葉酸サプリ「メルミー」の口コミは?医師が監修したサプリは何が違うの?

葉酸のサプリは種類が多く、どれが良いのかいまいちわかりませんよね。
妊活中や妊娠中はとくに、その成分や製造工程などの安全性も気になります。

今回は産婦人科医と管理栄養士がW監修した「メルミー葉酸サプリ」の特徴や飲み方、オススメポイントをご紹介します。

メルミー葉酸サプリの特徴は?

妊娠期におすすめの成分 モノグルタミン酸型葉酸を厚労省が推奨する400μg
管理栄養士が計算した鉄・カルシウム・マグネシウム・ビタミンC・乳酸菌なども配合
≫≫詳しくはこちら
品質・安全性 厚生労働省の基準をクリアした栄養機能食品
国内最高レベルのGMP認定工場にて製造
配合成分の原産国・加工国などを公開
第三者機関が行う農薬残留検査や放射能などの厳しいテストもクリア
≫≫詳しくはこちら
飲みやすさ 約8~9mmの小さな錠剤
黒っぽい色(鉄分)をしているが味やにおいはない
≫≫詳しくはこちら
最安価格 2,980円(初回のみ)※送料無料
≫≫詳しくはこちら
購入方法 公式サイトからの通販のみ。
≫≫公式サイトはこちら

メルミーはただの健康食品ではなく、厚生労働省の基準に認められた栄養機能食品です。
葉酸、鉄分、カルシウムやビタミンCをはじめとした、14種類もの栄養成分において、栄養機能食品基準値を達成している安心のサプリです。

小さな錠剤を1日4粒飲むだけなので、つわりで気分が悪いときにも続けやすくできています。

価格は初回2,980円。
定期コース限定の価格ですが、解約は自由なのでお試しの気持ちで始めやすいのも魅力です。

公式サイトを見る

メルミーでとれる栄養は?成分は?

メルミー1日分で摂取できる栄養素は、下記の通りです。

メルミー 妊活~産後に推奨される1日あたりの摂取量※
妊活時 妊娠中 産後
葉酸 400μg 640μg 480μg 340μg
鉄分 15mg 10.5mg
カルシウム 241mg 650mg
ビタミンC 130mg 100mg 110mg 145mg
ビタミンB6 1.7mg 1.2mg 1.4mg 1.5mg
ビタミンB12 2.8μg 2.4μg 2.8μg 3.2μg

※18~49歳女性の1日あたりの推奨摂取量を記載しています
参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書
1─6 ビタミン (2)水溶性ビタミン

1─7 ミネラル ( 1 )多量ミネラル
1─7 ミネラル( 2 )微量ミネラル
対象特性1 妊婦・授乳婦
1─6 ビタミン ( 1 )脂溶性ビタミン

葉酸はどうして必要なの?

「妊娠したら葉酸をとった方が良い」と声高に叫ばれていますが、そもそもどうして妊活中や妊娠中に、葉酸が必要なのでしょうか?

葉酸には、以下のような効果があるといわれています。

  • 胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減してくれる
  • 胎児のダウン症のリスクを軽減してくれる
  • 子宮内膜が厚くなり、着床しやすい身体にしてくれる
  • 貧血を予防できる
  • 流産しにくい身体にしてくれる

とくに神経管閉鎖障害などの先天性疾患は、妊娠初期(妊娠3週目前後)に起こるといわれているので、妊娠に気づいてから葉酸を取り始めても、間に合わないことがあります。

厚生労働省からも、妊娠可能な年齢の女性は妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間、葉酸を通常摂取量240µgに加えて、さらに400µg摂取することが推奨されています。
メルミーはぴったり400µgの葉酸を配合しているので、しっかりと必要分を補えますね。

そして、葉酸は水溶性ビタミンなので、体内にとどめておけずに使われなかった分は尿として体外に排出されてしまいます。
葉酸は、毎日摂取しなければならない栄養素なんですよ。
参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

どの成分も少し足りない!?

妊活時に必要な葉酸は640µgで、妊娠中に必要な葉酸は480µgといわれているのに対して、メルミーに配合されている葉酸は400µgです。

またカルシウムや鉄分なども、必要量より少なめにしか配合されていません。

そのためちょっと物足りなく感じてしまう人もいるでしょう。
ただつわりなどでまったく食べられない状態を除けば、通常1日3回食事をとりますよね。

メルミーの特徴は、管理栄養士が食事でとれる栄養素も加味して、作られているところです。
食事から取れる栄養素を合わせると、1日の推奨摂取量になるように考えられて作られています。

だから栄養分を取りすぎてしまう心配がありません。
栄養は、多ければ多いほど良いというものではなく、少なすぎても多すぎても良くないんです。

厚生労働省でも、葉酸を多く取りすぎてしまうと、ビタミンB12欠乏の診断が困難になってしまうため、葉酸は1日に1mg以上は摂取しないように注意を呼び掛けています。

大事なのはバランスです。
メルミーは管理栄養士が細部まで計算して作っているので、安心ですね。

参照:サイト日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

貧血に重要なヘム鉄

女性はもともと貧血な人も多いといわれていますが、妊娠初期や妊娠中は特に貧血になりやすい時期です。
他のサプリには、あまり配合されていないヘム鉄という成分が、メルミーには配合されているんですよ。

鉄分と葉酸を一緒に摂取することで、吸収率がアップするため、非常に効率よく貧血を予防できます。

鉄分には、以下の2種類があります。

  • ヘム鉄:お肉や赤みの魚に含まれている栄養素
  • 非ヘム鉄:卵や牛乳に含まれている栄養素

ヘム鉄と非ヘム鉄は、吸収率の高さが違うんです。
ヘム鉄のほうが吸収率が良いといわれています。

しかし鉄分は吸収率が悪く、食事からとるのは難しいものです。
葉酸も一緒にとれるメルミーで、効率よく摂取できると安心ですね。

免疫力サポート成分も配合

葉酸やカルシウムなどの必要な栄養素が充実しているのは、どのサプリでも同じです。
でも、メルミーには他にもメリットがあるんですよ。

妊娠中に風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまうと薬も飲めないし大変ですよね。
ただでさえ妊娠中にはマイナートラブルがつきものですから、体調管理には人一倍敏感になる時期でもあります。

メルミーには、そんな妊娠中にもうれしい、風邪を予防できる成分も配合されているんですよ。

EC-12

メルミーには、EC-12というヒト由来の乳酸菌が5億個も配合されています。
乳酸菌が風邪やインフルエンザ予防に良いというのは、よく耳にする情報ですよね。

乳酸菌は体内に入るとそのまま腸内に届いて、悪玉菌と戦ってくれることで免疫力を高めてくれるんです。

妊娠中は妊娠前と比べると免疫力が下がっている状態です。
EC-12の効果で少しでも免疫力が上がれば、風邪をひきにくくしてくれるでしょう。

β-グルカン

最近注目されているβ-グルカン。
日常生活でもよく食べているきのこに豊富に含まれている食物繊維の中の一種です。

β-グルカンが体内に入ると、腸内にある免疫細胞に直接働きかけて免疫力を高めます。
また、食物繊維には腸内環境を整える効果もあるので、お通じにも効果が期待できますね。

品質は?安全性は大丈夫?


妊活中や妊娠中に飲むものだからこそ、品質や安全性はとても気になりますよね。
メルミーも品質や安全性には、もちろん細心の注意を払っているので、安全性についてもご紹介します。

まず、安心の無添加です。
香料や着色料・保存料などは一切使用していません。
当たり前のことですが、大事ですよ。

次に、産婦人科医が監修している点も安心できるポイントです。
天神レディースクリニックの院長である森智恵子医師が、監修しているんですよ。
TVなどにもご出演している先生なので、見たことがあるかもしれませんね。

妊娠中に口に入れるものは、ちょっとしたものでも心配です。
産婦人科医お墨付きのメルミーなら、安心して服用できますよ。

メルミーは、信頼性の高い第三者機関に依頼して、放射能検査や残留農薬検査などの厳しい検査も実施しています。
また、この検査は定期的に実施されているので安心して続けることができますね。

メルミーの公式サイトでは、原材料の生産国や最終加工国が掲載されています。
原材料の生産国まで開示されている商品は、通常あまり見かけませんが、メルミーの公式サイトには各国の国旗が並んでいます。
それぞれの成分の原産国はどこか、最終加工国はどこなのかはっきりと明記されているんですよ。

たとえば、一番重要な葉酸の原産国・最終加工国はスイスで、カルシウムは日本というふうに記載されています。
原産国などが、すべて開示されているのは、安心感につながりますよね。

GMP認定工場・製造について

メルミーは、国内のGMP認定工場で製造されているのも、ポイントのひとつです。
GMP認定工場とは、厚生労働大臣が定めた医薬品などの製造管理や品質管理の基準を満たしている工場のことです。
GMPとは、適正製造規範という意味です。
つまり、原材料の入荷から出荷まですべての工程で、製品が安全に製造されていて品質が保たれているという証拠ですね。

日本でGMPというと、まず医薬品に適応される場合が多いのですが、錠剤を製造しているメルミーも、医薬品と変わらない製造工程をたどっています。
医薬品と変わらない安全性で製造されているのは、安心できますね。

「GMPの3つの目標」というのがあるので、ご紹介します。

  1. 人為的な誤りを最小限にする
  2. 健康食品に対する汚染を防止する
  3. 品質を保証するための要件を定める

この3つを目標にして製造されているメルミーですから、世の中にたくさん売られているサプリメントの中でも、信用できるのではないでしょうか。

メルミーの飲みやすさは?においは?

つわり中や具合が悪いときに、錠剤を飲み込むだけでもちょっと大変ですよね。
普段はあまり気にしないかもしれませんが、飲みやすさもかなり重要です。

メルミーは妊娠中でも手軽に飲んでもらえるよう、サプリメントが小粒です。
サイズは約0.8cm~0.9cmで、2錠一気に飲んでもあまり気にならない大きさになっています。

飲みにくさを際立たせてしまうのは、においですよね。
メルミーは、無添加なので袋を開けた時に少しだけ鉄臭さがある場合があります。
でも、錠剤自体に香りはないので、実際に口に入れた時には無味無臭で飲みやすいと、評判も良いですよ。

メルミーは1日に4粒を目安に飲んでくださいね。
もちろん時間は決まっていないので、いつ飲んでもOKですが、朝晩2錠ずつがオススメですよ。
それ以上は過剰摂取になってしまうので、1日4錠以上飲むのは避けてくださいね。

メルミーの購入方法と注意点は?

メルミーは、公式サイトから購入できます。

  • 定期コース
  • 6袋セット
  • 通常購入

の3パターンの買い方があります。
自分に合った買い方を選んで購入してくださいね。

通常購入 6,530円
定期購入 【初回】2,980円
【2回目以降】3,980円

※送料無料
※価格はすべて税込み表記です

「まずは1袋だけ試してみたい」場合には、通常購入で1袋から購入できます。
ただし送料がかかる上に割引が受けられないというデメリットもあります。

定期コースなら初回は55%OFFなので、送料無料の2,980円でかなり安くなります。
2回目以降は40%OFFの3,980円になりますが、それでも定価よりかなり安く入手できます。

注意したいのは解約の連絡のタイミングです。
次回発送の10日前までに電話もしくは問い合わせフォームから連絡をする必要があります。
発送予定日の10日以内の休止や解約はできないので、注意してくださいね。

一番お得な6袋セット

定期便は「まずはちゃんと続けられるか様子が見たい」方にオススメですが、最初から「続けるつもりでお安く買いたい」場合には6袋セットがオススメ。

6袋セットは、送料無料で税込み21,880円と実は最安値なんですよ。
6ヶ月分まとめて購入できるしまとめて6袋届くので、あとは半年間飲み続けるだけです。

6袋セットなら途中解約する手間もなく「やめようと思っていたのに手続きを忘れちゃった」という心配もありません。
精神的にもお財布的にも、一番楽な買い方かもしれませんね。

公式サイトを見る

日常生活に取り入れやすいメルミー

メルミーは、管理栄養士と産婦人科医がW監修しているサプリメントです。
通常のサプリメントとは違い、厚生労働省の基準を満たした栄養機能食品でもあります。

メルミーは妊活中から妊娠中、産後の授乳中まで一貫して飲み続けられるのもうれしいポイントですよ。

葉酸サプリの中には、妊娠中期以降は飲み続けられないものも多くありますが、メルミーは妊娠中に必要な栄養素をバランスよく配合しているので、ずっと飲み続けられるんですね。

つわりや体調が安定しない中、買いに行く必要もインターネットでわざわざ注文する手間もない定期便も利用できるのが、うれしいですよね。
定期便なら、1ヶ月ごとに1袋ずつ届けてもらえます。

1日の推奨摂取量をオーバーしないように、管理栄養士が通常の食事からとれる栄養素も考慮して、製造されているので普段の食事にも取り入れやすいのが、メルミーです。

錠剤も小さくにおいもないので飲みやすく、朝晩の食後に1回2錠飲むだけで、忙しい日常生活にも取り入れやすいのがうれしいですよね。

何かと忙しい妊活中から体調が不安定な妊娠中、自分のことは後回しにしてしまいがちな産後の授乳中まで、からだのことを考えて必要な栄養素をしっかり補ってくれるメルミーに、サポートしてもらってはいかがですか?

アンケートに答える

【0~3歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...