産後に痔になる原因と対処法!手術はいつからできる?

産後のママを悩ませるトラブルのひとつに、があります。

赤ちゃんのお世話で忙しくて、自分のことは後回しになりがちですが、放っておくと症状が悪化することもあるでしょう。

人には相談しにくい悩みだからこそ、適切に判断して対処する必要があります。

この記事では、産後の痔になる原因や対処法についてみていきましょう。

産後に痔になる原因


出産前は平気だったのに、産後痔になるという女性は多いものです。

出産した女性の、40%以上が痔を経験しているという研究結果もあります。

まずは産後痔になる原因について紹介します。

原因1:便秘

産後のママは、慣れない赤ちゃんのお世話もあって、ゆっくりトイレに入る時間を取りづらいようです。

「我慢していたら、便意が遠のいた」という経験がある人も多くいます。
会陰の傷を気にしてトイレを我慢するケースもあるでしょう。

ほかにも母乳育児のママは水分不足になりやすい傾向があります。
母乳に水分をとられるので、水分不足になって便が硬くなり、排便しにくくなることもあるのです。

原因2:血行不良

妊娠中に徐々に大きくなる子宮は、ほかの臓器を圧迫します。

その結果直腸付近の血行が悪くなって肛門がうっ血し、痔を誘発することもあるのです。

分娩時のいきみが刺激となり、痔が悪化する人もいるでしょう。

血行不良は痔になる原因のひとつですが、ストレスによる自律神経の乱れが、血行不良を招くこともあります。

こちらの記事もあわせてチェック!


痔の種類


排便をはじめ、日常生活のさまざまな場面で大きな負担になる産後の痔。

産後の痔は、大きくふたつのタイプに分けられますが、まずは自分がどのタイプの痔なのかを知ることが、痔を改善するための一歩につながります。

切れ痔

切れ痔(裂肛)は、肛門の出口付近の皮膚が切れた状態で、さけ痔とも呼ばれています。

硬い便が通過した刺激や下痢の勢いなどで、肛門出口付近の皮膚が切れたり、直腸肛門部の血液循環が悪くなることが原因です。

便秘気味の場合、きれ痔が慢性化して悪化する傾向があります。
きれ痔の痛みを避けるために排便を我慢して、便秘が悪化するという悪循環にもなりやすいので注意が必要です。

いぼ痔

いぼ痔(痔核)は、肛門にいぼ状の腫れができている状態です。

肛門の内側にできた痔を内痔核(ないじかく)と呼び、外側にできた痔を外痔核(がいじかく)と呼びます。

このあたりの組織には知覚神経(傷みを感じる神経)が通っていないことから、痛みを感じにくいのが特徴です。

傷みがないために、出血してはじめて気がつくという人も多いでしょう。

自宅での対処方法は?


お産でできた痔は、「できれば病院に行かずに治したい」というママもいるでしょう。

放っておいても自然に治ったというケースもありますが、適切に対処することで、病院に行かなくても治る可能性は高くなります。

まずは自宅でできる治し方を試してみましょう。

対処法1:適度な運動

適度な運動は、ストレス解消に役立つだけでなく、腸の動きを活発にして排便を促す効果があります。

長時間立ちっぱなし、座りっぱなしという状態もなるべく避けましょう。
ときどき姿勢をかえたり、ストレッチをして体を動かすことも大切です。

こちらの記事もあわせてチェック!

対処法2:食生活を見直す

スムーズな便通を促すために、食事の内容を見直しましょう

便秘に効果のあるメニューを積極的に取り入れるようにします。

    【便秘に効果的なメニューの一例】

  1. 根野菜や豆腐、海藻類やコンニャクを中心にした和食
  2. 腸内細菌を増やしてくれる、ヨーグルトなどの乳酸菌食品
  3. 納豆などの発酵食品
  4. 白米に麦や玄米をプラスした雑穀米

また便秘によくない食べ物や、症状の悪化につながるものは避けるようにします。

    【便秘によくないもの】

  1. 香辛料やアルコールの摂り過ぎ
  2. 揚げ物など脂質の摂取
  3. 濃い味付けや固い食品

アルコールや香辛料は、適度であれば排便を促す効果がありますが、過剰な摂取は逆効果になるので気をつけましょう。

対処法3:水分をとる

赤ちゃんを母乳で育てていると、水分不足になりがちです。
とくに汗をかきやすい夏場は、ミネラル不足に気を配る必要があります。

    【産後ママの理想的な水分補給】

  1. ミネラルウォーター
  2. 麦茶
  3. ハーブティー
  4. 食後に汁ものをプラス

一度に沢山の水分をとるよりも、こまめに水分補給するのが理想です。

水分補給に向かない飲み物もあるので、合わせてチェックしておきましょう。

    【水分補給に向かない飲み物】

  1. 糖分が多く含まれるジュース
  2. コーヒーなどのカフェイン
  3. アルコール

どうしてもカフェイン飲料が飲みたいときは、ノンカフェインの商品を選ぶのもオススメです。

ノンアルコール飲料もありますが、アルコールは入っていなくても糖分は含まれるので、飲みすぎには気をつけましょう。

対処法4:冷え対策をする

身体が冷えると、肛門の筋肉が緊張したり血液の循環が悪くなって、痔に悪影響をあたえます。

ゆっくりと半身浴をして血行をよくしたり、寒いときにはカイロなどで身体や腰の周りを冷やさないようにしましょう。

夏場でも、クーラーで身体が冷えすぎることがあるので注意が必要です。

対処法5:トイレに行く習慣をつける

痔で痛い思いをすると、トイレに行くのが恐くなることもあるでしょう。

ただトイレに行く習慣をつけることで、便秘が解消されることもあります。

できるだけ同じ時間にトイレに行くようにしましょう。

身体が目覚める朝食後を利用して、パパが会社へ行く前に済ませるのがオススメです。

パパが出かけたあとは、赤ちゃんのお世話で忙しくなってトイレに行きにくくなるので、パパがいる間にトイレに行く習慣をつけましょう。

市販薬を使ってもいい?


産後は、赤ちゃんのお世話で忙しくなるために、「できれば通院せずに薬で治したい」と考えるママもいるでしょう。

薬局やドラックストアでも多くの市販薬を販売しています。

しかし痔の薬にはステロイドを使用したものが多いのです。

用法用量を守れば、授乳中でも赤ちゃんへの影響は少ないといわれていますが、薬によっては、妊娠中・授乳中は使用できないものもあります。

産後、授乳中のママは、自己判断で市販薬を使用しないほうがよいでしょう。

病院は何科へいく?


自宅でケアしても治らない場合は、病院を受診する必要がありますが、産後の痔は何科を受診するべきかも悩ましいところでしょう。

通常であれば肛門科肛門外科を受診するところですが、産後のママは、産婦人科を受診してもよいでしょう。

とくに授乳中のママは、肛門科へ行っても、結局産婦人科医の判断が必要になる場合もあります。

生後1ヶ月検診を利用して、産婦人科で質問や相談をしてみるとよいでしょう。

医師が「治療が必要」と判断したら、肛門科を紹介してもらいます。

手術はいつからできる?


日常生活に支障が出るほど症状が酷い場合、手術をすることもあります。

症状にもよりますが手術のタイミングは、産後1ヶ月を経過しているか、会陰切開をしているママは、その傷が完治してからおこなうことが多いようです。

ただ手術のときには麻酔や痛み止めを使うため、一時的に授乳を中止する必要があります。
手術後も痛み止めを服用している間は、授乳ができません。

母乳育児中のママであれば「いつまで授乳をやめなきゃいけないの?」と心配ですよね。

状況によって、入院になったり日帰り手術だったりしますが、術後3日間くらいは授乳できないと考えておきましょう。

排便時の痛みを和らげる方法はある?


一度痔になると、自宅でセルフケアをおこなっていても、改善されるまでは排便のたびに激痛をともなうこともあります。

そんな排便時の痛みを少しでも和らげる方法はあるのでしょうか。

排便の前にお尻を温めておくと、炎症を緩和したり、皮膚がやわらかくなることで便の通りがよくなり、痛みを軽減できます。
お尻を温めるには、カイロ入浴が効果的です。

また排便時は、前かがみになったり、息を吐くタイミングでいきむと、便が通りやすくなりますよ。

産後の痔はセルフケアが大切!


産後の痔は自然に治ることも多いですが、症状を悪化させないために、セルフケアをおこないましょう。

痔を改善するには、早めに対処することが大切です。

とくに次の妊娠を考えている場合は、しっかり完治しておきたいところです。

生活習慣を見直し、便秘や血行不良を解消して、体の内側から体調を整えましょう。

痔の症状がツライときは、ムリせずに病院を受診してくださいね。