漫画「長女が赤ちゃん返りした時の体験談」(ぎゅうにゅう)

こんにちはぎゅうにゅうです。
今回は上の子の赤ちゃん返りのことを書かせていただきました。
下の子が生まれるまで、自分自身、こんな感情が生まれるとは思いませんでした…。

なるべく上の子を優先してあげてと言われるけど…

二人目が産まれて、上の子は時々赤ちゃん返りをするようになりました。

生まれる前「なるべく上の子を優先してあげて」と色んなところで言われて「もちろんそのつもり!」と思ってましたが、実際帰って生活してみると余裕もなくいっぱいいっぱいで…。

そんな中、上の子にわがまま言われたり甘えられたりすると(自分でできるはずなのに)と思ってすごくイライラしてしまいました。

色んな人に「上の子を優先してあげて」と言われていたぶん、そうできない自分にもとにかくイライラモヤモヤしていました。

そこで何か解決策はないかと思い、検索してみようと思って「上の子」と検索窓に入れると下に「上の子 可愛くない」の文字が。

(違う。可愛くないなんて思ってない。ずっと大好きだし、この気持ちをどうしていいかわからないだけ)

と何故か自分に言い訳しだして、心の中は罪悪感でいっぱいでした。

でもやっぱり気になって「上の子 可愛くない」で検索をかけてしまいました。

すごくネガティブなのばっかり出てきたらどうしよう…と内心めちゃくちゃドキドキしてましたが、そこで初めて「上の子可愛くない症候群」という言葉を知りました。

それは本能的に小さいものを守ろうとしたりホルモンバランスの関係で上の子が可愛く思えないというものでした。

この感情を割り切ることで、乗り越えられた

上の子可愛くない症候群という言葉を知って、すごく救われました。

イライラとモヤモヤと罪悪感で押しつぶされそうだったのが「そういう感情があるから仕方ない」と割り切ることでこの気持ちを乗り越えられました。
今思うと本当一過性のものだったけど、この時は辛かった。

子育てって初めての感情がいっぱいで、こうやってまた一つずつ、こんな気持ちになるっていうことを知っていくんだなぁと思いました。

(ぎゅうにゅう)

ぎゅうにゅうさんご寄稿いただきありがとうございました!

兄弟・姉妹がいるお家には同様の悩みを抱えるママさんも多いのではないでしょうか。

上の子にとっても、赤ちゃんの存在って大きいですよね。
ぎゅうにゅうさんのように、感情を割り切ることで解決につながるかもしれません。

産後だけじゃない…!ホルモンバランスによって起きるイライラはこんなにあった↓
夫・上の子・仕事…妊娠中はなぜイライラする?放置するリスクと解消法とは

ぎゅうにゅうさん第1回のご寄稿はこちら

あの人気漫画ブロガーの描きおろし!
4コマ漫画体験談はこちら

PICK UP

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...