離乳食のりんごはいつから?気を付けたいことは?レシピまとめ

りんごは甘味があり食べやすく、好んで食べる赤ちゃんが多い食材です。

「りんごをあげるときの注意点ってあったっけ?」

身近な食材でも赤ちゃんの離乳食となると、不安になるママも多いでしょう。

そんなりんごについて、食べさせる時期や栄養、選び方や注意点について調べました。

離乳食レシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

りんごはいつから使える?


りんごは離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)から使えます。
裏ごしもしくはすりつぶした10倍粥に慣れたら、食べさせてあげてOKです。

子どもによっては、りんごを食べてアレルギーを発症することがあります。
はじめて食べさせるときは、かかりつけ医の開いている午前中に1さじから与えるのがオススメです。

時期別の使い方は?


時期別に調理法をまとめました。

  • 初期(5~6ヶ月)
  • すり下ろす
    すり下ろして加熱

  • 中期(7~8ヶ月)
  • すり下ろす
    すり下ろして加熱

  • 後期(9~11ヶ月)
  • そのまま

  • 完了期(12ヶ月以上)
  • そのまま

離乳食初期はすりおろしたり、果汁として使えます。

加熱すると酸味が減り甘味が増えるので、食べやすくなりますよ。

そのままの状態で食べさせるときは、月齢に合ったサイズにカットしてあげてくださいね。

りんごにはどんな栄養があるの?


「1日1個のりんごは医者いらず」ということわざからもわかるよう、りんごにはたくさんの栄養が含まれています。

とくに食物繊維、ビタミンC、ミネラルが豊富です。

参照:東北農政局「りんご」

食物繊維がお腹の調子を整える

りんごにはペクチンという食物繊維の一種が含まれています。
赤ちゃんの胃腸の働きを助けて、おなかの調子を整えてくれますよ

りんごを使う注意点は?

りんごは特定原材料に準ずる20品目に選ばれており、食物アレルギーに気を付けたい食品です。

特定原材料に選ばれた食品は、アレルギーの発症数が多い、または発症したときに重症になりやすいため、加工品などに必ず表示をしなければなりません。

それに準ずるものとして、りんごを含む20品が表示を奨励されています。

りんごのアレルギーには、乳幼児期にりんごを食べて発症する場合と花粉症の発症と同時期に始まる場合があります。

赤ちゃんのときに発症する場合のアレルギー症状は、全身のじんましんや短時間に全身に症状の出るアナフィラシキーが多いようです。

また花粉症の発症と同時期に始まる場合は、口や喉にかゆみなどがでる口腔アレルギー症候群がよくみられます。

はじめての食べ物をあげるときは、かかりつけ医の開いている午前中に1さじからあげるのが安心ですね。

またはじめてあげるときはアレルギー反応の原因がどれかわかりやすいよう、ほかのはじめての食材と一緒に与えないようにしてください。

数時間は体や機嫌に異変がないか、様子を気にかけましょう。

離乳食開始前に果汁をあげる必要はない

赤ちゃんのおじいちゃん、おばあちゃん世代が子育てをしていたころは離乳初期より前に、りんごなどの果汁を与えたほうがよいとされていたようです。

ですが現在では、栄養学的な意義が認められていません。

またスプーンに慣れるという意味でも、成長にしたがい5~7ヶ月ごろに自然と受け入れられるようになるため、必要ないとされています。

参照:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」

りんごを選ぶ4つのポイント

りんごを選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • 全体が色づいているもの
  • 枝がひからびていないもの
  • 重さがあるもの
  • 大きすぎず身がしまっているもの

赤いリンゴで色むらがあるものはまだ熟しきっておらず、酸味が強い可能性があります。

青りんごを購入するときは、色むらがないものがよいでしょう。

枝が干からびているものは、鮮度が落ちている場合があります。

また重さがあり、しまっているりんごは果汁のつまったおいしいりんごです。

品種はどれを選ぶ?

一口にりんごといってもいろいろな品種が販売されています。
基本的には、どれを使ってもOKです。

ママやパパ・赤ちゃんの好みに合わせて選んでくださいね。

  • ふじ:生産量が1番多く定番の品種。甘味と酸味のバランスがよく、しゃくしゃくとした食感
  • ジョナゴールド:果汁が多めで、食感はやわらかい
  • 紅玉:加熱しても崩れにくいのが特徴。よくジャムやアップルパイに使われる

離乳食に便利な保存方法は?

りんごの保存法についてまとめました。

常温保存が基本

など気温の低い季節は、暖房のついていない部屋で乾燥予防に新聞紙で包んでおけば1ヶ月ほど保存ができます。

暑い季節は冷蔵庫へ

冷蔵庫に保存するのがオススメです。

冷蔵保存のときも、水分が抜けないよう新聞紙などに包みましょう。
またりんごはエチレンガスというガスを自然に放出します。

このエチレンガスには、果物を早く熟させる働きがあるため、ポリ袋などに入れてほかの食べ物に作用しないようにしておくと安心です。

冷凍保存も可能

りんごを冷凍すると、しゃきしゃきした食感がなくなります。

しかしゆでてやわらかくし、すりつぶしてペーストにしたりきざんで冷凍できます。

冷凍庫で保存する際はフリージングパックにいれて1回分ずつ箸で筋目をつけるか、製氷皿などにいれて1回分ずつ小分けしましょう。

離乳食の冷凍保存期間は1週間から10日程度が目安です。

オススメりんごレシピ


URLをクリックすると、作り方を動画付きで紹介しているページに移動します。

簡単なレシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

離乳食初期:しらすのりんごあえ

しらすは、栄養たっぷりだけど苦手な赤ちゃんもいる食材です。
リンゴを一緒にして、食べやすくしましょう。

離乳食中期:かぼちゃとりんごのスープ

電子レンジを活用したレシピです。
短時間かつ、鍋などの大きな洗い物なしで完成します。

離乳食中期以降:りんごフレーク

あっという間にできるが魅力のりんごフレーク。
コーンフレークはプレーンを使うのがオススメです。

離乳食中期以降:ベビーフレンチトースト・リンゴソース

余った粉ミルクを活用できるレシピです。
りんごの酸味と甘みでより食べやすくなりそうですね。

りんごを使ったベビーフード3選

りんごはベビーフードにも使われています。
うまく活用し、楽しい食事タイムを過ごしてくださいね。

和光堂/栄養マルシェ洋風ベビーランチ


和光堂 栄養マルシェ 洋風ベビーランチ

対象年齢 7ヶ月~
内容量 80g×2パック
価格(税抜き) 204円~(2018年7月編集部調べ)

「さつまいもとかぼちゃのおかゆ」と人参や玉ねぎ、たらが使われている「白身魚と野菜の洋風煮込み」の組み合わせです。
おかゆにリンゴピューレが使われています。

このシリーズは容器がお皿の代わりになり、スプーンもついています。

温めなくても食べられるので、お外でも食べやすいのがうれしいですね。

和光堂/1歳からのMYジュレ「くだものと10種の野菜」

1歳からのMYジュレドリンク くだものと10種の野菜×6袋

対象年齢 1歳~
内容量 80g
価格(税抜き) 159円~(2018年7月編集部調べ)

りんご、マスカットをはじめとする果物4種とにんじん、赤ピーマン、ほうれん草などの野菜6種を使ったジュレです。

持ち運びしやすくお出かけにも便利。
不足しがちな鉄分を補えます。

グリコ 幼児 野菜&フルーツ100ml

[冷蔵] グリコ 幼児 野菜&フルーツ 100ml×4個パック

対象年齢 6ヶ月ごろ~
内容量 100ml×4パック
価格(税抜き) 162円~(2018年7月編集部調べ)

野菜を食べてくれない子どもでも飲みやすい野菜ジュース。
6ヶ月ごろから飲めます。

にんじん、トマトや小松菜、リンゴ、レモンなどの22種類の野菜・果物が使われており、ビタミンやβカロテンが摂取可能です。

りんごは離乳食初期から使えるので便利!

りんごには食物繊維ビタミンCなどが含まれており、なかでも食物繊維は胃腸の働きを助けます。

りんごは、野菜との相性もいいので、おかずとして調理できるのも魅力でしょう。

涼しい環境であれば、常温で長期保存が可能です。

ほかの野菜や果物と一緒に摂取できるベビーフードも売っているので、うまく活用して、楽しい食事の時間を過ごしてくださいね。

アンケートに答える

子育てに関する情報で参考にしているのは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...