5月5日前日に飾るのは、一夜飾りといって縁起が悪いといわれています。

遅くとも4月29日の昭和の日までには、飾りましょう。

片づける時期と注意点

節句が終わったらできるだけ早い時期に片付けます。

片付けをするときには、湿度の低い天気のいい日を選びましょう。

次の節句まで開けることがないので、湿った空気も一緒にしまうと金属部分が錆びてしまったり、カビが生えてしまうこともあります。

また素手で触らず、手の跡を残さないようにするのも綺麗な状態を長持ちする秘訣です。

外飾りの鯉のぼりは雨風により、とくに汚れている場合があるので、汚れはしっかりと落とし乾燥させてから片付けましょう。

いつ買うの?

五月人形は、3月には販売が開始されます。

家紋や名前入れに1ヶ月以上かかるものもあったり、人気の商品は売り切れるのも早いので、豊富な種類のなかから選ぶためにも早めに準備するのがオススメです。

誰が買うの?

一般的には、ママのご実家から贈られるものです。

しかし「長男の初節句は父方」「鯉のぼりは父方、五月人形は母方」など地域によっても異なります。

購入前に、トラブルのないようにパパママ双方の両親にしっかりと相談するとよいでしょう。

初節句は何を着る?


せっかくのお祝いなので、思い出に写真に残そうと考えている人も多いはずです。
赤ちゃんやパパママは何を着たらよいでしょうか。

赤ちゃんの服装

主役の赤ちゃんは、衣装をきちんと着せてあげると、記念にも残るので、オススメです。

オススメ1:陣羽織

赤ちゃんの服装の定番は、陣羽織です。
陣羽織はこの時期しか着られないのも人気の理由の1つです。

「日本の伝統的なお祝いなので着物を着せたい」と思うママもいるかもしれませんが、動きにくくて嫌がる赤ちゃんもいます。

陣羽織は、羽織るだけなので中の服は自由に選べ、なんといっても様になるのでオススメです。

オススメ2:金太郎の腹かけ

次に紹介するのが、パパママの子どものころにはメジャーだった金太郎の腹かけです。

これもこの時期にこそ着られる衣装といえるでしょう。

また衣装を手作りしたいと考えているママには、単純な作りをしているので作りやすいので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

オススメ3:袴ロンパース

最後は、袴ロンパースです。
一見本当に袴を履いているように見えますが、ロンパースなので赤ちゃんも動きやすいのが特徴でしょう。

ほかのお祝いの席などでも着ることができるので、1枚持っておくと便利かもしれません。

ママの服装

パパやママもいつもよりは、おしゃれな格好がいいでしょう。

子どもが主役なので、ママは露出を控えた上品な服装がいいです。

赤ちゃんが和装なので、合わせて着物を着ようと考えいるママもいるかもしれません。

ビシッと着物を着こなしたママはとても素敵です。

しかし忘れてはいけなのが、授乳です。

授乳中のママは、タイミングに合わせて授乳が可能か考える必要があります。

着物は、授乳がしツライだけでなく、抱っこしたときによだれがついたり、くつで土が付いたりと汚れてしまった場合、お手入れが大変です。

初節句のときに月齢が大きければ、和装もいいかもしれませんが、赤ちゃんが小さいうちは、とくにワンピースやカラースーツなどをオススメします。

オススメの授乳服:スウィートマミー

スウィートマミー公式サイトはこちら
授乳中のママはカラースーツならまだしもワンピースでは、授乳しづらく敬遠していませんか。

スウィートマミーは、授乳服とマタニティウェアの通信販売専門店で、おしゃれでかわいい授乳ができるワンピースもたくさん揃っています。

通信販売なので、育児に忙しくなかなかまとまった時間を作れないママも簡単に買い物が可能です。

赤ちゃんの袴ロンパースの種類も豊富にあります。

なかでも、赤ちゃんの袴ロンパースとママのワンピースと同じ生地を使ったおそろいコーデができるのもうれしいポイント。

ママも洋服を探すついでに、赤ちゃんの服も見てみるものいいかもしれません。

公式サイトを見る

どんな食事を用意すればいいの?

初節句を祝って、パパママだけでなく祖父母などを招いて、お食事会をする人も多くいます。

端午の節句では、どのような料理を用意すればいいでしょうか。

桃の節句といえば、ちらし寿司やハマグリのお吸い物など定番のありますが、端午の節句には決まったご馳走がありません。

赤飯カツオ出世魚海老などの縁起物の食材を使った料理が喜ばれます。

離乳食が始まっていれば、大人の食事だけでなく、赤ちゃんの食事の用意もあります。

端午の節句に合わせて、お子さんの喜ぶものを中心に、鯉のぼりや兜などに見立てたオリジナルメニューを作るのもよいでしょう。

粽(ちまき)や柏餅を食べよう

粽は、もともと中国の習慣だったものが、端午の節句とともに日本にやってきて、子どもが無事に育つように厄除けの意味を込めて食べられるようになりました。

柏餅を包む柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「子が生まれるまで親が死なない」すなわち、家系が絶えず繁栄するといった縁起のいいものとして食べられます。

どちらも端午の節句で食べられるものですが、関西では「粽」、関東では「柏餅」が食べられるのが一般的です。

料亭や宅配サービスで食事を用意することもできる

家族を招いて、自宅でお食事会をしようと思うとママは準備が大変です。

もちろんかわいい我が子のお祝いのために、美味しい食事を作ろうと考えているママもいるでしょう。

しかしメニューを考え、買い物をし、当日作ると考えるとかなりの気合がいる作業です。

そんなママにオススメなのが、料亭や宅配サービスです。

食事会を行う場所を自宅ではなく、料亭などお店でお祝いをすれば、家の掃除や片付けをしなくても済むし、気兼ねなくお祝いを楽しむことができます。

いっぽうででせっかく五月人形など飾っているのだから、お家でお祝いしたいという方は、仕出し弁当などの宅配サービスを利用するといいでしょう。

すべてママがやらなければならないわけではありません。
赤ちゃんのためにみんなでお祝いすることが目的なので、準備が負担に感じるようであれば、このような方法を考えてみるのもいいでしょう。

オススメの宅配弁当サービス:東京正直屋

東京正直屋公式サイトはこちら

創業90余年の東京正直屋の宅配弁当サービスがオススメです。

端午の節句にピッタリの料亭の味を自宅で気軽に楽しめます。
お祝い膳の種類も豊富なので、招く方の好みに合わせて選ぶことができます。

宅配可能エリアは、東京・埼玉・千葉の一部なので、該当する方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

公式サイトを見る

思い出に写真を残そう

赤ちゃんにとっても初節句は一生に一度だけ。
せっかくのお祝いの日なので、ぜひ思い出に写真で残しましょう。

スタジオ写真館などで記念撮影するのもいいですね。

衣装を着て、いつもの写真とは異なる素敵な写真となります。

また家族みんなが揃って写真に映れるものいいところ。

もちろんスタジオに行かなくても、自分達で写真を撮ることもできます。

赤ちゃんがリラックスして柔らかな表情を見せてくれるかもしれませんし、何気ない日常の風景を写真に残すことができます。

オリジナルフォトブックが作れる:らくらくフォトブック

らくらくフォトブック公式サイトはこちら

自分たちで撮った写真をオリジナルフォトブックにまとめるのはいかがでしょうか?

とはいえアルバムを買ってきて、写真を印刷して、フォトブックをつくるのは少し面倒。

そんなときにオススメが、らくらくフォトブックです。

らくらくフォトブックは、好きな写真を選ぶだけで簡単にできるオリジナルフォトブック作成サービスです。

1冊500円+送料なので、自分たちだけでなくお食事会に招いた祖父母や親戚などにも贈れば、喜ばれること間違いないでしょう。

せっかく撮った写真をフォトブックとして残すのも素敵な思い出となりますね。

公式サイトを見る

お祝いをもらったらどうする?

初節句を祝って、身内からお祝いをいただくこともあるでしょう。

お祝いをいただいた方は、お祝いの席に招待しましょう。
おもてなしをすることがお返しになるので、内祝いは不要です。

出席できない方には、お祝い金額の1/3〜半額程度の品物を送りましょう。
のしは、紅白蝶結びの水引に、表書きは上段に「内祝い」、下段の名入れには子どもの下の名前にします。

お祝いをいただいてから、1週間以内にしましょう。
品物と一緒にお礼状や写真を添えるとなおよいです。

楽しい初節句を迎えよう!

赤ちゃんにとっても初節句は一生に一度だけのビックイベントです。

祖父母もかわいい孫のために、初節句を一緒に迎えられたらうれしく思います。

端午の節句はGW中なので、招く人の都合も考えて、早め早めに準備をおこなうのがよいでしょう。

しっかりと準備を整えて、赤ちゃんの素敵な初節句を迎えられるといいですね。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...