イヤイヤ期の対応!「5つの気質」を知れば子育てが楽になる!

泣いたり、暴れまわったり、ダダをこねたり…。

2歳ごろからはじまる、子どものイヤイヤ期の対応がわからなくて困っていませんか?

じつは、子どもの持って生まれた気質に合わせて対応すれば、イヤイヤ期の子育てがとても楽になるそうです。

今回そのコツを教えてくれるのは、20年にわたって子どもの心理、教育、育成を研究してきた幼児教育のプロ、「日本キッズコーチング協会」の理事長である竹内エリカ先生

気質には大きく分けて、5つのタイプがあるといいます。

子どもの気質セルフチェック

子どもの気質5タイプ

「気質」というのは、生まれた瞬間からあるものです。

気質は発達心理や行動科学をもとに、「エンジェル」、「テキスト」、「アクティブ」、「デリケート」、「ネガティブ」5タイプに大きく分かれています。

ではさっそく下のチェックリストから、あなたのお子さんがどの気質タイプか確認してみましょう。

(1)エンジェルタイプのチェック
・いつも笑顔で愛嬌があり人見知りをしない

・赤ちゃんのときは1日中でも寝ていることがある

・返事だけは「はーい」と元気がいいが、言われたことをすぐに忘れる

(2)テキストタイプのチェック
・視界に入ったものを指して、お母さんの注意を引くことが多い

・教えたことをすぐに理解し覚えるのが早い

・おしゃべり好きで口が立って生意気なときもある

(3)アクティブタイプのチェック
・周りから「落ち着きがないね」と注意される

・高いところに登ったり、なんでも触りたがって目が離せない

・𠮟られても聞いていないと感じることがある

(4)デリケートタイプのチェック
・ちょっとした物音や刺激に反応し、子猫のようにか細い声で泣く

・はじめての場所になかなか慣れず保育園や幼稚園に通えない

・お友達におもちゃをとられても返してといえない

(5)ネガティブタイプのチェック
・いったん泣き出すと1時間でも泣き続ける

・何をしても「イヤ、イヤ!」ばかり言って手がつけられない

・不快感ばかり主張して、あまり笑顔を見せない

あなたの子さんはどのタイプに当てはまりましたか?

5タイプのなかで比較的育てやすい気質は、「エンジェル」と「テキスト」。

比較的育てるのがむずかしい気質は、「アクティブ」、「デリケート」、「ネガティブ」です。

しかし、この3タイプが悪いわけではありません。

すばらしい才能を持っていますので、ぜひ見逃さずに伸ばしてあげてください。

つづいては気質の特徴と、イヤイヤ期の対応法について伝えていきます。

気質タイプ別のイヤイヤ期対応

イヤイヤ期

エンジェルタイプの場合

(特徴)
愛嬌たっぷりの人気者でのんびり屋。

いつもニコニコしていて、人とコミュニケーションをとることが大好きです。

(イヤイヤ期の反応)
でかける準備がすごく遅かったり、ママの注意を聞き流して遊びつづけたり、マイペースなところが強くなります

(育てるコツ)
おっとりしていて常に機嫌がいいのが最大の長所。
ところが「のんびり屋」なので、ついついママがせっかちに注意をしすぎてしまいます

ママは「はやくしなさい」、「ちゃんと聞いているの?」と言いたくなる気持ちをおさえて、できるだけペースを合わせてあげましょう

テキストタイプの場合

(特徴)
知的で優等生だけど、ませていて理屈っぽいところがあります。

健康的でよく食べて眠り、規則正しい生活を好みます。

(イヤイヤ期の反応)
口がたつタイプで「お母さんなんか嫌いだから言うこと聞かない」と口ごたえしたり、ママの口癖を真似したりします

すこし完璧主義の面もあるので、保育園でできないことがあると急に「やらない」と、放りだすこともあります。

(育てるコツ)
なんでも器用にできるタイプなので、親の期待は高まります。

親が塾や習いごとをたくさんさせてしまうのですが、度がすぎるといつしか本人が、いっぱいいっぱいになってしまいます。

いつも頑張っているタイプなので、少しリラックスさせたり、自由にさせたりする時間を持たせましょう

アクティブタイプの場合

(特徴)
興味がいろいろな方面に向いて、よく走りまわる暴れん坊。

好奇心旺盛で行動派だけど、落ち着きがない元気なタイプ。

根は甘えん坊で、とても素直。いいわけは、あまりしません。

(イヤイヤ期の反応)
ダダをこねるときは、大きな声で手足をバタつかせて泣きます
1歳のころは暴れまわったり、幼稚園、保育園に入ると友だちのおもちゃを取りあげたりすることもあります。

(育てるコツ)
好奇心旺盛で、目が離せません。

ママはきつく𠮟りたくなってしまうのですが、不適切な𠮟りかたをしないように気をつけてください。

「止まりなさい」、「静かにしなさい」というように行動のみを注意するように。

「何で言うこと聞かないの、悪い子ね」といった、自己肯定感を下げるような𠮟りかたは絶対にNGです。

一緒にお風呂に入ったり、手をつないで歩いたり、スキンシップを多くとってあげると言うことを聞き入れやすくなります

デリケートタイプの場合

(特徴)
感受性豊かでやさしいけど引っ込み思案の観察タイプ。

ほかのタイプよりも、たくさんの情報を感じとってしまい変化が苦手。

はじめての場所に行くことに、緊張や不安を強く感じます。

反対に安心できる空間にいると、すごく集中力が高いです。

(イヤイヤ期の反応)
うるさいところが苦手で、集団になじむまで時間がかかります

保育園とか幼稚園に行くのをぐずったり、登園拒否したりすることも。

(育てるコツ)
ママは集団になじまないことを心配しすぎてしまいますが、じつは大丈夫。

観察派なので、自分に合う友だちをゆっくり探しているのです。

じつはデリケートタイプ、芯が強いところを持っています。

むりに友だちの輪のなかへいれようとすると、かえって登園拒否が長引いてしまいます。

子ども自身のペースを尊重してあげましょう

ネガティブタイプの場合

(特徴)
粘り強く努力家で、こだわりが強い。

小さいときは、とてもダダっ子です。

わがままタイプなので、注意をしても言うことを聞かず、ママが根負けしてしまいます。

赤ちゃんのときはのけぞって泣いて、おっぱいやミルクを吐き出したりするような、ちょっと手のかかるタイプ。

好きなことには、ものすごい集中力を発揮します。

(イヤイヤ期の反応)
とくに2~4歳のとき、手がかかります。

不規則なこと、予定が変わることが嫌いで、いちど泣きはじめるとなかなか泣き止みません

(育てるコツ)
感情のコントロールが苦手で、なんでも「イヤ!」と拒否します。

ママは、感情をあらわす言葉教えてあげることが大事。

じつは頑張り屋で、努力家。

本人は「イヤ!」と言っていることでも、完璧にやりたいとか、もっと時間をかけたいという主張の場合もあります。

すべてを「イヤ!」と言っているときも、「悲しいの?」と「寂しいの?」と、本当の気もちを聞いてあげるとイヤイヤが減っていくでしょう

竹内エリカ先生が答える「気質Q&A」

竹内エリカ

(質問1)気質タイプは、親から子へ遺伝しないんですか?

気質は、遺伝するものではありません。

同じ気質同士の親子だと相性がいいので育てやすいのですが、ケースとして少ないですね。

アクティブ・デリケート・ネガティブタイプの子どもは、手がかかるタイプですが、お母さんと子ども両方ともが同じ気質だと相性がいいので育てやすいと感じるようです。

(質問2) タイプ別にみて、いい子、悪い子に分かれているんですか?

タイプ別で「育てやすい、育てにくい」はありますが、どの気質の子どももみんな、いい子であり、ときに悪い子でもあります。

育てにくいタイプの子は、感性が豊かなのでいろいろなことが気になります

だから根はものすごく優しくて、人を傷つけないタイプが多いです。

育てにくい気質の子は、長所と短所のギャップがはげしい

それは逆にいうと、すごい才能を持っているということ。

長所のほうをよく見てあげて、認めながら育てていくと才能がどんどん伸びていきます。

大切なのは「自己肯定感」を育てる

竹内エリカ先生の本

子どもの問題行動が目につくようになると、「私の子育てが悪かったんじゃないかしら?」と心配するママがたくさんいます。

子どもが1~2歳のときは、もともとの気質に影響が強いので、子どもに手がかっても育て方を深く悩む必要はありません

ママたちは、子どもの行動をよく観察してください。

「うちの子はネガティブタイプだから、こういうときはこんな反抗するだろうな」と知っておくと、イヤイヤ行動もかわいくみえてきて子育てが一気に楽になります。

そして、いちばん気をつけてほしいことは、ママの価値観で子どもの価値を決めてしまわないこと

「あなたはこういう子だからダメね」と言いつづけると、「自分はこうだからダメなんだ」と刷りこまれてしまう。

それが、子どもの才能を伸ばす壁になってしまいます。

𠮟るときは絶対に人格を否定しないで、行動だけを注意するようにしましょう。

(取材・文/「赤ちゃんの部屋」編集部)

プロフィール
竹内エリカ一般財団法人日本キッズコーチング協会理事長
お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了

20年にわたって子どもの心理、教育、育成について研究し、
これまで約15,000人、子どもから大学生を指導。

コンピテンス心理学・気質心理学・行動科学をベースに、
0歳から6歳までの子どもの認知特性を活かした、
指導法キッズコーチング法を考案。

「元気の天才を育成する」を合言葉に、
キッズコーチング資格認定・執筆講演活動
支援プログラムの開発・幼児教室の運営を中心に活動している。

(一般財団法人日本キッズコーチング協会)http://www.jakc.or.jp/
(ブログ)https://ameblo.jp/heath-lab

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

(書籍購入はこちらから)
0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...